なうひあdiary

2016 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

動物園はいらない

2016/10/29(Sat) 11:12
男鹿水族館GAO  大水槽
sPA160103.jpg
ヤマメ  ピンク色の婚姻色が出ているものもけっこういた
sPA160130.jpg
ミズクラゲが美しかった
sPA160166.jpg
暗闇の中で赤く光るクラゲ
sPA160182.jpg
などなど、まあお魚さんやクラゲ、小さなカエルやイモリなんかはまだいいかなと思う

でも……

同じコースをぐるぐる泳いでいたゴマフアザラシ
sPA160200up.jpg
狭いコンクリートの水槽で、ひたすら行ったりきたりの常同行動を繰り返す、それを見るのはほんとにつらい

たったひとりでいたホッキョクグマの豪太(メスのクルミは出産を控えて寝室にいた)や
カリフォルニアアシカのトン吉なんかは、もうかわいそうで写真も撮れなかった

野生動物を狭い飼育舎で展示するのは虐待でしかない、今すぐにやめてほしい

男鹿水族館は、1967年に県立で開業したが、1983年日本海中部地震で津波に見舞われ
観光客のスイス人女性が亡くなられている
2004年、男鹿市と西武グループの出資による第三セクター方式で男鹿水族館GAOとして新装開業
この開業時に目玉となるはずのホッキョクグマを、カナダから輸入しようとしたところ
日本の動物愛護団体「地球生物会議ALIVE」(創設者野上ふさ子)や
カナダの動物福祉団体「ズーチェックカナダ」などが抗議活動を行い、輸入はされなかった

ホッキョクグマは飼育に向かない!
カナダの州政府が、男鹿水族館の輸入申請却下


しかし、2005年、オーストラリアの水族館の協力によって、ロシアからオスの仔グマが搬入された



それが豪太だ

上記記事と同じウィキペディアによると、

展示施設は、できるだけ自然に近い状態で飼育することを目的とし
カナダ・マニトバ州のホッキョクグマ保護法の趣旨に沿って整備を行ったものであり、
GAOに指導したオーストラリアの水族館の専門家からも高い評価を得ている。
更に2006年(平成18年)5月より夏バテを抑える役割に人工降雪機を設置した
ホッキョクグマのために人工降雪機を設置するのは日本初である



とあるけれど、とても自然に近い状態とはいいがたい
だって野生ならば、一日に20km以上移動し続けることもあるそうなのだから
だから、同じところを行ったりきたりするしかない
私が見たときも、豪太は囲いの端から端までを、行ったりきたりしていた
私自身がおかしくなったとき、部屋のなかを行ったり来たりしていたからよくわかる
じっとしてなどいられないのだ

自然とは程遠い、狭いコンクリートの飼育舎に閉じ込められ
孤独と不自然な生活に苛まれている動物を見てもちっとも楽しくないし
動物の素晴らしさを伝えることにはならないと思う
大自然のなかの野生の姿を撮影した映像でいい

GAOのウェブサイトに、「白クマ豪太の歌(みんなありがとう)」 というものが紹介されていた
その歌詞の一節

みんな友達だから さみしくなんかないよ
食べて遊んで泳いで夜はおやすみさ



こんな歌まで作って子供たちを洗脳するのはやめてほしい


中国の「世界一かわいそうなシロクマ」、動物団体が新たな映像













'16秋田・青森 コメント:0 トラックバック:0

トンビのいる海

2016/10/25(Tue) 21:52
sPA170253.jpg

家族旅行で秋田と青森へ行ってきた
飛行機と新幹線を乗り継いで、初日は移動のみ
翌日、レンタカーで男鹿半島へ
GAO(男鹿水族館)を見て、磯の岩が桜色をしていることから名づけられた「桜島」というところに宿をとり
しずかな日本海を眺めながら温泉に浸かった
トンビが大きな弧を描いて舞っている
カラスのように、身近にいる猛禽類
懐かしい、大和の海の景色















'16秋田・青森 コメント:0 トラックバック:0

528Hz、グレゴリオ聖歌、10cc

2016/10/13(Thu) 09:38
sPA120039.jpg
528Hzの音叉
毎朝机に座ると、まず2本を打ち鳴らして左右の耳のそばで振り、サラウンドで響きを聴く
これがほんとうに気持ちがよくて、落ち着く
それからPCの電源を入れる
音叉はいつも机においておいて、疲れたなーと思ったときに打ち鳴らす

木製のマレットや水晶、自分のひざでも鳴らしてみた
マレットは大きな音が出るし、水晶はより透明感のある音がする 
ひざに当てるのは痛いのでやらない

528Hz で検索するといろいろ出てくるけど、有名なのはレオナルド・ホロウィッツ博士の
『ジョン・レノンを殺した凶気の調律A=440Hz 人間をコントロールする「国際標準音」に隠された謀略』 (超知ライブラリー 73)
という著作

この本によると、

528Hzの音とは「1秒間に528回の振動」をする
この振動が水や空気の振動、つまり音波として伝わり、我々の耳に音として認識される
この音波を伝える速度は当然物質によって異なり、水中では大気中の5倍の速さで伝達される
人間の体も約80%以上が水でできているので、内部の水と大気によって伝達される

528Hzの音楽を聴くと、あくびを催すようなリラクゼーション反応を感じる
また528Hzの音楽を用いた、チベット僧の瞑想中の生理的変化も研究されており
それによるとリラクゼーション反応は精神面と同時にホルモンの変化にも見られ、528Hzは心身の双方に働きかける
528Hzの周波数はグレゴリオ聖歌の時代からその存在を知られている



とある



528Hzは、この動画の2:02頃から

528Hzの音源は、You Tube でもいろいろ出ているけど、電子音のはどれもしっくりこない
なんといっても音叉の生音がいい

グレゴリオ聖歌のハーモニーは、とても癒される



ホロウィッツ博士の本では、440Hzがジョン・レノンを殺した、とセンセーショナルなタイトルがついていて
440Hzは悪者にされているけど、 それについては

「のびやかな暮らし」 というブログの ソルフェジオ周波数~440Hzは癒しの純正律、444Hzは歪みの平均律 
という記事に、くわしい解説がある
(ちなみに上の、東方正教会のグレゴリオ聖歌を紹介しているのも同ブログ)

sPA120044.jpg

528Hzは 変容、奇跡、DNAの修復 という作用があり
福島原発事故以降、注目を集めているらしい

その効果はさておき、この音叉を鳴らして528Hzの波動に包まれるとほんとうに気持ちがいい、というのは確か
波動が整う、というのは実感できる

そして昨日も、いつもどおり音叉を鳴らしてからPCをつけ、ラジコでRN2にチューンしたら
大好きでときどきむしょうに聴きたくなる  10ccの I'm not in love  がかかった

保存

このバックに流れるコーラスが、さっき聴いたばかりの音叉の響きととても通じるものがあったので調べてみると

10cc  I’m not in loveのサウンドの秘密 という記事がみつかり
異様に分厚い謎のコーラスが生み出された経緯について書かれてあった

それにはメロトロン(いい名前だなあ)という機械仕掛けのレトロな楽器が使われているのだけれど
ハーモニーの美しさはグレゴリオ聖歌にも匹敵すると思う

そして ACOON HIBINO / 自律神経を整える音の処方箋~愛の周波数528Hz~
というCDに、I'm not in love が入っていた

やっぱり I'm not in love は528Hz に共鳴するんだなー

で、ビリー・ジョエルの Just the way you are (邦題:素顔のままで)も
I'm not in loveと全く同じ手法を使ってバッキングコーラストラックを作っていることを知る



この曲も大好き

上の記事に、

1980年代以降に生まれた世代では、I'm not in love と Just the way you are の2曲を知らない人々が意外に多い



と書いてあった
もしも知らなかったら、ぜひ聴いてほしい
そして528Hzの音叉は、2本使いがおすすめー♪












音楽 コメント:2 トラックバック:0

夜中まで大騒ぎ

2016/10/11(Tue) 08:41
数日前に渡ってきたコムクドリ ぎゃーぎゃー鳴きあって塒入り
PA100033up.jpg
台風で葉の落ちた木が鈴なりに
sPA100035.jpg
電線にもびっしり
sPA100041.jpg

深夜0時ごろになっても大騒ぎでうるさい
まだ渡りはつづくのだから、休めばいいのに
鳴きあわなければならない事情があるらしい






野鳥 コメント:0 トラックバック:0

鐘馗水仙

2016/10/10(Mon) 10:34
ショウキズイセン咲いているかなー、と久しぶりに平久保崎灯台に行ってみた
ついこの間、「恋する灯台」に認定されたばかりで、灯台の前にハート型の板がふたつくくりつけられていた
ちょうどスコールで雨模様
おふたりさんは相合傘じゃなかった (*´v`)
sPA090055.jpg
今日は青い海をバックに撮れなかったなー
sPA090050.jpg
上の駐車場から海に向かって右側の山肌にちらほら
sPA090057.jpg
昔はこっちの山にも登れたんだけど、今は禁止されている
以前は「危険だから」という表示板があったけど
今回は「頂上の史跡部分以外は私有地だから立入禁止」と書かれていた
自己責任で登る人がけっこういたのかも
だってこっちの山もすごく気持ちよくて、眺めがよかったんだものねー










野生植物 コメント:0 トラックバック:0

秋の使者

2016/10/04(Tue) 09:08
ここ数日、日がとっぷり暮れるとグリーンの光が舞うようになった
sPA030162.jpg
このころになると現れる、オオシママドボタルの成虫
歩道の踏まれそうなところに降りてじっとしているので、ちょっとだけ遊んでもらう
sPA030167.jpg
sPA030169.jpg
sPA030165.jpg
sPA030160.jpg
sPA030166.jpg

手のひらのなかでランプのようにゆらめいて、光の軌跡も美しい

昼間に見ても、とってもおしゃれさん
blog_import_4f687608e535d_20161004084846fb8.jpg
写真は以前撮った rouge et noir より

ほかにはこんなところにも  居待ちキャンプ  蛍のみち


オオシママドボタルの生息地は、世界中で石垣島、西表島、黒島の一部だけなのだとか(°_°)
(石垣島私設かってに観光協会 さんの記事 八重山のホタル2 オオシママドボタル より)

身近なホタルだけど、個体数は減ってきているとのお話
草ぼうぼうはいやさー、草刈りもたいへんさー、とかいって安易に除草剤をまいてしまうことが
地球にどんな影響を与えているのか
それはそっくり、自分たちや子や孫にふりかかってくるのだけれど…








昆虫 コメント:0 トラックバック:0

さざ波

2016/10/03(Mon) 09:00
sP9250122.jpg
     リビエラ逗子マリーナのバス停にて


昨日、夕暮れの風に吹かれながら散歩をしていたら、とつぜん頭のなかであるメロディが流れ出した

♪ 秋の光にきらめきながら 指のすきまを逃げてくさざ波
   二人で行った演奏会が 始まる前の弦の響きのよう ♪



ユーミンの 「さざ波」 
ユーミンの曲ってほんとにこまかい季節感が満載で、その季節になると、ふわっとよみがえってくる



あらためて歌詞を見てみたら、さいごのほうはこんな感じ

♪  オールも持たず漂いながら  やさしい人に手紙を書きたい
   心も文字も少しゆれてる    グレイの影と私だけの十月 ♪



そう、十月の歌だったのよね…

つい最近逗子マリーナのバスに乗ったりしたから、記憶のなかでユーミンの引き出しが開いたのかも
逗子マリーナでのライブには何回か行ったし

でも、そうでなくても、季節になると頭のなかで鳴り出すユーミンの曲はたくさんある

八月のお盆過ぎくらいになると、聞こえてくるのは 「夕涼み」
 

♪ Daydream 灼けつく午後 水撒きしてはしゃいだあのガレーヂ
   Hey! dream ゴムホースで 君がふと呼びこんだ虹の精
 
  ~
  
  窓を開けて風を入れてむせるくらい吸い込んだね 
  二人きりの夕涼みは二度と来ない季節  ♪




「やさしさに包まれて」が聞こえてくるのは、新緑がかがやいてくちなしが香る初夏だし
クリスマスになると「ロッヂで待つクリスマス」が鳴り出して、雪の匂いがする
さわやかな五月の風が吹いたら「緑の町に舞い降りて」
 

♪…MORIOKAというその響きが ロシア語みたいだった♪




ほかにも十一月、あつあつのポテトにサワークリームをのせて食べるころの、冬のはじめの匂いとか
(これは曲ではなく、インタビューしていて聞いた話のなかに出てきたエピソード)
冷たい風が吹きつける冬の港を歩くと「埠頭を渡る風」が聞こえてくる


でも浮かんでくるのは、ほとんど初期のころの曲ばかりだなー






音楽 コメント:0 トラックバック:0

自然霊との対話

2016/10/01(Sat) 10:25
小坪の友人宅からバス停に向かう道の、傍らにいらっしゃる子育地蔵さま
sP9250118.jpg
外の石仏には彼岸花
sP9250115.jpg
地蔵さまは駐車場もお持ちだ
sP9250114.jpg

昔、小坪の谷戸への入口に砂山といわれた砂丘があり
猟師たちが海で拾い上げた仏さん(遺体)や行き倒れの不明者を葬ったりして、墓地になってしまった
漁村の小坪では船の乗り手として人手が必要で、農家から養子をもらって育てていたが
昔は子供の死亡率も大変高かった
お地蔵様は、もともとその砂山墓地に立っていたが、大正のはじめのころ現在の道沿いに移転したようだ

そんな小坪の村に真鶴から修行がてら、墓石を造りに着ていた石工がいた
江戸城の修理が全国の大名に割り当てられ、伊豆や真鶴から江戸に向かって石が盛んに運ばれた
小坪の沖を通る石の運搬船がよく磯に座礁し、そのときの石が海底に置き去りになっていたが
石工がその石を引き上げて造った地蔵様が、この子育地蔵といわれている

猟師の網にかかって引き上げられたという言い伝えもあるが
地蔵様の衣のくぼみに細かい貝殻上のものが付着しているので
もしかしたらしばらく海中にあったのではないかと推察される

大きな地蔵様で、身の丈は七尺ある
毎月二十三日にはお詣りする人が集まって供養している
              (昭和63年2月1日発行 石井遊汀著 『潮かぜ』より 抜書き)




 『100%実話! 自然霊との対話』(上丘 哲著/コスモトゥーワン ) によると

shizenrei_tono_taiwa.jpg

お地蔵様は子供の霊を救う一方で、霊界での子供の教育係の役目を担っているそうだ
著者の奥様(霊媒)のところに現れる、迷える子供の霊たちはみな、お地蔵様のところへ送ってもらっている

奥様のところには狐霊や龍神、河童など、さまざまなご眷属(神様のお使い)も現れ
堕天使のように、はぐれてぐれてしまった眷属たちとも対話し
それぞれ本来いるべきところの海や湖、神社へと送ったりもしている

ご夫婦は北国のきれいな湖の泡から生まれたばかりの狐霊を預かり
十三丸(とみまる)と名づけ、いっしょに暮らす
その十三丸が話すご眷属のいろいろが、めちゃめちゃ人間くさくて楽しい

狐霊といってもきつねではなく、神様の使いとしてはたらく精霊で
油揚げなんて誰も食べない
好きなのはスイカやメロン、桃など水気のあるくだものなど、全体にのど越しのよい食べ物
好物はなんといってもお菓子で、洋菓子や老舗の和菓子に目がない
(なんでも常に最高のものに接するように、おじいさんの狐霊からいわれているそう
でも贅沢三昧というわけではなく、無駄なものには浪費しない質素倹約が基本)
音楽も大好きで、現代っ子らしくXJAPANがお気に入り (おじいさんは歌舞伎がお好み)
Tグループが世界に大きく飛躍した陰には「Tの狐霊たち」の存在があり
その多くは豊川稲荷の出身なのだそうだ

そんな感じでものすごくおもしろくて、とってもためになる本
大切なことがたくさん書いてあって、とても抜粋しきれないけど
特に大事な 自然霊との正しい付き合い方 を挙げると

①礼節を重んじ、どのような自然霊に対しても最大限の敬意を表して接する
 願いが自分本位ではないか、よく検討する

②下賎な念は低級霊に通じやすい~心が乱れると操られる

③守護される極意は「世のため、人のためを思うこと」

④明るくきれいな念が大事~この世はすべて心次第
 心のきれいなものから選ばれて護られる




一家に一冊、バイブルとしておすすめしたい本♪











コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード