なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

西部林道

2005/08/29(Mon) 22:10
レンタカーで西武林道を走る。ここも一部が世界遺産地域で、シカとサルの住処だ。

道路の向うから、わらわらとサルの群れが移動してきた。

車から降りて見ていたら、ボスざるとおぼしき大柄なサルに歯をむき出される。

女性と子どもはばかにされるらしい。



img20050901.jpg


シカはサルよりも警戒心が強くて、車から降りると白いお尻を見せて飛んで逃げていく。

でも、車中にいれば意に介さないらしい。



img20050901_1.jpg


海は深い青色で、いなか浜では海水浴を楽しむ人たちも見えた。

いつか、屋久島の海もスノーケリングで楽しんでみたいな。

でも、次もまた森へ行く予定…なのだけれど。



img20050901_2.jpg







'05屋久島 コメント:0 トラックバック:0

平内海中温泉

2005/08/29(Mon) 22:02
尾之間に宿をとったのは、温泉も満喫したかったから!

熱めのお湯で肌がツルツルになる、地区運営の素朴な尾之間温泉に、

露天風呂のあるいわさきホテルの大浴場、

そして干潮の前後4時間しか入ることのできない平内海中温泉とめぐってきた。

ここは混浴で脱衣場もなし。宿で手作りのポンチョを貸してくれた。



img20050901.jpg

'05屋久島 コメント:0 トラックバック:0

四季の宿尾之間

2005/08/29(Mon) 06:49
今回泊まったのは、モッチョム岳の麓にある四季の宿 尾之間さん。

千葉から移住されたご夫婦が営んでおられる、とてもあたたかで居心地のいい宿だった。

夕食は山を見上げるテラスで。トビウオのお刺身に姿揚げが美味。



img20050901.jpg

'05屋久島 コメント:0 トラックバック:0

ふわふわのコケ、山の花たち

2005/08/28(Sun) 22:31
img20050901.jpg


水の豊富な屋久島には多様なコケと、独自の進化をとげた小さな花たちがいる。

じつは、がんばって宮之浦岳に登ったのも、そんな可憐な植物たちにひとめ会いたかったから。

願いどおり、モウセンゴケ(写真上左)や8月に咲くイッスンキンカ(上右)、

ヤクシマアザミ(下左)、ヤクシマシオガマ(下右)などが目を楽しませてくれた。



Image2.jpgyaku2005.jpg

'05屋久島 コメント:0 トラックバック:0

宮之浦岳

2005/08/28(Sun) 21:29
img20050901.jpg


2日目は朝4時に宿を出て、九州最高峰の宮之浦岳(1936m)へ。

縄文杉や白谷雲水狭と迷ったけれど、せっかく8月に来たのだから、とがんばってみた。

6時半に淀川登山口をスタート。花之江河、投石平を超えてからは花崗岩の岩が露出し、

その上を水が流れ、ほとんど滝登りのような箇所も…。

山頂はガスで視界がきかなかったけれど、朝のうちに雨が降ったおかげでコケたちのきれいなこと!

帰り道はお日様も顔を出し、山頂付近の奇岩の眺めや、山の清涼な空気、かぐわしい香りを存分に楽しんだ。

登山口に戻ったのは午後5時半。往復11時間の山行でした。



このときは、まさか2日後に極度の筋肉痛が待っているとはつゆ知らず…。

かなり後からやってくるところがトホホです。



Image4.jpgyaku2005.jpg

'05屋久島 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード