なうひあdiary

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

トミぱんの下

2016/09/05(Mon) 16:00
相変わらず台風の影響でうねり  リーフ内でまったりしようと、トミーのぱんの、下のビーチ
sP9030078.jpg
あれ、わんこがきたよ
sP9030079.jpg
ぐんぐんぐん、と寄ってくる
sP9030080.jpg
ジョーさんがぶら下げているオニササを嗅ぎつけてきたなー?  ご主人に呼ばれてしぶしぶ帰った
ちょっとだけリーフエッジへ  
sP9030086.jpg
入るとすぐに、ナガニザの群れ
sP9030094.jpg
ゆったりしているヨコシマタマガシラ
P9030110up.jpg
写真を撮ろうとしたらすぐに離れていっちゃったけど、アオリイカの群れなんかも見つつ
波酔いしそうなのでリーフ内へ 
ハタゴイソギンチャクに、カクレクマノミ、イソギンチャンモエビ、アカホシカニダマシの三点セット
sP9030172.jpg
モエビの白い模様が、蛍光ホワイトでやけに目立つ
sP9030205.jpg
もうちょっと出てきてくれないかなー
sP9030187.jpg
イソギンチャクの裏、紫の水玉模様がきれいー
P9030203up.jpg
sP9030198.jpg

こういう浅いところには、スズメのようにあちこちにいるヤエヤマギンポ
sP9030257.jpg
背中の青い点々が蛍光ブルー
P9030270up.jpg
縞模様がイケてるヌノサラシ  危険を感じると毒を出し、石鹸水のように海水が泡立つことから、この名前がついたらしい
昔の石鹸…さらし粉  英名は Soapfish
P9030237up.jpg
共生しているシロオビハゼとクマドリテッポウエビ
テッポウエビはせっせと巣穴を作って管理し、ハゼは玄関で見張り 
テッポウエビは目がとっても悪いため、常に体のどこかをハゼにふれていて
ハゼが危険を感じて動くとすぐに察知して引っ込む
両手でざざーっと砂を押し出してくるテッポウエビのきびきびした働き方がおもしろくって、ずーっと眺めてしまう…
P9030369up.jpg
シャコガイのブルー、スパンコールをつけたよう
sP9030395.jpg
小さな生きものたちを見ているといくらでも時間がたってしまうのだけど、
そろそろ身体も冷えてきたしあがらないと…
スーツを脱いでから、ポットホールのお風呂にちゃっぽん
sP9030412.jpg
ハマゴウがいい香りー
sP9030416.jpg
日差しもだいぶ柔らかくなってきて、秋だなぁー
sP9030417.jpg







スノーケリング コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード