なうひあdiary

2009 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

トゲトゲくん

2009/07/31(Fri) 21:39
ずいぶん堂々と歩いてますね~。

黒い体にオレンジ色のトゲトゲがきれい~。

幼虫図鑑で見ると、メスグロヒョウモンの幼虫にそっくりだけど…
屋久島以南には分布しないと書いてある。きみはだれ~?
昆虫 コメント:0 トラックバック:0

砂の道

2009/07/29(Wed) 22:28

高気圧におおわれて夏らしい天気! 今日はグリーンカレーだな♪
浜歩き コメント:0 トラックバック:0

下を向いて歩こう

2009/07/26(Sun) 22:05
今日は拾いものに縁のある日。美しい羽毛もあちこちに…。
まずはこれ、ちょっと荒れちゃってるけどかわいい水玉。

おっとこの色は…こまったちゃんのクジャクですね?

ほら、これも。

光沢のあるグリーンとブルーがきれいだけれど…

同じところに落ちていた3枚。

この長いのは、クジャク雌の尾羽かしら? 
ここにはあと数枚羽毛が落ちていたので、何か事件があったようす…?
森歩き コメント:0 トラックバック:0

風の贈り物

2009/07/26(Sun) 21:45
エルニーニョの影響でしょうか、8月も間近というのに内地には梅雨前線…。
石垣も高気圧のへりで、南風ぴゅーぴゅー。とても海に行くような雰囲気ではないので森歩き。
と、足下に黄色い実が落ちていました。よく見るとあっちにもこっちにも!

野生のパッションフルーツです。強風で、ぼんぼん木から落ちた模様。これはラッキー♪
鳥がつついて穴の開いた実を割ってみると…甘酸っぱい香りの黄色いゼリーがいっぱい。

上を見上げるとまだまだ青い実が鈴なりでした。また風の吹いた日にこなくっちゃ。

拾い集めただけでかごに山盛りです。風さんありがとう~。
森歩き コメント:4 トラックバック:0

紅手鞠

2009/07/23(Thu) 21:45
強い日差しにひけをとらない情熱的な赤。暑くてサイコー!と思わせてくれる赤。
サンダンカは真夏がいちばん輝いて見えます。
これはサンダンカの仲間の園芸種、ベニテマリですね。
つんつん蕾。いかにも気がつよそうじゃありませんか?
daily2 コメント:0 トラックバック:0

ホワイトジェリービーンズ♪

2009/07/22(Wed) 21:12
悲喜こもごもの空模様だった日食ですが、石垣は予報通りの晴れ。
わたしも朝からうちにあるもので、即席ピンホールを作ってみました。

底に小さな穴を空けた空き缶+キッチンペーパーの芯+賞状の筒+トレーシングペーパー+わら半紙を
ガムテープでドッキング。
まずはテストです。あっ見える見える!

欠けはじめました~
ちなみにピンホールなので、肉眼では反転して見えています。

食の最大。三日月です~

さらにアップにしてみたら、輪郭がぼやけて白いジェリービーンズになりました♪

テレビでは息をのむような映像が流れていましたね。
磁力線の筋がくっきり見えるコロナと紅いプロミネンス。
太陽の400分の1の大きさの月が、ちょうど太陽から400倍離れたところを廻っている奇跡。
daily2 コメント:3 トラックバック:0

エビ釣り

2009/07/19(Sun) 23:32
「エビ釣り行きませんか~?」とポンタさんからうれしいお誘いが。
仕掛けから餌から、すべて用意してもらっての大名釣りです。
涼しい渓流で石の下に餌を投げ込むと…
けっこうすぐに食いついてきます。飲み込むまでほんのちょっと待ちひっぱると…
釣れましたぁ! はさみの長いテナガエビ。

って、よく見るとはさみは短くて、長いのははさみのついている腕ですね(^^;)

最初は餌を食わせてから糸をひっぱる間合いがつかめず、このはさみで何度も糸をチョン切られてしまいました。
場所を移動して、エビの姿が見えるところでトライ。よく見るとあっちにもこっちにも…。

はさみで餌を引き寄せ、ごっくんと飲み込むのが見えればこっちのものです。
間合いをつかめてからは、大きな石の下の見えないエビも釣れだしました。楽しい~♪

大きいのは天ぷらに、小さめのはそのまま素揚げに。皮がやわらかくてめっちゃ美味。
ポンタさん、何から何までありがとうございました~
森歩き コメント:6 トラックバック:0

やっぱりハブクラゲ

2009/07/19(Sun) 21:48
今日も南風強し。でも北側なら、とヤマバレへ。
海に向かっていちばん左はよどみやすく、ハブクラゲがたまりやすい場所なので要注意です。

と思いつつ懲りずに左から入ると…いました! 
もう、フィンはいて顔つけた直後。1mもはなれていません。
しばらく行くと、またいました!

もうエントリー&エグジットは絶対、潮通しのいい右側からしなくては。
でもでも相変わらず珊瑚は元気だし、魚影も濃い~。シマハギわんさか。

鮮やかなグリーンのテーブルサンゴを見るとほっとします

ダークグリーンのエダサンゴもきれいだな

青紫もうつくしい

リーフエッジは濃いブルーにミジュンの大群。

小型潜水艦の艦隊は、アオリイカの赤ちゃんたち。

ジョーさんが大きなタカラガイをみつけました。写真だけ撮らせてもらって、また岩の下へ…

ハマクマノミのいるイソギンチャクふたつ、どちらも元気でよかった~


スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

渓流の姫

2009/07/18(Sat) 21:14
週末のたびに荒れがちなお天気。台風は台湾の西へと進んだけれど、風が強い~
美しい珊瑚の海とともに、深い森と渓流もあるってほんとにしあわせだ…

水際にはヒメタムラソウ(シソ科)の小さな白い花。風に揺れて涼しげです。
花にピントを合わせると葉っぱがぼけぼけ。

葉はすべて根っこから生える根生葉で、分類上は「頭大二回羽状複生」というらしい。
水流の抵抗を小さくするために、切れ込みを多くしているのだとか。
なんだかおいしそうですよね。食べられないのかなぁ…
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

Red Rock Beach

2009/07/13(Mon) 20:06
久しぶりに糸数商店に寄ってみたら、相変わらず元気なサダおばー、
「また海行ってきたか?」
年に何回かしか行かないんだけど、ちゃーんと覚えていてくれるんだよねえ。
「明石のアオサンゴ見てきたよー」というと

「あのへんはバリ石もあるよ。私らバリ石バリ石って言ってたげど、大きなハマサンゴだって。
ふたつにぱかーっと割れてるさ。
世界的にも貴重なくらい古くて、こないだ研究者が来て言ってたよ。

それからね、明石のこっち(西側の浜)は赤い石があるよ。
だから、あかいしって地名がついたんだよ。知らなかった? 見にいってごらん」

そんなわけで赤い石を見に浜へ。ほんとだ、赤い赤い。流出した赤土じゃなく、もともとの赤砂。

Red Rock Beachだー。

オレンジ色~濃いところは紅色。


イソマツもみずみずしい緑。つぼみが開きかけています。

波しぶきのかかる岩の裂け目がお気に入りなんですよね~


ちなみにサダおばー、とうとう海は引退したらしい。
「去年まではスノーケルつけてスヌイ(もずく)を取ってたけどね。もう海は入らん」
おばーの去年って、たぶん79歳。80歳のけじめなのかな。





浜歩き コメント:2 トラックバック:0

アンプが~(>_<)

2009/07/12(Sun) 23:14
去年と一昨年はちょうどこの時期石垣にいなかったので、二年ぶりのオリオンビアフェスト。

いつから「絶対に立たないでください」仕様になったんだろ~。

ビギンのときもディアマンテスのときも、カチンバ1551のときも、ほとんど総立ちで踊りまくっていたのになぁ。

内田勘太郎withジョニー宜野湾ではなくて、ジョニー宜野湾with内田勘太郎、な構成だったけど
ジョニー宜野湾バンドもいいじゃん♪ やっぱ4~5曲じゃあ物足りない~。
いちおう動画も撮ってみた。画像ボケボケだし音もよくないけど、雰囲気くらいは伝わるかも。
オリオンビールCMの曲。


近くを通る熱低の影響で、ときどきザーッと横なぐりの雨。
アンコールはアンプ不調のためこの曲でした。

♪上を向いて歩こう
涙がこぼれたっていいじゃないか
泣きながら歩く
ひとりぼっちじゃない夜♪

でも勘ちゃんは8/20、また石垣に来るんだって♪ こんどこそじっくりギターが聴けそう~
daily2 コメント:2 トラックバック:0

復活への道

2009/07/11(Sat) 23:05
野底崎の西側のサンゴがきれいですよ~」と聞いたのはずいぶん前。
なぜか行きそびれていたのですが、ふと思い出して行ってみました。
ビーチから泳いで岬をぐるりと巻いてみたけれど…ああ、累々たる白化の残骸。
そういえば、話を聞いたのは2007年より前でした(>_<)
航空写真で見て、色の薄いところ…浅い珊瑚礁は、灰色の世界でした。
大きなテーブルサンゴの廃墟が立ちつくしています。。

それでも、大きなハマサンゴや

やわやわサンゴのいちめんお花畑や

おちびなエダサンゴたちが育っています。左下の丸いのはマルクサビライシですよね

ベビービンクの子、

うすむらさきのキミ、みんな大きくなるんだよ~

イソギンチャクとハマクマノミも生きてるよ

ハナミノカサゴのおちびは、ガレガレの平原をひとりでさまよってるし
こんな小さくても、毒を持っているので近寄っても逃げません。余裕のお散歩~

けっこう大きなウツボくんもあっちやこっちにひそんでいるのだ。

岩の下の隙間には…大きなエビもいたー!
体長30cmくらい。長いヒゲでカメラをつんつんしてきたりして…大胆ですねえ(^o^)
この直後、やっと私の顔が見えたのかしらん、ぐーっと引っ込んでしまいました。

白化から二年目の夏。みんな生きてるね。

スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

明石のアオサンゴ♪

2009/07/11(Sat) 22:28
こーらるさんに教えていただいた、明石のアオサンゴ群落に行ってきました~。
海岸林を抜ける道をみつけ、ビーチのはずれに来てみれば、そこはパラワールドの建物の真下。
パラワールドの敷地からなら、最短距離でおりられる快適な道がありました。

満潮2時間後くらいでしたが、ほんとに入ってすぐ。
直径30cm~1mくらいのアオサンゴが、砂地に点在しています。

小魚たちのオアシスになっていますね~

スカテンかしら? ぐっちゃりです

スズメダイたちもお気に入り

それぞれに個性的な形も楽しい

ひらひらケヤリムシ

今日見たなかでいちばん大きかったのがこれ。高さ2m、幅は4mくらい

白保はこんなのが巨大迷路状になっていますよね。

傷ついた先端に、かすかに青色が見えます。

ここのアオサンゴは規模こそ小さいけれど、ビーチからすぐなのがうれしい。
玉取崎の沖にも点在していたので、東海岸にはけっこうあるのかも。
これからもすこやかに成長していってほしいですね。
こーらるさん、ありがとうございました~

スノーケリング コメント:2 トラックバック:0

レモンシャーベット

2009/07/08(Wed) 23:01
みたいな夕暮れの雲。

ぶらぶら歩きで、メキシカンを食べにいこう~
daily2 コメント:0 トラックバック:0

みどりの幻燈

2009/07/07(Tue) 22:47
強い日差しがうつしだす、緑の光と影。
木陰の濃さに、みどりの幻燈がまぶしくて。

森歩き コメント:0 トラックバック:0

蝉しぐれに包まれて

2009/07/06(Mon) 21:55
涼しさはほんのいっとき。かんかん照りが戻ってきました。
そこらじゅうに蝉の鳴き声があふれています。
街路樹の低~いところにも

隣の木にはツインで

そのまた隣の木には6匹~

大きなクマゼミ。おなかの白帯がめだってますね。
こんなにカメラを近づけても、危機感なしののんびりやさんたちです。
子どもでも手の届く高さだし、虫取り網が来たら一網打尽なはず~。
逆光に透ける抜け殻の、べっ甲色もうつくしい~。


昆虫 コメント:0 トラックバック:0

ぴぱーつ

2009/07/05(Sun) 09:30
梅雨の戻りの雨上がり、街角の石垣からつーんと香辛料の香りが…

ピパーツことヒハツモドキの実が熟れはじめていました。
オレンジ色に色づくまでのモザイク模様がきれい~。
あっちでもこっちでも、食欲をそそるスパイシーな芳香。
八重山そばが食べたくなっちゃいました。
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

仲良し

2009/07/04(Sat) 10:03
田んぼにいた仲良しさん。リュウキュウヨシゴイのペアかな

赤茶色いのが雄、黒っぽいしましまが雌。
首を伸ばしてじっとしている姿がおかしーww
野鳥 コメント:0 トラックバック:0

ここにも白い花

2009/07/02(Thu) 09:19
御嶽にそびえる古木の、見上げるような梢に白い花。

テリハボクですね。別名ヤラボ。黄色いおしべが線香花火の火花みたい。

マンゴスチンもこのテリハボクの仲間なんだそうですが、
あんなふうなおいしい実はならないのかな~
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

バナバ

2009/07/01(Wed) 14:07
夏のピンクのちぢれ花といえばサルスベリ。なんか似てる? と思ったらやっぱりサルスベリ属でした。大花百日紅。フィリピンのタガログ語ではバナバ。葉っぱは健康茶として、ひそかに人気らしい。てっぺんめざして咲いてます。

なんとか下のほうのをみつけたら…先客がいました。
人間なんかかまってられないよー、といわんばかりに夢中です。

コメント:5 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード