なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

白山 その5 雲上界を後にして~砂防新道

2009/09/04(Fri) 22:50
気持ちのいい雲の上ともそろそろお別れです。雲のなかに入ってきました…

ふっさふさのサラシナショウマ

センジュガンピは露にぬれています

花びらくるりんクサボタン

秋の野菊、ノコンギクの紫もあざやか

麓も近づき、ふたたびキツリフネ

紫の斑が薄いけど…ツルニンジンの花

砂防新道はかなり整備されていて、ほとんど石の階段状でした。
吊り橋を渡れば別当出合に到着~


白山は花の山、という噂にたがわず、ホントにたくさんのお花たちに会えました。
クロユリやチングルマ、ハクサンコザクラは終わっていたけれど
大好きな青~紫の花たちがそろいぶみで幸せでした~

帰り道、白峰温泉総湯がお休みだったので、地元のちいさな憩いの湯、桑島総湯へ。
背中を流し合うおばあちゃんたち、
「お山の上は晴れてたか?さぞ楽しかったろ?」
得意そうな笑顔がかわいかった~
'09白山 コメント:2 トラックバック:0

白山その4  アルプスは雲の向こう~展望歩道

2009/09/02(Wed) 22:59
昨夜は跳梁跋扈するガーゴイルに安眠ままならず、ご来迎は断念。
静かになった朝方に深い眠りをむさぼり、目が覚めたら雲ひとつない快晴

アルプスの眺めを期待して、展望歩道を行きます。室堂センターを8時過ぎに出発

おしべの長~いシナノオトギリ

やっほー、見えてきました! 雲海の向こうのシルエット
槍・穂高 乗鞍と御嶽、八ヶ岳…

そして南アルプスも。雲の上はほんとうに気持ちがいい

足下にはミヤマダイモンジソウ。花びらのうち二枚が長いので、なるほど大の字に見える

雲海を背景に秋の花トリオ

別山にも雲がたなびいていいるけれど

見上げれば抜けるような青空

沢にはみずみずしい苔がいちめんに

柔らかな手ざわりにうっとりする

甚之助小屋の赤い屋根が見えてきました。雲の上でお昼にします。

室堂センターのお弁当、白山寿司。しゃけフレークに栗の甘露煮もちょこっと乗っていました

'09白山 コメント:2 トラックバック:0

白山 その3 頂上は秋 弥陀ヶ原~室堂~御前峰

2009/09/02(Wed) 22:49
弥陀ヶ原に入り、頂上の御前峰が見えてきました。

7月下旬頃はここもお花でいっぱいだったのでしょうが、今はイブキトラノオがさびしげに揺れるばかり

上から見下ろすと、木道が光って川のようです

午後2時、今夜の宿、室堂センターに着きました

白山神社の奥宮があります

荷物をおいて、頂上へ

ふり返って見た室堂センター

頂上にも小さなお社が

ピーク時の週末は大混雑だそうですが、今は閑散としたもので

聞こえるのは風の音だけ。お池めぐりコースをまわって戻りましょう。まずは紺屋ヶ池

この辺はもうすっかり秋。チングルマの風車がずらり

まわるまわる、その下にイワギキョウ一輪

コケモモかな…ほとんど花が終わって実になる途中

秋の風情のミヤマリンドウ

雲が流れてきました

黒ずんだ雪渓がまだ残っています

岩場に咲くからイワギキョウというんですね

オンタデは雌雄異株で、赤い花がつくのは雌花

室堂に戻ったのば5時過ぎ。夕食の時間でした

雲海に沈む夕日

白い月もあがっています…めっきり冷えてきました

夕映えは金と茜にもえて

青と紫に滲んでいきました

頂上はすっぽりと雲
'09白山 コメント:5 トラックバック:0

白山 その2 尾根道はお花畑~黒ボコ岩へ

2009/09/02(Wed) 22:10
さあ、いよいよ雲上のお花畑。登りのきつさも感じないくらい、浮かれ気分のハイテンションに(^^;)
ハクサンフウロとブラシのようなカライトソウ、白い小花はアマニュウ

砂糖菓子のようなシモツケソウと
華やかな黄色いブーケはミヤマアキノキリンソウ

花びらが深く切れ込んでいるタカネナデシコ

通りすぎてきた殿ヶ池ヒュッテが絵本のおうちのようです

アザミとハクサントリカブト…初秋を思わせるシックな色合い

神様のフラワーアレンジメントは絶妙なのです

クリーム色の花と、茶紫に色づいた実のグラデーションが美しい、ミヤマシシウドの群落

ミヤマタンポポとタカネマツムシソウ

タカネマツムシソウはマツムシソウが高山の環境に適応した種。
強い紫外線に耐えるため色は濃くなり、山では少ない花粉を運んでくれるハチを呼び寄せるため、
花をより大型に、目立つよう豪華にしているのだとか。

行く先々で真っ赤に熟れていたベニバナイチゴの実。
ジョーさんは「苦いじゃん」と顔をしかめていたけれど、私的にはその苦みも含め、甘酸っぱく生き返る味。
図鑑には「苦みもあるけど食べられる」という記述で、ジョーさんと同意見かぁ…
でも、キツネは大好物なんだそう(^^;)

しっぽのようなイブキトラノオと、オレンジピンクな色合いが美しいオンタデ

ミヤマアキノキリンソウとベニバナイチゴ

砂防新道との分岐、黒ボコ岩に到着~

この観光新道、最初の登りは急だったけど、尾根に出てからのお花畑がすばらしいので疲れも吹っ飛ぶ。
下りに使う人が多いようでけっこうすれちがったけれど、ヒザにこないかな…

'09白山 コメント:2 トラックバック:0

白山 その1 雲を抜けて~観光新道

2009/09/02(Wed) 21:55
夏の終わりの山のお花に会いたくて、日本三霊山のひとつ、石川県の白山にのぼってきました。
登山口の別当出合は濃い霧だけど上は晴れていると聞き、早く尾根に出られる観光新道を行きます。

露にぬれたキツリフネ

シソの仲間でしょうか

素朴でかわいいヤマハハコ

濃紫が鮮やかなオヤマリンドウ

雲の上に出てきました

野生のブルーベリー。大きな実は甘~い

なんとか一輪だけ、コイワカガミが咲き残っていました

これもヤマハハコかな

オオシラビソの向こうは霧が

松ぼっくりが大きい

タカネマツムシソウが咲いていると思ったら…そこはもうお花畑♪

愛らしいハクサンフウロに

紫のハクサントリカブト

殿が池ヒュッテが見えてきました。雲の上は晴れ!
'09白山 コメント:3 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード