なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

ドラゴントンネル

2013/07/01(Mon) 14:21
朝、もうしぼんだドラゴンフルーツの花にミツバチが群れていた
2013_06290050.jpg
漏斗状の花の中にむりやり潜り込んでいく
2013_06290066.jpg
ほとんどトンネルのなかを這い進む状態
2013_06290056.jpg
ひとつの花の中に、4匹も潜り込んでいた

2013_06290093.jpg

花が大きいので、蜜も花粉も豊富なのかしら?
まだ花が開いている夜明け頃なら訪花もラクなのにねー

bee コメント:0 トラックバック:0

ミツバチ銀座

2013/04/10(Wed) 21:10
センダングサの天下になりつつある、防波堤の後ろの歩道
2013_03300045.jpg
近づいてみれば、聞き慣れた羽音が…

2013_03300043.jpg あっちもこっちもミツバチだらけ
防風林の後ろで、目立たないところなのに
どうやって花をみつけているんだろう?
bee コメント:2 トラックバック:0

春採蜜

2013/03/29(Fri) 11:19
B群の継箱に上げていた板5枚を採蜜
2013_03280042.jpg
約3kg強とれた
けっこう濃厚

かなり蜂の数がふえ、ものすごい勢いなので
Nさんに来ていただいて作業
数が多くて怖いときは、とにかく燻煙をたっぷりすること、
そして手早く作業すること、
と教えていただいた

けむりをかけると、ワーーーーーン、といって蜂たちが震え出す
「非常事態! 非常事態!」と騒いでいる
この騒いでいる間は攻撃してこないので、
その間にさっさと作業する
もたもたしていて時間がたつと、
蜂たちも「このままではやられる」と覚悟を決めて、攻撃に出てくるらしい

というわけで、作業中の写真はナシ
それどころではないのです~

現在14枚のB群に対し、A群は5枚とかなり弱くなってしまった
B群からさなぎ圏を1枚入れて、蜂蜜を給餌
がんばれー

この間また指先を刺されたのだけど、今回は特に何の反応もなし
前回のアナフィラキシーは、ほほの、リンパに近いところを刺されたために起きた模様
Nさんいわく、「ぼくも最初そうなった覚えがある。そのうち出なくなるよ」とのこと
岩手・藤原養蜂場の誠太さんも、重度の蜂アレルギーだったのを
1日何十回と蜂針を自分で刺して、克服したという
とにかく顔さえ刺されないように気をつければ大丈夫なはずー

2013_03230052up.jpg
シナガワハギの小さな花にも訪花
風が強くてブレブレ
bee コメント:6 トラックバック:0

Shock!

2013/03/04(Mon) 19:28
昨日の夕方、ほほのはじっこを蜜蜂に刺され、ついに出てしまった…
アナフィラキシー(>_<)

たぶん刺されたのは通算で5度目くらい?
今までは刺されたところが後からはれてかゆくなるだけだったのが
今回は5分後くらいから、全身のやわらかいところがバーッと赤くじんましんになってかゆかゆ
1時間くらいしたらちょっと胸も苦しくなったのであわてて病院へ

幸いそれ以上はひどくならず、帰ってきたらじんましんもほとんどひいていたのだけれど…
たまに2~3日してぶり返し、ひどいときは呼吸困難になることもあるので、
そのときは救急車を呼んできてください、といわれた

内検のときは面布をかぶって用心しているのだけど、今回は草取り中で油断していた

これまでは刺されたところがはれるだけだったので、蜂アレルギーではないと安心していたのに
何回か刺されると症状が出てくる場合があるそう

じんましんはともかく、重症になると呼吸困難と急激な血圧低下による意識混濁がありうるので
ひとりで作業しているときにまた刺されて、重症化しないともかぎらない
用心すれば絶対に刺されない、とはいえないし

検索したら、アナフィラキシーが出たのに蜂を飼い続けているひともいた
顔を刺されなければアナフィラキシーが出ないので、顔だけは刺されないように気をつけるとか
でもぜったいひとりでは作業しないという

プロはエピネフリンという注射器を常に用意しておくらしいけど…

うーんどうしよう。なやむなぁ


2013_03030006.jpg
こっちでは「ぷぅ」と呼ばれる毒毛虫…ヒメシロモンドクガ?
歯ブラシみたいな毛束で、最近よくみかける
アナフィラキシーで背中やおなかがかゆくなったとき、
蜂に刺されたうえにコレにもやられたのかと思った
bee コメント:4 トラックバック:0

壁際

2013/03/01(Fri) 12:21
採蜜予定の巣板を継ぎ箱に上げ、
いちばん左に開いた一枚分の空間をそのままにしていたら…
2013_02270007.jpg
見事に一枚、壁際に作られてしまった(>_<)
蜂の数が多いのでよく見えなかったけど
花粉や蜜を貯めているのかな
もう、とりあえずこのまま放置



こっちの群れはものすごい勢いで数をふやしているけど、もう1群がちょっと弱め…
前回採蜜したときは強勢だったのに
やっぱり蜜をたくさん貯めたムダ巣を奪ってしまったことで
産卵ペースが落ちたのだろうか

これだけ数が多いと、内検後、継ぎ箱をのせる際にかならず何匹かはさんで押しつぶしてしまう(>_<)
次回継ぎ箱をおろすとき、そこに残った蜂の死骸を見ることになるのだ
それがとってもつらい。やっぱり蜂飼うのやめようかな、と思うくらい
なんとかもっと、細心の注意をして、ブラシで継ぎ目にいる蜂をどかせて、すばやく継ぎ箱をのせたい
でも継ぎ箱は両手でないと持てないし、ブラシではらっても継ぎ箱を持った段階で
また蜂が移動してしまう…
なにかいい方法はないものか
いったん斜めにのせて、ずらす方法はどうか…

ところで遅ればせながら、市役所の畜産家に養蜂の届出をしてきた
毎年1月末日までなので、ほぼ1ヶ月遅れ…(汗)

bee コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード