FC2ブログ

なうひあdiary

2010 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

手作り酵素生活 その2

2010/05/02(Sun) 17:10
10日後の様子はこんな感じ。だいぶ底に液がたまってきています。

なんだかんだでばたばたしてしまい、発酵液を漉し始めたのは仕込みから2週間後。

さらしの袋に入れ、ざるに乗せて一晩。自然と落ちるのにまかせるだけ。
それをさらに茶こしで漉して、瓶に詰める。





















発酵しているのでしゅわしゅわの炭酸状態♪
瓶に詰めてもまだ発酵は続いているので、ふたはゆるめておく。
3kgの野草に3.6kgのグラニュー糖で約3lの発酵液がとれました。

さて、気になる香りと味は…
ベースは薬草茶の香り、でもマツを入れたせいか針葉樹系のさわやかな香りで、
けっこうクセの強い蜂蜜、という感じの甘いシロップ。
このなかに天然の発酵菌と自然の酵母、そして自分の皮膚に住んでいる常在菌が生きています。

毎日おちょこ一杯、そのまま飲んでもいいのですが、私は毎朝作る野菜ジュースにプラス。
ジュースもイキイキ酵素くん でしぼっているので、ダブル酵素なジュースでしょ?
加熱するのはよくないので、お茶など熱い飲み物には入れません。

息吹いたばかりの野草の新芽って、見るからにすごい生命エネルギーを発していますよね。

採取したときのそれぞれ姿ってけっこう目に焼き付いていて(↑はクワ)これを飲むたびにその姿が思い出されたり。
ホントにありがとう~、という気持ちになります。
'10富山 コメント:0 トラックバック:0

手作り酵素生活 その1

2010/05/02(Sun) 16:26
4月8日、お釈迦さまの生まれた日は、八重山循環型環境連絡会主催の手作り酵素講習会に行ってきた。

あちこちで息吹いている野草を自分の常在菌も利用して発酵させる手作り酵素。
それを飲むと腸内細菌がうーんと増えて元気になるという。楽しみ~♪

当日集まったのは30名ほど。まずは4~5名のグループに分かれて野草を採取。
原野、海岸、森で息吹いている新芽を思い思いにとる。
毒のあるクワズイモとキョウチクトウは避けるけど、それ以外は何でもオッケー。
できる限り多様な種類を入れるのが理想的で、作りやすい量として3kg、
45lのビニール袋にいっぱいの新芽を集めた。

それを川の水で洗い(塩素入りの水道水より、自然の水)

ヒカゲヘゴやマツも入れてみた。

小さく刻む。

これをポリバケツに入れ、1.2倍のグラニュー糖を投入し、まんべんなくかき混ぜる。

ふたをして一日一回、素手でかきまぜること1週間から10日。
家族で飲む場合は全員が交代でかきまぜ、自分の常在菌を加える。

私のいない間は、ジョーさんがかきまぜておりました。
さて、我が家の酵素、どんな具合になってるかしら~
発酵 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード