なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

そして

2007/01/16(Tue) 13:34
今回、夕食はマクタン島のラプラプシティで2回、ドゥマゲッティで2回、

軽トラの荷台を座席に改造した乗り合いバスや

トライシクル(サイドカーみたいな座席付きバイク)に乗っておいしいと評判のレストランへ。

イタリアン、メキシカン、シーフード、タイ料理、どれもおいしくて安~っ。

飲んで食べて、ひとり300~400ペソ(750~1000円)でした。

やっぱりちょっとでも街に繰り出して、地元の生活にふれるのが楽しいですね。

ジモティ御用達のデパートみたいなショッピングセンターでは

午後6時の時報とともに礼拝。レジもお客も全員動きを止めて黙祷していました。



物価が安いということは、もちろんここで働いている人たちのお給料も安いというわけで…

船のクルーも、私たち4人に対し5人も乗っていて、器材のセットから荷物運び、

ランチの用意となんでもやります。そして夜はボートに寝泊まり。

レインウエアを持っていたのは船長だけで、みんなびっしょり濡れてました…。



最年少のクルーはまだ中学生くらいでしょうか。

たぶん学校へは行けなくて、船に乗っても大人と同じお給料はもらえないだろうけど、

でもご飯は食べることができるのです。

船の後ろには七輪とお鍋。野菜と魚を煮てスープをつくっていました。



img20070116.jpg


ドゥマゲッティのビーチにて。

もう薄暗いのに、子供たち、楽しそうに泳いでいました~。

'07セブ コメント:0 トラックバック:0

まだ

2007/01/15(Mon) 20:29
体調が今ひとつ。そんなに体力ないのに、よろこんであそぶな~、という感じですが…



s-image1.jpgcebu.jpg


海のなかは魚影も濃くて、水温もまずまずだったし文句なし。


img20070116.jpg


ヤギというか、イソバナというか、その手のたぐいがとてもきれいでした…


img20070116_1.jpg


たいてい最後尾で写真を撮っている私をジョーさんが見張っている、の図。


s-image3.jpgcebu.jpg


左はウミウシの卵かな…。海のなかのブラックローズ。


img20070115_1.jpg


ハードだったのは濡れてさむかった船上と、キンキンの冷房でさむかった機内。

関空で前後泊したホテルの温泉の、なんとありがたかったことでしょう…。

'07セブ コメント:0 トラックバック:0

たった

2007/01/15(Mon) 17:21
一週間の旅でも、家に帰ってくるとほっとしますね。ひたすらごろごろ、ゆっくりしてました。

フィリピンの海のなかの写真をいくつか…。



img20070115.jpg


バリカサグのバラクーダ。でっかい玉になってほとんど動かなかった…。


img20070115_1.jpg


コホシカニダマシ。じつはヤドカリ。


img20070115_2.jpg


ゴールドスペック(金の眉毛)ジョーフィッシュ。


img20070115_3.jpg


日本にはいないスパインチークアネモネフィッシュ。


img20070115_4.jpg


ハダカハオコゼ。胸びれを使って移動しているときが

かわいいのですが、すぐ静止してしまい残念…


img20070115_5.jpg


毛むくじゃらオランウータンクラブ。


img20070115_6.jpg


マンジュウイシモチ(左)のデザイン感覚、たまりません~。


img20070115_7.jpg


ニシキフライウオ。ペアでいたんですが、写真はピンのみ…



'07セブ コメント:0 トラックバック:0

帰ってきました~

2007/01/12(Fri) 14:33
フィリピンはセブ島発のダイブ・サファリに行ってきました。

セブのマクタン島から出港し、バリカサグ島、アポ島、スミロン島、カビラオ島などのポイントへ。

夜はドゥマゲッティとボホールのリゾートに宿泊、の予定でしたが、

2日目、ボホールに向かう途中天候が荒れて、島影がなーんにも見えず。

このままでは迷子になります~、ということで、ドゥマゲッティへUターン。

いやー、濡れねずみ状態でつめたい雨風にさらされること数時間、

ひさびさに生体エネルギーのリザーブタンクをONにした、という感じです~。



フィリピンまで行けばもっと暖かいかな~と思ってましたが、

天気が悪かったので石垣と変わらず。

大阪から来られたTさんは半袖で「暑い暑い、なんでさむいの?」とおっしゃってましたが、

結局私たちはずーっと長袖に上着を着てました(苦笑)。

でもセブ周辺ではなく遠征しただけあって、海のなかはよかったですよ~熱帯魚



img20070112.jpg


早朝に出港。マクタン島・ホワイトサンズ前。




img20070112_1.jpg


船はアウトリガーのついたフィリピンのバンカーボート。

今回は私たちふたりに大阪から来られたTさん+ガイドS嬢の4名に

フィリピン人のクルーが5人。

この船がまた、いすずトラックのエンジンを積んだ手作り感覚あふれた船で

舵は竹竿、アクセルは紐でひっぱります。

GPSどころかコンパスも持たず、頼るは目視のみ。



img20070112_2.jpg


アウトリガーのおかげで横揺れはかなり少ないのですが…

風が強くなるとテントを巻いてしまうので屋根がなくなり、

波と雨風をよけられないのが難点。

私は唯一雨風の当たらないエンジンルームの入り口にずーっと避難してました。

みんなは「軽油のにおいがたまらん」と、よっぽどでなければ寄りつきませんでしたが

さ、さむいのに比べれば…においもやむなし!



途中、どこかの板が飛んで、クルーがトンカチを持って修繕しに行ったり

野趣満点でありました。

この船、天気さえよければきっときっと快適なはず~。








'07セブ コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード