なうひあdiary

2017 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

米原ヤシ林前ビーチ

2017/09/25(Mon) 17:32
海が落ち着いてきたので、ほぼ一ヶ月ぶりにスノーケリング
米原のヤシ林前のビーチ(やどかりビーチ)、2007年夏に大規模白化してからずっーと行っていなかったけど、
気がつけばあれから十年
どうなっているのか気になって行ってみた
十年一昔というけど、もうめっちゃ隔世の感があるほどにいろいろ様変わりしていた…それについてはmore追記にて

sP9240070.jpg


中潮の干潮前、お昼過ぎ
入るとボラ軍団が
sP9240081up.jpg

まずは青の洞窟へ
レンズについた水滴が不思議な虹模様
sP9240089.jpg

ここまで来るとやっぱり青い
sP9240093.jpg

洞窟の中にはミジュンと、尾びれが横縞の魚
sP9240100.jpg

奥には窓が開いてる
sP9240109.jpg

中から見るとこんな感じ
sP9240111.jpg

沖へ出てみると… 小さいサンゴがところどころについているけど、まだまだ往時の面影はなし
sP9240145.jpg

4匹でつるんでいたチョウチョウコショウダイ 
sP9240137up.jpg

魚は…やっぱり少ないかな
sP9240161.jpg

またミジュン
sP9240160up.jpg

そしてあのクマノミポイントは… むき出しの岩だけど、あっ、イソギンチャクとクマノミが!
sP9240165.jpg

岩をびっしりおおっていたサンゴはすべてなくなってしまったけど、イソギンチャクとクマノミだけは生きていた

sP9240166.jpg

小さい家族だけど、元気そう
sP9240173.jpg

ちびちゃんがカワイイ
sP9240178.jpg

岩のくぼみの中にイソギンチャク
sP9240175.jpg

下のほうにも
sP9240190.jpg

なんだか切なくて、でもうれしくて、うるうるしてしまった…

だって十年前の2007年↓を思い出すと…
エダサンゴやテーブルサンゴがびっしりとこの岩についていて、スズメダイやベラとか、いろいろたくさんいたのだもの
sP7160020up.jpg

生きている間に、またこんな景色が見られるかな…
なんだかなぁ…


気をとりなおして、あたりをひと回り
きらきらの光が射している、アイゴとブダイの群れ
sP9240212upp.jpg

ボラも大きいなぁ
sP9240264up.jpg

オレンジ色が美しいカモンダカラ
sP9240226up.jpg

おなかの黄色が鮮やかなコクテンフグ
sP9240221.jpg

ピンアマだけど、ナンヨウミドリハゼかな  透明感のあるグリーンとオレンジの網目模様がキレイ
sP9240277up.jpg


サンゴの大群落が白化でガレ場へと変わり、魚も減ったけど…
それでもここで生きている生きものたちは、まだまだたくさんいるのよね

またあの豊かなサンゴ礁へと戻りますように


そして、初めにちらっと触れた様変わりの話だけど…
つづきをよむ↓







more
スノーケリング コメント:4 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード