FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 ≫03

ちょっとだけフェラータ

2008/07/15(Tue) 19:15

6/28  sabato
朝、ホテルの部屋からトファーナがすっきり見えました。s-2008_07040182.jpg
チェックアウトして向かったのは車で20分ほどのBain de Dones小屋。
ここからリフトでScoiattoli小屋に上がります。
s-2008_07040189_edited.jpg
左を見ればクライミングウォールとして有名な 5 Torri (チンクエ・トーリ 5つの塔)。
双眼鏡で見ると、今からとりつこうという人が何人か…。
s-2008_07040185_edited.jpg
私たちはこちら、左の山 Nuvolau をめざします。右はAverau。
s-2008_07040188_edited.jpg
朝露がきらきら…
s-2008_07040193_edited.jpg
Nuvolau小屋が近づいてきました
s-2008_07040196_edited.jpg
雲の下にジアウ峠の道が見えます~
s-nuvorau1.jpg
さあここからどうしよう。小屋から直接降りる438は
ちょっとだけフェラータ(岩登りの装備、技術を必要とするルート)があるのです。
私たちは装備なし。
でもここは距離も少ないし、やさしいコースと聞いている。
小屋のおじさんは「よく足元を見ればだいじょうぶ」
後から来たドイツ人夫婦は半ズボンの軽装で「行きますよ~」。
下から上がってきたパーティーはハーネス、カラビナ、ヘルメットをつけていて
「装備はあればベターだけど、ひとつめは20mくらい、ふたつめは30~40mくらいだし。
そこまで行って危険かどうか見てごらんよ」
それでこわごわのぞいて見ると…これなら行けそうです。
ドイツ人夫婦はもうおりてるし、それならわたしたちだって…!
s-2008_07040202_edited.jpg
ワイヤーをしつかりつかんでおります
s-2008_07040209_editedup.jpg
こわいところは小屋からすぐの少しだけ。でも下から見るとすごいなぁ~
s-2008_07040215_edited.jpg
ふたつめはまずはしご
s-2008_07040217_edited.jpg
またワイヤーをつたっておりて…ほっとひといき。
あとは443で戻るだけです。s-2008_07040234_edited.jpg
チンクエ・トーリが見晴らせる場所でおひるに。
もう、ごはんもそこそこに双眼鏡から目がはなせない…。
朝、下にとりついていたひとたちが頂上に到達しそう~!
s-2008_07040228_edited.jpg
右上にふたり立っているの、わかるかなぁ~。ぐぐっとズームして
s-2008_07040228_editedup.jpg
ね、ねっ? すごーい230 
おもしろくって、1時間弱も休憩してしまいました。
s-2008_07040242_edited.jpg
近くで見ると迫力です…

Scoiattoli小屋まで戻り、帰りもリフトでらーくらく。

今日のハイキング/4.5時間
Rif.Scoiattoli→439→Rif.Nuvolau→438→443→Rif.Scoiattoli
map:CORTINA D'AMPEZZO E DOLOMITI AMPEZZANE 1:25000 (TABACCO 03)






関連記事
'08ドロミテ・ベネチア コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--すんご~い!!!--

下から見なくても十分すごい崖じゃあ~りませんか!
ワタシは違うけど、高所恐怖症の人なら気を失いそうな崖だわ。
でも、ちょっと怖いもの見たさで行ってみたいかも~(笑)

それにしてもクライングウォールの方もすごいですねぇ。ド迫力です。目が離せないの、わかります。降りるところも見ていたいぐらいです。
しっかし、イタリアにこんなところがあったなんて!
by: 佐野 * 2008/07/15 19:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

でしょ、でしょー。
イタリアといっても、もとは南チロル。
ヨーロッパアルプスの一部です。
戦争後にイタリア領になったところなので
地名もドイツ語とイタリア語が併記してありフクザツなのです。
by: ナツ * 2008/07/15 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

ほんと、すんごーい。
ローゼンがルテンのお子ちゃまハイキングコースの道でも、
音を上げていたわたしには、もう尊敬の一言です!!
でも、ほんとこの風景は見たいけど、怖そう&体力要りそうですよね~!
トレチメの裏側に回る峠だけでヒイフウ言ってしまった私です・・。
by: フルリーナ * 2008/07/16 01:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

スコイアットーリからヌボラウ小屋までの往復なら
そんなにたいへんではないのでは…?>フルリーナさん
それで、小屋の裏からフェラータのコースを
のぞくっていうのはどうですか~?
この風景みえますよ!
by: ナツ * 2008/07/16 13:30 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/262-421c15ba
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード