FC2ブログ

なうひあdiary

2019 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

『文化人類学の思考法』

2019/08/13(Tue) 18:33
「あたりまえ」と思っていることは、ほんとうにあたりまえなのか?
学校教育やテレビ、新聞によって日々刷り込まれている常識は、
違う時代、違う土地では非常識だったりするのに、
違う考え方ややり方があるのかも、ということすら想像もできず
ただ流され、盲従し、生きにくいままに生きているのでは?
そんな「思い込み」に気づくための思考の道具、それが文化人類学である、という本。

sP8130169.jpg


1 自然と知識
2 技術と環境
3 呪術と科学
4 現実と異世界
5 モノと芸術
6 贈り物と負債
7 貨幣と信用
8 国家とグローバリゼーション
9 戦争と平和
10 子どもと大人
11 親族と名前
12 ケアと共同性
13 市民社会と政治

以下、本文より抜き書き

文化人類学では、フィールドワークを通して対象にできるだけ近づき、五感を働かせてものごとを理解しようとする
同時に「遠さ」のなかで思考する 地理や時間
調査対象の「近さ」と比較対象の「遠さ」
この距離が、固定観念を壊し、狭く凝り固まった視野を大きく広げる
世界の別の理解に到達するための可能性の源泉

「未開」とされてきた人々の呪術に関する理論は、現代の私たちの健康や美についての新年とそれほど違わない
なぜあるものが芸術になったり、芸術でなかったりするのか
その背後には、芸術品とは生活のなかの実用性からかけ離れた高尚な世界だといった思い込みがある
近代社会が前提としている「あたりまえの線引きを根底から問い直し、
芸術品とされるモノと、そうとは考えられていなかったモノとを比較することで初めて、芸術とは何か、美とは何かを考えることが可能になる

文化人類学は比較を通して、自分たちがいったいどんなことを「あたりまえ」として生きているのか、私たちが生きるこの世界のあり方をとらえ直す

生きる時代や土地によって異なる常識や価値観
「だってそう決まっているから」「それが常識でしょ」という凝り固まった考えに対して
「こんな方法や考え方がある」と、さまざまな側面から「あたりまえ」をゆるがすことができる
その思考の道具が文化人類学の理論

私たちにはたったひとつの現実世界しかありえないのではなく、あたりまえを問い直すことによって
まったく別の現実を生きることもできる、という可能性を示す

国家のない社会は遅れていて不完全なのか?
国家のないとある南米先住民社会は、むしろ国家の発生を積極的に妨げようとする「国家に抗する社会」ではないのか
そこでは集団は首長の権力を否定して、命令する/される関係ではないことを繰り返し思い出させようとする
"国家を拒否し、権力によるヒエラルキーと格差を排除し、「生き方」として平等性を選び取った社会"として見えてくる

世界中では多くの少数民族が、国家の統治を逃れて周辺部で「国家のない社会」を維持していた
国民国家という概念、「想像の共同体」は、新聞が流通して人々がニュースを共有するようになった結果として歴史的にあらわれてきたものであり、その確かさはゆらいでいる
人権、貧困、先住民の権利、災害援助、環境正義、ジェンダーの平等など、さまざまな問題に取り組む非政府組織が、国境を越えたネットワークを形作り、「草の根のグローバリーぜーション」を展開、国境なきデモクラシーを実現しようとしている

古代の税の背後には、最初の収穫物である初物を神仏に納めるものだという信仰があり、神への贈与としての「租」や「調」が10世紀後半ごろまでに「官物」といわれる地税に統合され、神への捧げ物という性格が失われた
本来神への捧げ物は、多産や豊穣といった生命活動の源である神聖な力に対して人々が示す「恭順」の意だったが、この宗教的な儀礼を司る王が神聖な力を横領し、政治権力とした

南部アフリカの狩猟採集民の子どもは、家事や生業活動に貢献するよう求められることはほとんどなく、遊びをつうじて狩猟採集に必要な技術や知識を身につける
いかなる仕事も強制されず、その必要もなく、遊びの原理に貫かれた社会像

仕事は主体的におこなったときは遊び、強制的にさせられたときは労働へと近づく
狩猟採集以外を生計の糧として選び、さらに産業化を進める過程で、遊びを余暇という狭窄なカテゴリーに追いやり、労働(詰め込み型の学校教育や生産性の論理で管理された仕事)に支配されるようになったのかもしれない


固定観念やあたりまえを疑えるように、アタマをしなやかにキープしておきたい
この本も、石垣図書館に買ってもらいました。いつもありがとうございます。







コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード