なうひあdiary

2005 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

水着だけでは冷たすぎます

2005/04/30(Sat) 22:22
昨夜はエレファントカフェで夜更かししたので、午前中は家でゆっくり。

さっそく新しいデジカメ+ハウジングを注文しました。



午後からはジョンを連れて米原のビーチへ。

浅いところでチャプチャプしようと思ったら、うう、水着だけではとても冷たくて入れません。



海には観光客らしきスノーケラーが3人。

半袖のラッシュガードで泳いでるけど、寒くないみたい…。

内地から来るとずいぶん暑く感じるのでしょうね。



GW前半は、ちょっと風が強いけれどお天気続き。

さて、今年の夏はどうでしょう。

台風少ないといいのにな~。



keitai.jpg


             ケータイのカメラで撮影。

             撮影モードをVGA(640×480)にしたら、

             こんなにきれいに写るんですね。 

             おみそれしました~。

     


浜歩き コメント:0 トラックバック:0

デジカメさん、さようなら

2005/04/30(Sat) 21:52
連休2日目、今日はカヌーで宮良川へ。

以前来たときすれちがったガイドの方から「ここはずっと上まで行けるよ~」と聞いていたので

行けるところまで行ってみよう、と張り切ってスタートしたのです。



ところが途中からデジカメの様子がヘン…。

シャッターを押しても書き込みがされないのです。

以前からときどき不調なときがあったのですが、今日はさすがにもうだめ…。

この画像を最後に終わってしまいました。。。



img20050502.jpg




カヌーも1時間ほど漕いだところで川幅が狭くなり、

流木が散乱してとても進める状態ではなく…。

結局途中の砂州に上陸して、お弁当を食べて帰ってきました。



でもでもせっかくのお天気!

とてもそのまま家にはいられず、もう1台のデジカメを持って今度は海へ…。

初スノーケリングということで、手始めに崎枝へ行きました。



img20050502_1.jpg




日差しは強いけど、水はまだつめた~い。

2mmのライトスーツで40分が限界でした。

けれど気持ちい~い! やっとシーズン到来という感じです。



帰りがけには、昨日カラ岳で撮れなかったテッポウユリを見に御願崎へ。

すると海を見下ろす丘にきれいな赤い花が満開で、まずはそちらを撮りに行ったら…。



img20050502_2.jpg




あらら、デジカメの液晶が横線だらけに。

テレビが壊れたときのように、何本ものカラーの線が表示されるのみ。

結局この画像を最後に、こちらのデジカメも終わってしまいました。。。



そりゃあどちらも3~4年は経っているけれど、

何も同じ日に、2台とも壊れなくったっていいではありませんか…悲しい



そしてまたしてもテッポウユリは撮れませんでした。








daily2 コメント:0 トラックバック:0

カラ岳

2005/04/29(Fri) 12:26
カラ岳(136m)の前を通りかかったら、テッポウユリが満開だったので登ってみました。

登り口は双子の山の真ん中あたりにあるのですが、草が生い茂って道は見えず。

北側にみつけた小さな道を登っていったら、これが途中からすごいやぶに…。

背丈ほどもある草に阻まれ、大汗かいて腕はスリキズだらけ。

「ルート間違ってるから引き返そう」というジョーさんに

「もうちょっとなのにぃ…」と未練たらたらの私。

さらに数メートル藪漕ぎしたところで大きなアリの大群に遭遇、

何匹も腕に食いつかれて泣きながら撤退しました。。。



さて、冷静によく見てみれば、すぐに正しい登り口を発見。

なんと歩きやすくわかりやすく、頂上まで最短距離な道だったことでしょう。

人間、間違ったと思ったらすぐに引き返す勇気が必要ですね…。



img20050502.jpg


                 間違えたルートから引き返すところ。

                 このあとカメラから電池を落としてしまい、

                 (アリに食われて動転し、

                 ケースが開いていたのに気づかず)

                 肝心のテッポウユリは一枚も撮れませんでした…。

               



               


山歩き コメント:0 トラックバック:0

月桃

2005/04/27(Wed) 21:20
月桃の花が今を盛りと咲いているので、スケッチしてみました。



私に絵を描く楽しみを思い出させてくれたのは、

以前仕事でお目にかかった松岡達英さん永沢まことさん

おふたりに共通するのは、「かならず実物を見て、よく観察して描く」ということ。



「上手下手ではなく、描くことを楽しむ。

心ひかれたものをじっとみつめて表現することによって、

その美しさを愛でることが大切なんですよ」



たしかに絵に描いてみると、漠然と見ているだけではわからない細部の形や色が見えてきます。

今回もスケッチしてみて、びっくりしました。月桃の花、こんな形をしていたんですね。

つぼみ(もしかしたら「がく」でしょうか)からもうひとつ同じようなつぼみが出てきて、

さらにその中から鮮やかな黄色の花びらが…。

なんだかエイリアンの口からもうひとつ顔が出てくるのに似ていて、

ちょっと不気味にさえ感じてしまいました…。

見れば見るほど不思議な花です。



img20050428_1.jpg


                    市民会館の裏庭で。

                    大きな株でわんさと茂っている月桃ですが、

                    久しぶりの青空が気持ちよく、

                    一番上の花を下から見上げて

                    空と雲を入れてみました。

                    水張りしていないので

                    紙が波打っていますね。。。


sketch コメント:0 トラックバック:0

ビタミン・スイーツ

2005/04/24(Sun) 21:48
インラインスケート2日目。今日はノリちゃんと三人で滑ってきました。

だんだん慣れてきて、バックも少しならできてきた。

でも、ヨワイほうの右足に余計な力が入るのか、

足裏は疲れるし、お尻や太ももが筋肉痛。

シューズを脱ぐと、ひざも笑ってカクカクに…。はあ、まだまだです。



でも心地よい汗をかいていい気持ち。

ジョンの散歩の後も街を歩いて、「ル:トロピック」でお茶してきました。

ここはノリちゃんつながりでお近づきになったマチコさんのお店。

フレッシュなフルーツをふんだんに使ったトロピカルフルーツカフェです。

ぷるぷるのマンゴープリンは甘すぎず、さわやか風味のフルーツソースが絶妙で、

台湾のタピオカが入ったアイスチャイは、ほどよいスパイスで上品な味。

ほかにも遊び疲れたカラダがよろこびそうな、ヘルシーなスイーツがいっぱいでした。

インテリアもビタミンカラーが効いていて、とてもすてきな空間。

街で一休みしたいときに、おすすめです~♪



toropic.jpg









コメント:0 トラックバック:0

遅まきデビュー

2005/04/23(Sat) 22:09
オフシーズンの運動不足解消に、始めましたインラインスケート。

じつはエレファントカフェの吉竹さんからずっと勧められていたのです。

「冬場の運動には最高っすよ~。インラインスケートであったまりましょうよ」

この春ロケーションコーディーネートサービスロコスを立ち上げているノリちゃんも

ブレード持ってるというし、みんなでやろう! と盛り上がっていたのです。



ところが寒がりの私たち、重い腰を上げたのは暖かくなってから…。

なにしろシューズは履いてみないと、ということで、この間やっと那覇まで買いに行ったのです。

(結局いちばん大きなスポーツショップでも在庫僅少。ブームは去って買う人がいないらしい。

実際に履いてみてサイズだけ確認、帰ってきてからネットで最新モデルを買いました~)



それが金曜日の夜に到着。さっそく初滑りに繰り出しました。

なんたってかくも立派なローラースケート場が、バンナ公園にあるのです。

ずいぶんお金をかけて作ったのでしょうが、いつも人っ子ひとりいなくてがらーん…。

今日も土曜日というのに、貸し切り状態でした。



img20050424.jpg




さて、その昔アイススケートに行きまくってたというジョーさんは、いきなりバリバリ。

けっこうスピード出してトラックを滑走し、クロスもバックも方向転換も、

なんでもできるじゃありませんか。あらら…。



img20050424_1.jpg




私はというと、そりゃスケート場には何度か行ったことあるけれど、という程度。

初心者向けコートで若葉マークの滑り出しです。はあ、このスピード感のないこと。

それでもちょっと滑れば、それなりにトラックを回れるようになりました。

まだゆっくりなので初転びは未経験。慣れてきた頃、スッテーンっとやるのでしょうね。



img20050424_2.jpg




しかし、はっきりいってインラインスケート、暑い…。

吉竹さんのいうとおり、冬場のスポーツでした。

といってもまだ泳ぐには肌寒いこの頃、しばらく通って上達したいです~。






田園 コメント:0 トラックバック:0

またやっちゃった

2005/04/22(Fri) 09:04
週末、那覇に行って人混みと渋滞と排気ガスに辟易し、へとへとに疲れて帰ってきたら…。

案の定、熱出してダウンしてました。

ジョーさんはすぐに「疲れた」とさわぐけれど、そこで休むので体調はしっかりキープ。

私は疲れてもそれに気づかず行くところまで行ってしまい、後から寝込むというパターン。

だいたい「なんでそんなにパワーあるの?」といわれるときがくせものらしく…。

はあ、今度こそ自重しようっと。
daily2 コメント:0 トラックバック:0

浜下り(はまうり)

2005/04/10(Sun) 22:06
民謡研究所のみんなと伊原間へ行き、「浜下り」のおまつりをしてきました。

くわしい内容は「翔三会便り」のほうに。



img20050412.jpg




この日、天気予報は「晴れのち雨」。

三時頃までは穏やかな晴天だったんですが、

夕方、突然冷たい突風が吹き出し、黒い雲がわーっとやってきました。

そして一時間もしないうちに土砂降りの雨。

海でこれに遇ったらとおもうと、こわいです。

風が変わったら天候が急変するしるし。

すぐに帰り支度を始めるのが賢いですね。
歳時記 コメント:0 トラックバック:0

もずく採り

2005/04/09(Sat) 23:52
気持ちよく晴れて、気温も25℃を超えてきたここ数日。

寒がりの私たちも、やっと水に入る気になりました。



img20050410.jpg


もずくは早い人で二月末から採りはじめていて、前回の大潮のときはまさにピーク。

名蔵湾の浅いところはほとんど採り尽くされているので、

出遅れの私たちが狙うのは沖の深いところです。

膝から腰くらいの水深のところまで行き、マスクとスノーケルで水中を見ながら採ります。



ところが…。去年、一面もずくだらけだった場所でも、

今年は小さいのがちらほらとしかみつかりません。

深いところにも入る海人(うみんちゅ)にほとんど採られてしまったのでしょうか。

浜で会うオジイも、「今年は寒かったから少ないさー」と言ってたし。

今年はちょっぴりしかとれないかも…とションボリしていましたが、

最後のほうでなんとか群生しているところをみつけ、それなりの量をとることができました。



img20050410_1.jpg




それに、なんと特大の生きたタカラガイを二個もゲット!

ジョーさんがひとつ、私がひとつ、それぞれまったく別の場所でみつけましたが、

大きさはほぼいっしょ。美しい模様といい、つやつやの光沢といい、

その昔、通貨や祭祀道具として珍重されたのもうなずけます。

これだけの大きさのものをみつけると、ほんとうにすごい宝物を拾ったような気分。

貝殻屋さんへ行くと数百円で売られていたりして、脱力しちゃうんですけどね。



img20050410_2.jpg







浜歩き コメント:0 トラックバック:0

イカスミチャーハン

2005/04/06(Wed) 20:46
先日居酒屋さんでいただいたイカスミチャーハンがおいしかったので、作ってみました。

都会ではイタリアンでおなじみのイカスミですが、じつは八重山の名物なんです。

もっともオーソドックスなのはイカスミ汁で、スーパーでは大きな白イカに「お汁用」というシールを貼って売られています。でもこの白イカ、スルメイカの三倍くらい大きくて、お値段も1900円とかします。二人ではなかなか食べ切れそうもないので、まだ買ったことがありません。でも、板さんいわく

「イカスミだけスーパーで売ってます。けちったらだめですよ。ひとつ丸々入れて」

と教えてもらい、ウナギのたれのような小さな容器に入ったイカスミ105円を購入(安い)。

オリーブオイルでにんにくと玉ねぎをよく炒め、イカがなかったのでアタリメを刻んで投入。

イカスミのほか、スープと塩こしょうで味付けし、コク出しにバターを少し入れました。

でも、お店でいただいたあの風味には今ひとつ…。

やっぱりちゃんと生のイカを入れて、イカスミももっと入れないとだめかなあ。

次回はぜひ新鮮な白イカと、墨袋からとったイカスミで挑戦したいものです。

イカを炒めるときに、白ワインとか入れたらいいのかも。

どなたか、おいしいイカスミチャーハンのレシピをご存じでしたら教えてくださいな。



img20050407.jpg



料理 コメント:0 トラックバック:0

吹通川

2005/04/03(Sun) 10:57
今週はずっとぐずついた空模様で、夜から朝方にかけてつよい雨…。ほんとによく降りました。

でも目が覚めてみれば、久しぶりのお日様!

カヌーをピックアップして、北部・伊土名の吹通川に行ってみました。

昨夜の雨で川はミルクコーヒー色、河口付近は北風ピューピューでしたが、

マングローブ林のなかは静寂の世界。

ちょっと上流へ行くと大きな本流はなくなり、

見渡す限り迷路のように入り組んだヒルギの森になります。

聞こえるのはパドルが水を切る音と鳥の鳴き声、そしてトビハゼがはねる音。

こぐのをやめて耳をすますと、木々の息づかいまで聞こえてきそう。

すっぽり森に包まれると、不思議にほっとしてリフレッシュできるのです。



img20050403.jpg
img20050403_1.jpg
img20050403_2.jpg









田園 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード