なうひあdiary

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

総選挙後

2017/10/10(Tue) 23:22
sPA050057_20171010222111555.jpg


先週、今週の週末で、家の固定電話、私とジョーさんの携帯それぞれの計3回、選挙についてのアンケート調査電話が来た
私は電話に出られたので、2回とも回答した
ニュースで報道される各党の支持率とかを見ると、へえー、と思ってしまう
私の意見は本当に反映されているのだろうか
そして結果はどう出るのか、その民意は尊重されるのか、注視したい


気になったブログ記事…

誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」



以下引用↓



安保条約や地位協定にもとづく戦後の日米間の法的な関係は、独立の直前(1950年6月)に起こった朝鮮戦争のなかで生まれた「米軍への絶対従属体制」、いわゆる「朝鮮戦争レジーム」であり、そのなかで日本政府は米軍からの要求に対して、基本的に拒否する権利をもたない。

今回どのような選挙結果が出たとしても、選挙後に姿を表すのは、巨大な「自民・公明・希望・維新」による保守連合体制であり、その最終的な目的は、軍事問題についての「野党の消滅」または「大政翼賛体制の成立」である。
その結果、訪れるのは、「朝鮮戦争レジーム」の最終形態である「100パーセントの軍事従属体制」に他ならない。

選挙後に誕生する巨大な保守連合の、新たな目標として設定されているのは、まちがいなく、

① 全自衛隊基地の米軍使用→すでに進行中の現実
② 核兵器の陸上配備

のふたつ。
今後、核兵器の地上への配備がおおやけに議論されるようになったとき、それがいくら公平な議論のように見えても、結論はすでに決まっている。

核を地上配備するのは、沖縄の嘉手納と辺野古の弾薬庫。

本土への復帰前は沖縄に、最大1300発もの核兵器が地上配備されていた。
嘉手納と辺野古には当時それぞれ数百発の核兵器が貯蔵されていた巨大な弾薬庫がいまもあり、
さらにはそれを「将来必要になったらいつでも使えるように維持しておく」という密約まで結ばれている(1969年の佐藤・ニクソンによる「核密約」)。

北朝鮮対策という名目で沖縄に核が配備されたとき、それは自動的に、
中国との間で核を撃ち合いかねない「恐怖の均衡」を成立させてしまう
いうまでもなく、中国のもつ核兵器は、日本列島全体を瞬時に壊滅させるだけの威力をもっている。

核兵器の配備について「沖縄ならいいか」と思った瞬間、
「核大国・中国との間での、永遠につづく軍事的対立」=「永遠の朝鮮戦争レジーム」という、
最悪の結果がそこには待ち受けている。

けれども逆に、核の地上配備を沖縄と連帯する形で、日本人全体で拒否することができれば、
北朝鮮とアメリカの間で「恐怖の均衡」が成立し、バノンが予言していたとおり、
やがて北朝鮮の核開発の凍結とひきかえに、米軍は朝鮮半島から撤退し、
日本の朝鮮戦争レジームも終わりを告げることになるだろう。



                                    (引用終わり)

鵜呑みにするわけじゃないけれど…

辺野古や先島諸島への自衛隊配備における日本政府の強権的なやり方の裏に、親分の米軍がいるのは明らか
表むきは対等な国同士の同盟としているが、現実は戦争に負けたときからずっと日本は米国の従属国だ

この異常な枠組みを変えるのに必要なのは、ひとりひとりの民意が結束してうねりを起こすことなんだけど…
根本的な事実はなかなか知らされない
政局の茶番劇を見せられるだけ( ノД`)


















時事 コメント:2 トラックバック:0
 Home  Prev

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード