なうひあdiary

2008 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

今日から内地へ

2008/06/22(Sun) 00:10

そして24日からドロミテへ。
s-2008_06210119_edited.jpg
こんなところを歩いてきます。

コメント&BBSの返信は7/11以降になります。
すみませんが、なにとぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

daily1 コメント:0 トラックバック:0

ちびっこデバちゃん

2008/06/22(Sun) 00:00


体長2㎝くらいのデバスズメダイたち。
ときどきクロスズメダイも混じってきてますね。

スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

川平石崎へ~

2008/06/21(Sat) 19:18

今日もどっピーカン1 
川平石崎のリーフエッジに行ってみました。
s-2008_06210085_edited.jpg
浅場のサンゴはバラス状態…
s-2008_06210005_edited.jpg
ちょっと深いところのエダサンゴはけっこう元気だったりする
s-2008_06210018_edited.jpg
テーブルサンゴの状態はかなりひどいけれど…魚影はまずまず。
ノコギリダイの群れに、一匹だけアカヒメジが混じっちゃってます(^^;)
s-2008_06210053_edited.jpg
はあ、元気なコがいた…
ふたたびこんな鮮やかなグリーンでいちめん埋めつくされる日が待ちどおしい。
5年くらいかかるかな? 
でも'98年のひどい白化のあとだってみごとに回復したのだから、きっとだいじょうぶ。
s-2008_06210075_edited.jpg
オニヒトデはひとつだけ発見。
サンゴが死んじゃってるからオニヒトデも元気がない?
s-2008_06210089_edited.jpg
ミスジチョウチョウウオ
s-2008_06210108up_edited.jpg
ミスジリュウキュウスズメダイ
s-2008_06210043_edited.jpg
とっても好きな…レモンスズメダイ♪



スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

1年で2番目に日の長い日

2008/06/20(Fri) 22:38

明日は夏至。冬至以来ずーっと伸びてきた日が、
また1日1日みじかくなっていく。
夏のあいだは、そんなこと考えもしないだろうけど。
s-DSCF1534.jpg
日の入り後の照り返しがうつくしい あと10分で夜の8時…

daily1 コメント:0 トラックバック:0

山原へ~

2008/06/18(Wed) 22:25

梅雨明けの青空がひかってる…やっぱり海に行かなくちゃ♪
今日は山原橋下のビーチへ行ってみました。
潮はちょうど干潮直後。岸辺の岩場に泥がかなり堆積しています。
それも、干潟のような真っ黒い、ねちょねちょした泥。
ちょうど居合わせた地元の方にうかがうと、最近の大雨で流れてきた泥で
タイドプールもかなり埋まってしまったのだとか…。
s-2008_06180088_edited.jpg
でも海のなかは…あっ、なかなかいい感じ♪
s-2008_06180055_edited.jpg
エダサンゴもすんごい復活してました。
s-2008_06180066up_edited.jpg
テーブルサンゴも元気じゃない?
ヨコスジタマガシラがたくさん群れています。
s-2008_06180098up_edited.jpg
ハマクマノミがすんでるイソギンチャクも、しっかり色がついていますね。
s-2008_06180070_edited.jpg
こちらはすみかのイソギンチャクにこどもを残して、だいぶ上までパトロール。
s-2008_06180096_edited.jpg
砂地のところに子どもヘラヤガラの群れが…

あたたかい水と冷たい水の境目、サーモクラインでゼリーのように視界がゆらゆら。
やっぱり川から流れ込む冷たい水のせいかな。

s-2008_06180041_edited.jpg
これがひんやりさらさら、きもちいい♪
s-2008_06180129.jpg
天然シャワーで潮水もながせる
s-2008_06180134.jpg
すぐうえの森のちからを濃厚に感じるビーチなのです。

スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

フレッシュグリーンパイン

2008/06/18(Wed) 09:11

島パインが安くなってきた~。マックスバリュ-でも小玉で1個99円。
ちょこちょこ買ってきては、毎朝生ジュースでいただきます。
s-2008_06180015_edited.jpg
皮ごとしぼるので、こんなにグリーンなパインジュース。
でもなかは熟れ熟れです。

s-2008_06180037.jpg
ロザムンド・ビルチャーの未邦訳・絶版ペーパーバックを
アマゾンukのマーケットプレイスでゲット♪
イギリスの田舎のしあわせな景色へと、しばし没入…

daily1 コメント:0 トラックバック:0

明けちゃった

2008/06/17(Tue) 22:28

入りはおそく明けははやかった今年の梅雨。その意味するところは…? 
さあ、この夏の台風はどんなでしょ?
s-2008_06170014.jpg
涼しい風をさがしにバンナ公園の睡蓮池へ。
夕方だったからかな、ひらいている花はなし。
ジョンったら、水草が浮いているので田んぼくらいの深さと思ったらしく、
いきなり踏み出してドボンと水の中へ。
犬かきで浮きながらジョーさんのかおをじっと見て
無言で助けをもとめたらしいw。
リードをつけていたのですぐに引き上げられたけど…
かなーりびっくらこいちゃったはず179

 

バンナ公園 コメント:0 トラックバック:0

御願崎へ~

2008/06/16(Mon) 22:42

今日もスコールを縫って海へ。
s-2008_06160002_edited.jpg
すんごい黒雲~、そしてバーッとにわか雨。でも海のなかはおだやかです。
s-2008_06160055_edited.jpg
浅瀬の藻を一生懸命食べているおそうじやさん、ナガニザの群れ。
s-2008_06160152_edited.jpg
スダレチョウチョウウオのペア。ポーズもおそろいだし~
s-080616Image3.jpg
左はミスジチョウチョウウオ、右はヒフキアイゴにサザナミハギ。みんなペアで行動してる。
s-2008_06160073up_edited.jpg
ニジハギにサザナミハギ。
s-2008_06160132up_edited.jpg
アミメミノカエルウオ…かな? ひとりたたずむ姿がおかし~

ここ、御願崎も浅いところはかなり白化で死滅しているけれど、
回復のきざしも随所にみられます。
おねがいだから今年は水温たかくならないで~。


スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

崎枝へ~

2008/06/15(Sun) 22:48

今日もくるくる変わる島天気。
ぴーぴー吹きまくる夏至南風を避けて崎枝へ。
こっちはあかるいし、道路も濡れた形跡がない。
ビーチへ向かう農道で「安栄観光」と張り紙したワゴン車とすれちがいました。
送迎とかしてるのかしら??
s-2008_06150091_edited.jpg
なーんと雲の切れ間から日射しまで…
s-2008_06150070_edited.jpg
コモンサンゴにエダサンゴ
s-2008_06150087_edited.jpg
むらさきのふちどりがきれい~
s-2008_06150055_edited.jpg
白化で死滅しているところもおおいけど…がんばって。
s-2008_06150014up_edited.jpg
今日のイバラカンザシはオレンジ。
s-2008_06150060up_edited.jpg
ヤエヤマギンポ~
s-yogyo080614.jpg
幼魚ちゃんもいっぱい。左はルリホシスズメダイ、右はクギベラ。
s-2008_06150023up_edited.jpg
クロスズメダイおちび。 こんなにカラフルなのに
s-2008_06160109_edited.jpg
なぜ成魚↑は濃紺になってしまうのでしょ。
s-2008_06150086_edited.jpg
ソフトコーラル花畑。ツツウミヅタ…かな?

スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

水深20cmのなかまたち

2008/06/14(Sat) 23:43

岸から数メートルも離れていない、水深20cmくらいの平らな岩場。
いちめん藻におおわれて、ジミ~な感じなのですが…
よーく見ると不思議な生きものがいっぱい。
s-2008_06140016up_edited.jpg
これはチドリミドリガイ。体長3cmと小さくて目立たない:けど、
こんなふうにアップにするとすてきな模様が。
s-2008_06140053up_edited.jpg
岩にくいこんでいるシャコガイ。きれいなブルー!
s-2008_06140017up_edited.jpg
いろいろな色があるイバラカンザシ。
これはモスグリーンと白とオレンジの組み合わせ。
小島のようなちいさい岩のよこにいました。

そしてふと視線を感じてみると…
s-2008_06140084_edited.jpg
穴からのぞいているひとがいました。
s-2008_06140091up_edited.jpg
おっかしーかお! カエルウオのなかまとおもわれますが…
目をふちどる赤とブルーがおしゃれですね~。
s-2008_06140111up_edited.jpg
うふふ。横顔はこんな。
s-2008_06140125up_edited.jpg
だんだん大胆になってきましたぁ~
s-2008_06140155up_edited.jpg
しばらくカメラを向けていたら慣れてしまったようです。
外に出てきてブチブチ藻を食いちぎっては食べていました。
帰って図鑑をめくってみたけど…
スジタテガミカエルウオかな? 筋がはっきりしないので自信なし~。

スノーケリング コメント:4 トラックバック:0

米原へ~

2008/06/14(Sat) 22:30

ガンちゃんご一行様が茅ヶ崎から遊びにきたので、いっしょに米原へ。
ヤシ林前のビーチに降りて、クマノミポイントへご案内~。
s-2008_06140001_edited.jpg
天気予報は曇りときどき雨。
降らないだけまし~。
s-2008_06140019_edited.jpg
元気です~。ネッタイスズメダイにハマクマノミ。
s-2008_06140079.jpg
洞窟の奥でまったり話し込んでるし…。
s-2008_06140159_edited.jpg
海からせりあがる崖がなかなかにダイナミックなのでした。


スノーケリング コメント:0 トラックバック:0

わんシーサー

2008/06/13(Fri) 08:05

s-2008_06050314.jpg
あやしいやつはっけん。

まじめなかおがいいなぁ~♪


コメント:2 トラックバック:0

南風の巻雲

2008/06/09(Mon) 18:45

s-2008_06090016.jpg
気持ちのいい南風に押されて梅雨前線はぐーっと上へ。
s-2008_06090010.jpg
ハマササゲも日射しを浴びてうれしそうです。
s-2008_06090019.jpg
おじいは貝をほり
s-2008_06090023.jpg
クサトベラ(草扉)が咲いています。
s-2008_06090022.jpg
花柱と5枚の花びらが扇状についた不思議なかたち。
ヒラヒラした切れ込みがシャガの花に似て繊細な印象も。
葉っぱは潮風につよいツルピカで、丈夫なのにねえ。


浜歩き コメント:0 トラックバック:0

郷愁の黒瓦

2008/06/05(Thu) 14:41

s-2008_06050310.jpg
山を背に、海を臨む屋久島の里は、黒い瓦屋根。
最近は赤瓦ばかり見慣れているので懐かしくもあり、新鮮でもあり。
民宿 屋久島」のお部屋の窓から撮らせてもらっちゃいました。
山からおりたあとのお風呂とビール、なんてすばらしいのでしょう!
そしてありがたかったのは乾燥室。
ぐじゅぐじゅに濡れていた靴も朝にはさっばり乾き、気持ちよく帰ることができました~。

'08屋久島 コメント:0 トラックバック:0

すぐそこにいるけものたち

2008/06/05(Thu) 12:08

s-2008_06050004.jpg
屋久島に着いた日、レンタカーで千尋の滝へ行ってみました。
V字型の谷、花崗岩の岩盤の巨大さに圧倒されます。 
したはそこそこ天気がいいので、気持ちよくドライブしながら西部林道へ。
いや~、オートマ普通車のらくちんなこと。
いつもの軽トラドライブとはえらい違いです。
たまたまクルマに乗せてあったCD~徳永英明のボーカリストなぞ聞きながら。 s-2008_06050016.jpg
でも、林道に入ったらこうですからね…(^^;)
ちょっとリラックスしすぎではないですかぁ。
ところどころ広くなっている路肩スペースにクルマを停めては
じっくりシカやおサルさんたちを観察。
s-2008_06050011_edited.jpg
目が合うと緊張するのか、威嚇なのか、前足を踏み鳴らすしぐさが
ちょっとえらそうでおかしいのです。
s-2008_06050014_edited.jpg
人間には無関心、木の実や新芽をちょこちょこ食べてはくつろいでいます。
豊かな森のおかげで食べ物に不自由しないせいか、
余裕のよっちゃんな姿がほほえましい(^o^)

けものたちの思いや考えが伝わってくるようなこの距離感。
宮沢賢治の童話「鹿踊りのはじまり」を思い出しました。

 

'08屋久島 コメント:2 トラックバック:0

屋久島縦走~うるおう苔の森

2008/06/04(Wed) 23:53

楠川分かれから辻峠へ…この辺から急にあかるくなってきました。
s-2008_06050294.jpg
こまかい霧雨と太陽の光が同時にふりそそいでくる、色あざやかなみどりの世界。s-2008_06050277.jpg
苔がたっぷり水をふくんでいきいきしています。
s-2008_06050284.jpg
しずくがきらきらとひかって
s-2008_06050095.jpg
水滴のビーズをまとい
s-2008_06050289.jpg
透明感をまして
s-2008_06050305.jpg
ほんとうにみずみずしい。
s-2008_06050302.jpg
レインウエアは着ていても、靴はとうにずぶ濡れ。
雨のなか濡れて歩いていたら、植物たちのよろこびが伝わってきました。
これだけの懐深い森を育んでいるのは、なによりこの雨なのですものね。
s-2008_06050301_edited.jpg
奥行きにひかれてカメラを向けたら、「もののけ姫の森」と看板がありました。
s-2008_06050304.jpg
白谷の清流をいくつか渡り
s-2008_06050308.jpg
流れが豪快になってくるとそろそろ白谷雲水峡広場です。
なんとか無事に降りてきました。名残惜しい反面、ひと心地ついてほっ。


more
'08屋久島 コメント:2 トラックバック:0

屋久島縦走~巨木の森

2008/06/04(Wed) 23:32

5時にジョーさんに起こされ、 チキンラーメン、ロールパンに紅茶で朝ご飯。
お昼のアルファ米五目ご飯を用意して、パッキングです。
s-2008_06050217.jpg
新高塚小屋は無人の避難小屋。木造で湿気も少なく、広くてきれい。
唯一のネックは混む、ということでしたが、今回は大人数のグループともかちあわずラッキー。
ここから縄文杉までは1時間ちょっとです。
s-2008_06050223_edited.jpg
日本固有の杉としては、世界最大の縄文杉。
私たちが着いたときは、先に小屋を出たひとたちはもう去ったあと。
ほかにだあれもいない、静謐のなかで対面することができました。
ああでも、保護柵という人工物の奏でる不協和音が残念。
これだけ有名になり、多くのひとがやってくるので仕方ないとおもうけれど
どんなにたくさんのひとが会いにやってきても、遠巻きにみつめられるだけ。
その孤独さが伝わってきて、せつない気持ちになってしまいました。。
s-2008_06050229.jpg
枝でつながっている夫婦杉。
s-2008_06050240_edited.jpg
こちらは1586年、豊臣秀吉が寺を建立する際、
銘木献上のため切り倒されたと伝えられるウィルソン株。
s-2008_06050243_edited.jpg
空洞化した株のなかを、ちょっとだけのぞかせてもらいました。
s-2008_06050236.jpg
この森には、名前のつけられた杉以外にも、無名の巨木がいっぱい。
自分が森のこびとになったような、不思議さがたのしい。
s-2008_06050261_edited.jpg
大株歩道を抜けて森林軌道へ。
さすがに疲れが出てきてへたり気味の脚も、この平らな道で元気回復。s-2008_06050265.jpg
三代杉のしたでおひるにしました。
この先、楠川分かれを左に折れて白谷雲水峡をめざします。






'08屋久島 コメント:0 トラックバック:0

屋久島縦走~シャクナゲの道

2008/06/03(Tue) 22:58

3年ぶり、2度目の屋久島。今回の目的は梅雨のまっただ中に咲くシャクナゲ、
そして宮之浦岳~縄文杉~白谷雲水峡へと抜ける一泊の縦走です。
屋久島入りした次の日から山に入る予定でしたが、台風5号の影響で大雨の予報。
予備日の一日を前に持ってきて、「まんてん」の温泉で一日まったり過ごしました。
いやー、降った降った。夜中までじゃんじゃん降り。 飛行機もかなり欠航になったとか…。

翌朝、4時に起きると…雨は小やみになってます。
タクシーで安房の宿「華のや」さんを出発、おべんとうやさんに寄って、淀川登山口~淀川小屋へ。
s-2008_06050033.jpg
よどみのようにもの静かな淀川です…。
s-2008_06050026.jpg
朝ご飯のおにぎり弁当。
s-2008_06050029.jpg
今回はシュラフにマット、2日分の食料、炊事道具と濡れたときの着替えをかつぐため
魔法の杖~トレッキングポールをおともに。
s-2008_06050049.jpg
シャクナゲが咲いてます…
s-2008_06050067.jpg
投石平到着。 シャクナゲを撮りに一眼レフをかついできているひとたちが
ここで霧が晴れるのを待っていました。
s-2008_06050088.jpg
それにしても今日は登山者が少な~い。淀川から入った縦走者は私たちだけ!
宮之浦岳日帰りの登山者も、地元のおじいちゃんとお姉ちゃんのふたり組だけ。
このお姉ちゃん、なんとはだしに島ぞうりだった!  
ちょっと裏山へ…てな感じで、飛んで歩いてました。
s-2008_06050096.jpg
風を避けて、頂上手前でおひる。
s-2008_06050106.jpg
森林限界を過ぎると、シャクナゲも背が低くなってきます。
s-2008_06050118.jpg
宮之浦岳頂上に到着。だーれもいません。 せっかくの眺望は、もちろんガスのため皆無。
眺めを楽しむには、好天の多い11月が狙い目かなぁ。
s-2008_06050128.jpg
でもでも、北面のシャクナゲがまた、みっちり花をつけていました。
今年は10年に一度の当たり年なんですって!
s-2008_06050136.jpg
ピンクのつぼみがひらくほどに白へ…。
s-2008_06050139.jpg
このグラデーションがとってもきれい。
s-2008_06050151.jpg
驟雨をものともせず、やわらかい霧雨に抱かれて咲くのですね。
s-2008_06050175.jpg
登山道はシカにとっても歩きやすいらしく… しばらくはこのシカさんが先導でした。
s-2008_06050194.jpg
ちょこちょこつまみ食いあるき。
s-2008_06050213.jpg
新高塚小屋に着いたのはなんと5時半。淀川登山口から11時間もかけてしまった…。
標準コースタイムは7~8時間なので、休憩時間を足してもおそいなあ。
でもでも、この日の宿泊者はたったの5人。
あとの3人はソロのひとたちで、とてもしずか…。
それぞれがコーナーにゆったり陣取れて、めちゃめちゃ快適だったのでした。



more
'08屋久島 コメント:2 トラックバック:0

今日から屋久島へ

2008/06/01(Sun) 00:01
行ってきます。
今回のお目当てはシャクナゲ
できれば縦走…とかんがえてますがお天気によってどうかな?
コメント&BBSの返信は5日以降になりますので、よろしくおねがいいたします~。
daily1 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード