なうひあdiary

2017 / 03
02≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫03

自由と家族

2016/11/14(Mon) 13:52
旅行から帰ってきて、地元情報チェックのため石垣島ハブブログのサムネイル一覧を眺めていたら、
見覚えのある顔が… シロ !!
しかもステンレスのケージのなかにいる!
あわててクリックすると、石垣島ダイビングスクール ロコマイカイ さんのブログだった
写真は保健所で撮影されたもの  とうとうこの日がやってきたのか…

ブログでは、保健所で再会したところで話が「続く」になっていた
保健所の収容犬猫情報を開けてみると、シロはもう掲載されていない
いてもたってもいられずメールをすると
「無事ですよ、うちの庭にいますので、かまってやってください」と温かい返信が…

さっそく行ってみると、いましたいました
sPA300049.jpg

洗ってもらって真っ白のシロ
立派な犬小屋、日よけ、芝生まで…
ずっと前からそこにいるみたいに、腹ばいになっちゃって

sPA300051.jpg
近づいても微動だにせず…やっぱり目を合わせてはくれないけど、前足にふれても怒らない
自由犬でいたときは、ぜったい近寄らせてくれなかったけど、なんていうか、諦観してしまったというか

ほっとした反面、なんともいえない複雑な気持ちになった

思いのまま自由に好きなところへ行って、自分の頭で考えて生きていたシロ
雨の中、しっぽを立て、機嫌よさげな笑顔を浮かべてひとり軽快に走っていた
あの姿はもう見られないのだ

でも、この国では、自由犬でいることは許されない
こうして家庭の一員として迎えてくれるひとがいたのは、ほんとうに幸せなことなのだ
愛してくれる家族とともにいることの有難さを、シロもわかっているはず…と思う
(あ、今はコロという名前なんだった)

そのあたりのことは、シロを家族として受け入れてくれたロコマイカイさんもとっても考えてくれていて
ああ、めぐり合うべく人に迎えてもらったんだなあ、と思ったのだった

くわしくは、ロコマイカイさんのブログの 「石垣島野良犬物語」

私の過去記事 Homeless dogs

そして、自由犬だったころのシロはこちら  shiro

行動範囲が広くて、賢くて、用心深かった(なので、どういういきさつで捕まったのか、そこが知りたい)
今の時代、ある意味貴重だった

ものすごーく昔、世田谷をうろついていた“最後の野良犬”の姿を記録したドキュメンタリー番組を観たことがある
その後姿と重なる


























動物 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード