FC2ブログ

なうひあdiary

2011 / 12
11≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫01

女王の失踪~里子へ

2011/12/23(Fri) 14:33
二週間ぶりに内検したら、また王台ができていたので撤去
ところが、女王がいない!
何度見直しても、見あたらず…。
そのための王台だったのか…と後悔しても後の祭り。
中のさなぎは無傷だったので、もしかして…と元あったところにくっつけて、
翌日見てみると…
くっつけたはずの王台はあとかたもなく、もうどう見ても卵はない
このままでは変成王台も作ることができず、全滅してしまうことに…

やっぱり2群以上養っていないと、こういうときに対処ができないのだ(>_<)

知り合いの巣箱から卵のついた巣板をもらおうと行ってみると
なんと、もぬけの殻になっていた…
一ヶ月くらい前に見たときは、元気に巣門から出入りしていたのに…

そこで20箱くらい養っているNさんに相談すると、
時期もよくないし、その数では群れも弱っているから
卵つきの巣板をあげても女王を育てきれないだろうとのこと
群れを助けるには「合同」しかない

というわけで、Nさんのところで弱い群れと合同させてもらい、
春になって数が増えてきたら戻してくれるということになった(感謝!)

夏から蜂の数が減るばかりで、暑さのせいだろうと思っていたけれど、
Nさんいわく「最大の原因はオオヒキガエルよ」
夜、蜜蜂は外に出ないのでそんなに被害はないだろうとたかをくくっていたら
「夜、巣箱を見たことないの?」と怒られてしまった

夏は暑さで、蜜蜂は夜でも門の外に涼みに出てくる
それを巣門前に陣取ったオオヒキガエルが軒並みぺろぺろ食べてしまうというのだ
Nさんは、蜜蜂の黒い頭がぎっしり詰まったオオヒキガエルの糞を見たことがあるという
対策としては、オオヒキガエルが届かない高さに巣箱を設置する

とりあえず、今回はNさんのご厚意でなんとか助けてもらったけど
来年は巣箱の場所からまず考え直して、群れも2群以上にふやさなくては。
ふう。

このところ、毎晩PCの電源を落とす前に聞いているのがこれ


馬がぱっかぱっか歩いているような牧歌的なリズムと謎めいた歌詞
昔よく聞いていた懐かしさもあって、のどか~な気持ちになる
more
bee コメント:2 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード