なうひあdiary

2017 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

台湾の地域犬

2016/09/06(Tue) 11:40
前に、台湾はストリートわんこに優しい国、と書いたけど
台北でもそれは変わりなく、公園にアーケードに、普通にいる
sIMGP4208.jpg
この子たちはひもでつなぎあって、二匹で動いている
洋服屋のお兄ちゃんが、何か話しかけている  いつもこの辺にいるらしい
sIMGP4210.jpg
ストッキング屋さんの看板犬なのか、野良犬なのか、判然としない
sIMGP4200.jpg
この子は首輪をしている
sIMGP4188.jpg
店の入口の、気の通るところが好きなのよね
sIMGP4187.jpg
きれいにトリミングされているから看板犬かなぁ
sIMGP4181.jpg
ブルテリアちゃんは飼い犬だよね
sIMGP4178.jpg
宝くじを買いに来たお父さんも、サマーカットされてるミニチュアシュナウザーに何か話しかけていた
「今日は当たるか? どうだ?」 みたいな感じ 
sIMGP4290.jpg
わんこもお父さんの足元に寄っていって、毎度繰り返されているような雰囲気…

ごはんをあげたり、地域犬として世話をしている人がいるとも聞く
四四南村近くの公園にいた子 首輪をして、お水の容器が置いてある
sIMGP4006.jpg
犬だって、そうやって受け入れられていれば、普通にくつろいでいられるのだろう
でも犬を嫌いな人が怖がって石を投げたりしたら、攻撃的になることだってあるかもしれない

もちろん台湾でも、保健所による捕獲と殺処分はある
狂犬病に感染したイタチアナグマの死体が見つかり、そのイタチアナグマに咬まれた犬がみつかってからは
捨て犬も通報も多くなったらしい

でも台北市動物保護処では、「野良犬長期収容計画」を実施
毎年160万元(約520万円)の予算をあてて、保護した犬に狂犬病の予防注射、避妊、マイクロチップを施し
預りと里親探しをする民間の動物保護団体などに補助金を払っている

また、去年からは「公共サービス犬計画」を実施
これは市内の野良犬を訓練し、検疫や医療、海上保安などの現場で活躍させるというもの

獣医師たちも、地域犬にごはんをあげている“愛心ママ”たちと協力して
ボランティアで野良犬に狂犬病の予防注射をしているらしい
一方、環境が汚れるからといって、そんな愛心ママを責める声もあるとか
(動物孤児院 (99)台湾の「殺処分ではなく、避妊去勢を」運動 より)

石垣でもさすがに少なくなったけど、朝晩は自主散歩している犬もいるし
港のシロ(最近は田んぼとか79号線沿いでもみかける)のことも心配…

犬がこわい、咬まれたらどうするというのもわかるけど
わたしは地域犬が人間と共存して、自由に生きられる街であったらなぁ…と思う

台湾をうろうろしている犬たちを見ると、みんな穏やかで優しい顔をしていて
(乱暴な犬は通報されて捕獲されちゃっているのかも)
けっして不可能ではないと思うんだけど…
やっぱりファンタジーなのかなぁ

















'16台湾 コメント:0 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード