なうひあdiary

2009 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

カールおじさん

2009/04/28(Tue) 14:20

やっぱり忘れないようにアップしとこ。
たまたま買い物に立ち寄った横浜そごうで開催されていたのがエリック・カール展
みずから彩色したうすーい紙で思いのままに切り貼りされた楽しい絵のホンモノに、思いがけなく出合うことができました。
カールおじさんの制作風景を映像で見ていたら、なんてすばやい!
彩色した色紙のどこを使うか、もっと考えたりするのかと思ったら、意外とぱっぱっぱーと進めていて、偶然のチカラにまかせる部分も大きいなぁって。

そしてすてきなカールおじさんからのメッセージ。
「絵を描くとき、色や線がはみだしたって
気にしなくていいんだよ」

もひとつ、「お互いにやさしくなろう」
たしかにこれだけで、世界は平和になれるはず。
彼の絵本のように、シンプルで力強い。
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

あめんぼのひみつ

2009/04/28(Tue) 10:02
テレビの特番が入っておおにぎわいの石垣島トライアスロン大会、
今年はジョーさんの友だちガンちゃんと、わたしのいとこのサトシ、
ふたりの応援で、わたしたちも盛り上がりました。
ふたりとも100番台、来年は2時間30分を切ってね~!


しっかしチョーさむっ。
それでもガンちゃんご一行様は元気に海へ…

冷たくないよ~、というみんなを浜から見送り、裏の川沿いをぶらぶら歩いていると

水面にはあめんぼがすーいすい。
ん? 影を見ると足先がまあるい。あめんぼの足先は細いのにどーして?

しらべてみると、まさにこれがあめんぼの水に浮くひみつでした。
足先から油に似たものを分泌し、その表面張力をつかって水に浮いているのですって。
足先のまるいのは、水の上に浮いた油なんですね。
なるほど~

さて、今日の夕方の便でまた内地です。更新は休み明けになります。
ちょっと豚フルがしんぱい(>_<)
みなさんもよいGWを!
daily2 コメント:0 トラックバック:0

明日の神話

2009/04/26(Sun) 23:47
友人宅からの帰り道、乗り換えの渋谷駅でやっと見ることができました。
昨年11月に設置された、岡本太郎の『明日の神話』。

通勤・通学のひとが足ばやに通りすぎるなか、しばしぼーっと浴びていました。
'09松本・安曇野 コメント:2 トラックバック:0

吉兆

2009/04/26(Sun) 23:00
締めはいつもの横浜中華街。毎回女二人でさくっといただけるこぢんまりした店をさがしていますが
またここに来てしまいました…あさりそばで有名な吉兆

金針菜の炒めたのもおいしいんですよね…
ほかに車エビのチリソースを。

この日は馬(ほんとうは女偏に馬)祖さまの誕生日でした。
千年前に実在としたといわれ、災害や疫病、戦争、盗賊から守ってくれる女神様です。

'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

桃山

2009/04/26(Sun) 22:50
松本2泊目は、もうひとつの奥座敷、
美ヶ原温泉の桃山へ。
広大な日本庭園に囲まれた(昔は桃園、いちご園だったとか)松本の夜景を一望する高台の一軒宿で、わたしたちの部屋はいちばん奥のお庭に面したところ。

前日泊まった貴詳庵は現代建築の建物ほか、いろいろな面で今ふうの洗練された雰囲気だったのですが、こちらはなかに滝が流れる純和風のたたずまい。
ほかの宿泊客の姿も見えず、横溝正史ワールドの由緒ある邸宅にふたりっきりで招かれてしまったような、謎めいた雰囲気にみちていました。


旬の筍は前菜、お造りでもいただいたのですが、どーんと塩竃焼きになって出てきた!
とんかちで割ると、和紙に包まれた筍が。ほんのり塩だけで、筍そのものの滋味。

朝、小雨に濡れる庭園を歩いてみました。しずくをのせた、まだ緑色のハナミズキに

満開の枝垂れ桜がみごとでした。

GW明けからは、二万本のつつじが見頃になるそうです。
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

福木吹雪

2009/04/25(Sat) 07:12
あちこちでフクギの花がはらはらと降っています。

酸っぱ甘い(甘酸っぱい、ではなくて)ちょっと発酵したような、
独特の香りがそこらじゅうに漂っています。

写真を撮っている間にもどんどん降ってきて、降り積もる、という感じ。

花の大きさは直径1cm強。よく見ると梅の花にも似ていますね。
花びらがしっかりしていて、つくりもののよう。
昔、お刺身を買うとわさびが乗っていた梅の花を思い出しました(そんなの知らないって?)。

すっかり緑になった若葉の下の枝に、びっしりと花がついていますね。
桜のように花が咲いてから若葉、ではなくて、若葉を育ててから花が咲きます。

防風林として役立つ丈夫な木。夏から秋につける黄色い実はオオコウモリの大好物。
葉っぱを煮て海水の媒染で染めると、きれいな黄色に染まります。

月桃のつぼみもつぎつぎとふくらんできました。

なかはあざやかなテキーラサンライズ。
まぢかで見ると、ちょっとこわいくらいの妖しさです。。

野生植物 コメント:2 トラックバック:0

進化する絵

2009/04/24(Fri) 21:14
昨日のプリントアート、印刷直後から刻々と変わっていたのですが
朝起きたらさらにデフォルメが進んでいました…(T_T)

ますますイケてます!
daily2 コメント:0 トラックバック:0

偶然のアート

2009/04/23(Thu) 14:16
証明写真を自分で撮ってプリントしたら、何の拍子か出てきたのがこれ

口があんぐりあいてしまいました。。。
いちばん右のなんてまるまる肥えてるし、もーサイコー♪
more
daily2 コメント:2 トラックバック:0

ちひろのぬくもり

2009/04/23(Thu) 10:37
ちひろの絵は大好き、というわけではないけど、その水彩の美しさにはとってもひかれる。
ここまで来たらやっぱりはずせません、安曇野ちひろ美術館

まわりは広々した公園です。石のオブジェがシュール。

5/12までは「出版記念展 ちひろと一茶」
一茶の俳句とちひろの絵のコラボレーションは
小さないのちへの温かなまなざしが響き合い
なじみの句や絵が、また新鮮な表情を見せていました。

そして、紙に染みこんだ水彩絵の具のうつくしさといったら…
つるつるの印刷物や、ネットのディスプレイでは絶対に出てこない、
ざらざらした質感とぬくもり、ほんものの色と大きさ。
原画の日やけを防ぐために薄暗くされた展示室で
しあわせな時間を過ごすことができました。

渡り廊下には石造りの小さなおうち

小窓からのぞくと…だれかいます

ほら、こっちも

上から見ると…水盤に水が張ってあって、みなさん洗濯中でした(^o^)


もうひとつの企画展は「生誕100年 夢と記憶の画家 茂田井武展
戦後の絵雑誌で活躍したというこのひとの絵、
なんともいえない不思議な魅力にあふれていました。
この企画展にめぐりあえたのは、とっても幸運でした。

眺めのいいカフェでひとやすみしながら、昼過ぎから夕方までここで過ごしてしまいました。
桜の枝のあいだに見える建物は、黒姫から移築されたちひろの山荘。

中には入れませんが、ガラス窓越しに部屋の様子を見ることができます。
炊飯器が昭和ですね~

あかるい窓辺が仕事場。

公園を流れる小川のほとりには、つくしんぼ

チェコの絵本作家、パツォウスカーのデザインした池。
絵本のページに紛れ込んだような気持ちになります。

隣接する神社の境内で、満開の桜に追いつきました。


それにしても…
ちひろは55歳、茂田井武は48歳でこの世を去っているんですよね…。
一茶は享年65歳でしたが、妻と子をつぎつぎと亡くして火事にも遭い、なんという人生。
年譜で見るひとの一生って、あまりにもせつなくおそろしい。
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

池田の丘へ

2009/04/22(Wed) 13:35
宿の人とレンタカーオフィスの人、ふたりに口をそろえて勧められたのが池田町。
「北アルプスの眺めがすばらしく、おいしいと評判の手打ちそば屋さんがある」
と聞いて、車を走らせてみました。まずはおそば屋さん、安曇野 翁へ。
窓から山並みが一望です。

店のご主人は達磨グループ、高橋邦弘氏の一番弟子とか。
ちょっとひんやりしていたので、温かいおつゆでいただける鴨せいろを。
コシがあっておいしい~

池田町立美術館のまわりはひろびろした公園。
ハーブの里だけあって、植え込みにもローズマリー

この枝垂れ桜は満開でした。

菜の花の向こうに残雪の北アルプス…この時期に来てよかった~♪
'09松本・安曇野 コメント:2 トラックバック:0

麓の花たち

2009/04/22(Wed) 12:36
一泊目は市内から車で15分の浅間温泉、貴詳庵に。
目が覚めると今日もうれしいお天気です。温泉街から裏山の麓をぐるりと歩いてみました。
こぼれる雪柳や、道祖神もあちこちに。

ムスカリに水仙

ヒメコブシにモクレン

タンポポにヒメオドリコソウ

そして桃の花

いろいろなお花がいっぺんに咲ききそう北国の春
残雪まぶしい北アルプスの山並みがのぞめます。

右から燕、大天井、真ん中が美しいピラミッド型の常念岳、そして蝶ケ岳。
表銀座はだいぶ前に縦走しましたが、常念、蝶もいつか歩いてみたいなぁ…
'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

桜吹雪と春紅葉

2009/04/22(Wed) 10:16
春の女二人旅、今年は松本・安曇野へ行ってきました。
北ア登山の折々に来てはいたけれど、ゆっくり歩くのははじめてです。

今年の桜はやけに気が早くて、松本城ではすでに桜吹雪でした。

天守閣までは急な階段がいくつも。
お城の中は細い窓から差し込む光で陰影美しくとても落ち着きます。
そう、たくさんのひとでごったがえしていなければ。
GWはお城に入るのに4時間待ちとも聞きました。

矢狭間から見える景色がジオラマみたい。

春紅葉、デショウジョウがあざやかでした~




'09松本・安曇野 コメント:0 トラックバック:0

涼をもとめて

2009/04/12(Sun) 22:37
カラ岳でほてった体を冷やしに、せせらぎの滝へ。
でもジョン、なぜかこの滝つぼが怖くてしょうがないらしい。
めっちゃ腰がひけてます。これ以上奥にはぜったい行けませんw

このへんはひと雨あったみたいですね~。コヤブミョウガも濡れてます。

水草の川でもちょっとだけおよいでみる

少し湿っているところが好みなのか、ヌスビトハギもたくさん咲いています。

帰ってきたら、足もとに実がいくつもひっついていました~
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

テッポウユリ咲くと

2009/04/12(Sun) 21:54
ここに来たくなります…カラ岳。なだらかな二子山です。

山腹にはテッポウユリがいっぱい~

見事でしょ~

かわいいツルソバや

キキョウラン(といってもユリ科)もあちこちで咲いています。

日当たりのいいコルにはテリハノイバラ。大きな花をひとつずつ。

新空港の全貌が見えてきました。

もう後戻りはできませんね…

海に近いほうの山頂も、刈り払われて古タオルの旗が

ススキの根元にはナンバンギセルがたくさん咲いていました。

あんまり下からのぞきこむのもぶしつけかしら?

それにしても、あんまり暑くて降参です…テッポウユリ、つよいなぁ~


山歩き コメント:2 トラックバック:0

やっともずく

2009/04/11(Sat) 22:00
わーい晴れた! やっともずくとりにやってきました~。
干潮の時間にはちょっとはやいので、まだ誰も来てませんね。 
ひさしぶりに全身海の中…きもちいい~

水中で見たもずく…キューティクルがひらいてるって感じ

       今年もトロ箱3杯いただきました。ありがとう~        
        
浜歩き コメント:6 トラックバック:0

控えのPC7

2009/04/10(Fri) 22:11
今うちではたらいているPCは6台、うちひとつはノートで、普段はお休み中。
さらにもうひとり控え選手がほしいらしく、オークションで落とした部品がぞくぞく到着しています。

左上はハードディスクふたつ(3480円×2)、その下は電源+ケース(5980円)、
真ん中上はメモリ(1500円×2)、その下DVD(2880円)、その下CPU(1200円)
そして右がマザーボード(8500円)。プラスOSのXP(1000円)で、合計29520円。
これだけの部品を組み合わせれば、パソコンになって動くんですねえ?
今使っているメインPCとまったく同じ仕様にしたいので
CPUはわざと古い型をチョイスしているのだとか(よくわかりませんが)。

マザーボードが俯瞰した都市の模型みたいでうつくしい~。
来週わたしが留守にしているあいだに組み立てようと、わくわくしているジョーさんでした。
daily2 コメント:2 トラックバック:0

ウェブサイトはこちら

2009/04/09(Thu) 23:27
八重山フィールドノート

リンクページはリンク切れ多数かもしれません、ご容赦を。
八重山フィールドノート コメント:0 トラックバック:0

こちらでよろしく~

2009/04/09(Thu) 22:56

                       ここもいつまでもつかなあ~?

daily1 コメント:4 トラックバック:0

タコ足…

2009/04/09(Thu) 21:02

DSCF8974.jpg 
また大潮がめぐってきて、太陽も顔を出してきました。
でも今日は北風がつよーい。
DSCF8976.jpg 
あっほらいるぞ、と今日はジョーさんがタコみっけ。
DSCF8979.jpg 
この写真の直後、足の一本をぶっちぎって逃げました451
私の手に一本の足をひっつけたまま。
といっても早くおよげるわけもなく、
およいだ方向が岸だったので浜辺に座礁…
よく見たら、足が五本くらいしかなかったし
残っている足も短かったり。
この子、こないだ私がみつけたのと同じ子かもしれませんね?
隠れる穴をみつけられず、さまよっているあいだに
鳥につつかれたりしては足をぶっちぎり
おなかがすいては自分の足を食べ、
今日もまた上げ潮に逆らえず
浜辺に吹き寄せられているのかも。。
それでもなんとか流木にとりつき、同化してました。
早く切った足を再生してね~

DSCF8985.jpg 
今日のお月さま。東京では桜吹雪の月夜かな

浜歩き コメント:3 トラックバック:0

おたま

2009/04/08(Wed) 22:32

DSCF8969.jpg 
若い稲の影がきれいでカメラを向けたら
水の中にはおたまじゃくしがわんさか。
日がのびてきて、七時になってもまだ明るいです。

田園 コメント:0 トラックバック:0

うりずんイエロー

2009/04/07(Tue) 22:31

見上げると首がいたくなるような高いところに
しばらく前から咲いているのは
DSCF8890.jpg 
相思樹の黄色い花
DSCF8894.jpg 
小さなポンポンフラワーです
DSCF8922.jpg 
つぼみもギンネムとそっくり
同じマメ科ですね
DSCF8957.jpg 
あしもとにも黄色いマメ科の花
シナガワハギも今が見頃です。
それにしてもこのごろ天気はぐずつきもよう。
うりずんのさわやかな晴れ間が待ち遠しい~


野生植物 コメント:0 トラックバック:0

幻想十八番街

2009/04/06(Mon) 23:41

ちょっとディープなこの界隈。
18bangai.jpg 
ネオンの色もたまりません♪
DSCF8882.jpg 
くらやみにぽっかり開いたあやしい入口
別世界へ迷い込んでしまいそうですw


コメント:0 トラックバック:0

あなご尽くし

2009/04/05(Sun) 22:16

あなごを出すお店ができてるよ~と聞きつけて行ってみました。
十八番街のみやび
miyabi3.jpg  
わさびと海苔でいただく炙り焼きに天ぷら、
焼きあなごの押し寿司に煮あなごの棒寿司
よろこんで食べすぎです(^^;)
押し寿司と棒寿司のちがいをくらべてみたくって。
1年分のあなごをいただいた気分ですが…
お茶漬けもたべたかったな(ちょっと未練)

コメント:0 トラックバック:0

浮き草

2009/04/04(Sat) 22:55

DSCF8831.jpg 
いちめん水草にうめつくされた、たんぼの水路
DSCF8821.jpg 
見るだけならきれいなんですけれども
ここはけっこうヘドリーなにおいが。
よどんでいるのかな。。

田園 コメント:0 トラックバック:0

目がおよいでます

2009/04/03(Fri) 22:44

DSCF8811_editedup.jpg 
ズグロミゾゴイのちびさん
あいかわらずおもしろい顔をしてますね~
わざと目をそらしてあらぬほうを見たり、
首を伸ばしてこっちの様子をうかがう顔もおかしい(^o^)

野鳥 コメント:2 トラックバック:0

洋上ホテル

2009/04/02(Thu) 07:27

DSCF8806.jpg
金色に浮かび上がった「飛鳥Ⅱ」
13泊14日の南西諸島、台湾クルーズだとか。
朝6時、真っ暗な港をしずかに出ていきました。
今日は西表の祖内沖に錨泊して、西表観光ですって(八重山毎日新聞より)

とおもったらすぐ、入れ替わりにべつのクルーズ船が。
あしたは米軍艦くるのかな

 
daily1 コメント:4 トラックバック:0

こまったちゃん

2009/04/01(Wed) 22:56

DSCF8770.jpg 
タカナタマメのピンクの花があちこちでほころびはじめました。
以前ひろってきたマメ(2008/10/09)もたぶんこれ。
DSCF8807.jpg 
こんなんなってこまってます(^^;)
花が咲くまでは…とがまんしてますが
どこまでのびるの、そのつるは!

野生植物 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード