なうひあdiary

2005 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

チビチリガマとシブクガマ

2005/12/24(Sat) 22:24
残波のメンバーの出身地、読谷村は、1945年4月1日、米軍が沖縄に初めて上陸したところ。

村人が避難した洞窟、チビチリガマとシムクガマの話を聞き、訪ねてみた。



住宅地とサトウキビ畑のすぐ隣、うっそうとした緑の茂みに囲まれて自然の洞窟が口をあけている。

チビチリガマは、避難した住民140名中、83名が集団自決し、命を落としたところ。

そのうちの約6割は18歳未満の子供たちだった。

「捕虜になったらひどい目にあって虐殺される。生きて虜囚の辱めを受けず、日本人として潔く死ね」という軍国教育の犠牲になったのだ。

現在は「お墓」として供養されていて、なかには骨や櫛などがいまも残っているという。

私たちが行くと、ほうきをもった初老の男性が上がってきた。

このガマの生き残りだという。ご親切にもうひとつのガマを案内してくれた。



すぐ近くのシムクガマには1000名が避難。

こちらではハワイ帰りの比嘉平治さん(当時72歳)と比嘉平三(当時63歳)さんが

「アメリカの兵隊は人殺さないよ。出ていって話を聞いてみよ~」と村人をなだめ、

全員が生きて助かったという。



軍国教育のデマと真実を知る人の存在が、明暗を分けたふたつのガマ。

今にも苦しむ人の呻きが聞こえてきそうだったチビチリガマに比べ、

「救命洞窟」と名付けられたシムクガマは明るく、すがすがしい空気が流れていた。



Image2.jpggama.jpg


           左はシムクガマの入り口、右はシムクガマの内部から。



img20051226.jpg


            シムクガマのすぐ上には、通称「ゾウの檻」楚辺通信所が。










daily2 コメント:0 トラックバック:0

人工尾びれのフジ

2005/12/23(Fri) 23:16
美ら海水族館へ。

人工尾びれのフジがちょうどテレビの取材を受けていて、尾びれをとりつけるところを見ることができた。

フジもおとなしく慣れた様子。

そのあと、そばにいた小さな女の子が手を出して呼ぶと、ちゃんと正面から女の子に顔を向けて答えていた。

伊東市川奈で捕獲され、1976年に沖縄へやってきたというフジ。

水族館のイルカたちの、なんとけなげなことよ。

ショーの花形スターをつとめるオキゴンドウのゴンちゃんは、もう22年も毎日ショーをしているという。

隣で見ていた友人が深いためいきをついた。「22年! 涙が出ちゃう」

また小笠原や御蔵で野生のイルカに会いたくなった。



Image1.jpgfuji.jpg

daily2 コメント:0 トラックバック:0

音の抽象画

2005/12/23(Fri) 22:18
友人に誘われ、残波大獅子太鼓20周年記念コンサートを観に、本島へ。

和太鼓と沖縄の伝統芸能をコラボレーションしつつ、新しい表現を模索する彼ら。

第一部は「かりゆしむらあしび」(めでたや、村遊び)と題され、エイサーに棒術、獅子舞、アンガマ、三線と、盛りだくさんでにぎやかな舞台が繰り広げられた。

一方、第二部は「戦争と平和」がテーマ。太鼓、笛、三線だけでストーリーを表現する。

軍靴の足音や爆音、死体たちの声、ジェット機のエンジン音、現在のハイテク戦争をあらわすコンピューターの電子音などを象徴した太鼓の重奏は、いわば“音の抽象画”のようなもの。

プリミティブな太鼓にこめられたメッセージが、魂の深いところに響いてきた。



●内地での公演予定

1/22  福岡県筑穂町

8/4,5 富山県オーバードホール

10/6  東京都オーチャードホール

10/9  大阪府フェスティバルホール



●沖縄公演のテレビ放映

沖縄県内では12/26(月) 午後5:10~7:00 NHK 「太陽カンカンワイド」

全国放送では12/28(水) 午前7:30~8:15 NHK「おはよう日本」
イベント コメント:0 トラックバック:0

見捨てられた遊歩道 その2

2005/12/17(Sat) 23:20
今日は家から歩いて、バンナ公園に行ってきました。

まずは南口近くにある、さやかぜ橋の先へ入ってみると…

あらら、この道もしばらく人が通った痕跡なし。

雑木やススキにおおわれて、道が自然に帰りつつあります。

この道、外周道路に出るまでにまつかぜ橋、やすらぎ橋、すずかぜ橋と、

4つもの立派な橋が造られているんですけれど…。

手入れされないままでは、もったいないですね。



Image1.jpgba2.jpg


さて、外周道路に出てからは時計と反対回りに進み、

工事中の箇所は一般道を通って東口へ。

ここからバンナ公園の内側に広がる、生活環境保全林へと入っていきました。

前回はさわりだけでしたが、今日はより奥深く、沢へと降りる道へ。

ところどころ「ここは道?」と不安になる場面もありますが、

斜面につけられた木の階段や石積みなどが、

たしかに遊歩道であることを示してくれます。

かつてはいこいの場所や、分かれ道だったとおぼしきところでは、

草葉のかげに埋もれたベンチや看板を発見。

これがまた、遺跡をみつけたかのようにうれしい♪



しかしここは谷の底。まったく見晴らしがきかず、

このまま同じ所をぐるぐる迷って、遭難してもおかしくないくらい…。

錆び付いた案内地図を頼りに現在位置を確かめ、

来た道を戻らずにスカイラインへと上がる道をとってみます。

いやー、さすがに車道が見えたときはほっとしました。



Image2.jpgba2.jpg


上の写真の左下が、スカイラインに出たところ。例によって、看板の残骸がありました。

車で通りかかっても、ここから谷へと降り、

バンナ公園の東口へとつながる道があることに気づく人はいないでしょう。



img20051219.jpg


今日歩いた道。ピンクの線は舗装路で、生活環境保全林内は黄色の線。

青い丸を起点に最初は左に行く道をたどって公園に戻ってしまった。

ふたたび起点に戻って、今度は右の道を行き、保全林を横断してスカイラインへと抜けた。

家からバンナ公園南口までの往復も含めて、全部徒歩で約6時間半。

街からバンナへ上がる道も、ちょっと横に入るとキビ畑に牛や馬の牧場、広い墓地があり、

はじめての土地のようで楽しめました。
森歩き コメント:0 トラックバック:0

ひげもじゃツリーマン

2005/12/16(Fri) 21:14
img20051216.jpg


アフロヘアにもじゃもじゃのひげを生やし、ハーイと手を上げてる木の男。

ちょっと目と目の間が離れているけど、なかなかやさしい顔をしています。



これ、市民会館の裏庭に立っているガジュマルの木なんですが…

なぜか短く枝を刈り込まれていて、こんな姿になっています。

私にはどうしてもひげもじゃのツリーマンにしか見えなくて。

ねっ、今にも歩き出しそうな気がしませんか。



西表島にもゴリラの横顔に見える「ゴリラ岩」というのがありますが

岩や木などが人間や動物の姿に見えることってけっこうあります。

見ようによっては、なんですけれど

いったんそう見えてしまうと、ますますそうとしか見えなくなってくるもの。



そんな自然界の不思議な表情を集めたのが、

THE SECRET FACE OF NATURE』という写真集。

洋書ですが、写真を見ているだけでじゅうぶん楽しめます。

トールキンが座って瞑想し、『指輪物語』の着想を得たという、

網の目のような木の根の写真も載っていました。

よく見ると、木の根本に、四つんばいになってこちらを見ているゴクリの姿が…。

って、ただの木のこぶなんですけれどね。



ふとした拍子に自然が見せてくれる、秘密の顔。

気がつかないだけで、案外身近にたくさんあるかもしれません。
コメント:0 トラックバック:0

見捨てられた遊歩道

2005/12/09(Fri) 22:06
遊歩道のほとんどが舗装や木道で整備されているバンナ公園。

今日はなかでも管理の行き届いたゾーンを歩いていたのですが、

さりげなくチェーンで閉ざされた道への入り口をジョーさんが発見。

のぞいて見ると、草ぼうぼうのダート道が裏道のように延びていました。

するとそこには一台の車が停まっていて、

運転してきたらしい男性が柔軟体操をしています。

「ということは、車で来られるんだね。ははーん、あの道はここに続いていたのか」

と、ひとり納得するジョーさん。

道は、左右にずっと続いています。

さて、どこへ続く道なのでしょう。



車が来たらしい方向とは逆に歩いていくと、そこは野趣たっぷりの林道でした。

クワズイモやヒカゲヘゴ、ヤシなどもかなり大きく、

ハイビスカスも剪定されていないので、背丈より高い木になっています。

途中、いくつか沢を横切り、大きなうろのある大木も。



img20051209.jpg


そんな道の途中、さらに脇へ入る遊歩道を発見。

人がひとり歩けるくらいの幅で、入り口には案内の看板が朽ち果てていました。

「バンナ生活環境保全林案内図」と書かれたその地図には、

現在位置と5640mもの遊歩道が記されていたのです。



s-Image1.jpgbannna.jpg


 










more
森歩き コメント:0 トラックバック:0

カゴメラン

2005/12/03(Sat) 23:23
ジョンとバンナへ。

久しぶりだったので、植物たちの表情を楽しみにしていたら…

林床にとてもかわいい野生ランの群生を発見。

網目模様の葉っぱに、鈴なりの小さな花。

帰ってさっそく調べてみると…

レッドデータブックに登録されている希少種の「カゴメラン」でした。



img20051205.jpg


県内の分布は伊平屋島、沖縄島北部、久米島、石垣島、西表島、魚釣島。

県外では伊豆諸島、屋久島、トカラ列島、奄美大島、徳之島。

というように、島だけに生息しているランなのです。



生育環境は山地の自然林の林床、以前は普通に見られたけれど、

最近では極めて希な種になったとのこと。

確かに今回歩いたなかでも、けっこう狭い範囲にしかなかったかも。

でも、葉っぱだけの小さな株がいくつも見られたので、

ふえてくれるのが楽しみです。



そしてやっぱり12月、とりどりの実が色づいていました。

花はサキシマフヨウがもう終わりかけ、でも、ツワブキはまだ咲いてなくて、固いつぼみ。

今年はあたたかったからかな~。



s-Image1.jpgbanna-dec.jpg


(左上から時計回りに)ミズスギ、オオムラサキシキブ、アリモリソウ、センリョウ、

シラタマカズラ、アメリカハマグルマ、サキシマフヨウ










植物 コメント:0 トラックバック:0

ウムズナ~

2005/12/03(Sat) 12:01
寒いのと眠いのは大の苦手。で、去年もおととしも行けなかったウムズナとり。

ウムズナとはイイダコみたいな小さなタコで、

冬の大潮の夜中、潮の引いた砂地にいるのがみつかります。

昨日はけっこう暖かく天気もまずまずだったので、さっさと九時に就寝。

深夜0時にむくっと起きだして行ってきました。



はじめてで案内してくれる人もなし、果たしてみつかるのかな~と不安でしたが、

歩き始めてすぐにジョーさんが発見。

なかば砂に埋もれて擬態しているので、わかりにくい~。

でも、みつけてしまえばこっちのもの、逃げ足はまったく遅いので

というよりも、みつかったことを認識していないらしく、逃げるそぶりもなし。

ゆっくり写真など撮ってからつかんでもゆうゆう間に合います。



しばらくしてからもう一匹捕獲、そして青く光っている大きなやつも…。

これ、ほかのとは色も大きさも違う、どうやら普通のタコっぽい。



そんなわけで、出だしは調子よかったのですが、

途中からさっぱりみつからず。

三匹ともジョーさんがみつけていたので、私も発見したかったのですが…

あの擬態に目くらまされ、見落としているにちがいない。

だってこんなですよ~。



Image1.jpgumzna.jpg


浜には他にも5~6人、ウムズナとりの人が歩いていましたが

超明るいハンディタイプの蛍光灯に、片手には長い棒と、

皆さん示し合わせたかのようなおそろいの装備。

草の生えているところも棒でつつきながら、どんどんとってました。

そんな手練れの方たちがそばに来てしまっては、

しょぼい懐中電灯しかない、しろうとの私たちがかなうわけもなし。

思いのほか冷たい風と寝不足で戦意喪失、

すごすごと引き上げてきたのでした。



しかし、生きてるタコって、やはり相当不気味ですねぇ。

いざとなると、あのくねくねうごめく吸盤つきの足がこわくてこわくて困った

バケツの底からずずーっとはい上がってこられたりすると、もうだめです。

素手でなんて、とてもとてもつかめません。

デビルフィッシュなんて名付けて食べない気持ちも

生きたタコを間の当たりにするとわかるなぁ~。

(でもおいしいけど♪)



img20051203.jpg

田園 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード