なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ナカヌヒー

2006/08/07(Mon) 09:44
昨夜はずうっとモモタといる長い夢を見た。



抱っこしてあちこち出歩き、電車に乗ったり、映画に行ったり、よくわからない夜中の文化祭のようなイベントに行ったりして、始発の半蔵門線に乗って家に帰ろうとプラットホームに立っているところで目が覚めた。



まだずっしり太っていた頃のモモタで、肩にのしかかる砂袋のようにどさっとした重さや、柔らかな毛並みのあたたかさがはっきり感じられ、目が覚めた後もしばらくその感触にひたっていた。



今日は旧盆の中日、ナカヌヒー。モモタも新盆で帰ってきているんだね。



s-momo080up.jpg

momo コメント:0 トラックバック:0

momo, forever

2006/01/04(Wed) 14:48
年明けから、悲しいお知らせをしなければなりません。

猫のモモタが大晦日の夜、天国へ旅立ってしまいました。

あと1ヶ月ちょっとで、17歳になるところでした。



10月に食欲をなくしたときは復活したのですが、

クリスマスからまた食欲ががくんと落ちました。

血液検査の結果、腎臓や肝臓の値はまったく正常。

年で、全体的に弱ってきているのでしょう、ということで、

流動食で栄養を補給するしかありません。



でも、ほとんど食べられなくなっていたのに、亡くなる前の日は

病院から帰ったあと自分からご飯に直行してカリカリを食べ、

夜にはマグロの刺身をバクバク。

その後ひとりでゴロゴロいって満足そうで、これでまた復活してくれるかも、と期待しました。



でも、このマグロの刺身が、自分で食べた最後の食事になりました。



大晦日も、栄養食をお湯でといたのを注射器で流し込み、

流動食にして食べさせていたのですが、

午後に発作を起こし、呼吸困難に。

このときは、病院に着く頃には治まり、家で点滴しながら落ち着いていたのですが、

夜10時頃、突然また発作が起きて、今度はだめでした。

苦しみだしてから、1~2分のできごとでした。

立ったり座ったりバタバタし始めてからだったので

たぶん心臓の発作だと思います。

そのときは長く感じましたが、あっという間でした。



2月7日に17歳の誕生日を迎えられれば…と思っていましたが、仕方がないです。

大晦日がももちんのけじめだったんですね。



今日になってやっと、写真を見られるようになりました。

でもまだ、遺影を飾る気にはなれなくて…。

部屋のなかの、ももちんの気配を感じながら、過ごしています。

まだそのへんで寝ているような気がして仕方ありません。



ももちんを応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

年明けから悲しいお知らせになってしまいましたが、

新しい年がみなさまにとってすばらしい年となりますように。

今年もよろしくお願いいたします。



s-Image1.jpgmm.jpg


ももちん3ヶ月~1歳。私の後をついてまわっていました。



s-Image2mm.jpg


3歳~13歳の10年は、太ってて7.5kg。

毎日外に出ては近所の猫とケンカして、よくケガしてました。

車であちこち遠出もしました。



s-Image3.jpgmm.jpg


14歳で石垣に移住。室内だけでの生活になりました。

島に来る数ヶ月前から、まっすぐ歩けなくなって(原因不明)、鍼やホメオパシーなどで治療していましたが、こちらに来てから自然に治ってしまいました。





s-Image4mm.jpg


今年の夏からウンチが常にゆるくなってしまい、トイレの敷居が高そうだったので、ジョーさんが大きくて広い、バリアフリーのトイレを作ってくれていました。

寝ていることが多くなり、食欲もなくなったけれど、最後の日まで普通に生活していました。
momo コメント:0 トラックバック:0

当たり前のこと

2005/10/19(Wed) 10:48
本当なら今頃は、内地に向かう機上の人になっているはずでした。

女ふたりで買い物、温泉、グルメ三昧の一週間を過ごす予定だったのです。

ところが一週間前のこと。

モモタのご飯の食べ方が少ない。翌日もますます少ない。

獣医さんでは、見たところ特に異常はないとおっしゃる。

といっても、16歳と8ヶ月、人間で言えばすでに90歳以上。

体重もピーク時は7.5kgあったのに、二年前でも5.9kgあったのに、

いつのまにか3.8kgに。

この年齢で食べなくなれば、それが何を意味するのかは私でもわかる。

土曜日にいたっては朝からひとくちもたべず、身体がぺちゃんこになってしまった。

1時間おきに水と、ポカリスエットやかつおのだし汁などをスポイトで飲ませ、

チューブ入りの猫用高カロリー栄養食をなめさせ、

旅行をキャンセルしたのです。

と、ところが…。

日曜日の朝、カリカリという音で目が覚めると、モモタがご飯を食べている。

なまり節を切ってやったら、それもパクパクと食べる。

そして日増しに食べる量が増えてきて、今朝は以前と変わらない食欲だ。

身体も目に見えてふくらんできた。

一時は絶望的な気持ちになってハラハラと泣いていたのに、なんだか気が抜けました。

とりあえずは、大丈夫。



img20051019.jpg




とはいえ、人も動物も、年を取ればどこかしら身体がわるくなり、

いつかは肉体を脱ぎ捨てる日がやってくる。

当たり前のことだけれど、それを受け入れるのはほんとうにむずかしい。




momo コメント:0 トラックバック:0

最近のモモタは…

2005/08/04(Thu) 08:55
img20050804.jpg


佐野氏コールにおこたえして、ひさびさにモモタ登場~。

暑いのでもっぱら板の間の上に寝ています。

年をとってから朝のトイレにたいへんな達成感をおぼえるらしく、

「ウワーオ! ウワーオ!」と大声で吠えながら凱旋してくるので、いい目覚ましになってます。

また、私たちがそれぞれの部屋で何かしているとひとりでリビングにいるのが非常に不満らしく、

にゃーこにゃーこ鳴いては呼びにきます。

私にいっても埒があかないと知っているのか、ジョーさんのほうを呼びに行く率高し…。

あんたがちびの頃から世話してるのは私なんだけど…。



そしてやってきました~。台風9号マッツァ。

朝から雨風ともにつよくなり、吹きまくっています。

この8月はちょっとまとまった仕事をかかえていて、

こんな天気なのだから、はかどっていいはずなのですが…。 

台風の日って妙にそわそわして、落ち着かないんですよね。

なーんて言い訳してないで、さっさと始めようっと。

  

 
momo コメント:0 トラックバック:0

鼻ちょうちん

2004/09/30(Thu) 17:16
s-momo007.jpgひさびさに出ました、きれいな鼻ちょうちん。猫のももちんは年をとってから、万年ハナ垂れ小僧です。ここ2年ほどは、一日数回ももちんのハナを拭くのが我が家の日課。夜中もブシュッとハナをすする音で目が覚めると、枕元にいるももちんのガビガビになった鼻クソをはぎとります。大きな鼻クソがとれたときの、気持ちのいいこと!



そんなももちんと同じく、今日の私もハナ風邪気味…。ジョンの散歩はジョーさんひとりで行ってきてくれました。季節の変わり目、皆さんも体調には気をつけてくださいねー。
momo コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード