FC2ブログ

なうひあdiary

2018 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

肉は食べるべきか

2017/05/25(Thu) 11:09
昨夜の『試してガッテン』では、「高齢者のたんぱく質が不足している」という話を放送していたらしい
筋肉!血管!免疫!あの栄養素で体ごと強くなるSP

なかでもお肉はたんぱく質を効率的にとれるのに、年齢を重ねるとあまりとらない人が多いので栄養失調ぎみだとか

そういえば、100歳を超える長寿の方で「ステーキ大好き」とか「ベーコンが主食」「毎日卵2個」などという話を目にする
たまたま昨日も、「お肉は食べないと血管がボロボロになる」という話を聞いた

病後の坂本龍一さんはお肉食べてないみたいだけど、当初は肉、魚、乳製品を一切とらないビーガンだったのが
たんぱく質不足による体力低下の危険を代替医療の指導者から指摘され、魚介と卵を加えるようになったそう

病を克服した坂本龍一さんが実践する健康法

坂本龍一の食卓《特別公開!》


朝はスロージューサーで絞ったにんじんりんご生姜ジュースなのね…

うちもイキイキ酵素くんを迎えてから10年、毎朝 スロウジュース

sP1140046s_20170525110129600.jpg

今は旬のピーチパインとにんじん、セロリ、ゴーヤ、ハンダマ、パセリなどそのときある青い葉っぱと
自家製米ぬか乳酸菌液 を加えて、ヘンプシードオイルかアマニ油をひとたらし

坂本さんの特製サプリドリンクに入っているのは、
焙煎玄米パウダー、ココナツパウダー、カムートパウダー、霊芝、朝鮮人参、冬虫夏草,乾燥生姜、ノニパウダー、オリゴ糖、乳酸菌、プロポリス、ローヤルゼリー、蜂花粉、イチョウエキス、アロエエキス、天然オーガニックゲルマニュウムをなどをブレンドしたものに、宮古島の麻炭パウダー ですって(°_°)

ちょっとお肉から話がそれた…

うちは週2~3回お肉メニューだけど、お肉を食べないのに筋肉隆々だというパプア族の人の話も気になる
常食はイモ類ばかりで、獣肉や魚などのタンパク質はほとんど食していないことがわかっているらしい
ではどうしてたんぱく質をとらないのに、栄養失調にならないのか?

『腸内細菌の話』(光岡知足著) という本によると、食べ物といっしょに飲み込んだ空気中の窒素を
腸内細菌が固定して、たんぱく質に変換している ( ‘o’) というのだ

腸内細菌による生体内「物質」変換術


「食物と一緒にのみこまれている空気中の窒素が、腸内細菌によってタンパク質に合成され、
これを利用していると推定されています」(光岡知足氏)とのこと。そして、この推定を裏付けるように、
パプア族の糞便からは、クレブシェラやエンテロバクターなどの細菌が分離されたという。
なんと、これらの菌は、空気中の窒素からタンパク質を合成する「空中窒素固定」という能力をもっていたのだ。



70年間一切飲食をしないで生きているというインドの行者さんも、
気をエネルギーにしているというのは、空気中の窒素を栄養分に変換しているということ?

そこまですごくなくても、私たちのおなかにだってきっと、空気から栄養素を作り出す腸内細菌がいるはず
腸内細菌の大切さは健康食品業界でもよく言われているけど
加工されたタブレットや殺菌された飲料の中に生きた菌がいるのかな? と疑問に思ってしまう
ぬか漬けやヨーグルトなど、自分で醸すのがいいと思うなー


















身体 コメント:0 トラックバック:0

111

2016/11/01(Tue) 12:33
sPA120033_1.jpg

去年のハロウィンの翌日、111は、私が穴から出てきた日
気がつけばあれから一年  以前のことは、夢を見ていたのかと思うほど実感がない

ウェイトは、最初の三ヶ月で5kg減、次の半年で3kg減、その次の三ヶ月で2kg減
この一年で9kgの減量で、あと1kgが戻しきれていない

まあでも、5kg減らしたあとは食事もジョーさんと同じようにとっているし
1kgはちょっと食べたり飲んだりしたら変動する範囲だし
以前の衣服はすべて着られるし、BMI は21.1だから、もう特に気にしていない

111のぞろ目の日
2016年の今年もまた、別件で記念日となった

意図したわけではなくて、まったくたまたまで、昨日ハロウィン音楽祭を観ていてはじめてそのことに思い当たった
あ、明日はハロウィンの翌日で、11月1日なんだと

私の人生のなかで、2015年の111は大きな節目だったけど
2016年の111も、それにまけないほど大きな節目となった
去年の111には、想像もつかなかったことだ

でもノートを見ると、2016年の2月8日、旧正月の朝には、言葉にしてかなり具体的に書きしるしていた
それを書いたときには漠然とした希望だったのだけど
気がついたらすべてが現実になっていた

それについてはまた、おいおい書いていきたいと思う

あと、私が内地に行っている間に、港のシロにも大きな変化があった
そのこともまた追って書くつもりー












身体 コメント:0 トラックバック:0

お風呂の季節

2016/09/14(Wed) 10:06

sP9120045.jpg
夏のあいだはずっとシャワーだったけど、涼しくなって、やっとお風呂に入れるようになってきた
お風呂といえば、最近注目されているのが、ヒートショックプロテイン(HSP)

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。
免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの働きもある

ヒートショックプロティン(HSP)は、熱によるストレス(ヒートショック)が身体に加わることによって増加する
お風呂に入って体温を上げ、保温することによってHSPを増加させ、免疫力もアップできる

HSPをふやす入浴のコツは

・入浴前の水分補給
・自分の平熱から+1.5度を目安に
・40~42度で20分入浴
・舌下温を計り、体温(深部)の上昇をチェック
・入浴後は冷やさない、温めすぎない
・2〜3日に1回でOK

      (はぴばす:ヒートショックプロテインで元気に! より)



sP9120051.jpg
しばらく前から、お風呂には重曹・クエン酸・エプソムソルトを入れている(Mg~始原のミネラル)
これにレモンマートルやローズゼラニウムなんかの、乾燥させたハーブを網袋に入れて沈める
いい香りがして、抗菌作用など薬草効果もある

ボディーソープは使わない
重曹とクエン酸を入れたお湯に焦げたやかんや鍋を浸けておくと焦げが落ちるのだから
身体の垢や汚れだって落ちるはずだから
炭酸水素ナトリウム(重曹)の入ったお湯に浸かると、肌の洗浄効果があるという実験結果も出ている
(【入浴で実験】お湯につかるだけで清潔に?)

sP9120033.jpg

20分お湯に浸かるってけっこうたいへんなんだけど、エプソムソルト・重曹・クエン酸の三点セットを入れることで
体温上昇までの時間も短くできるし、身体の内部への熱伝導率もよくなり、芯まで温まる

温泉街に住んでいる人は毎日温泉に行って家の風呂には入らないというけど
天然温泉で毎日温まるなんて最高の健康法なはず
でも、エプソムソルト・重曹・クエン酸の三点セットだって、それに近いものはある

飲む炭酸水も、ダイエット効果やむくみ・便秘の解消、疲労回復、美肌などがあげられているけど
飲むだけでなく、皮膚から吸収する炭酸水効果も期待できる
重曹にクエン酸を加えるとシュワシュワするけど、つまりこれって炭酸水
○ブとか化学物質の入った入浴剤より安心だし、大袋で買えばかえって割安ー








身体 コメント:0 トラックバック:0

不完了な感情

2016/07/07(Thu) 16:14
FBのタイムラインに流れてきたこの記事に、ふかく頷く

「自分の人生を生きていないとき」人は病気になる


病気の裏側には必ず、誰かに何か言いたいことが言えていないなど、周囲の人間関係の問題があります。

そして、これが最も重要です。不完了な感情がないかどうかの確認です。




私もひきこもっていた二年半、この「不完了な感情の確認」をしていた
ずっとカギをかけていたブログを再会したとき、今ここ の記事に書いた

あちこちでほこりをかぶっていた、すっかり忘れていた古い服や帽子や靴
おきざりにされて泣きべそかいていたちび



というのがそれ


私が抑制していたほんとうの気持ち、「不完了の感情」は、4歳のときにさかのぼる
両親が離婚してからのさまざまな環境の変化のなかで、そんな感情の澱がたまり
はけ口をなくしてよどんでいたらしい

こんな年になってから、母にはそれをぶちまけた(洗いざらい言う前に「ママがぜんぶ悪かった」と謝られたけど)
でも父は、とうに死んでしまっていない

そんな父に向かって、心のなかで、うらみごとを言いまくった
あのときこのとき、言えなかったたくさんのこと

父は寡黙なひとで、いざというときもおちゃらけてばかりで、ではあらためて、なんてことは何ひとつ言わなかった
親子げんかもしたことがない
病床での最期の言葉も「ご臨終だよ」だ
死ぬ前に言っておきたいことがあったとしても、ぜったい口にしなかった
(言いたいことを言わないから病気になって早死にしたのかもしれない)

父が何を言いたかったのか、想像するしかないけれど
最近は折にふれ「きっとこうだったんじゃないか」と思いあたることもある
父の本棚に並んでいた背表紙の数々を思い出したり

高校生のとき、その中から一冊だけ、「これを読め」と手渡してくれたのが、
当時は単行本だった 『非まじめのすすめ』(森政弘/講談社文庫) (笑)

himajime.jpg

若かった私は、あまりにも表面的で浅はかにしか、理解しなかったかもしれないけれど



だからワンダー テンダー
歌ってんだ 歌ってんだ ずっとずっと
ほっとけ ほっとけ ほっとけないほど
大切なんです
・・・・・・・
病んだ 変だ 思ったって 辛くたって
誰にもなれない自分がいるんだ 


                   ~オンリーワンダー  by フレデリック 

       
                         











身体 コメント:0 トラックバック:0

重曹レモン

2016/06/21(Tue) 13:44
重曹が生活必需品になったのは15年前
入浴剤、掃除に始まり、野菜の農薬除去や、朝いちばんに飲む白湯にも入れている

2009年、デービッド・アイク氏のニューズ・レターで 「がんは真菌であり、治療可能」 という記事を読んだ

真菌の治療にはアルカリが有効であり、イタリアのシモンチーニ医師が
重炭酸ナトリウム(重曹の主成分)でがんを治療しているという話

アルカリが身体にいいというのは昔からよく言われていることだし、
真菌(カビ)が問題であるならば、体内にカビを生やさない→日和見菌をいい常在菌に傾かせるよう、
発酵食品をたくさんとることも役立つかもしれない

もちろん、睡眠や毎日の食生活、入浴、飲酒、喫煙、運動、ストレスなど、
身体を酸性化させない、冷やさない、毒素をなるべく入れない・ためない、などの生活習慣が土台となる


数日前、友人からのメールに、「父が吐血して、末期がんとわかった」と書いてあった
彼女のお父様は15年間、2ヶ月に一度の割合で日赤医療センターに通い、検査をしていたのに
「がんは、がんの検査を受けないとみつからないので」といわれたらしい

西洋医学では個別の部位に表出した症状しか見ようとしないので、こういうことになる

がんと共生して生きているひともたくさんいるし(それによって新しい人生の境地がひらけたり)、
身体ががんという症状を出すにはそれなりの目的があるのだろうけど
身体が細胞の突然変異(がん)という防衛手段をとらなくてすむのなら、それにこしたことはないとおもふ

で、今日また Natural News でこんな記事をみかけた
Revitalize your health with the cancer-fighting properties of baking soda and lemon



抗がん特性を持つ重曹とレモンで、健康を活性化
Lemons-Lemonade-Drink-Glass.jpg

重曹とレモンは、身体をアルカリ性にする食品の組み合わせ
真菌と戦い、がんの根を破壊する
がん細胞は、高アルカリ環境のなかでは生き残ることができない
重曹は、マウスの実験で、癌の周囲をアルカリ化することが証明されている
レモンに含まれるリミノイドは、強い抗酸化力で細胞の酸化損傷を防ぎ、強力な抗真菌特性も併せ持つ
また、リンパの流れを促すことで、がんを引き起こす化学物質、農薬や重金属を除去するのに役立つ
1カップの水にレモン1/2個をしぼり、小さじ1/2の重曹を溶かしたものを毎日飲むといい



国産レモンは収穫の時期が終わり、最近は残留農薬が心配な輸入ものしか手に入らないけど
レモンに似たアルカリ性食品といえば、梅干がある !
梅干ソーダっていうのもいいはず~
(ただ、市販の梅干には化学調味料や保存料などが添加されていることが多いので注意。特に減塩のもの)


それからこちらも    世にも美しいガンの治し方
FBのタイムラインでもあちこちで流れていたので、目にした方も多いのでは?

石原結實医師には20年前から数回取材して話を聞く機会があり、いろいろ試行錯誤した結果、
やっぱり先生のいうとおり、朝は「イキイキ酵素くん」でしぼった果物野菜ジュースのみにすると調子がいい
(あ、今見たらイキイキ酵素くんは販売終了…ヒューロムスロウジューサー ブレンドストリームなるものに進化してる)

羽田空港の書店で平積みになっていた 『空腹はなぜいいか?』 (石原結實著/PHP文庫) にも、
がんを含む慢性病の原因と予防、免疫を高める生活習慣について、とてもわかりやすく書かれてあった

ちなみに去年の11月にぶくぶく状態で穴から出てきた私も、この半年でなんとか 8.5kg減
以前着ていた服はすべて着られるようになり、階段も軽快なステップで上り下りできるようになったけど
あと1.5kgはしぼりたい

ただ、ぶくぶくになる前の激やせでいったんすべての筋肉が落ちてしまい、そのあとについたのは脂肪だけなので、
また筋肉をつけないと…

散歩と畑仕事以外に、スクワットなんかもしないといけないかな
やっと体調が戻ってきたので、ともだちに誘われているズンバトーニングにも行ってみよ♪








身体 コメント:4 トラックバック:0
 Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード