なうひあdiary

2007 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

多謝

2007/12/31(Mon) 20:31

今年も一年、ありがとうございました。
新年のご挨拶は控えますので
これでご挨拶にかえさせていただきます。
2008年がみなさまにとって素晴しい年となりますように。
来年もよろしくお願いいたします。

s-DSCF7082_edited.jpg


'07~'08ニセコ コメント:2 トラックバック:0

ダルマストーブ

2007/12/30(Sun) 20:57

s-DSCF7061.jpg
やっぱり薪のあたたかさは格別。
ホルモン鍋のナカヤで。
s-DSCF7063.jpg
ここはまだ、できたてホヤホヤのお店。
s-DSCF7056_edited.jpg
張り紙でみつけた!

'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

今日も滑り込み

2007/12/29(Sat) 23:50

ってスキーではなく、手延べ薄焼きピサ゜のYummy’sへ。
ニセコに来てから8日間、毎日フリーペーパーを見ては予約なしの飛び込み、
または10分前に電話して「これからいいですか」で
お店に入っているのですが、話を聞くと、どうもこれってけっこうツイているらしい。
言われてみれば、私たちの後1~2組で満席になることがよくあり…。
ほかの人よりちょびっとだけ早く動いているのかな?
s-DSCF7050.jpg
ログハウスのロフトが座敷席。
このあと奥の席にはオージーの大ファミリーが。

でも、一等地にある「阿武茶」には長い行列ができていたので
予約を取ろうと電話したら…なんと取れたのは一週間後。
フリーペーパーに載っていない、おいしいお店を探さなくては!






'07~'08ニセコ コメント:2 トラックバック:0

Relax day

2007/12/29(Sat) 13:46

今日は強風でリフトはいちばん下しか動いてないし、湿雪でコンディションもよくないので…
お部屋でリラックス。羊蹄山を正面に望むすてきなロケーションなのですが…

s-DSCF6977_edited.jpg
このブルーの建物…センスなさすぎです。
アースカラーのシックなコテージが点在するなか、
とても狭い細長な敷地に無理矢理建ててる。
風景との調和なんて知ったこっちゃない、という傍若無人さ。
ニセコも超バブルでコンドミニアム乱立状態、景観条例ないのかな…。
美意識のない建物が風景をめちゃめちゃにしている今の日本って…悲しい。
風景にとけ込むよう、建物の色まで制限しているセドナみたいな美意識があれば。
s-DSCF7042_edited.jpg

滞在している宿は9割が外国人客。
香港や韓国のひとたちも多いです。
韓国のスキー場はvery icyなのだそう。

この間、炭火焼きのお店で隣にすわった女の子は、ペンションに住み込みのヘルパーさん。
この夏は石垣の全日空ホテルで働いていたそう。
しかも、そのときに拾った猫ちゃんを東京へ連れて帰り、
今回も猫ちゃん連れでニセコに住み込み!
石垣生まれのノラにゃんこ465、はしゃいで雪にダイブしてるんだとか(^o^)

s-DSCF7044_edited.jpg
そして…今回持ってきたのはコレ
モチベーションが高まっているうちに、ボキャ増強したい。

'07~'08ニセコ コメント:4 トラックバック:0

アンヌプリ

2007/12/28(Fri) 21:41

s-DSCF7035_edited.jpg
昨日の濃霧でちょっぴり樹氷。
s-DSCF7037_edited.jpg
山頂への登頂ゲートが開いたので、アンヌプリ頂上まで歩いて登り、滑る人も。
ここはツボ足でも登れるといってましたが、まだ雪が少なくコンディションはよくないとか。
行ってみたいけど…たくさん降ってからのほうが無難かな…。

 

 

 



'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

原酒ヤバイ

2007/12/27(Thu) 20:55

s-DSCF7024_edited.jpg
今日は霧のなか、午後はレッスン。
ずっと自己流で滑っていて、スクールには一度も入ったことのない私。
始めたころに入っておけばよかった。
やっぱり基礎はだいじですね…反省。

s-sencho071228.jpg
今夜は道産海の幸で…
s-DSCF7033_edited.jpg
飲みやすいのでついつい。
原酒は度数高いって知らなかった…


'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

NGシーン

2007/12/26(Wed) 22:33

 

載せちゃったw
'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

バックカントリーへ

2007/12/26(Wed) 22:05

s-DSCF6983.jpg
今日は山頂リフト終点からエリア外、いわゆるバックカントリーへ。
ここから先は自己責任、救助を要請した場合は実費負担になります。
でも、このゲートが開いてから今日で三日目、その間まともな雪は降っていないし
すでにたくさんの人が入っているので、行ってみました~。
s-DSCF6984.jpg
もう道ができてます…
s-DSCF6990.jpg
木々の間を縫って…
s-DSCF6989.jpg
はまると深っ。
まだまだ技術がないので、やっとこさっとこ降りてきました(^^;)
私たちは午前、午後の2回とも、リフト乗り場へと下る沢を行きましたが、
ゴンドラでいっしょになった人は尾根を越えてもうひとつ向うの沢まで行ってしまい
車道を10分くらい歩いて戻ってきたとか…。
s-DSCF7014_edited.jpg
今日は快晴で、夕映えに染まる羊蹄山がばっちり。
でも…雪がさみしくなってきたので、そろそろどかんと降ってほしいな~4




'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

サンタがいっぱい

2007/12/25(Tue) 22:48

s-DSCF6956_edited.jpg
今日はこんな人だらけ。 同じ宿だけで3人もいた。
ズボンが薄くなってたりして、この衣装、かなり年季入ってます(^o^)
s-DSCF6959.jpg
一日、山頂近くの非圧雪地帯で。
上は粉雪が舞ってるけど… まだちょっと雪は少なめ。
s-nisekoDSCF6968.jpg 
4時を過ぎるとあっという間に暗くなってきて…。
s-DSCF6971.jpg
ちょっとお茶してたらもう真っ暗。

ニセコはいろいろなお店があって、夜の食べ歩きが楽しいです。
今日はネパール料理屋さんへ。
s-DSCF6976_edited.jpg
ここはお店の人も外人さんで、オーダーも英語でした…(^^;)
071224_1938~0001
冷蔵庫の扉にもそそられるけど…
バーには寄らず温泉へGO!

'07~'08ニセコ コメント:2 トラックバック:0

マイナス6℃

2007/12/24(Mon) 22:28

s-DSCF6949_edited.jpg
ニセコにやってきました。冷たい空気♪
おととい羽田に降りたときは、冷蔵庫に入っちゃった~と思ったけれど
東京で一泊したら、ひんやり空気に慣れてきました。
今日はマイナス6℃でも余裕!
朝から滑ってマス。
まわりは8割が外人さん。

 


'07~'08ニセコ コメント:0 トラックバック:0

1cmの華

2007/12/22(Sat) 08:00

12月の森で、白い小さな花が満開になりかけていました。s-DSCF6921_edited.jpg
ハイノキの花。
花そのものは1cmくらい…。
でもこの開きかけの愛らしさ、
開ききった姿の妖艶さはどうでしょう。
s-DSCF6930_edited.jpg
緑陰の妖精、アリモリソウも今が見ごろ。

道にはつよい風に吹き飛ばされたエゴノキの花もたくさん散っていました。
スミレにカタバミ、春の花が咲いています。

そんな石垣をあとに、今日はこれから東京へ。
そして明日は、氷点下276の世界へ(>_<)


野生植物 コメント:0 トラックバック:0

ハイビスカス紋?

2007/12/21(Fri) 10:25

ケンビスの記事にコメントをくれたバンビナさんのブログ(281がいっぱい出てきます~(^o^))を見ていたら、
おもしろいものを発見。私もさっそくやってみましたよ~、KAMONジェネレーター
で、出てきたのが…

02_01_02.gif
ハイビスカス紋、だって。。(^^;)
石垣にいるのがバレてる?
入力するのは名前と生年月日だけなのに~。
(ちなみに簡単な占いも出てきます)

相方とのペアKAMONもあり。うちはコレでした。
10_02_02_01_02.gif




daily1 コメント:4 トラックバック:0

ケンビス

2007/12/20(Thu) 18:33

素朴な焼き菓子が食べたくて、愛用しているレシピサイト「ナチュラルおやつ」を物色していたら、
ケンビス」という名前が。これでピンと来た方、いらっしゃいますか~?

なにこれ~、と開けてみたら…。なるほどぉ、ケンタッキーフライドチキンのビスケットでした!
ケンチキは何年かぶりに食べるたび、「やっぱ味濃ゆ…」と思うのだけれど、ケンビスは好き~。

ということでさっそく作ってみました。
s-DSCF6913.jpg
焼きたてにメイプルシロップをたっぷりかけて♪
うん、この味、この割れ方は…ケンビスだぁ!
全粒粉を使ったのでざくざく&香ばし度アップ。

このサイトのレシピはバターや砂糖をたくさん使わなくてすむし、
簡単でホントにおいしいものばかり。
りんごソースマフィンもかなり感動)
おすすめです~。


daily1 コメント:4 トラックバック:0

野放図に

2007/12/17(Mon) 20:47

ほっとかれていた空き地がどんどん整地され、
気がつくとぴかぴかのマンションが建っているこの頃。

管理されてない
整えられてない
好き放題に伸びて
はみだしてる
こんなのが、すーっとする。

071217_up1604~0002


コメント:2 トラックバック:0

同じ外道でも…

2007/12/16(Sun) 22:43

この週末は2日続けて浜から投げ釣り。基本はサヨリとコーフなのだけど…

s-DSCF6898_edited.jpg
あらら、ジョーさんけっこうなチヌを釣っちゃった。
南の黒鯛ですよぉ。
オーソドックスに塩焼きでいただきました。ウマ~。

私がひっかけちゃったのはコレ。
s-DSCF6882_edited.jpg
上げたとたんぷーっとふくれっつらに。
口の端にかかっただけなので、大傷なくてよかった。
水に戻ったらぴゅーっとしぼんでました。



釣り コメント:2 トラックバック:0

港にて

2007/12/14(Fri) 14:58

s-DSCF6836_edited.jpg
ぶらさがり中。
けっこう長くされてましたよ。
日常のなかでさりげなく健康法っていいですね♪
こっそり撮っちゃってごめんなさい466



daily1 コメント:0 トラックバック:0

いわゆる観光コースへ

2007/12/13(Thu) 23:08

与那国・八重山ツアーを企画する、知人の下見にご同行。
見たことないという川平湾へとりあえず。海をバックに誰もが記念写真を撮る場所で目についたのは…

s-DSCF6847_edited.jpg
岩の小さなくぼみのあちこちに根付いていた長命草。
こういう場所が好きなんですよね。
川平湾をさらりと一瞥した知人「まー、ここ見ても…ねぇ?」
と、ツアーのコースからはあっさりはずれ(^^;)

次、雨の場合の候補として石垣島鍾乳洞へ。
s-DSCF6849.jpg
珊瑚礁が陸地に隆起し、
雨水や地下水によって浸食されてできた空洞に
またしずくが落ちて石筍や石柱ができ…
太古の地球を感じられる神秘の地底空間。

その色やかたちをひきたてる、最低限のライトアップと
しずくの音に耳を傾けられる静謐さが欲しいのに…。
安っぽいイルミネーションと無神経なアナウンスの繰り返しには
毎度毎度、力が抜けます。
自然の美を子どもだましな電飾で冒涜し、
原始の静けさのなかで大地と対話する自由を奪う行為。
「でも、鍾乳洞はすばらしいわね」と知人。
だからこそ、余計に切ないのだけれど…。

さて、女性ばかりのツアーということなので、手わざ系ははずせない。
白保の工房「紗夢紗羅」では、子犬たちがころころと転がってた。
s-DSCF6851_edited.jpg




 


daily1 コメント:0 トラックバック:0

アートな水道局

2007/12/10(Mon) 19:21


以前はめだたないところにあったらしい、巨大な蛇口。
門のすぐ脇に設置され、なにやら網のようなものが。
なるほどぉ。そーいえば…
s-DSCF6840.jpg
もうすぐメリクリでしたね♪
今日も穏やか24℃、ぜんぜんそんな気しないのだけど。
水道局もがんばってます。水流れてるし…(^^;)。
(なぜか白にゃん乱入中)



daily1 コメント:0 トラックバック:0

田んぼのあぜで

2007/12/09(Sun) 14:52

s-kanmuri071209.jpg
見張り中@カンムリワシ。
すぐ横をとことことサギが歩いても身動きひとつせず、
目線ひとつ動かさないのがまじめすぎておかし…。
s-washi071209DSCF6814.jpg
でもにんげんが近づいてくるのはいやなのでした。
狩りのじゃましてごめん。
広げた羽根…うつくしすぎる。





野鳥 コメント:2 トラックバック:0

あやしすぎる…

2007/12/09(Sun) 12:48


とある森の道を歩いていたら、川沿いの砂地にこんな足跡が。
どうみてもふたつにしか割れてないし…s-DSCF6820.jpg
もうひとつはこんな。
うむむ。
これってやっぱり…いのしし?
かなりあやしい。

田園 コメント:0 トラックバック:0

White-eye

2007/12/06(Thu) 22:00

s-DSCF6807up_edited.jpg
みんなで虫食いだらけの葉っぱの裏をさかんにつついていた。
虫を食べていたのかな。
正面から見るとゴーグルみたい。



野鳥 コメント:0 トラックバック:0

芙蓉あれこれ

2007/12/04(Tue) 12:59

s-DSCF6798_edited.jpg
蕾ばかりのハイビスカス…と思ったら、
「ヒメフヨウ」と名前がついていました。
花は全開せず、別名を
「シガレット・ハイビスカス」というのだそう。
s-DSCF6802_edited.jpg

八重のフヨウも咲いていました。
色の濃淡があるのでもしかしたら、
夕方になるにつれて染まっていく酔芙蓉?

バンナ公園 コメント:0 トラックバック:0

バンナ奥の院

2007/12/02(Sun) 22:40

s-DSCF6761_edited.jpg
先週、屋良部岳でカゴメランが咲いていたので
バンナの奥でも見頃のはず…、と行ってみました。
道はますます草ぼうぼう、倒木もふえてた…。
年々荒れ果てていく、見捨てられた遊歩道(前回の様子はこちら)。
来年は果たして歩けるのかな。
s-DSCF6765_edited.jpg
おなじみの巨木が立っているのは、谷底の小川ぞい。
ここを渡ってちょっとのぼると…
s-DSCF6774_edited.jpg
咲いてた咲いてた、見頃でした。
s-DSCF6767_edited.jpg
セマルハコガメもいた~。
あれっと思ったら、すぐ近くにもう一匹。
相変わらず用心深くて、なかなか顔を出してくれない。
s-DSCF6789_edited.jpg
ぽかぽか陽気に蝶たちもいっぱい。
リュウキュウアサギマダラの浅葱色が美しい。
s-DSCF6788_edited.jpg
草の実はいっぱいつくし、歩きにくいけれど…
管理された公園の気とは違う、濃い自然の森の気をチャージ。

バンナ公園 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード