なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

雪解けの野草たち

2009/05/07(Thu) 22:14
刺巻湿原のミズバショウが見頃と聞いて行ってみたら
あらら、こーんなに葉っぱが大きくなっちゃってる(^o^)
でも緑がハンノキの林に映えてうつくしい~

もちろんまだまだお花も咲いてます。
同じサトイモ科だけあって、クワズイモの花とそっくり。

ザゼンソウや

イチリンソウ

オオバナノエンレイソウ? それともシロパナノエンレイソウ?

そしてそして…カタクリもなんとか咲いていました~

林床にいっぱいです。もう終わりかけだけど

やっぱりフォトジェニックな花ですねえ♪

さて、鶴の湯に向かうと、まだ可憐なミズバショウが

やっぱり葉っぱが大きくならないうちに、雪解け水のなかから咲くのがすてきですねえ

みちばたには薄紫のキクザキイチリンソウ

どこでも車を停めたくなっちゃいました~
more
'09東北 コメント:5 トラックバック:0

賢治先生の家

2009/05/07(Thu) 19:02
学生時代から折りにふれて訪れている賢治ゆかりの地。
今回やっと、羅須地人協会の建物のなかに入ることができました。
火鉢を囲んだまるい木の椅子に、黒板とオルガン。
今にもそこに賢治先生がいそうなたたずまいです。
花巻農業高校の構内にあるので、見学は授業のある平日だけ。
高校の事務室で、鍵を貸してくれます。
生徒たちにとっては、いつまでも身近な「賢治先生」。

もともと北上川の近くにあったこの家は、農家のひとに譲られ移築されていましたが、
なんとそれは、のちに花巻農業高校が新築されることになった敷地のなかでした。
「偶然」というひとことでは言い表せない、強い因縁を感じてしまいます。。

'09東北 コメント:0 トラックバック:0

桜めぐり

2009/05/07(Thu) 18:00
足早に北上する今年の桜。まだ間に合うかしら~、と車で30分の角館へ。
桧木内川堤のソメイヨシノはなんとか満開。

すれちがった宅配便のおにいちゃんが「散り始めだっス」と教えてくれた(^o^)

武家屋敷の枝垂れ桜はもう終わりかけ

でも、新緑がまぶしい~

それから仙岩峠を越えて岩手県へ

小岩井農場の一本桜はまだ五分咲きでした。残雪の岩手山、ビューティフル♪
'09東北 コメント:2 トラックバック:0

もひとつ北の春

2009/05/07(Thu) 15:12
GWは久しぶりに秋田の家へ。

芝桜にムスカリ、チューリップ、

水仙に雪柳もいまが満開。

端境期の畑には青菜、ねぎ・にら、にんにく、いちご、キャベツ、いんげん豆などが。
夏野菜はまだまだこれからです。

木綿の布でくるんだみたいなねぎぼうず

わんさか咲いてるカキドオシに

ちいさな白いスミレ

ニリンソウにヒマラヤユキノシタ、ボケ、カップにならない水仙も咲いてた~

そしてあちこちに目を光らせているのが…

畑の見張り番、カラスのカーちゃん。
20年前、怪我したカラスにご飯をあげて以来、代替わりしていついています。
台所の残り物がよっほどおいしいらしく、熟れたいちごでさえつつきません。
ほかのカラスは絶対に寄せ付けないので、畑の作物、果物はきれいなまま。
よその畑はみんなつつかれてたいへんなのだとか。
熊野のヤタガラスじゃないけど、しっかり守ってくれてます。

しっかし晴れた昼間は暖かいのに、朝晩の気温はヒトケタ!
うっかりはだしでいたら、寝るとき足がつめたかった~(>_<)


'09東北 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード