FC2ブログ

なうひあdiary

2019 / 09
08≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫10

泰雅(タイヤル)生活館

2019/07/13(Sat) 11:26
タイヤル民宿・洛卡斯で近くにタイヤル族の博物館があると聞き、訪ねてみた

sP5020930.jpg
台湾にもともと住んでいたのが台湾原住民の人たち
「先住民」という言葉はもう存在しない民族を指すため、「原住民」というのだとか
日本統治時代までは、ほとんどの居住者が台湾原住民だった
第二次世界大戦で日本が敗戦すると、蒋介石の中華民国軍が大量に移住してくるが、
中央の山岳地帯には今も多くの原住民の人たちが暮らしている
sP5020850.jpg
ルーツはハワイ、サモア、フィジー、メラネシアと考えられている
sP5020851.jpg
先日、台湾渡来の古代人がどうやって海を渡ってきたのか、という疑問を解明するために
台湾から与那国へ丸木舟で航海する実験が成功したけれど、
台湾へ渡ってきた人たちも丸木舟で来たのかしら
地図には描かれていないけど、台湾のすぐ東には八重山諸島がある
sP5020808.jpg
ロビーには木造・高床の家と農機具やかご
sP5020879.jpg
苧麻を紡いで染め、織った衣服
苧麻から繊維をとって糸にして織るのは、八重山と変わらない
sP5020892.jpg

sP5020881.jpg

sP5020877.jpg
竹がたくさんあるのでかごは竹を使ったものが多い
sP5020856.jpg

sP5020855.jpg
草を編んだ飾りは月桃かな
sP5020813.jpg

刺繍文化はベトナムやタイなど、東南アジアの香りがする
sP5020867.jpgsP5020868.jpgsP5020866.jpgsP5020864.jpgsP5020865.jpgsP5020869.jpgsP5020870.jpgsP5020830.jpgsP5020826.jpgsP5020829.jpgsP5020828.jpgsP5020827.jpgsP5020825.jpg

sP5020925.jpg
山の裾野にヤシが茂るタイヤル族の村
顔に刺青を入れたりするのも、昔の八重山と共通するものがある
そりゃあ、肉眼で島影が見えるほど近いんだもの
人の行き来があって当たり前
あそこに島があるから行ってみたい、と思わないわけがないはずだから














未分類 コメント:0 トラックバック:0

鳩之澤温泉

2019/07/05(Fri) 23:57
さあ、散策もしたことだし、お目当ての温泉へ
ここ鳩之澤温泉は古くは「焼水」と呼ばれていて、日本統治時代に入浴施設ができたとか
sP5010723.jpg
露天風呂は水着着用
sP5010721.jpg
打たせ湯やジャグジーに、岩をくりぬいた岩風呂などがあり
sP5010720.jpg
美人の湯と名高いお湯は、すべすべの弱アルカリ性炭酸カルシウム温泉
sP5010716.jpg
温度も深さもいろいろに楽しめる
裸で入る男女別のお風呂もあり
sP5010745.jpg
日式浴場ともいう
sP5010746.jpg
露天風呂と男女別と、両方入ってすっかりのんびりしてしまいました
sP5010750.jpg
かつては林業が栄え、木材の伐り出しに蒸気機関車が走っていたことも
日本は、台湾からかなりの木を伐りだしていたんですよね…






未分類 コメント:0 トラックバック:0

梨山・松柏民宿

2019/05/24(Fri) 00:03
拉拉山から下りてきて、台7号線~「北横公路」を東へ。
台湾の中央部には玉山(3952m)、雪山(3886m)など
富士山を越える高さの山もいくつかある険しい脊梁山脈がそびえていて、
島の東西を横断する道路は「北横公路」「中横公路」「南横公路」の三つ
昨夜泊まった宿、北横之星渡暇民宿 はつまり、
Highway Star (by Deep Purple♪) みたいな 北横道路の星~♪ という名前なのだった

くねくねの山道から蘭陽渓に出た後はしばらく川沿いのなだらかな道が続くも
この日の目的地、梨山は中央山脈のまっただ中
予約していた 松柏民宿 の部屋に通されて目がテンテンテン…

sP4280180.jpg

広いガラス張りの窓から、この絶景が!

sP4280179.jpg

道路沿いにある宿の正面からは想像もつかなかったけど、深い谷に面して建っていて
正面には雪山山脈 冬には雪をいただいた姿も見られるみたい

夕日はあいにくだったけど、槍ヶ岳に似たとんがりのある山並みが美しい
sP4280181.jpg

翌朝 夜明けからツバメが行き交いだした
窓の外、軒下にある巣からも、雛たちのさわがしい声がする


sP4290215.jpg

sP4290214.jpg

1泊1部屋3000NTD、と今回の旅でいちばん高い宿代となったけど(それでも1万円くらい)
この刻々と変わる絶景と静かな時間には見合うかな
宿の1階にはセブンイレブンも入っていて便利
予約はFBのメッセンジャーで




未分類 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード