なうひあdiary

2011 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

赤紫なかま

2011/11/25(Fri) 20:55
長崎赤かぶが大きくなってきた

手頃なやつから少しずつ食べている
外は鮮やかな赤紫色だけど、中は白い。柔らかくってジューシーなかぶ

同時に種をまいた白いかぶは、まだまだ小さいのに…

やっぱり九州野菜は暑さに強くて、石垣にも合うのかな
+外側の赤紫色、ポリフェノールのおかげ?
沖縄野菜の紅芋や紅山芋、ハンダマや、黒米、黒紫米も赤紫色だし
なんとなく同類っぽい気がする~w
コメント:0 トラックバック:0

しょうが咲いた

2011/11/23(Wed) 21:52
食用しょうがの花が咲いた さすが亜熱帯

花のタイプはハナショウガ(Shampoo Ginger)と同じ
だけどかわいらしくて、高さは15cmくらい、花ひとつは1.5cmほど
小さすぎてよくわからない…明日はルーペで見てみようっと
コメント:0 トラックバック:0

気分はしば漬け

2011/11/23(Wed) 21:29
「おいしいよ」と聞いていたローゼルの塩漬け

10%の塩をまぶして、ビニール袋に入れてもんで、重しをして一晩
またいちだんと鮮やかな色になった
で、味は…まんま、しば漬けw
ご飯のおともに、つい手が出る
細かく刻んで、白ご飯に混ぜ込んでおむすびとか、お寿司にしてもいけるねー
手作り コメント:0 トラックバック:0

なんだこれは

2011/11/20(Sun) 10:12
ジョーさんがヤフオクで中古PCを落札
だーれも競合相手がいなくて、2900円+送料1000円ナリ

さっそく届いたのだけど、なんだか箱がゴム臭かったらしい
で、開けてみたら、なんと緩衝材として詰まっていたのがウエットスーツの端切れ

そりゃゴム臭いわけだw
かるくひと山、確かに衝撃は吸収するけど
いったいなんで??

ジョーさん推理によると、
この出品者はいろいろな不要品を引き取っている廃棄物業者に違いない
出品しているPCももちろん引き取ったモノだし、
ウエットスーツの端切れもトーゼン産廃
わざわざ緩衝材を買うなんて無駄なことはせず、
お金をもらって引き取ったものを賢く再利用しているというわけ
けっこう重いので、宅配業者さんにとってはちょっと迷惑かもだけど。

うちにしても
こうして来ちゃったコレを、有料ゴミ袋に入れて捨てるのって、なんか悔しいぞ
見れば、けっこう大きな端切れもあるし
ミシンでパッチワークにつなぎ合わせて何か作ったるー

海で着る防寒用ベストとか
海に持って行くトートバッグやポーチとか
ゆるゆる考えよっと


daily1 コメント:3 トラックバック:0

スピンドリング♪

2011/11/19(Sat) 10:51
やっと羊毛をさわる気分になってきたので
2月にアメリカフウロで染めたスライバーを紡ぎはじめている

左からアルミ、みょうばん、鉄と媒染違いで3色
スピンドルは空中にぶらさげて回すサスペンデッド
太ももにあててころがすのも楽ちん
スライバーは繊維が長いので、このタイプのほうが早くどんどん紡げる
巻きものをつくろうと思ってるけど…織るか編むか悩み中

そろそろ綿繰りもはじめないとたまってきたー

石垣では棉は多年草
今も花は咲いて、実もできているけど、雨が多くてなかなかふんわりはじけてくれない
手作り コメント:0 トラックバック:0

水やりってどうなの?

2011/11/18(Fri) 06:41
ローゼルの実がふくらんできた

こっちの畑は灌水しないので、天水だけ

この夏は何日も日照りが続いたけど、雑草とともに干からびないで生きていた
その代わり成長はほんとうに遅かった

下の畑で、ご近所さんたちがこまめに水やりしているローゼルにくらべると、
ここのは背丈も茎の太さも、1/3程度でしかなかった
やっぱり水やりの力ってすごいなぁ…と感心していたのだけれど…

10月に入って連日の雨
そして、下の畑の大きく育ったローゼルが、軒並み倒れだした
大きく育ちすぎなのか、吹きはじめたミーニシ(新北風)に抵抗できない
そして立ち枯れ病も。根元が黒くなって枯れ始め、放置しておくと隣にも感染してしまう

水やりしなかったローゼルは、雨が降りだしてからぐんぐん伸び始めた
今では2m以上になっているけど、風で倒れるものはいない
しなやかで、強い

畑の野菜…病気になったり虫に食われたりしやすいのは、ひょっとして水のやりすぎなのでは?
人間の体にたとえたら水分の取りすぎで、慢性的なむくみ状態
そのせいで、免疫力が落ちてしまうのでは?

水やりしないとほんとに成長は遅いけど、結局はそのほうが健康的で
栄養もおいしさもぎゅっとつまった野菜ができるのではないかしら…

私も下の畑では、くだものパパイヤを2本、立ち枯れさせてしまった
その横で、勝手に出てきた野良パパイヤが長雨をものともせずに育っている
野良パパイヤは石垣で何代も育ってきた、青いうちに食べる品種で、
もちろん品種の違いも関係していると思うけど、
それでも水やりしないで育てたら立ち枯れしなくてすんだかもしれない

自然農法では、自然の水だけでいいという
さすがに何日も雨が降らなかったら…と思って、毎日水やりしてきたけど
地植えではしないほうがいいのかも
むしろ、過湿にならないよう気をつけないと

棉も水やりしないほうはだいぶ小さいけど、強い


雑草にもまれて育っているのは

たまねぎ

大根

にんじん


月始めの晴れの日に遊びに行っちゃったので、じゃがいもを植えそびれ、
土が乾かないのでまだ植え付けできないでいる(>_<)
もうだいぶ、芽が出てきているのに~
来週から、やっと晴れそう…
コメント:4 トラックバック:0

Welcomeでこぽん

2011/11/15(Tue) 13:36
青切りでこぽんの衝撃的なおいしさに、即座に「植えたい!」と叫んだところ、
「うちの木から取り木したらいいさ」というありがたいお話
もうかなり枝が太くなっているので、取り木して植えたら来年あたりから収穫できるというのだ

枝にくるりと切り込みを入れて

3cmほど皮をはぐ

ナイフの背で表面の薄皮をそぎ落としてから、湿らせた水苔で包んで
黒いビニールで巻く

実演してもらったあと、もう1本を自分たちでやってみた

2ヶ月後、水苔に新しく出た根が回ってぱんぱんになったら、下から切って植える

挿し木といい取り木といい、1本の枝からふやせる植物の神秘
太陽と水と大地、自然の恵みの豊潤さには限りがない
ほんの少し手を加えることで、その無尽蔵な恵みをいただける
この豊かさは、自然との直接的な関係を保っていないと享受できない

遺伝子組み換えで種をコントロールし、自家採種の輪を断ち切ろうとしている輩は
個々の農家と自然との間に割って入り、自然との直接的な絆を奪い取ることで
世界を支配下に置こうと画策している
この国の政府も「農業を守る」なんて詭弁を弄するばかりで、
遺伝子組み換え作物の国内栽培承認、TPP参加表明など
実際にしていることを見れば、輩の手先であることは明々白々

無限の恵みを与えてくれる自然との「直接的な絆」=「食料自給」は、
何ものにも替えられない宝なのに。
みずからそれを手放そうとしている、なんという愚かさ




コメント:2 トラックバック:0

青切り

2011/11/15(Tue) 11:08
7月に花を咲かせたバナナが

やっと一本黄色くなり始めたので、収穫~

黄色くなり始めると、すぐにカラスがつつきにくるのでもう切らないと。
約4ヶ月、「まだかなまだかな」と首を長ーくして待っていた
ほかのはまだ青いけど、不思議なもので切ると翌日からどんどん黄色くなり始める

これは島バナナではなく、「あ、「野菜バナナね」といわれて鼻にもひっかけられないやつだけど
あっさりめの甘みと酸味がいける
島バナナのような香り高さはないけれど、これはこれでおいしいし好き
虫や病気に強いし、成長も早い

で、先生のところにお裾分けに行ったら、取れたてのでこぽんをもらった

こちらも青切り
でも、とても甘い、そしてフレッシュ! 
いわゆる青切りみかんのでこぽん版、と言う感じなんだけど
石垣では、みかんはできるけど「オレンジ色に色づかない」というのだ
色が悪い=商品価値がない→作らない ということらしい

なぜ色づかないんだろう?
きっと紅葉と同じ原理? 気温が下がらないと、赤く色づかないのでは?

味はサイコー! オレンジ色に熟れたでこぽんとはまたぜんぜん別物の、新鮮な味
いっぺんで惚れこんでしまった…青切り万歳♪
コメント:0 トラックバック:0

ジャングルその後

2011/11/14(Mon) 23:24
今年の夏は、これでもかというほど四角豆を食べた
あちこち分けても毎日とれまくった
で、いろいろ食べ方を試行錯誤 
さっとゆでてマヨネーズとしょうゆたらり、というのもおいしいのだけどマヨがくどくなる
で、いちばん多く作ったのが、タイの四角豆サラダ「ヤム・トアプー」のかんたん版

鍋ひとつで四角豆と挽肉をゆでて、玉ねぎのスライスを加え、
スイートチリソースとりんご酢を1:1で合わせたドレッシングであえるだけ
でも、それでも食べられる量には限りがある
毎日だとやっぱり飽きるし
で、やってみましたピックルス
さっとゆでて、熱いうちに甘酢につけるだけ

これがあっさりして、いくらでもイケるのであった
シャキシャキした歯ごたえはそのままで保存もきくし
常備菜として毎食出してもつい箸が伸びる
もう、四角豆はだんとつでピクルスが定番

そしてついに花が終わり、この間ジャングルを払って切り戻しをした
脚立に乗って収穫するのがめんどうで、ほったらかしにしていたさやを集めるとこんなにあった…

黒くなったさやは来年の種用。緑のさやは、もう堅くて筋張ってて食べられない。でも
豆は? 豆は食べられるのでは? とむいてみると…

あっ、ふくらんでるー♪ おいしそうやん、と喜んだのもつかの間、
むき始めたら、これがめちゃくちゃ大変だった(>_<)
えんどう豆やグリーンピースのように、筋はツーとむけるしパカっと開くけど、
何しろワタが多くてとれにくいのだ 
四角豆をさやで食べるのは、きっとさやがおいしいだけじゃない
豆をむくのが大変だから! という理由もあるに違いない
それでもなんとか、むいてむいてむいた

若干堅めだけど、圧力鍋でゆでれば問題なし。
味はグリーンピースそっくりで、バターソテーにしたり、浸し豆にしたあと
残りは小分けにして冷凍
これで四角豆フィーバーもやっと終了となった

しかし…来年はぜったい高いところまではつるを伸ばさない、
すべて柔らかいうちにさやごと食べる、と心に決めた

来年用の種 
てゆーか、切り戻しした茎から、もう新芽がどんどん伸びてきているのだけれど…
コメント:2 トラックバック:0

雨さんぽ

2011/11/14(Mon) 12:45
解析雨量・降水短時間予報で雨雲の動きを見て、出かける時間を見計らう日々
まずは目で反応w なんだこいつ。気味わるい。一応匂いはかいでみる

オオベニゴウカン鮮やか~

あちこち水玉の宝石だらけ

でも太陽が恋しい
コメント:0 トラックバック:0

また雨なんだけど…

2011/11/10(Thu) 05:10
週末は奇跡的に晴れた! 真夏日和

泳いだり、釣りしたり、祭りで盛り上がったり

芝生でビールと屋台のつまみ

あちこちで肩車フィーバーよ


で、また余計なことして大きなアイゴの毒針に刺さっちゃった(>_<)
痛さで貧血になりそうだった
もう今夜は焼き肉行ってもビール飲めないかも…とへこたれていたら
「アイゴの毒は熱分解するらしいので、熱いお湯につけてみて」とお助けメールが

さっそくお湯につけてみると、紫色になっていたところがどんどん薄れていって
ぱんぱんに腫れていたのがすぅーっとひいていって
曲げられなかった指が曲がるようになり、
しびれもかなりひき、一気に気分がよくなった
その間、わずか10分ほど

刺されてから数時間経った後だったけど、ちゃんと効いた!
今度からアイゴ釣りは魔法瓶にお湯必須
てか、革手しろって(^^;)

daily1 コメント:2 トラックバック:0

ぶらぶら歩き part2

2011/11/02(Wed) 10:55
小高い山をちょっとだけのぼって、中腹の農道を歩いた
ひろーいパイン畑に

何棟ものマンゴーハウス

大規模な農場を見るとくらくらするー

















森歩き コメント:0 トラックバック:0

野良ぐっぴー

2011/11/02(Wed) 10:25
バンナ公園の水たまりのような池で、ご婦人がふたり、網でなにかをすくっていた
なになに?

返ってきたこたえは「グッピー」 えー、こんなところに?
ほら、と指さす水の中には小さな魚の姿
手ですくってもとれちゃう

「もう夢中になっちゃって~おかしいね」と楽しそうだ

小さな金魚鉢に捕獲されてるのを見せてもらうと、
あー、ほんとにグッピーだし…orz
グッピーも繁殖力の強い外来種、誰かが放して野生化しているのだろう
沖縄ではけっこう多いらしい
お母さん、ぜんぶ採っておうちで育ててあげてー!
森歩き コメント:4 トラックバック:0

ぶらぶら歩き

2011/11/02(Wed) 10:08
ぶらぶら歩いて、爽やかな風と日差しを楽しむ
オオゴチョウに

ハネセンナ 別名キャンドル・ブッシュ ダイエット茶の原料として注目されているらしい

この姿勢w ほんとに鳥と見まごうばかりのゴクラクチョウカ

今が盛りの酔芙蓉

この日の最高気温29℃、最低気温24℃。ふぅ
森歩き コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード