なうひあdiary

2017 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

ガラスの海中

2010/08/23(Mon) 14:39
バルセロナの一日は、メトロ・バス共通の一日券を買ってガウディ巡り。

メトロiは自転車も乗れます。いいですね
カサ・バトリョ→カサ・ミラ→グエル公園→サグラダ・ファミリアとまわりましたが
いちばん感動したのはなんといってもカサ・バトリョ!
貝殻の渦巻きや竜の骨、鯨の肋骨、魚のえら、ミルク・クラウンetc…
自然の造形の神秘があちこちにあふれていて、夢のようなおうちでした

外壁や屋上はイスラムの香り漂う魅惑のモザイク。
ドラゴンの背中? 骨? 謝肉祭の仮面と紙吹雪? 幻想渦巻くモチーフの数々

そして中庭の壁は海のブルー。
タイルのブルーは上に行くほど濃くなっているのは、自然光が当たっても上下統一された青色に見せるため。

波形ガラスの塀ごしに見ると、ゆらゆらほんものの水の中に見えるという仕組み♪

なんてすてきな仕掛けなのでしょ! 視点を上下に動かしてみると…

わーホントに水の中みたい。

鯨のおなかの中はカサ・ミラにも

グエル公園にもありました

天井のモザイク、寝転がってゆっくり見たいなぁ

サグラダ・ファミリアの螺旋階段はまんま巻き貝のなか

扉の模様。どんな暗号が秘められているのでしょ?
数万年後にこの廃墟をみつけた未来の人類は、どんなふうに解読するのかしら

完成まであと100年? 200年?

ライトアップの前では、ハイテンションな日本人のグループが大はしゃぎで記念撮影してました。
ツアーも少人数で何日も過ごすと仲良くなるのでしょうね。なんだかすごく楽しそうでした

何百年もかけて造り、千年、二千年の時を経ていく壮大な建造物が街にある暮らし

それってどんな気分? と仲良しな恋人たちに聞きたくなりました。

ピレネー旅の記録はこれでおしまいです。


'10ピレネー コメント:6 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード