FC2ブログ

なうひあdiary

2018 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

木造アーチ

2017/12/25(Mon) 16:10
翌朝、晴れた♪ やっぱり紅葉は逆光がきれい
sPB231003.jpg

木造の五連アーチ、錦帯橋を渡ってみる 
sPB231006.jpg

国産のアカマツ、ヒノキ、ケヤキ、クリ、カシ、ヒバを、木材の特性により使い分けているらしい
平成の架けかえでは、もともとマツだった橋桁を腐りにくい青森のヒバに代えたとか
sPB231020.jpg

1673年、岩国藩主・吉川広嘉によって建造された錦帯橋
洪水に耐えうる橋を探しもとめるうち、明の帰化僧から杭州・西湖にかけられた島伝いのアーチ橋のことを聞き、
島の代わりに石垣を築き、連続したアーチ橋をかけることを思いつく
sPB231037.jpg

川を堀に見立て、山の上に城を築いたのがそもそものはじまり
sPB231032.jpg

池に映った逆さ城
sPB231063.jpg

川のお城側は、静かな町並み 道端の植物に癒される
sPB231049.jpg


と、小1時間散策をして、岩国錦帯橋空港へ向かった
5年前、日本で二番目の軍民共用空港として開港
定期便は羽田と沖縄・那覇、2路線のみ

なのに、那覇空港の混雑のためなかなか離陸できず、やっと離陸したと思ったら
沖縄上空でもさらに着陸を待たされ、結局1時間以上の遅れ
しかもバス…で、乗り換えるのに走るはめに
遅延が常態化している那覇空港、早く新しい滑走路ができて混雑が緩和されないかなぁー






'17松山 コメント:0 トラックバック:0

雨の錦帯橋

2017/12/24(Sun) 18:04
宮島から石垣まで帰るのに地図を見ると、広島空港より岩国空港のほうが近かった
せっかくなので、錦帯橋の目の前に最後の宿をとる
昨日とはうってかわって、冷たい雨
sPB220801.jpg

お城は薄もやのなか
sPB220937.jpg

紅葉も濡れて
sPB220950.jpg

岩国石人形資料館 という看板があった 石に顔でも描いてあるのかな、と思ったら、ぜんぜん違った!
sPB220927up.jpg

高さ2cmにも満たない、小さな小さな石を貼りあわせたお人形
なんとこれ、錦帯橋の下の川のなかに棲んでいる小さな虫、ニンギョウトビゲラが
小石や砂を集めて造った巣なのだとか

それが人の形に見えるため、錦帯橋の人柱の生まれ変わりとも言われ
事故や災害、厄除けのお守りとして昔から珍重されてきたらしい

小さな虫が造ってるって…それを人の姿に見立てる想像力もいいなぁ

冷えたので温泉であたたまって、夜は岩国の郷土料理、岩国寿司と大平(汁気の多い鶏肉や根菜の煮物)

sPB220974.jpg

橋を渡るのはまた明日~

もっと写真をみる → Kintaikyo









'17松山 コメント:0 トラックバック:0

海上参拝

2017/12/18(Mon) 10:41
ジョーさんが子供の頃、管絃祭に行ったときは、船で大鳥居をくぐって船からお参りしたという
今回もぜひそんな海上参拝がしたくて、夜の 参拝遊覧船 を予約しておいた

潮の時間を見て、夕食後の20:45に予約 
受付に行くと、「船長によると、この次は鳥居をくぐれるそうですよ」とのこと 

船は屋形船

sPB210793.jpg

どんどん人が乗り込んで満席に
sPB210788.jpg

ライトアップされた大鳥居がぐんぐん迫ってくる
2班に分かれてデッキに立ち、お参りをする
sPB210751.jpg

鳥居をくぐるときに内側からみた柱 木の皮をむいただけのような、ごつごつした荒さがいい
sPB210757.jpg

お天気と潮に恵まれて叶った、宮島の海上参拝
sPB210781.jpg

次の節目のときに、またお参りに来ます







'17松山 コメント:0 トラックバック:0

町屋通り

2017/12/18(Mon) 09:52
参道で焼きたての温かいもみじまんじゅうをいただいてお土産を買う
sPB210722.jpg

名物の大しゃもじ
sPB210721.jpg

宿は素泊まりなので、夕食は外へ 
広島お好み焼きが食べたいというと、おすすめのローカルなお店を教えてくれた
にぎやかな表通りから一本裏に入った町屋通りはひっそりとして
sPB210728.jpg

各家の玄関には、手描きの灯篭
sPB210723.jpg
sPB210726.jpg
sPB210727.jpg
sPB210729.jpg

宿の宿泊客も8割が外人さんだったけど、お好み焼き屋さんも同様だった  さすが世界遺産~ 
カウンターで隣り合ったのはイギリス、ベルギー、キプロスの人
sPB210724.jpg

お母さんもお好み焼きを焼きながら、英語のメニューを指差し英語で対応
sPB210725.jpg

壁には世界地図が貼ってあって、自分の国にシールを貼るようになっていた
私たちも石垣島にペタッ

帰り道の表通りには、はしゃぐ修学旅行の子供たち
sPB210730.jpg

次の日、テレビのローカルニュースを見ていたら、私たちが宮島を出た日にスタバと地ビールのブルワリーがオープンしたらしい
そういえば準備中の建物をみかけた

「宮島の観光客はとても増えているけど、まだまだ宿泊するお客さんはそんなに多くない
でも夜の宮島のよさをもっと知ってほしい。この施設がそんな魅力のひとつになればうれしい」
というようなことを話していた

八重山の離島も日帰りせずに泊まってみると、ほんとうに味わい深い
宮島もおなじ  日帰りのお客さんが帰ったあとがいい 










'17松山 コメント:0 トラックバック:0

嚴島神社

2017/12/18(Mon) 09:23
ジョーさんが子供の頃、夏に船を連ねて行っていたという安芸の宮島
従兄弟に話を聞くと、それは夏に行われる例祭「管絃祭」に行っていたのだという
祭神は宗像三女神  瀬戸内海の島に生まれ育った者にとっては、氏神さまみたいなもの
今年はジョーさんの節目の年だったので、ご挨拶のお参りに

sPB210702.jpg

朝は満ちていた潮もすっかりひいて、鏡の池も姿を現した
清水が湧き出ていて、手鏡のように見える 鷺が食事中
sPB210703.jpg

海の上に舞台を巡らせた社殿のかたちは、平清盛の援助によって平安時代に作られた
sPB210718.jpg

干潮時には大鳥居まで歩いて行かれる
sPB210713.jpg

お参りを終えたら、とっぷり暮れてきた
sPB210719.jpg

この日、晴れてくれたことに感謝












'17松山 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード