なうひあdiary

2005 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

トロトロかぶと

2005/11/30(Wed) 22:57
新婚ホヤホヤ、ヒロ&ノリ夫妻の新生活スタートを祝って、まぐろやひとしでご飯。

まぐろ寿司や石垣牛の握りも食べたかったのに、

どーんと豪華な刺し盛りとド迫力の巨大なかぶと煮(要予約)、

そしてビントロあぶり寿司でほぼ満腹状態に…。

新鮮なお刺身はもちろん、トロトロのかぶと煮が絶品でした。

目のまわりのぷるぷるコラーゲン、脳天のやわらかお肉が甘辛い煮汁にしみて…

白いご飯にもめっちゃ合いそう。



img20051201.jpg









料理 コメント:0 トラックバック:0

続々・サヨリ~

2005/11/27(Sun) 22:57
銀色に輝く細身の姿にして上品な味を求め、今日は名蔵の浜へ。

エレファント・カフェのヒロさんノリちゃんと行ってきました。

(ふたりはこないだの「いい夫婦」の日に入籍したばかり祝)

夕方の満潮めざし、あちこちに竿を伸ばす姿が…。

さて、みんな釣れてるのかな~と思いつつ投げてみると、いきなり釣れた~。



img20051128_1.jpg


風のない名蔵湾は鏡のようにべたなぎ。

浮きめがけて泳ぎ寄ってくるサヨリの背びれ、

そして浮きがつー、と横に走るのがバッチリ見えるではありませんか。



しかも私の当たり日だったらしく、

投げては釣れ、投げては釣れ、であっという間に10匹。

今日はジョーさんに勝ちましたぁ笑い



でもよく釣れたのは、満潮までの一時間。

潮が止まってからぱたっと静かになり、引き始めに期待したけど釣れませんでした。

後から聞いたように、満ち潮とともに小魚を追って岸辺に寄ってくるときが狙い目なのかしら。



晩ご飯はサヨリの刺身に天ぷら。

残りは一夜干しに再挑戦。

というのも、こないだのは昼間までカラカラに干しすぎて、干しダラのようになってしまったのです(酒のつまみにはグッドでしたけど…)。

「一夜干し」というからには、一夜で十分なのでしょう、

ということで、夜干して朝取り込むと、しっとりやわらかで今回は成功。

さっとあぶって朝ご飯のおかずにぴったりでした~。



img20051128.jpg











釣り コメント:0 トラックバック:0

安良ふたたび

2005/11/26(Sat) 22:24
久しぶりに、平久保半島東側のダート道を歩いてきました。

相も変わらず、ジョンが牛や馬にちょっかいを出しては追いかけられて逃げてくるので、

牧場内は気が抜けません。



Image1.jpgyasura.jpg


3月に来たときは島アザミがあちこちに咲いていたのですが、

今回は牧場に白い野ばらの花が点々と…。

原産地は沖縄以外、とあるので、わざわざ植えたのでしょうか。



牧場エリアを抜ければ平和なもの。のどかな一本道が続きます。

途中、森と川を横切るあたりでは、水辺で野鳥がかしましくさえずり、

オオコウモリが何度も姿を現したり…。

道沿いの小さな花や色づいた実などを見ながら楽しく歩いていたのですが、

急にあたりが鬱蒼と暗くなりました。

見上げると、巨大なガジュマルの根が何本もからみついた大きな岩が崖になっています。

なんだかぞっとする、ざわざわするような心持ち…。

この場所は、何かある…。

そう思ったとき、思い出しました。

安良村跡の近くに風葬をしていた場所があり、かつては人骨も見られたという話。

岩陰はきれいに掃き清められ、いかにも死者を葬るにふさわしい場所です。



そしてよく見れば、岩陰にブロックで四角く塗り固めた場所が…。

香炉のようなものも作られています。

そこだけ新しく、なんだか不自然な雰囲気ですが、

今も誰かが供養に来ているのだろうと思ったのでした。



ところが後から聞くと、数年前に何者かが勝手に人骨を拾い集め、

ブロックで新たに作った墓のようなもののなかに納めたらしいとのこと。

当時の新聞記事によると、米原や明石など各地でも似たようなものが作られていて、

ユタのお告げと称し、本島から来た人間が作業をしているらしい…とか。



民俗学的に見ても貴重な史跡、そして侵してはいけない場所のはずなのに、

そんなふうに勝手に手を加えるなんて…。ホントに理解に苦しみます。



安良村の跡もこの近くらしいのですが、

今回も詳しい行き方を聞いていかなかったのでたどり着けず。

この次は行ってみたいと思っています。





Image2.jpgyasura.jpg


(写真上左から時計回りに)野ばらの花/そてつの雌株。オレンジ色の種子を包む金色のモールは植物とは思えない不思議さ/のんきなヤエヤマオオウモリ。首の周りの金色の毛がふさふさで、おさるさんのよう/アオガンピの実/ここまでになれば美しい。オキーフの気持ちがわかります/牛ふんから生えるきのこといえば…あのマ○○クマッシュルームでしょ? バリや吉祥寺の妖しいお店でオムレツにして食べ、仏像が見えたりベランダから落ちそうになった人多数。


田園 コメント:0 トラックバック:0

針のサイズが大事です

2005/11/25(Fri) 22:55
あんなにはねてたサヨリちゃん、なぜに食わない…とネットで調べたら、

みなさん5~6号の針で釣ってらっしゃる。

『沖縄の磯釣り』という本を見て9号をつけていたのですが、

針が大きすぎて小さめのサヨリは食いきれないのかも?

そこで、6号の針をつけてみました。果たしてこれで食いつくか?

とにかくそれが試してみたくて、やっと晴れたので小潮だけど、夕方から行ってみました。



最初はツンツンと弱いヒキ…、あら、針が小さいので、小さいコーフが釣れちゃう釣れちゃう。

でも、これも白身でおいしいのです。

そしてだいぶ日が傾いた頃、すっと横に浮きが走って…

本命のサヨリが釣れた~。20cmくらいの小柄なやつです。

そうそう、こんなのを何匹も釣りたかったのです。

ジョーさん、浮きの微妙な動きを見切ってきたらしく、次々と4匹をゲット。

一応、瀬戸内の島育ちですから。

私もやっと1匹、動きを見て合わせて釣れました。

あー、こないだのはねまくっていた日に、この針で釣ってたら…。

でも、中潮になる日曜日に期待しよう。



釣ったサヨリ、中くらいのは開いて天ぷらに。身がほろっとして、おいしい~。

小さめのは一夜干しにしています。楽しみ♪



Image1sayori.jpg



田園 コメント:0 トラックバック:0

三線体験cafe

2005/11/20(Sun) 21:54
三線に興味があるけど、弾いてみる機会がなかなかなくて…

という方におすすめなのが、三線体験cafe。

カフェでお茶しながら、気軽に楽しく三線を体験できます。

三線の構え方から、爪の持ち方、弦の弾き方など基本をおさえたら、

三線用の楽譜「工工四(くんくんし)」を見つつ、さっそく曲に挑戦。

まずは「花」を弾いてみましょぉ~。という感じで、

はじめて三線にさわった方でも、1時間後には弾けるようになっちゃいます。



Image1banana.jpg


場所はあやぱにモール近くのBanana Cafe

北海道からいらしたというTさんIさんのお二人(写真右)も、

今朝、ホテルに置いてあったチラシを見て来店されたそう。

「じつは今日が旅行の最終日。ちょっと興味があったので来てみましたが、

1時間でもけっこう弾けるようになってうれしかった~。

飛行機に乗るまでの時間でいい体験ができて、大満足です♪」とのこと。



講師はうちの民謡研究所の久保田晃平くん。

関西出身、お笑いを交えて楽しく教えてくれますよ。

カウンター内でおいしいコーヒーやお茶をいれてるのは、同じく研究所のともちゃん。

ふたりとも八重山古典民謡コンクールで独唱の実力派です。

ライブもやりますので、ただ聞いてみたい…という方も大歓迎だそう。



そしてもちろん、カフェだけでまったりとなごみにいらしてもよし。

コーヒー、紅茶、中国茶、さんぴん茶、パイン、シークワーサージュース、

生ビールなどドリンク類(各500円)のほか、

石垣牛すじ肉とお豆の辛いカレー、生ハムと厚切りトマトのサンドイッチ(各800円)とランチも美味です。



Image2.jpgbanana.jpg


img20051121.jpg三線体験 ひとり約1時間1500円。11:30~16:00 木曜定休。 



Banana Cafe

夜はあたたかな灯りがともり、

雰囲気のある空間でお酒とお料理を楽しめます。



                   



                   



                            あやぱにモールからは

                            この看板を目印に

  


コメント:0 トラックバック:0

月桃の実

2005/11/11(Fri) 21:54
s-Image1.jpggetto.jpg


月桃の実が、そろそろはじけて採れ頃です。

鮮やかなオレンジ色に熟しているのがきれいだけれど、

種をとるには皮が茶色くしなびてはじけ、中の種が見えているくらいがベスト。

このところずっとお天気続きだったのも幸いしているのでしょうが、

天然の天日干し状態で、軽くふれるだけでパラパラ種がとれてしまいます。



さて、初めての月桃茶に挑戦。

昔から煎じた種子は胃薬にしていたというのでかなり苦いのかなと想像、

ちょっと控えめの分量で煎じてみました。



出来上がりはきれいなオレンジ色、そしてお味は…

あらっ、ぜんぜんクセがなくておいしい~!

ハーブティーでいうとエキナセア、中国茶でいうとプーアールをうすーくしたような、

ちょっとひなたくさい味です。これ、かなりお気に入り。

20分ほどおくと色・味ともに少し濃くなり、漢方薬ふうのテイストが増してきました。

あんまり一度にたくさんは、煎じないほうがいいのかな。

けっこう酸化しやすいかも。



ちなみに今回のレシピは、

2カップの水にばらした種を大さじ1入れ、沸騰してから弱火で20分煮出して出来上がり。

できるだけアルミやステンレスの鍋は避け、土鍋で煮出すといいです。



最近はポリフェノールも高濃度で含むとして注目されている月桃茶。

市販のものは、乾燥させた葉と種子をブレンドしているものもありますね。

また煎じる分量をいろいろ変えて試してみようと思っています。


植物 コメント:0 トラックバック:0

塀の上生活?

2005/11/11(Fri) 20:41
img20051111.jpg


この猫ちゃん、塀の上にご飯とお水の皿が置いてありました。

ここで生活してるのかしら。



最近のももちんは、うそのように爆食しています。

こないだ釣った小さめのボラを刺身にしてあげたら、一匹分ペロリと食べちゃいました。



そして石垣は、今日も夏~!

ベランダで苗の植え付けや種まきなどしていたら、汗がポトポト落ちるほど。



そしてこの夕焼けです。

うろこ雲の向こうが…まさに錦織でした。



img20051111_1.jpg

コメント:0 トラックバック:0

喜びのかげで…

2005/11/09(Wed) 20:57
名蔵アンパルが、正式にラムサール条約に登録されました鳥

どうかへんな施設など作らず、このままの状態を保ってほしいです。



そのいっぽうで、米原を筆頭に新川、白保、野底、久宇良、平久保と、

海岸線に6カ所もの大型リゾートホテル計画が進んでいる石垣島。

トップページにリンクしているSave-yonehara.net、見て下さっているでしょうか。

山と森と珊瑚礁がひとつながりになった自然。

それがどんなに貴重なものか、もう誰も知らないとはいえないことなのに

信じられないことにそれをまもる法律はありません。



米原のリーフで遊んだみなさん、また、これから訪れようと思っているみなさん。

そして珊瑚礁を愛するすべての方…署名にご協力いただけたら幸いです。

署名ページをプリントアウトして、サインし、FAXか郵送で送るだけです。



さて、オーバーヒート寸前だったうちのクルマ。

翌日見たら、サビサビのパイプに1mmほどの穴があき、そこから水が出ているのを発見。

ジョーさんがパテでうめて応急処置し、なんとか走っています。

数日後には新しい部品が届き、交換すれば大丈夫みたい。

とりあえず廃車の運命は免れたようです。よかった~。




daily2 コメント:0 トラックバック:0

親切がしみます

2005/11/07(Mon) 13:54
土・日は石垣島まつり。今年は二日間とも晴れで、すごい人出でした。

こんな陽気だと、外で飲むビールは格別ですね。

土曜日は石垣出身のミュージシャンのライブが、日曜日は郷土芸能がメインです。



img20051107.jpg


さて、今何時かな~と携帯電話を見ようとしたら、

あれ、ない。ない、ない、どこにもな~い! なんということ、この人混みで落としてしまった困った

それも、最近買い換えたばかりのおニューのG’zOne。

ビールを買ったお店に戻って聞いてみると、心優しい伊原間のオジイ、

「見あたらないね~。かけてみれば?」と自分のケータイを貸してくれました。



なかばあきらめつつコールしてみると…「はい、もしもし?」と向うから声が。

またまた心優しい方が、拾っていて出てくれたのです。

5分後、図書館の前で無事出会うことができ、携帯電話は私のもとに無事還ってきました。

図書館近くの歩道で、友達の犬とちょっと遊んだときに落としたようです。

拾ってくれたのはかわいい彼女を連れた好青年、内地からの観光客の方でした。

お礼をしようとしたら「いいよいいよ~」と照れくさそうに笑って去ってしまった…。



はあ~、ケータイが戻ってほっとしたのと、

見ず知らずの方の親切にふれ、なんだかとってもうれしくなっちゃって…。

またまたジョッキをグビー。

img20051107_1.jpg


で、案の定、調子に乗りすぎでした。 病み上がりのくせに遊びすぎ。

うちに帰る頃には咳が出始め、苦しくてなかなか眠れぬ夜に…。

結局4時頃までコンコンやってて、今日も微熱。

しょーもないです。


イベント コメント:0 トラックバック:0

サヨリ~

2005/11/06(Sun) 21:28
朝起きたら今日もぴかぴかの晴れ。久しぶりに釣りに行ってきました。

そろそろ丸々太ったサヨリをねらって…なんて、まだサヨリ釣りは3回目、今年初めてです。

昼前に着いて投げてはみるものの、さっぱり食いつきに合わせられません。

餌をとられてばかりで情けな~い。

目の前をサヨリがビョンビョン飛んでいるのに、ボウズで帰るのは悲しすぎます。



お昼を食べて再度挑戦。なんとかまぐれで釣れました!

と、釣り糸を流したまま写真を撮っていたジョーさんの針に、

いつのまにかボラが食いついてるし。

技術なし、経験なし、根気なしにもかかわらず、ちょこちょこ釣れるとうれしいですね。

針につけるほうの小エビを買い足し忘れていたので、

これからというときに餌切れ終了でしたが、サヨリ1、ボラ2、コーフ1が釣れました。

あれ、サヨリが本命だったのにな~。

「すーっと横に引いたときに合わせる」っていうんですけれど…難しいです。



Image1.jpgtsuri.jpg


さて帰り道。気がつくと車がオーバーヒート寸前!

どうりで朝も、なんだか焦げ臭いと思ったのです。

ボンネットを開けてみると、とある部品が錆びて水漏れの様子…。

もういい加減、だめかな~。

ってジョーさん、今度こそもう直す気ないみたい。

またしばらくクルマなしの生活になりそうです。



img20051107.jpg


                   路肩でクルマ冷やし中。

                   あまりの暑さにスイカシャーベットでクールダウン。

                   お店の近くでよかった笑顔


釣り コメント:0 トラックバック:0

熱発

2005/11/04(Fri) 23:27
内地から帰ってくると必ず熱を出して寝込みます。

今回は帰ってきた翌日から3日間、ひたすら寝まくって疲れも取れたと思ったのですが…。

ちらっと痛いな…と思っていた喉が昨夜から腫れて、今日は熱発。

あーあ、やっぱりです。

調子に乗って山登りなんか行ったのがいけなかったのかな。

でも、昨日の私は、どうしても森の気に浸りたかったのでした。



そんなわけで今日一日、大汗かいて寝ていました。

喉の腫れも治まり、熱も下がった様子。

7年ほど前からとっているホメオパシーのレメディのおかげで、

風邪の治りが早くなりました。

今回も市販の薬は飲まず、レメディのみで。

症状を加速させて治すので、熱が急に上がったり喉の痛みも最高潮!になったりしますが

いやな感じが残らずにすっきり治ります。



さて、ホメオパシー的にいうと風邪は“毒出し”なのだそうです。

一見よくないことに見えるけれど、じつは身体のために必要なこと。

なんだか風邪って、台風みたいですね。




daily2 コメント:0 トラックバック:0

川平前岳

2005/11/03(Thu) 20:48
今日はピーカンの晴れ。川平前岳に登ってきました。

石垣グリーンパークの入り口を入り、突き当たりから登山道になっています。

小さな沢沿いにきちんと整備された道ではありますが、蜘蛛の巣やつるなどが通せんぼ。

まだセミがわんわん鳴いていて、いや~、暑かったです。

約45分で風の吹き抜ける尾根に出て、やっと人心地つきました。

でもここ、頂上はテレビ塔なんですよね…。ていうか、テレビ塔のために作られた道?

雰囲気は今ひとつでしたが、御願崎や川平湾が一望できました。



img20051103.jpg


登りが45分だと、なんだか下りはあっという間。

ばたばたっという羽ばたきが聞こえたかと思うとヤエヤマオオコウモリがすぐそこから飛び立ったり、

じっととまったままのトンボとにらめっこしたり、蜘蛛の巣の美しい渦巻きにみとれたり…

もうちょっと長く歩いていたかったな~。



s-Image1.jpgmae.jpg

山歩き コメント:0 トラックバック:0

午後のサンルーム

2005/11/02(Wed) 21:59
太陽の軌道が低くなり、午後からの日射しがたっぷり部屋に入ってくる。

まだまだ夏のパワーを残している石垣のお日さまだから

二時を回る頃からはほとんどサンルーム状態。

柔らかな、でも十分に力のある日射しが心地よく、

タンクトップで本を片手に日光浴などしていると、

キンキンに冷やした白ワインがどうしても飲みたくなってしまいます。

空気が桃色に染まり始め、活字が追えなくなってくると、

晩ご飯は何にしようかな…と冷蔵庫をのぞいて。

すると、ぽってりとしたたるような夕日がちょうど沈む頃。

そんなわけで、今日も家にいてしまいました。

先週、都会を歩き倒してきたせいか…。

まだヒトアタリから回復していないようです。



img20051102.jpg









daily2 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード