なうひあdiary

2012 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

長々ノコ

2012/01/29(Sun) 22:32
植物にとって、朝~午前中の日当たりってほんとに大切
午後からずっと日があたるところでも、午前中が日陰だと、どうしても成長が今ひとつなのだ
上の畑の一角が、そんな場所
東側にあるリュウキュウマツの大木にさえぎられて、午前中に日差しが届かない
で、今日…ついにジョーさんがギコギコやりはじめた

長さ5mの棒の先にのこぎりをくくりつけ、軽トラの荷台に乗って、なんとか届いたけれど…

最後の皮一枚が、すっぱり切れないもどかしさよ(^^;)
コメント:2 トラックバック:0

大忙し

2012/01/28(Sat) 21:56
晴れだ、晴れだ! とミツバチが喜びいさんで飛び回っている
寒緋桜にも

リュウキュウバライチゴにも

しあわせの羽音をひびかせて。
bee コメント:0 トラックバック:0

春らんまん

2012/01/28(Sat) 21:47
ぽかぽか陽気どころか…あづい…言ってしまった(^^;)
えごの木の花も、雨に打たれてなくてきれい~

桜は満開

ひっそり咲くツルソバに

プリーツ加工したようなリュウキュウバライチゴの花

そして園芸種のナツスミレことトレニア

これ、どこに咲いていたかというと

バンナスカイラインの駐車場、
コンクリートに吹き寄せられたわずかな土くれに根を張っていた!
けしつぶのように小さな種…だれかの靴の裏について運ばれてきたのかなー?
野生植物 コメント:2 トラックバック:0

南風?

2012/01/27(Fri) 22:29
数日前はひいいとばかりに冷え込んだのに、今日は生ぬるい南風とスコール

森を歩いていても、むうっとした空気が息苦しい
濃い緑のなかでムラサキシキブや

ボチョウジの実が色づいていると思えば

ぐんぐんと新芽を伸ばし

花芽をふくらませている木もある

みんなマイペース、てんでんこ
茶色い葉といっしょに緑の葉も落ちちゃったりして

でもそれが妙に美しかったりする

天気だってくるくる変われば、なんでもありのちゃんぷる~
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

股根にんじん

2012/01/26(Thu) 22:53
にんじん、土から見える部分が大きいものから抜いていく
適度に太く、中長なかたちを期待していると…

オヨヨ…みごとな股にんじんだったりするのだ
真ん中のなんて手のひらみたいに5股だよ?

股にんじんになる原因、いちばん考えられるのは石ころ
とにかく石ころが多くて、大きいものしかとりきれていない

土壌の酸性化

それからこれは今回はじめて知ったのだけど
育ちすぎると股根になりやすいのだとか
対策としては、間引きのとき育ちのわるい小さいものだけでなく
「大きく育ちすぎているもの」も間引くのだという

今回はしっかり間引いて大きめのにんじんを作ろうと
大きいものばかり残していたのよねー…(>_<) あちゃちゃ

まあ、うちで食べるだけだから、股根になってもぜんぜん問題ないんだけどさー
コメント:4 トラックバック:0

ちびちび桜

2012/01/24(Tue) 22:44
ちょっと開けた草地にも、小さな小さな桜草

切り紙細工のようなリュウキュウコザクラソウの花

野生植物 コメント:0 トラックバック:0

中世の引力

2012/01/24(Tue) 22:30
また雨続き、おかげで読書や家の中ですることがはかどるはかどる

一昨年ピレネーで訪れたロマネスクの教会。聖書に由来する彫刻に混じって
素朴な動物や植物、奇妙な怪物や不思議な人々をモチーフにしたものも少なくなかった

それがとても気になっていて、ロマネスクや中世ヨーロッパに関する本やサイトをみつけては読んでいるのだけれど
阿部謹也先生の『蘇る中世ヨーロッパ』で、ぱーっと視界が開けた

今も当時の面影そのままに残る中世ヨーロッパの街
その強い引力の正体が何なのか、章を追うごとにくっきりと浮かび上がってくる

小宇宙と大宇宙
直線的で均質な時間ではなく、円環的で主観的な時間
自然、動物、人との、直接的で流動的な関係

自然を畏怖し、もらったらお返しをする互酬の関係を尊重していた中世のひとたち
本来は神のものである時間を使って儲ける「利子」は不当であると考え
富を貯えることよりもっと大切なことがあり、
富める者は惜しげもなく富を蕩尽して、貧しき者を救済した

そんな宇宙観をことごとく打ち壊し、古代の神々を抑圧し、踏みつけにしてきた近現代
中世の非常識が、現代の常識…

この本、文体は柔らかい話しことばで、
中世の版画や絵画など豊富な図をもとに具体的な説明があってとてもわかりやすい
と思ったら、NHK市民大学で放映された講座をもとにしたものだった
本に載っている図はずいぶん縮小されていて、人がごまつぶくらいにしか見えない絵もある(>_<)
こういう本こそ電子書籍になったらいいのにね
コメント:0 トラックバック:0

どこから来たの?

2012/01/22(Sun) 23:06
蜂を里子に出しているので、いま畑には巣箱がない
作業をしていても、あのぶんぶんいう羽音が聞こえてこないのが寂しくて仕方ない

と思ったら…ぶんぶん聞こえてくるではないか
シナモンバジルの花にたくさんミツバチが群がっていた

ねーねー、君たちどこのハチ?
誰か近くでミツバチを飼っているのかしら
それとも野生かしら
もしかして女王が失踪したのは、分蜂したのかしら?
ねえ、こたえてくれないかなぁ…

今日の予報は曇りだったのに、起きたらシトシト…
で、SlinKachuさんの Little People 's World  をはしごして楽しんでいた

イギリスの町の片隅で起こっている、小さな小さなひとたちの風景
水たまりに浮かんだテニスボールの島で日光浴するカップルや
ハチを銃で仕留めたばかりの親子
むいたオレンジの皮のバンクでスケボーする少年
背丈より大きな落ち葉を掃く掃除人…

人間サイズの目線で見た現場写真を見ると、現実と非現実がくるりとでんぐり返しする
いくつかサイトがあるけど、いちばん新しいのはここかなぁ?
The Little People Project

写真集も出てマス

Little People in the City: The Street Art of Slinkachu (foreword by Will Self)

小さなひとたちにとっては、ミツバチも怖ろしい怪物に見えるかな(^^;)
bee コメント:0 トラックバック:0

あしもとで

2012/01/21(Sat) 22:26
上の畑の雑草…スミレの株だけは抜かず刈らず、こつこつ残していたら…

あちこちで今を盛りと、つぎつぎ花を咲かせている
こちらもここ数日の晴れ間でいっきに咲いてきた感じ
12月でもちらほら咲いていたけど…やっぱり群れで咲くと春めくわ~
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

いちばん桜

2012/01/20(Fri) 21:28
ここ数日の晴れ間で一気にほころんできた
街なかの寒緋桜

でも週末、また寒くなるって…
荒川の寒緋桜、今年こそいちばんの見頃に見に行けるかなぁ~
コメント:0 トラックバック:0

うっちん

2012/01/18(Wed) 23:52
ウコンの葉がぜんぶ黄色くなって倒れたら、「掘りどきですよー」のサイン

紫ウコン(ガジュツ)と秋ウコンの断面 秋ウコンは卵の黄身みたい

今年は秋ウコンたくさんとれたので、染めにも使ってみようかなー
コメント:0 トラックバック:0

田植えも間近

2012/01/16(Mon) 21:20
田んぼに水がはいって、もう苗を植えるばかり

畦の草花は水玉

明日は珍しく晴れマークが出ているぞー
daily1 コメント:6 トラックバック:0

キビ刈りシーズン

2012/01/16(Mon) 21:15

おじいひとりでがんばってる
daily1 コメント:0 トラックバック:0

さんぽ歩けば

2012/01/12(Thu) 15:05
みちばたにアロエ

シマヤマヒハツ

セマルハコガメ

ミストでつやつや
コメント:0 トラックバック:0

生しぼり

2012/01/10(Tue) 16:42
一晩水につけておいた自然栽培の九州産フクユタカ、ふっくらつやつや
これをイキイキ酵素くんで生しぼり
おからは小分けして冷凍→卯の花や、ハンバーグ、パンケーキその他もろもろ
しぼり液は3倍になるよう水を加えて弱火にかける
フツーの大きさの鍋でじゅうぶん、泡もそんなに困るほど立たないし
大豆くささがなくなったら豆乳のできあがりー
にがりをまぜて、固まったら水切りしてざる豆腐
米のとぎ汁乳酸菌をまぜて豆乳ヨーグルト

「日本を代表する伝統的健康食品」といわれる豆腐だけど
原料の大豆は米国産大豆約66%、カナダ産が14%、国産が18%
もちろん豆腐だけじゃない。味噌、醤油、納豆…
免疫を高めるためにも必須な発酵食品のおおもと、大豆は、外国の手に握られている
TPPに参加するずーっと前から、大豆の輸入関税はゼロ


大豆の生産と消費の国際動向を探る


発酵 コメント:4 トラックバック:0

No rain no rainbow

2012/01/09(Mon) 10:31
一日のうちに、晴れと雨と曇りがくるくる

空気もぐっとゆるんでなまあたたかい

つかの間のやみ間にミツバチも働いてる

雨が降らなければ虹も出ないし

またそのうち、「雨が降らない!」と文句をいいだすときがくるのに

…でも長雨と干ばつ、極端すぎー
浜歩き コメント:2 トラックバック:0

THRIVE~成長する力

2012/01/06(Fri) 10:54
DNAらせんから宇宙の銀河まで、すべてに共通するピピスパイラル

そこにあるのは、ドーナツ型のエネルギーの渦「トーラス」

世界中のさまざまな古代遺跡や伝統文様に、シンボルとして刻まれているパターン

生命を創造し、維持する自然の方法であり、持続可能な世界のためのテンプレート



このトーラスを入り口にフリーエネルギーを実用化し、持続可能な社会を実現できるはずなのに、
なぜ今地球は、それとは反対の方向にいっているように見えるのか、
自然を破壊してエネルギーと資源と種子を独占し、世界支配をもくろむものたちの最終目的は何なのか、
『赤い楯』のように、その正体もひとつひとつ明らかにしつつ
私たちはどういう姿勢で対峙し、何をしていけばよいのか、
明快な示唆を与えてくれるのがこれ


thrivemovement.comのサイトから、5ドルで72時間視聴可。日本語版あり。

サイトをうろうろするだけでもだいたいのことはつかめるけれど
ムービーを見ると順を追って説明してくれるので、とてもわかりやすいしおもしろい
たくさんの人にぜひ見てほしい
映画 コメント:4 トラックバック:0

三が日

2012/01/04(Wed) 11:49
郵便葉書で賀状をくれた方に、郵便葉書の賀状をつくっていた
どうしても、年があらたまらないと手をつける気にならないのよね…
年末にカラープリンターが「もうだめだめ、働けません」といったので
今年はこれで


そして本を読んだ。2012年最初の読書は 『赤い楯』

金融のしくみを作り、借金システムという錬金術でお金を生み出し、ふくらませ、破裂させては太っていく
ロスチャイルド一族の、系譜から読み解く世界近代史

おおかたのあらすじと要点は、
反ロスチャイルド同盟日本人が知らない恐るべき真実にわかりやすくまとめられているけれど、
どんな名作もあらすじを読んだだけではおもしろくない

世界の格差、自然破壊、戦争、飢餓、種のこと、原子力開発、金融危機などあらゆる問題が
どんなふうに生み出されていっているのか、がよくわかる

世界中にはりめぐらされつつある支配の網の目をかいくぐるには
地球の自然と、動植物や微生物と、そして人間と、直接手をむすびあうこと
支配をもくろむものが介在できない関係を築くこと。。。
手作り コメント:2 トラックバック:0

新年

2012/01/01(Sun) 21:33
あけましておめでとうございます

もち米を蒸して搗いてのし餅に 相変わらず形はふぞろいだし

けっこうつぶつぶな、粒あんならぬ粒もち(^^;)

でもおいしいおー
手作り コメント:6 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード