なうひあdiary

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

月桃

2005/04/27(Wed) 21:20
月桃の花が今を盛りと咲いているので、スケッチしてみました。



私に絵を描く楽しみを思い出させてくれたのは、

以前仕事でお目にかかった松岡達英さん永沢まことさん

おふたりに共通するのは、「かならず実物を見て、よく観察して描く」ということ。



「上手下手ではなく、描くことを楽しむ。

心ひかれたものをじっとみつめて表現することによって、

その美しさを愛でることが大切なんですよ」



たしかに絵に描いてみると、漠然と見ているだけではわからない細部の形や色が見えてきます。

今回もスケッチしてみて、びっくりしました。月桃の花、こんな形をしていたんですね。

つぼみ(もしかしたら「がく」でしょうか)からもうひとつ同じようなつぼみが出てきて、

さらにその中から鮮やかな黄色の花びらが…。

なんだかエイリアンの口からもうひとつ顔が出てくるのに似ていて、

ちょっと不気味にさえ感じてしまいました…。

見れば見るほど不思議な花です。



img20050428_1.jpg


                    市民会館の裏庭で。

                    大きな株でわんさと茂っている月桃ですが、

                    久しぶりの青空が気持ちよく、

                    一番上の花を下から見上げて

                    空と雲を入れてみました。

                    水張りしていないので

                    紙が波打っていますね。。。


sketch コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード