なうひあdiary

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

再見的台湾

2006/12/01(Fri) 13:49
台湾という国の歴史は一般教養的にうすうす知ってはいたけれど、

実感はまるでない情報のひとつに過ぎなかった。



でも実際に行ってみると、建物や食文化、温泉、出会う人たち、

すべてがその複雑な歴史を肌に刻み、まとっているのに気づく。



たとえば日清戦争後、太平洋戦争終結まで続いた50年の日本統治時代。

日本教育を受けた最後の世代が、今70代の方たちだ。

いろいろな人に流暢な日本語で話しかけられたが、皆さん同様に

「日本のとてもよい教育を受けた」と誇り高そうに語る。



何がこの人たちをそう思わせているのでしょ。

帰る前の日になってはじめて、ガイドブックの歴史コラムを熟読。

そこには大国の思惑で翻弄された激動の近代がありました。



行きのフェリーで同室だったおじさんが意味深な表情でつぶやいた

「台湾おもしろいとこですよ」という言葉。

その奥深さの一端にちょっとだけかすったようなものだけれど

ますます台湾迷路にはまりたくなりました。

次は南部の高雄や台南、中部の阿里山や日月譚にも足を伸ばしてみたいです~。



image4.jpgyukagai.jpg




〈今回読んでいった本〉

『台湾好吃大全』(平野久美子/新潮社)

『満里奈の旅ぶくれ-たわわ台湾-』(渡辺満里奈/新潮文庫)

『台湾まんぷくスクラップ』(浜井幸子/情報センター出版局)

『ロ合日杏子のこだわり台湾案内』(ロ合日杏子/産業編集センター)

『るるぶ台湾』

『地球の歩き方台湾』

『悠々ロングステイガイド台湾』(イカロス出版)



〈参考サイト〉

台北ナビ

まるごと台湾
'06台湾 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード