なうひあdiary

2006 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

アオリイカ~

2006/07/29(Sat) 21:28
先週乗ったダイビング船「丸ちゃん号」から見えたアオリイカの一群。

「竿があればすぐ釣れるよ」

と聞いたので、カヌーで御願崎へ行ってみました。



するといました、丸ちゃん号。

「ここにつければ?」とフネをつける場所から、

エギの投げ方、竿の動かし方を教えてくれた上、

マスクをつけて泳いで付近を探索。

「いるいる、そこにいるよ~」と教えてくれました。



でも、なにせイカ釣り初体験、合わせ方がわかりません。

すぐにくいついたものの、ピューと墨を吐いてバレちゃいました。

「イカはあせっちゃだめ。エギを抱くまで待つくらいの後合わせがいいよ」



なるほど~。うーん難しい!

でもきました! くいっと引いたのでそのまま少しおき、

ゆっくりゆっくり巻いていくと…よしよし、釣れました。

小さめだけど、初アオリイカ。



image1.jpgaoriika.jpg


釣れたては透明でめっちゃきれいだったのですが…

みるみるうちに黒い警戒色に染まってしまいました。



img20060729.jpg


これで気合いが入ったのですが、

その後イカの群れはどこへ行ってしまったやら…。

写真なんか撮ってる場合じゃなく、

来ているときにバンバン釣らないといけなかったようです。

目の前を泳いでいるのは小さい子供のイカばかり。



そんな私たちを尻目にマンタポイントへと移動して行った丸ちゃん号。

「明日も竿持って来てね~」

そう明日はダイビング。お昼の休憩時間に釣るぞ~。



img20060729_1.jpg


今日のおやつは…アンパル陶房のパーラーで、

パッションフルーツとパインのフラッペ。









釣り コメント:0 トラックバック:0

避難しました

2006/07/24(Mon) 21:34
すでに今年も3つ目の台風、今回も微妙にそれてますが、夕方から雨風が強くなってきました。

台風により塩を含んだ雨が吹き付けると、露地栽培の野菜はひとたまりもありません。

でも、プランターなら…台風前に室内に避難可能。

つる性のゴーヤやキュウリは、あまりにも伸びすぎて避難させられず

あえなく撃沈…してしまいましたが、そのほかのものはコツコツ移動して

なんとか被害をまぬがれています。

「買った方がはやいし安いんじゃないの?」と笑われつつ、失敗のほうが多かったりするけれど、

いいではありませんか、小さな満足、ささやかな楽しみなのですから。



img20060724.jpg





植物 コメント:0 トラックバック:0

黒島豊年祭

2006/07/23(Sun) 22:59
去年はなぜかひとつも見に行かなかった豊年祭。今年は黒島へ行ってきました。



img20060724_1.jpg


名物ハーリーは仲本の勝利。


img20060724.jpg


浜辺をあるくミルクさま~。


img20060724_2.jpg


ふるまいの「冷やし緑豆白玉ぜんざい」ウマ~。

ジョーさんはこれにつられて来ました。


img20060724_3.jpg


ちょっと泣きべそ顔…はだしの足が熱いのです~


img20060724_4.jpg


黒島出身の安里勇さんも地方で登場。




このほか、棒術ジャンプシーンをよろこんで撮ってしまった…

サイトのほうでのちほどアップします~。
イベント コメント:0 トラックバック:0

リフレッシュ第2弾

2006/07/22(Sat) 22:24
台風で一週間遅れとなった、ダイビングのリフレッシュ第2弾。

道路から下りられなくなった御願崎へやってきました。

浜はがらーんとして、人っこひとりいません。

ショップの人も、最近スノーケラーいないなぁ…と不思議に思っていたそう。



img20060724.jpg


カクレ、セジロ、ハマ…とクマノミの巣をいくつもめぐる「ニモポイント」へ。

初めて入りました~崎枝迷路。

タンクを背負ってないと見られない、複雑な地形の中…。美しい~。



img20060724_1.jpg


2本目は屋良部の沖へ。中性浮力の練習に励みました~。



img20060724_2.jpg


帰り道、7mくらいのところにたくさんいたハタタテハゼ。もっとクリアに撮りたい~っ悲しい



img20060724_3.jpg

ダイビング コメント:0 トラックバック:0

米原キャンプ場前

2006/07/20(Thu) 22:36
内地は大雨の被害がたいへんなようですが…今日の石垣はあまりにもよすぎる天気。

来週はまた台風5号が来そうなので、夕方から米原へ。

久しぶりにキャンプ場前へ来てみました。平日の夕方とあって、人影はまばらです。

海水浴客がひと組いるだけ~。



img20060721.jpg


タカセガイをみつけてゲットー。



img20060721_1.jpg


浅場はぬるま湯でしたが、リーフエッジにはひんやり新鮮な水が入ってきていて、気持いい~

デバスズメダイやグルクンがたくさん群れていました。



img20060721_2.jpg


海から見ると山並みと浜辺の連なりが一望できて、またいちだんと美しい米原。

ここに大きな建物は、やっぱり建ってほしくないです…。



image1yonehara-beach.jpg


キャンプ場には新しいコンクリート造りのシャワー室ができていたけれど、

管理が厳しくなったせいか、以前と比べると利用者が少なくなっていました。

長期滞在しにくくなったのかな…。



浜辺で一浴びできるシャワーが爽快!


img20060721_3.jpg













浜歩き コメント:0 トラックバック:0

How is 崎枝?

2006/07/17(Mon) 19:42
今日はいつも整体でお世話になっているプルメリアさん&美ら猫さん&ウシオくんと崎枝へ。



image1.jpgushi-jon.jpg


ヤングなウシオくんといっしょに走り回るジョン、けっこう仲良くしてると思えば…

ウシオくんが水を飲んだりササミ巻きを食べてる横から飛びかかっては噛みつき

ぶんどってるジョンって…性根わるすぎ~。ウシオくんごめんね。



いつもは泳いでいくポイントもカヌーだと近いです。湾内だし台風の後でけっこうにごってましたが



image060717sakieda.jpg


サンゴは元気~。今日はいい絵が撮れませんでしたがコモンサンゴのお花畑も健在でした。
スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

引き潮のタイドプールで

2006/07/16(Sun) 19:40
静けさが戻りつつある海。


img20060716_2.jpg


今日の夕方は引き引きで…


img20060716.jpg


水深10cmのタイドプールにはイソギンチャク。体長1cmのカクレクマノミにエビくんも。


image1.jpg2006sakieda.jpg


ん? この足跡は。


img20060716_1.jpg


帰り道ではオカガニ発見。

ちょっとだけ遊んでもらったら、いやー怒った怒った笑顔


s-200607kani.jpg


野球八重山商工、夏の甲子園出場おめでとう~クラッカー 本大会が楽しみです!


浜歩き コメント:0 トラックバック:0

大掃除

2006/07/15(Sat) 19:02
なが~い吹き返しでした。

台風去って、今日はベランダと窓の大掃除で暮れました。

ぜーんぶ水で洗って流して、あースッキリ。



台風ってほんとに風邪みたいですね。

まったくなぜ、こんなときに…と自分の思うままにならないし

その最中は、家でじっとして過ぎ去るのを待つしかありません。

そして過ぎてみれば、たまった汚れを一気にお掃除。

はぁ~。でもしばらくは来ないでね。



野球八重山商工、準決勝突破。明日決勝です。春夏連続甲子園出場なるか?

   明日も目が離せませ~ん。






daily2 コメント:0 トラックバック:0

暴風警報

2006/07/13(Thu) 17:43
昨日のこと、台所に立っていたら突然外でブザーが鳴り響いた。

「なにごと?」とあわててベランダに出てみると…



ん? ブザーではありません。大音量のセミの声。



img20060713.jpg


鉢植えの支柱にしがみついて、必死で鳴いています。

そばに寄ってもおかまいなし~。

2フレーズ+ジジッと鳴いて、私の顔にぶつかりそうになりながら飛んでいきました。

「台風来るぞ~」と忠告してくれているみたいです。

そうだそうだ、と急いでベランダの鉢植えを室内に避難させました。



そして今日、石垣にも暴風警報発令中。

サッシのすきまから雨が吹き込んでくるほどではないけど、

バナナの葉っぱはすだれになりつつあります。
daily2 コメント:0 トラックバック:0

つめたあったか

2006/07/11(Tue) 22:41
台風の影響でまだざわついている海。リーフへ行くと



img20060711.jpg


白波泡立ち、砕けてます。こんなときはあまり入らないほうがいいのですが…

巻かれるほどの波ではないのでGO。



image1.jpgtommy.jpg


けっこう魚は多かったです。

でもそこはかとな~く波酔いしてきたので、そこそこに上がってきました。



岸辺の水たまりはお湯のように暖かい水と冷たい水が同居。

右足はつめたいけど左足はあったかい、みたいなヘン~な感じで。

森からの伏流水がわき出ているんでしょうか。

そういうところの珊瑚はやっぱり元気だし、魚も多いかな。



img20060711_1.jpg


泳いだあとは甘いものが食べたくなります。

パイナップルクラブに寄って、ピーチパインジュースに夏実パインシャーベ。

各200円!

スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

一枚の葉っぱから

2006/07/11(Tue) 10:27
去年の11月に挿し芽をしたピパーツ、ずーっと沈黙を保っていたのですが

この春から少しずつ新芽を出し始め、やっとここまで成長しました。

(こまちゃん、やったよ~)



image1.jpg


かなり丈夫な植物らしいので、そのうちベランダの塀を這ってくれるのかな。

島の人は石垣に這っているこの葉っぱをちょちょっとつまんで料理に使っているとか。



実を粉にした島こしょうは、甘くピリッとした香り。

もうこれなしでは、八重山そばを食べられません。


植物 コメント:0 トラックバック:0

地球のやむなき事情により

2006/07/10(Mon) 12:19
3号に続き、4号発生。

まだ7月上旬なのに…、とがっかりしてしまいますが、

自然のサイクルはカレンダーなんて気にしてくれません。



先週まではかなり上がっていた八重山周辺の海水温。

海に入っても、あら~? と首を傾げるくらい魚の姿が少なかったのです。

「高すぎる水温をきらって、深いところなどに逃げていたのでは」

という話を、西表のネイチャーガイドさんから聞きました。



衛星NOAA水温画像で見てみると、

私たちが西表へ行った7月1日、八重山周辺の水温は約30℃。

もう、いちめん濃い~オレンジ色です。



noaa8_th.jpg


この台風で海面がかきまわされ、少しは水温が下がったかしら。

最新の情報は海上保安庁 海洋情報部のサイトで見ることができます。

(ちなみに黒い部分は雲におおわれていて水温は測定されていません)



海水温の上昇によるサンゴの白化を防ぐためにも、

台風は必要な浄化作用のひとつなのかもしれません。

私たち人間が台風困る~と文句をいっても、

地球には地球のやむなき事情というものがあるようです。



この時期の八重山旅行、直前でも延期や変更ができるよう

予定はフレキシブルに組まれておくとベストです。

また、基本的には変更不可でも、台風の場合は可能だったりしますので

旅行社などにお問い合わせを。






daily2 コメント:0 トラックバック:0

スエおばあの「ご汁」

2006/07/07(Fri) 23:22
東京から友人が来島し、お昼に八重山そばでも、と「来夏世(くなつゆ)」にご案内。

ここは、内原スエさんというおばあが、80歳を過ぎてから開いたお店です。



今年85歳になられたスエおばあの家庭の味、おそばもめっちゃおいしいのですが、

今日私が頼んだのは「ご汁」。

大豆をすりつぶし、だし汁で伸ばしたもので「ゆし豆腐未満」みたいな感じ。

歯ごたえのある大豆の甘みがしっかり出ていて、深みのあるやさしい味です。

味付けは昆布とかつおのだしに、塩だけ。

「私はしょうゆは入れないのよ」とスエおばあ。



image1kunatsuyu.jpg


そして「大豆はね、すり鉢ですらないとだめよ。ミキサーはだめ。粒が細かくなりすぎるの」

人の手でていねいにすりつぶしているから、こんなにやさしい味なのかしら。

すぐにミキサーを使ってしまう自分にちょっと反省しました…。






料理 コメント:0 トラックバック:0

八重山珍味

2006/07/07(Fri) 11:40
夜は「八重山の珍味を食したい!」と「居酒屋はいさい」へ。

グルメなふたりが数日前から予約していたのは…

やしがにの姿蒸しに、ぞうりえびの刺身、ガサミ汁!



image1haisai.jpg


やしがにをここでいただくのは2度目ですが、みそが甘くておいしい~。

そして初めて食べました、ぞうりえび。なんともユニークでキュートな風貌、

まっ黒でつぶらな瞳がまだ動いていて、ちょっとせつなかったけど…。

味はめちゃウマ。伊勢エビに似ていてコクがあるのに、身が引き締まってます。

同じく波照間産のもちきびがまた、ふんわりもちっとしていて絶品。

もちきび7対白米3の割合で炊くのがベストだそう。



波照間特産泡盛「泡波」の、なかなか手に入らない三合瓶もここならアリ。

泡盛は苦手な私も、この泡波、すんなりするする飲めてしまいました。

頭も痛くならない、不思議~。

お店の方いわく「企業秘密で明かさないけど、天水を使っているんじゃない?」

幻の酒、と珍重されるワケは、製造数が少ないだけじゃなかったのですね~。



その他、白子のような味わいのシャコ貝のトーフ(キモ)など、

豪華なご相伴にあずかりました。ごちそうさま~。
料理 コメント:0 トラックバック:0

御願崎、立ち入り禁止!

2006/07/06(Thu) 08:52
ビーチエントリーできるスノーケリングのポイントとして素晴らしく

みんなの憩いの場所だった御願崎灯台東側のビーチへ下りる入り口が、

立ち入り禁止になりました。



img20060706.jpg


噂を聞いて駆けつけてみれば、駐車場として使われていたスペースも

コンクリートの柱を倒して入れないようになっており、

「私有地につき立ち入り禁止 地主」の張り紙が。

海へ下りていく、あのすてきな森の小径は見る影もなし…

重機でばっさばっさと刈られて整地され、赤土の原と化し、

奥のほうにはプレハブの小屋までできていました。



この土地がどのように利用されるのか、

海へ下りる道が工事の後も閉ざされたままなのかはまだわかりません。



とにかく残念なことですが、現時点では、元の道から

御願崎(崎枝崖下などとも呼ばれています)のビーチへ下りることはできなくなりました。



私たちが「崎枝」と呼んでいるポイント近くの、小学校に近いほうの道から浜に下り、

そこから海を泳いで行くしかありませんね。

あるいはそのうちに、水難の碑あたりから新たに下りる秘密のけもの道ができたりして…。



駐車場やトイレ、水道などを完備した施設ができるという

希望的観測も一瞬描いてはみましたが…

やっぱり牧場か畑かな…悲しい


浜歩き コメント:0 トラックバック:0

オリオンビアフェスト2006

2006/07/02(Sun) 23:43
石垣に戻ってきたら暑い暑い~! 市街地の照り返し、ハンパじゃありません。

今日は一日が長いなぁ~、夜はオリオンビアフェストです。

今年のメインゲストは、沖縄民謡とサルサを融合させちゃったカチンバ1551



img20060703.jpg


オジイも踊れば、ちびっこも踊る♪


image3orion.jpg


老若男女、みんなが盛り上がれるのも、街中の公園で行われるフリーの野外コンサートだからこそ。



img20060703_1.jpg


でもって、ジョッキ 200円! ンマイ~。


ライブの後、メンバー全員でサイン入りCDを売ってました。

真夏の石垣、車で聞くのにめっちゃ合いそう~。



img20060703_2.jpg



イベント コメント:0 トラックバック:0

ナーラの滝

2006/07/02(Sun) 23:18
上流の上陸地点から歩くこと30分で、別名「幻の大滝」、ナーラの滝に到着。



img20060703.jpg


滝壺を泳いで真下に来ると、ものすごい飛沫。気持ちいい!



img20060703_1.jpg


よどみにはオオクチユゴイ、岩陰にはテナガエビ。

そのへんのタニシを取ってむいてあげたら、取り合って食べてました。



image1nara.jpg


去年いっしょに網取・崎山に行った、南ぬ風のゴリもボートで来てました。

すべる岩場を必死でのぼってました。



image2.jpggori.jpg


お昼はボリューム満点、トロトロソーキにかまぼこ、もずく、エンサイなど具だくさんのおそば。

おいしかったです、ごちそうさまでした♪



img20060703_2.jpg


早朝のサガリバナと、幻の大滝トレッキングをミックスしたこの10時間ツアー、

まったりとお昼寝もできて、ゆったり過ごして大満足。

朝はあんなに浮んでいたサガリバナも、下りの川ではほとんど沈んでしまっていて、

つよい日射しが照りつけるばかり。魔法がとけたような、不思議な気分でした。




西表島 コメント:0 トラックバック:0

カヌーツアー・サガリバナ

2006/07/02(Sun) 22:13
img20060703.jpg


今が旬のサガリバナツアーへ行ってきました。

日の出とともに白浜港からカヌーをこぎ出し、仲良川上流へ。

川岸にいくつも花が見えてきたかと思うと、見ているそばからどんどん落ちてきます。



img20060703_1.jpg


でもガイドさんいわく、「木に咲いているときよりも、

落ちた花がいちめん川に浮んでいるのがきれいなんですよ」



img20060703_2.jpg


たしかに…。

水面に落ちた花はフワリと広がっていちばん美しい姿になります。

そして日が高くなるとともに、水面の花はふえていき…



img20060703_3.jpg


川の曲がり角にあつまります。まるで睡蓮のよう。

サガリバナの花の、甘いおしろいのような濃厚な香りがみちみちて、

この世の場所とはおもえない幻想的な雰囲気に。

サガリバナの魔法にかかったように、

みんな静まりかえってしばらくの間動けないでいました…。



さて、たいていのサガリバナツアーはここで終わりですが、

今回参加したのは西表島ばかんすツアー グッドアウトドアさんの10時間ツアー。

いちめんの花を眺めながら、カヌーの上でサンドイッチの朝ご飯のあと、

さらに川をさかのぼって幻の大滝、ナーラの滝へと向かったのでした。




西表島 コメント:0 トラックバック:0

月が浜

2006/07/01(Sat) 20:58
img20060703.jpg


砂がちがうのです。

こまか~くて、なめらかで、締まっていて、美しいのです。

西表島 コメント:0 トラックバック:0

うなり崎の黄昏

2006/07/01(Sat) 20:50
img20060703.jpg


板さんに「石垣じゃ西表に邪魔されて水平線に沈む夕日が見られないでしょ。ぜひ満喫して~」

と言われて月が浜に行くが、浜の一番左側まで行かないと夕日@水平線は見られないのだった。


西表島 コメント:0 トラックバック:0

ヤマピカラ

2006/07/01(Sat) 20:41
img20060701.jpg


星砂の浜、ミミキリの浜と二本入って、今日の宿はヤマピカラさん。

去年オープンした、全室ユニットバスつきのシンプルなホテルです。

夕食は一階のお寿司屋さん「初枝」で。

西表島 コメント:0 トラックバック:0

星砂の浜

2006/07/01(Sat) 11:51
img20060701.jpg


西表の星砂の浜に来ました。

お昼ご飯の後、入ってみます~。

西表島 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード