なうひあdiary

2011 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

5月を前に

2011/04/29(Fri) 21:25

ハナショウブとオウギバショウ
南国ならではのマッチング?

みずみずしさに洗われる~
森歩き コメント:0 トラックバック:0

刈った~

2011/04/29(Fri) 11:41
冬の間は髪を伸ばしていたジョーさん
てか、単に床屋に行くのがめんどうだっただけ
私も見慣れないロン毛を眺めては楽しんでいたのだが…
さすがに暑くなってきて、うっとうしくなったらしい
家で刈ってくれと再三頼まれ…パリカンお取り寄せ
いつもの床屋スタイルは、ヨコと後ろ3mmで、頭頂部と前は10mm
自然なつなぎめにするにはどうすればいいのか、いまいちイメージがわかなかったけど、
You Tubeにアップされている動画を見たらわかった
頭のかたちに合わせればいいんだ
動画の情報量ってすごいなぁ…

届いたバリカンで初散髪

ぷっww 襟足から後ろだけ刈り上げたところ
daily1 コメント:4 トラックバック:0

発酵液アラカルト

2011/04/28(Thu) 16:33
手作り野草酵素、フーチバーやアップルミントの酵母エキスなど、
日替わりであれこれブレンドして飲むのが楽しい

イキイキ酵素くんで絞った野菜果物ジュースに混ぜるのが、朝の定番
豆乳に混ぜるのもグッド♪ 
かるくとろみもついて、ラッシーみたいな感じ。豆乳もすごく飲みやすくなる!

泡が消えて発泡力が弱まったフーチバーエキスで、お豆のマリネ

畑の新たまねぎとセロリ、にんにく。豆は秋田の母のところで採れたもの
エクストラバージンオリーブオイルとフーチバーエキスをどばどば、りんご酢を適当に加えて
クミン、キャラウェイ、コリアンダー、カルダモン、ブラックペッパー、塩
フーチバーエキスのおかげか、まろやかな味~

そして今トライしているのがこれ…米のとぎ汁乳酸菌液@飯山一郎さんのブログより

濃いめに作った米のとぎ汁をペットボトルに口切りに入れて、暖かいところにおいておくだけ
うちはふだん玄米なので、ほとんどとぎ汁は出ないのだけど、
週末だけは精米して白米もいただくのでやってみた
ここ数日暑いくらいだったせいか、3日くらいでもう、ぬか漬けのような酸っぱい匂い♪
発酵してる~
このままではちょっと、ぬか漬け風味で飲みづらいけれど
水で薄めて、香りのいいフーチバー酵母エキスや野草酵素を加え、
黒糖やはちみつで甘みをつければオッケー。
ぬか漬け風味は消えて、おいしい乳酸菌飲料になった
飯山一郎さんのツイッターでは、りんごジュースとブレンドして飲んでるひともいたし
あれこれ試しておいしくなるようにすればいいのよね

ちなみに一日ボウルで放置しておいたとぎ汁で作ったら、大失敗
腐敗して、おぞましい臭いになりました… きょえー(>_<)
といだばかりのとぎ汁をすぐに密封すれば大丈夫!

発酵 コメント:0 トラックバック:0

台農5号

2011/04/27(Wed) 14:40
沖縄で栽培されているパパイヤの2割が、遺伝子組み換え作物であることがわかった
2005年から2009年までに、台湾から種子が輸入された台農5号
堂々とこっそり、遺伝子組み換え植物がもぐりこんでいる
今回のように、検査でわかるのは数年後…
その間に、どれだけのものを食べてしまっているのだろう

この件に関するニュースと農林水産省のリリースは、ブログ「困った猫りゃ」さんにわかりやすくまとめられていた
自分で育てた無農薬の野菜だって、もともとの種が遺伝子組み換えだったりしたらたまらない

そして今売られているほとんどの種は、一代限りのF1種
お店で買ったカボチャのワタを生ゴミととして畑に入れると、
みんな旺盛に芽は出すけれど、ほとんど育たないし実をつけない
大手種苗メーカーさんは、毎年コンスタントに種苗を売って利益を得る

土地に合った固定種の野菜や果物をつくる
自然農法の安心な種を手に入れて、自家採種する
畑に合ったもの、強いものは自然淘汰で残っていくだろう
そんな野菜は、病気にも害虫にも強いはず


去年、バルセロナで種を買ってきたトマト…こぼれ種から芽が出て育つかな~?



コメント:0 トラックバック:0

刺された(^^;)

2011/04/20(Wed) 11:32
生まれて初めて蜂に刺された
内検のときはさすがに気をつけているのだけど、
継箱に巣礎枠を1枚足しておこう、という簡単な作業だったので
古参の蜂たちが帰宅している夕方に燻煙もせず、かるい気持ちで油断していた
中指の第2関節の上を、軍手の上からプスリ
すぐにポイズンリムーバーで吸引(単なる空気でのカッピング)したら
痛みはすぐに治まってきて、歯の治療のときの麻酔をかけたような感じになり
ちょっとぷんぷくりんになった腫れも10分程度である程度はひいてきた。
ちびエーグァーに刺されたときは30分くらいじんじん痛かったから、比べものにならないくらい楽だった。
針が皮膚ではなく軍手の上に残ったので、毒も少ししか注入されなかったのかもしれない。
ちょっとずつ刺されていけば、そのうちに免疫がついて刺されても反応が出なくなってくるらしい。

ともかく動悸も息切れもしなかったので、万一…と怖れていた蜂アレルギーではなかったみたい、よかった!
軍手よりもゴム手袋、とは聞くけれど、ゴム手袋は余った指先が巣箱と枠の間にはさまってしまい、
ぜんぜん使えない…
私の指のサイズにぴったりで、指先が余らない手袋があればいいのだけれど…
革手袋も同様の悩みなのだ…(>_<)

ローズゼラニウムの花…花びらの模様とめしべの先がかわいい♪
bee コメント:4 トラックバック:0

仁とクレア

2011/04/18(Mon) 13:53
テレビドラマ『JIN-仁-』完結編。タイムトラベルものには目がないのでまた観てるけど…
前回一連の話を観て、??? 
というのも、医者のタイムトラベルといえば、ダイアナ・ガバルドンのアウトランダー・シリーズ(1991~)があり、
「現代から過去にタイムスリップした医者が青カビからペニシリンをつくる」というエピソードは
そちらで先に読んでいたから。
『JIN-仁-』の原作漫画初出は2000年なのね。
まあそれはともかく、アウトランダー・シリーズの読み応えときたら、骨太ちゅうの骨太!
最初のうちはセクシーなロマンス描写が多すぎる気がするけど、
それをおぎなってあまりある、魅力満載の歴史冒険小説巨編
第1部は 『時の旅人クレア

加藤洋子さんの訳はとても好きだけど、途中から読むのが追いついてしまって
訳出を待ちきれず、原書で読んでいる。現在第7部 AN ECHO IN THE BONE

必要があって読むべき本も他にたくさんあるので、この本を開くのは毎晩寝床に入るとき
眠すぎて1ページしか読めない日もあり、少しずつ味わってきたけれど、ついに終盤。
そろそろ一気に読まないではいられないモードに突入しそうデス…
しとしと雨に降り込められて一日じゅう読みふけりたい!
コメント:1 トラックバック:0

いつもの半分(>_<)

2011/04/18(Mon) 11:01
毎年この時期は、スノーケリングでもずく採り
今年はさむいので一週間ほど遅らせてみたけれど…

いつもの半分しか採れなかった
生えているのが少ないし、株も小さい
そしてまだいつもより水も冷たくて、長く海に入っていられない
年々からだも軟弱になっているのかな~? さむいぉー

でもでも、夕方のニュースでは沖縄の養殖もずくも、
寒さと日照不足で例年の半分しか収穫がないというのを聞いた
そのかわり5月半ばまでは採れるだろう、とのこと。
やっぱり今年はどこもそうなのね…

で、もずくは少なかったけど、ホシダカラをみつけた♪
浜歩き コメント:0 トラックバック:0

フーチバー酵母

2011/04/17(Sun) 18:52
ぐんぐん萌えてマス…フーチバーことニシヨモギ

酵母を起こしても、とっても元気

定番の天然酵母パンと天然炭酸ソーダ
酵母は糖分をえさにして炭酸ガスとアルコールを発生する
お酒にヨワイジョーさんてば、このソーダで顔が赤くなることも(笑)
パンのレシピは、『旬の酵母でつくるパンBook』の、粉10:水5:酵母1:塩0.1で

酵母のタネとなる無農薬の野菜や果物、野草が手に入りにくかったら
家でつくる“飲むEM”もいいかも?
役立つ有用微生物群EMの活用法 で紹介されていた EM-1を飲む を参考に作ってみた

はちみつ味でイケる~ 酵母ソーダとブレンドして飲んだりしています
発酵 コメント:6 トラックバック:0

畑の花たち

2011/04/17(Sun) 18:18
とうが立つと堅くなるってわかってはいるけれど…かわいらしい花が見たくって
白地にグリーンのストライプがさわやか~たまねぎの花

間伐したゲットウの葉や春菊の花と投げ入れに

そしてTさん畑の島にんじんの花

採種するために咲かせているのだそう…見事なフラクタルらせんだぁ!

ねっ。この中にフィボナッチ数列も隠れているんだハズ~
(参照:研究室/フィボナッチ数と植物)

コメント:2 トラックバック:0

リュウキュウ? アリマ?

2011/04/17(Sun) 17:49
手作り酵素のための野草を洗い終わって、イソヒヨさん差し入れのゆげおかしやマドレーヌで一息ついていたら…
この紫に黄色い丸が目に飛び込んできた

補色の効果を知ってるのかな~ 花弁ではなく萼

ドラマチックな色彩でコバエをおびき寄せ、ふくらんだ部分に閉じ込めて受粉してもらうらしい
沖縄植物図鑑を読むと、
リュウキュウウマノスズクサなのか、アリマウマノスズクサなのか、同定できまセン…
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

八百万酵素

2011/04/14(Thu) 22:55
春の手作り酵素、今年はイソヒヨさんとふたりでのんびり野草を摘みにいった

海岸で…ハマゴウ、モンパ、ミルスベリヒユ、ギシギシ、クサトベラ、、イボタクサギ、アオガンピ、シロバナミヤコグサ、ミツバノコマツナギ、ハマボッス、コマツヨイグサ、ジシバリetc.
原野で…ゲットウ、ゲッキツ、サルトリイバラ、テリハノブドウ、グアバ、アカメガシワ、ムラサキシキブ、センダングサ、オオバコ、アカボシタツナミソウ、カタバミ、コナミキ、マメグンバイナズナ、アキノノゲシ、テリミノイヌホウズキ、コミカンソウ、ヤマグワetc.
山裾で…ヒカゲヘゴ、コシダ、リュウキュウマツ、カニクサ、オオタニワタリ、ハクサンボクetc.
そのほか名前のわからない野草や木やつるの新芽…で、35種類以上はいけたはず

蜂のように植物から植物へとめぐって新芽を摘んでいると、どんどんナチュラルハイになっていく
植物の息吹きからあふれる生命力のせいかなぁ…ほんとに不思議で気持ちいい。

於茂登岳の滝つぼの水で洗って持ち帰り、時間のかかる刻みはフープロにしちゃいました(^^;)
重さを量り、1.2倍のグラニュー糖をまぶして

今日で一週間、毎日手でまぜて順調に発酵しています~いい香り!
フープロ利用で細かく刻めたため、エキスも去年より多く出ているような気が?


作り方とこの後は…去年の記事へドーゾ
手作り酵素生活その1
手作り酵素生活その2

発酵 コメント:0 トラックバック:0

ムーミンママの海草畑 その2

2011/04/14(Thu) 11:14
新しく広げた畑…ユンボで天地返ししてもらったところ

石ころいっぱい、ミミズや小さな虫たち皆無、有機質ほとんどないかも?

牛糞堆肥などの有機肥料に対しても疑問を呈する説がある。
もちろん、無農薬、無肥料で、自然に育つ野草のように野菜ができれば理想的。
2年前畑を始めたときに、この土と似たようなところで何も肥料を入れないで植えてみた。
みごとに育たなかった! 
レタスでさえ種をまいて芽は出るが、5cmくらい伸びてからぴたりと成長がとまってしまう。
なんとか伸びてきたのは、木藍と棉とレモングラスだけ。
その土に適した植物が育つ、それが自然なのだ。
森の土は、落ち葉が堆積して発酵し、虫たちの死骸も分解されて有機質たっぷりの腐葉土になっている。
海に近い原野に近い土で、「野草」ではなく「野菜」を作るには、やっぱりそれなりの養分が必要なのだと実感した。
自然農の福岡正信だって、かなりの乾燥鶏糞を入れている。
本棚の『[自然農法]わら一本の革命』を読み返してみると…、田んぼにアールあたり20~40kg入れると書いてある。それで納得した。

で、この畑。まずは隣にたっぷり積んであった牛糞堆肥をまいて、

その上にアオサを入れて、EM活性液をまいた。油かすも散らそうかな。

この状態で1ヶ月くらい寝かせてから、ところどころアオサをよけて腐葉土を足し、植え付けてみるつもり。
腐葉土は山道のどぶにたまっているのをさらってくる。
ちなみにEMを培養する5リットルのペットボトルも、海からの寄りもの
海岸に流れ着いているのを拾ってきて使ってマス(^^;)

いろいろ植えてある畑には、アオサをマルチング

生えてきた雑草は抜かないで、刈って緑肥にする。根っこはアオサマルチの下で腐って養分になる…ハズ?
コメント:4 トラックバック:0

ムーミンママの海草畑 その1

2011/04/14(Thu) 09:34

Copyright (C)1965 by The Estate of Tove Jansson

小さな島に移り住んだムーミン一家。庭を作りたくて土を探しに行ったムーミンママは、
海岸線に沿ったはんのきの下に、肥えた土の黒いベルトをみつける。

「土は海岸にあるのですよ。島の真ん中にはちっともないの。」
というママに、ムーミンパパがいうのは
「……おまえがみつけたのは、波にうちあげられた海草なんだよ。ある時間がたつと、それが土になるんだ。
ほんとうの土にさ。それをおまえ、知らなかったのかい。」
(『ムーミン童話全集7 ムーミンパパ海へ行く』講談社刊より)

「アオサを肥料に」という話を聞いたとき、まっさきに思い浮かんだのはムーミンママのこと。
でも塩害は大丈夫なのか、畑に入れるまでにある程度おいたりしなくてはいけないのか、
それとも直接入れていいのか、今ひとつわからなかったのだけど…
すばらしい畑を作っているたふくさんが去年からアオサを入れ、とても元気よく育っているという。
しかも、ただ畑にそのままおいておけばいい、というのだ。
「野菜に直接塩水がかかるわけじゃないし、雨で塩がどんどん地面に浸透していけばミネラル分になって、
酸性の土壌も中和してくれるし、土がふかふかになってミミズもたくさん出てくるわよ」

もともと海草は昔から各地で肥料として使われていた~海草を肥料にする話
確かに海のそばにいるなら、これを使わない手はないはず~
ということで、アオサが大量発生する大浜へGo!

ここでは山崎雅毅さんという方がこつこつとアオサを回収し、数箇所にまとめてくれている。
川から流れ出す化学肥料の影響で湾が栄養過多になり、そのせいでアオサがどんどんふえる。
ふえすぎたアオサがヘドロ化してカニや魚に悪影響を及ぼさないように…ということなのだけど
ほんとうに頭がさがります。。感謝。

浜にはうちあげられたばかりのアオサ

食べておいしいヒトエグサのアーサではなくて、穴のあいているアナアオサ

ぞくぞくと押し寄せてきています

回収してまとめてあるところには、ポリ袋の旗が立てられ

積んであるアオサをめくってみると…ミミズがいっぱい!

波打ち際のアオサに、ハンバーガービーンズもいたよ♪

軽トラの荷台に山盛り積んでは畑に入れて…、を今日で3日目。
ついでに浜に生えている食べられる野草も摘もう。ツルナに

ギシギシの新芽

コマツヨイグサ…新芽を少しだけ

一仕事した後は…浜辺でかるい朝ごはん。
トマト、玉ねぎ、ピーマン、チーズ、パセリのコーンミールマフィンをぱくついていたら…

EMで無農薬・無化学肥料のお米を作っていらっしゃるたもりさんや
昨日もここでお会いしたUさんもみえた
たもりさんはお米の食味を増すために、肥料にアオサを混ぜているという
「昔から名蔵湾沿いのお米がおいしいといわれていて、それは潮風のミネラルのためと思われるから」なのだそう。
畑に入れるアオサも、3年目からは入れすぎに注意したほうがいいらしい
そこから “リービッヒの最小律~ドベネックの桶” についても教えていただいた。
植物の成長速度や収量は、必要とされる栄養素のうち、与えられた量のもっとも少ないものにのみ影響される、
という説。
ほどほどのバランス。いろいろやってみてみつけていくしかないのよね…

コメント:0 トラックバック:0

魚釣りな週末

2011/04/13(Wed) 16:32
土曜日も日曜日も、浜に魚を釣りに行った

ここのメインはエーグァー(アイゴ)。毒ひれに刺されたら大変だけど、上品な白身で美味♪

ヒメジ…モンツキアカヒメジかなぁ?

ちょっと飛ばせばイラブチャーも ♀


夜はハマダイコンの新芽をツマにしてお刺身に。

足の甲…めっちゃ焦げた…(>_<)
釣り コメント:2 トラックバック:0

浜下りの日に

2011/04/06(Wed) 08:47

日本は放射性物質を海へ流している。なぜ「苦渋の決断」なのか、何も理由を説明されないけれど、
ここここを読むと、何を恐れているのかわかる気がする。

すぐそこにいる蟲たち~微生物は、さまざまな種類の仲間が共生して力を発揮する。
EMも、光合成細菌、乳酸菌、酵母菌のうちひとつでも欠けると効果は発現しにくく、菌の種類が多く密度が高いほど、力も強くなるという。

光合成細菌は、まだ地球に酸素がなく硫化水素やアンモニア、メタンガスが充満し、強い紫外線や放射線が降り注いでいた時代に繁栄していた、古顔の微生物。
今では環境汚染物質として忌み嫌われるものが大好物で、これらを食べたあとの排泄物として、酸素や水、アミノ酸、糖類、硫黄などを放出し、私たちの命のもとをつくる。
チェルノブイリでは放射線を食べて成長する菌が発見されたし、広島国際学院大学の佐々木健教授率いる研究グルーブが、光合成細菌による放射性物質の回収・除去の実用化に向け、実証実験に入っている

放射性物質がものすごい濃度でたまりつつある福島第一原子力発電所の周囲、
そして拡散しつつある海に、
微生物のちからを!

光合成細菌、酵母菌、乳酸菌をボスにした菌たち~EMに糖分をあげてふやして、家のお掃除のあと排水管から流す。庭や川にまく。みんなでやれば、ものすごい浄化の力になるはず!

浜歩き コメント:2 トラックバック:0

嗚呼 キヨシロー!(涙)

2011/04/03(Sun) 08:54


覚えてる? 哀しくて涙なしには聴けないけど、なんてグレイトなんだろう!
親会社の東芝が圧力をかけて発売中止にした、RCサクセションの反核・反原子力メッセージソング
アルバム COVERS “サマータイムブルース~LOVE ME TENDER”

RCサクセション サマータイム・ブルース
オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: 忌野清志郎

暑い夏がそこまで来てる
みんなが海へくり出していく
人気のない所で泳いだら
原子力発電所が建っていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

熱い炎が先っちょまで出てる
東海地震もそこまで来てる
だけどもまだまだ増えていく
原子力発電所が建っていく
さっぱりわかんねえ、誰のため?
狭い日本のサマータイム・ブルース

寒い冬がそこまで来てる
あんたもこのごろ抜け毛が多い (悪かったな、何だよ)
それでもテレビは言っている
「日本の原発は安全です」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のサマータイム・ブルース

(原発という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に原子力発電所と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
37個も建っている
原子力発電所がまだ増える
知らねえ内に漏れていた
あきれたもんだなサマータイム・ブルース

電力は余ってる、
要らねえ、もう要らねえ

電力は余ってる、
要らねえ、欲しくない

原子力は要らねえ、
危ねえ、欲しくない

要らねえ、要らねえ、欲しくない
要らねえ、要らねえ、

電力は余っているんだってよ
要らねえ、危ねえ、

原発は危ねえ、
癌で死になりたくねえ。危ねえ
おれはがんで死にたくねえ。
危ねえ、危ねえ

君も君も君も君も、子供が欲しいなあ。
ぼく、目もぼくちゃんじゃ無い子がいいなあ、と来た。
危ねえ、危ねえ

Love Me Tender/(なに言ってんだー)
オリジナル歌詞: E. Presley& V. Matson
替え歌詩: 忌野清志郎

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
核などいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

放射能はいらねえ、牛乳を飲みてぇ
何言ってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

※アルバム 「カバーズ」(1988.8.15 オリジナルLP発売予定→中止)収録

Kazumoto Iguchi’s blog さん、紹介してくれてありがとう。
MOJOBOOGIEさん、アップしてくれてありがとう!


daily1 コメント:0 トラックバック:0

すぐそこにいる蟲たちと

2011/04/01(Fri) 09:47
チェルノブイリ、スリーマイル、福島第一、過去の膨大な核実験から放出された、
そして今も運転中の原発から放出される放射性物質から、私たちは逃げられない。
地球のどこに住んでいても。

京大原子炉実験所の小出裕章さんによると、
チェルノブイリで放出された放射能は、10日後に大阪で計測され、いったんは減少したものの、
1ヶ月後に再び上昇したという。地球を一周したのだ。
【大切な人に伝えてください】『隠される原子力』


チェルノブイリのあと、周辺の人たちがあんなに苦しい目にあって
各地の原発でたくさんの事故が隠されていて
今回の福島第一で安全性というものがただの幻想であることはもう隠せないこの期におよんでも、
アメリカ、フランス、日本はじめ世界の原発推進国は、原発を止めようとしない。

ダンディーなスーツを着こなしたおサルさんが微笑を浮かべながら
「原子力のほかにどんなエネルギーがあるんですか?」とのたまうのを見て、吐き気がした。

廃墟となって砂漠や密林に埋もれる古代都市のように、勃興し、堕落し、死滅する文明。
「今度は地球ごと道連れ」の話が、ますます現実味をおびて聞こえる。

でも、地球は大丈夫。消えていくのは愚かな文明だけ。
腐海と化してもたくさんの蟲(むし)たちが、地球の自然を蘇生していく。

放射能だけじゃない。農薬、殺虫剤、合成洗剤、化学肥料などの化学物質、電磁波などで
きっともうこの地球は、かなりの部分、半腐海化している。

でも、私たちがすぐそこにいる蟲たち=微生物と手と手をとりあっていけば、蘇生できるかもしれない。

長崎の原爆で被爆しても、原爆症が出なかった人たちは、塩と味噌をたくさんとっていたらしい。
原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち から引用すると、

~博士は人間の体質にとって、みそが実に大切であることを説き、のちにこう語っている。
 「この一部の防禦が人間の生死の境において極めて重要なのである」(秋月辰一郎著「体質と食物」クリエー出版部刊)~
発酵食品の味噌には、たくさんの微生物がいる。

また、チェルノブイリで内部被爆を受けたベラルーシの子どもたちが、日本での療養中にEM=Effective(有用)Microorganisms(微生物群)を飲んだところ、出発前に測定されたセシウム137の身体負荷量が減ったり、測定不可能な正常値になったという結果が出ている。

比嘉照夫の緊急提言 蘇れ! 食と健康と地球環境
第40回 EM技術による放射能被曝対策


抗酸化作用と磁気共鳴波動によるEMの蘇生のメカニズムについては、こちらにわかりやすくまとまっている。
比嘉照夫教授 特別講演 1999.11.7  21世紀におけるEMの役割

味噌、醤油、酢、生酒、漬け物、ヨーグルト、チーズ…
たくさんの発酵食品を見いだしてきた叡智を、さらにもう一歩。
天然酵母に野生酵母、手作り酵素

大丈夫。
私たちのまわりには、昔から、そして今も、すぐそこにたくさんの蟲たちがいる。
この掌にも、肉眼では見えないけれど、たくさんの常在菌がいる。
蟲たちと手と手をとりあって、乗り越えていこう。


アップルミントの天然酵母。生葉を砂糖水に浸けて、毎日一回ふたを開ける
台所の片隅から、ジジ…ジジ…と酵母の声が聞こえる
一週間でできた天然ミントソーダを飲んで、パンを焼いて、
ほぼ1ヶ月たった今は、おいしい酢になりかけている。


こちらは先週仕込んだ桑の実の酵母
もともと樹上完熟でめっちゃ甘いので、砂糖は入れず
蜂蜜の入っていた瓶の底に残った蜂蜜だけで培養中♪





発酵 コメント:2 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード