なうひあdiary

2018 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

回収

2018/05/28(Mon) 23:32
日曜日、暑すぎるので二日続けて海へ。米原で、水も冷たくないのでリーフエッジまで出てみたらバラクーダ




そしてこれはマズイ。ほんとうに危ない

sP5270130.jpg

私でさえ、一瞬クラゲかと思った。ビニール袋の残骸。海鳥やウミガメが間違えて食べてしまう

sP5270197up.jpg

回収してグローブの中に押し込んだら、下のはパリパリしたプラスチックで、砕けた破片が飛び散った
こんなふうにマイクロプラスチックになって、海を汚染していく

みつけたらぜひ回収を!

※追記
昨日、このゴミをグローブの中に押し込んだところの手のひらが虫に刺されたように赤く腫れて、いっときは手のひら全体がジンジンするくらいでした。タマヌオイルを全面に塗って、すぐに治まりましたが…。ビニールゴミに付着していたプランクトンか何かに刺されたかもしれないです。そういうものから保護するためにグローブをしているのに、グローブの中へ入れたら意味ないですね😥 回収を、といいましたが、素手では危ないかもしれません。ご注意を。









スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

ツツウミヅタ産卵

2018/05/27(Sun) 08:55
崎枝へ。

sP5260011.jpg

ソフトコーラルのツツウミヅタが産卵していた
sP5260017.jpg

sP5260054.jpg

アクアリウムで人気みたい
sP5260074.jpg



浮遊する卵
sP5260105.jpg


水深1mくらいのところでクロユリハゼ ひとりかな?

sP5260084.jpg




キンセンイシモチ

sP5260134up.jpg

sP5260137uup.jpg

ここに群れているんだけど、みんな正面向いていてよく見えませんね

sP5260145_20180526223530c1c.jpg

一見ガレ場だけど、よく見ると生き物がたくさんいる 岩陰にはコショウダイやユカタハタもいた
ベラやスズメダイも、白化直後よりふえてきている気がする
もちろんまだまだガレガレなんだけど、サンゴのおちびがちょこちょこと
sP5260029.jpg

sP5260109.jpg

sP5260044.jpg

sP5260046.jpg

ノコギリダイの群れ
sP5260037.jpg



sP5260019.jpg

カンムリベラ幼魚

sP5260027up.jpg

sP5260023.jpg

sP5260025.jpg

中潮の上げ潮だったけど、透明度はよくなかった
白化前の姿に戻るまで、私は生きているかな
地球の悠久の時間のなかで、ひとの命はほんの一瞬

白化前はこんなだった コモンサンゴとエダサンゴのお花畑

s-sakieda7[1]up

海水温の上昇に、地熱は関係あるんだろうか
このところ、環太平洋の火山が活発化しているけれど…
地球は内部からも温まっているのかも

アジサシが3羽ほど。海中も見たいし、鳥も見たいしで忙しい

sP5260122.jpg

キジバト レンズの水滴に虹

sP5260123up.jpg






スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

イノーでちゃぷん

2018/05/21(Mon) 23:29
あんまり真夏みたいなので、今年初のスノーケリング  トミぱんの下へちゃぽん

sP5192282.jpg

水は最初冷たいと思ったけど、ちょっとしたら慣れた

カクレクマノミコロニーは2か所



けっこう大きめなウツボ こんな狭いところでどうやって身体を折りたたんでいるのか

sP5192333.jpg

ヤドカリががっぷり四つに組んで一歩もひかず



どちらかが家を取られてスッポンポンになるのか?  と気になって、30分以上成り行きを見守ってしまった
どちらも左のはさみのほうが大きくて右が小さいのだけど、
両者とも大きいほうのはさみで相手の小さいほうのはさみをつかみ、
押したり引いたりしているので決着がつかない

後ろにもう一匹ヤドカリがいて、のんびり砂を吐いたりしていた 高みの見物で食事中?
もしかしてそれはメスで、取り合ってる?

最後に力の均衡がちょっとくずれて、がっ、と力が入ったんだけど
そのとき両者の間に石が入ってしまい、戦意をそがれたのか、離れてしまった

30分もじーっと動かずに見ていたら、さっきのウツポ(1.5mくらい)が、余裕でくねくね泳いできた
すぐ近くを通ろうとしたのでさすがにあせって動いたら
向こうも「そこにいたのか?」という顔をして、あわててUターンして逃げていった


ソデカラッパのおちび 両腕がぴたっとふたのように甲羅に合わさる 

sP5192389up.jpg

ごついはさみに比べて、あまりにも華奢な脚w

sP5192381.jpg

ガラス玉のように見えた マガタマモ?

sP5192316.jpg


漁ったクモガイが「オレを食うのか?」とこちらを見ている

sP5192375up.jpg

ゴメン、おいしくいただきました

sP5192396.jpg








スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

米原ヤシ林前ビーチ

2017/09/25(Mon) 17:32
海が落ち着いてきたので、ほぼ一ヶ月ぶりにスノーケリング
米原のヤシ林前のビーチ(やどかりビーチ)、2007年夏に大規模白化してからずっーと行っていなかったけど、
気がつけばあれから十年
どうなっているのか気になって行ってみた
十年一昔というけど、もうめっちゃ隔世の感があるほどにいろいろ様変わりしていた…それについてはmore追記にて

sP9240070.jpg


中潮の干潮前、お昼過ぎ
入るとボラ軍団が
sP9240081up.jpg

まずは青の洞窟へ
レンズについた水滴が不思議な虹模様
sP9240089.jpg

ここまで来るとやっぱり青い
sP9240093.jpg

洞窟の中にはミジュンと、尾びれが横縞の魚
sP9240100.jpg

奥には窓が開いてる
sP9240109.jpg

中から見るとこんな感じ
sP9240111.jpg

沖へ出てみると… 小さいサンゴがところどころについているけど、まだまだ往時の面影はなし
sP9240145.jpg

4匹でつるんでいたチョウチョウコショウダイ 
sP9240137up.jpg

魚は…やっぱり少ないかな
sP9240161.jpg

またミジュン
sP9240160up.jpg

そしてあのクマノミポイントは… むき出しの岩だけど、あっ、イソギンチャクとクマノミが!
sP9240165.jpg

岩をびっしりおおっていたサンゴはすべてなくなってしまったけど、イソギンチャクとクマノミだけは生きていた

sP9240166.jpg

小さい家族だけど、元気そう
sP9240173.jpg

ちびちゃんがカワイイ
sP9240178.jpg

岩のくぼみの中にイソギンチャク
sP9240175.jpg

下のほうにも
sP9240190.jpg

なんだか切なくて、でもうれしくて、うるうるしてしまった…

だって十年前の2007年↓を思い出すと…
エダサンゴやテーブルサンゴがびっしりとこの岩についていて、スズメダイやベラとか、いろいろたくさんいたのだもの
sP7160020up.jpg

生きている間に、またこんな景色が見られるかな…
なんだかなぁ…


気をとりなおして、あたりをひと回り
きらきらの光が射している、アイゴとブダイの群れ
sP9240212upp.jpg

ボラも大きいなぁ
sP9240264up.jpg

オレンジ色が美しいカモンダカラ
sP9240226up.jpg

おなかの黄色が鮮やかなコクテンフグ
sP9240221.jpg

ピンアマだけど、ナンヨウミドリハゼかな  透明感のあるグリーンとオレンジの網目模様がキレイ
sP9240277up.jpg


サンゴの大群落が白化でガレ場へと変わり、魚も減ったけど…
それでもここで生きている生きものたちは、まだまだたくさんいるのよね

またあの豊かなサンゴ礁へと戻りますように


そして、初めにちらっと触れた様変わりの話だけど…
つづきをよむ↓







more
スノーケリング コメント:4 トラックバック:0

大崎

2017/08/22(Tue) 09:25
土曜日、中潮  午後の上げ潮に行ったら波打ち際からすぐに泳いで行けたけど、38℃はあるんじゃないかと思うくらいのお湯!
いそいでポイントまでフィンキック

ガレ場にぽつんと、タマイタダキイソギンチャクとハマクマノミ
sP8190935.jpg

sP8190942.jpg

元気なユビエダハマサンゴのまわりに小魚たち
sP8190947.jpg

ハナゴイちゃん
sP8190987.jpg

sP8190979.jpg

sP8190992.jpg

さりげなくアオリイカが混ざってるの見えるかな
sP8190960.jpg

オヤビッチャ軍団
sP8190951.jpg

だからソーセージは持ってないってば
sP8190975.jpg

浅場まで戻ってきて、砂地にイボハタゴイソギンチャクとクマノミ
sP8191019.jpg

盗られませんように! てか、絶対盗らないで!
こんな個人ブログでも万一目に留まって業者さんの片棒を担いでしまったらと思うと、おちおち画像も載せられない(ノ_<)
sP8191034.jpg

奥の小さな岩陰にはスジオテンジクダイ?
sP8191029.jpg

ヤッコエイ? 尻尾の先まで入れたら2mはあった…尻尾がコワイ(゚д゚)
sP8191012up.jpg







スノーケリング コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード