なうひあdiary

2012 / 05
04≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫06

Wild Peach

2012/05/28(Mon) 09:59
T先生のところで取り木させてもらっている、でこぽんの様子を見に行くと…
なーんと桃が鈴なりになっていた

2012_05280004.jpg

お店で見る桃よりかなり小さくて、サイズも形もプラムのよう
それでも皮には和毛が生えていて
熟れたのをみつけてかぶりつくと、甘い! 普通の桃だ
果肉はしまっていて、ほのかな酸味、そして香りがとてもいい

沖縄では気候の関係か、あまり大きくならないというけれど
摘果したら手のひらサイズくらいには大きくなるのでは?
何しろひと枝に10個くらいの実がついているのだ

先生に聞いてみると、昔はどこの家にも桃の木があって
こんなふうになっているのを食べたらしい
これは4~5年前に「水桃」と書いてある苗木を買ってきて植えたのだという

熟れ始めた実がもうたくさん落ちている
実が小さいので面倒くさいのか、先生は収穫する気がないらしく
「あんたたちとって食べなさい」というのでもいできた

2012_05280054.jpg

栽培種だけど、めっちゃ野性味あふれる桃
手をかけずにほったらかしておくとこうなるのねー

追熟させて食べ頃になったら、白ワインでコンポートにしようっと
そうしたらきっと先生も喜んで食べるはず~

で、メイクマンに行ったらずばりそのもの、「水桃」の苗木を売っていた
桃栗3年というけど、1年でなる、とか書いてある
うちの畑にも植えてみようと1本お買い上げ
ほかに台湾小梅と枇杷の苗木も。
これで大好きな梅の花の香りも楽しめるぞー♪

コメント:6 トラックバック:0

バンドな気分

2012/05/24(Thu) 10:37
「かご編む?」とQさんからずいぶん前にもらっていたPPバンド
からっと夏らしい日になって、やっとバンドな気分になった
できあがりはこれー

2012_05230055.jpg

もらったPPバンドは梱包に使われたものの廃品利用
おなじ長さ×32本+持ち手分が必要
それぞれの長さを計ってみると、150cmで32本がとれた
16本×16本で井桁状に編む
 
2012_05230001.jpg

いきあたりばったりの気まぐれチェック

2012_05230006.jpg
 
斜めに長方形の底を作って、角を立ち上げ交互に編む

2012_05230014.jpg
 
適当な高さになったら縁を折り曲げ、差し込む
 
2012_05230018.jpg

本体完成~

2012_05230020.jpg

取っ手の端を花車にして取り付け、
半分に切った黄色を芯に、2本をねじり巻いて持ち手を作る
 

2012_05230036.jpg

トートにしたかったので、持ち手は短め

2012_05230044.jpg

できあがりー
口幅40cm、高さ25cm、底20×25cm
作り方は 手芸DE ポン!  さんのサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございますー<(_ _)>
お弁当を入れて海に持って行こうっと♪
 

手作り コメント:3 トラックバック:0

ハマゴウ訪花

2012/05/22(Tue) 10:54
浜辺のハマゴウがたくさん花をつけてきた

2012_05200107.jpg
 
爽やかな香りに引き寄せられていくと…

2012_05200099.jpg

いたいたー夢中ではたらいてる!

2012_05200080.jpg

蜜を吸ったあと、顔をこするような仕草をするのは何のためだろう

2012_05200083.jpg
 
海の近くにいるのはミツバチにとってハンディキャップだけど
浜辺にも蜜源植物があるのが救いかな

先週は夕方遅くに巣箱を開けて、うっかり目尻を刺された
かぶっていた網のなかに蜂が一匹入ってしまったので、網を脱いだらぷちっときた
「あれ、刺された?」
という程度の感覚で、すぐ水で洗ったけど針が残っていたので抜いた
その日はなんということもなく、翌日からまぶたが腫れてきてお岩さん状態
買い物するのに店内でもサングラスをはずせなかったけど(^^;)
痛みもかゆみもなく、4日くらいでひいてしまった
これで3度目、ずいぶん免疫ができてきたかな
もう蜜蜂に刺されるのはほとんど怖くなくなった

New Queen
2012_05070007.jpg

旺盛に産卵している

bee コメント:0 トラックバック:0

よるのさんぽ

2012/05/21(Mon) 10:10
炭焼きラムチョップを食べに行った帰りに、いつもは通らない道を歩いた

2012_05200002.jpg

街灯がオレンジ色のあかりをふりまいて

2012_05200009.jpg
 
ランタナがあやしくひかっていた

そぞろ歩きには気持ちのいいよる

2012_05200010.jpg
 
がじゅまるの巨木がクジラに見えた

2012_05200012.jpg
 
まだ帰る気分じゃなくてレコードバーへ寄った

2012_05200026.jpg

乾いた声の和製カントリーを聴いていたら
あっという間に2時間たっていた

コメント:3 トラックバック:0

ジュズタマ

2012/05/19(Sat) 09:12
今、沖縄本島で話題になっているという薬草、マンジェリコンのさし芽をもらっていろいろ話をしていたら
Iさんが「昔はジュズダマもお茶にして飲んでいたよ」とおっしゃる

ジュズダマって、あんなに硬いのに? 
と思ったら、ちょうど田んぼの脇でジュズダマをみつけた

2012_05100003.jpg

で、うちにある薬草の本を開いてみると、ジュズダマはハトムギの野生種
つまりハトムギはジュズダマの栽培種、なのだという
知らなかった~

つやつやの硬い実は熟し加減によっていろんな色をしている
紅色、黄緑、藍色、灰色…縦縞模様も入って美しい~

2012_05190045.jpg

ハトムギもこのジュズダマほどではないけど、硬い殻に包まれているらしい
売っているハトムギはもう殻をむいたものなのでわからなかった

さっそくジュズタマの殻を割ってみると…

2012_05190041.jpg

あーほんとだ! ハトムギとおんなじ
左は灰色にの殻を割ったもの、右は藍色の殻を割ったもの
灰色のほうは乾燥してしぼんでいる

この実を煎じてお茶にするほか、粉にして食用にしてもいいらしい
ちなみにハトムギの漢方名はヨクイニン
ジュズタマの漢方名は川穀(センコク)
効能は消炎、利尿、むくみ、水太り、肌荒れ、いぼ取り、滋養強壮、肌荒れ、美肌など
古代中国では、ヨクイニンの代わりにジュズダマを使っていたこともあるらしい
ハトムギのでんぷんはもち性なのに対し、ジュズタマのでんぷんはうるち性とか

そしてイネ科
確かに花を見ると、イネっぽい

2012_05190012.jpg
 
果実に見える殻は苞葉の鞘が変化したもの
花には雄花と雌花がある

2012_05190025.jpg
 
かなり特殊な花序らしい
なるほど変わってる~、けどなんとなくかわいらしいw
野生植物 コメント:2 トラックバック:0

モーニング・スムージー

2012/05/16(Wed) 12:16
最近のおめざ

2012_05100011.jpg
 
畑のピタンガとアロエベラ、
米のとぎ汁乳酸菌で作った豆乳ヨーグルト、手作り野草酵素を
ミキサーでブレンドし

2012_05100025.jpg
 
ねっとり系のスムージーに。

アロエベラジュース、とかで検索すると、
ねとねとのゼリー質には微量栄養素が豊富とか

旬のピーチパイン+ゴーヤ+豆乳ヨーグルト+野草酵素
と日替わりで飲んでいる


ところで
アロエベラを収穫すると、切り口からぽたぽたと汁が垂れる
服とか、敷物とか、いんげんとかにつくと、思いっきり赤紫色に変色して染みになり、落ちない
その落ちなさかげんといったら、バナナの汁といい勝負だ
切り口もすぐ赤紫色に変わる

中国ではそれを藘薈(ろえ)といって
アロエの名前になっているらしい
名前にするほど、インパクトがあるということかしら
その気持ちわかる気がする~

手作り コメント:2 トラックバック:0

天人花

2012/05/13(Sun) 12:30
畑でIさんがオリーブのような枝をたくさん挿し木していたので聞いてみると
「これね、天人花(てんにんか)っていって、きれいなピンクの花が咲くさ。
昔は原野にいっぱいあったけど、開発でほとんどなくなってしまったらしい
友達のうちにたくさん咲いていて素晴らしかったから、まず挿し木してみようと思って」

へえー、どんな花かしらん?
と思った翌日、バンナ公園で満開になっているのをみつけてすぐにわかった

2012_05120001.jpg
 
これこれ、昨日見たのと葉っぱが同じでピンクの花!
今までどうして目にとまらなかったんだろう?
この時期にこの道を歩いたことなかったかな?

2012_05120009.jpg

直径4~5cm、かたちは梅のような椿のような…花に香りはなし
でも、実は香りがあってジャムなどにするらしい
フトモモ科で東南アジア、台湾原産
実が熟す頃、また見にこなくっちゃ
野生植物 コメント:0 トラックバック:0

すべりこみ

2012/05/07(Mon) 11:55
なかなかタイミングが合わず、今年はもう行けないかな? と思っていたもずく採り
寒さと日照不足で例年の4割程度、あちこちから聞いた話で名蔵のみね屋前なら採れると聞いてGO

2012_05070030.jpg

まだあるかなー?
ひきひきの沖に出てみると…

2012_05060011.jpg
 
株は小さいけど、あるある
遠浅で温かいからかな

2012_05060024.jpg

こつこつとってー

2012_05060008.jpg

なんとかすべりこみセーフで10kg確保

ソデカラッパも恋の季節なのかしら?
あっちこっち派手にうろついていた

sodekarappa1.jpg
小さな足がかわいらしい

なにげに流行っている風邪をもらったので
砂蒸しのデトックス効果を試してみようと思い、埋めてもらった

2012_05060047.jpg

胸までだったけど圧迫感がすごくて
足先までいっては戻ってくる血液の流れが手に取るようにわかるので
血行は促進されているようだ
でも砂はひんやりしていて、温かくはない
(地熱はないし)
それよりも、寝返りを打てないのがくるしい
カニでもいるのか、足の裏やくるぶしがむずがゆくなってこまった
傘の陰で図書館から6冊まとめて借りた『ミレニアム』の3冊目を開いたが
風で巻き上がる砂が目に入ったりしてあまり快適でない
で、早々に脱出
結論:砂の上に寝そべって太陽を浴びているほうがよっぽど温かくて気持ちがいい






浜歩き コメント:4 トラックバック:0

イノシシよけ?

2012/05/04(Fri) 08:38
森に行ったら、アオノクマタケランが咲き始めていた

2012_05030034.jpg

ランといっても、実はショウガ科

京都大学フィールド科学教育研究センター紀伊大島実験所での実験によると、
この葉っぱをイノシシの通り道に敷いたら、イノシシが寄りつかなくなるという!

イノシシよけに効果 アオノクマタケラン
──梅本所長は「イノシシは目がほとんど見えず、嗅覚を頼りにしている。アオノクマタケランの葉には、土壌中の餌のにおいを中和する働きがあるのではない か。イノシシにとって葉を敷いた所では暗闇同然になるため、それ以上は近寄れないのだろう」と分析する。──上の記事より
同じように消臭効果のある木炭でも同様の効果があるらしい。
パインを植えている畑にはイノシシが下りてきているので、どうしようか考えていたところ。
試してみよっと。

野生植物 コメント:0 トラックバック:0

Stupid is as stupid does

2012/05/01(Tue) 11:19
八重山毎日新聞 「不連続線」より

そこで石原発言に便乗してダメ元で提案したいのが、現状の民有地ではまずいし、どうぞ国か東京都で購入していただいて、尖閣諸島に東日本の“震災がれき”を受け入れてもらいたい

こんな社説を掲載することに、だれも異論をはさまなかったのかしら?
今の世の中、あまりにもシュールすぎて涙がでそう


daily1 コメント:8 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード