なうひあdiary

2018 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

機上より

2012/04/27(Fri) 15:55
残雪の富士山と南アルプス

2012_04080403.jpg

宝永火口が真っ正面

2012_04080387.jpg

まだまだ冬山

2012_04080415.jpg

知多半島と鳥羽

2012_04080427.jpg
  
奄美大島北東部

2012_04080430.jpg

加計呂麻島と請島

2012_04080435.jpg

やっぱり復路は右側座席
'12松江・米子 コメント:4 トラックバック:0

Tea master

2012/04/27(Fri) 15:50
目もとがきりり

2012_04080373.jpg

お湯がなくなったら何度でもつぎに来てくれる
でも、二度目からはちょっと気楽なフォーム

2012_04080380.jpg

やっぱりおいしいな八宝茶
注ぐとき以外、ずっとふたを閉めっぱなしで見えないのが残念だけど
味と香りを逃さないほうが大切なのね
お料理もおいしかったーシセントウファ
'12松江・米子 コメント:2 トラックバック:0

そういえば

2012/04/26(Thu) 14:26
桜も見たのだった

2012_04080312.jpg

ほぼ満開

2012_04080318.jpg

夜は宴会ですね

2012_04080330.jpg

場所取りは万全♪

2012_04080340.jpg

ここにも香福がいっぱい

2012_04080351.jpg

もう散ってしまったね 

2012_04080366.jpg






'12松江・米子 コメント:4 トラックバック:0

外海中海

2012/04/24(Tue) 12:10
美保湾から大山

2012_04080281.jpg

海から吹き付ける風もまだつめたい

2012_04080289.jpg

わんこも渋いぞ

2012_04080292.jpg

そんな外海にくらべて、ぐっとおだやかな中海を眺めながら
飛行機の時間まで CAFÉ ROSSO でまったりした

caferosso1.jpg

ラテアートとパニーニのあと、
中海のうららかさを楽しみながら深煎りを一杯
ひさしぶりに懐かしい、ぽっかりした“喫茶店の時間”



'12松江・米子 コメント:0 トラックバック:0

ゲゲゲ語録

2012/04/23(Mon) 09:45
皆生温泉まで来たので、せっかくなので寄ってみた
境港の水木しげるロード

2012_04080259.jpg
  
人寄せのためブロンズや菓子パンに姿をやつしている妖怪たちと

2012_04080260.jpg

どこか昭和なままの商店街

2012_04080263.jpg
  
港町だけあって猫も多いし

2012_04080255.jpg

せわしない観光客を尻目に

2012_04080250.jpg

いたってマイペース

2012_04080275.jpg
 
作業着屋さんてば、ネーミングセンス秀逸だし

2012_04080265.jpg

妖怪みやげを売っている店よりずっとおもしろかったw

2012_04080268.jpg

NHKのドラマは見なかったけど、水木サンは昔からのファンだから記念館は興味深かった
ずらりと並ぶ紙芝居や貸本漫画時代の作品、そして名言の数々
沁みる言葉というのはそのときの気分で違うもので、今回はこんな言葉が重かった

──くだらないものを一生懸命見る。見えないものをむりやり見る

──「見えんからおらんというのがまちがいのもとじゃがナ」(のんのんばあ)

パンドラの箱から見えないものがまき散らされている今、見えないものを見るちからが試されている気がしてしかたない。


'12松江・米子 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード