なうひあdiary

2017 / 02
01≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 ≫03

現代に残された最後の魔法~倍音

2017/02/28(Tue) 10:25
『歌唱王』という番組を観ていたら、優勝した人に対する審査員のコメントで
miwaが「あ行の音が最高です!」と目をきらきらさせた
すると隣の小室哲哉が「専門用語でいうと“倍音”が出てる」と説明した

なるほどー
以前から、プロの歌手がカヴァー曲を歌っても、心に響くのと響かないのがある、その違いは声だな、とは思っていたけど
ただ「いい声をしている」というだけではない秘密、それは“倍音”にあるわけね?

私の知っている倍音といえば、モンゴルのホーミー
通奏低音を発しながら、同時に高音のメロディも聞こえる喉歌唱法で
その二種類の音は声に含まれる倍音成分を強調することで出てくる
ユーミンの声がそのホーミーに似ている、ということで
ユーミンがモンゴルに行ってホーミーの唄い手に会う、というドキュメンタリーをかなり前に観た

で、心地いい音に含まれるという「倍音」にがぜん興味をひかれ、
尺八奏者で作曲家の中村明一さんが倍音について解説している「音楽と科学 (3) 倍音ってなあに?」 という動画を観た




テレビ番組なので重要なエッセンスだけかいつまんで紹介されているが
非常に納得するポイントがいくつもあって
さっそくこの人の著書 『倍音~音・ことば・身体の文化誌』(春秋社)を購入して読んだ

510axyziyML.jpg

なぜ、ある人の発する声に魅了されるのか。
なぜ、言葉で気持ちが伝えられるのか。
なぜ、心の底から感動する音楽が存在するのか。
いまだ誰も、その問いに対する明確な答えを提出できずにいます。
しかし、これらの背後に「倍音」が存在している、ということを見出すと、すべての謎はひとつにつながり、
自然にとけはじめていくのです。
「倍音」――それはまさに、現代に残された「魔法」と言ってもよいでしょう。( はじめに より)



現代に残された最後の魔法…
 「心に響く、響かない」 こういう言い回しが存在するということにも、倍音の秘密が顕れていたわけだ

~倍音とは~
 
・音はひとつの音として聞こえる場合でも、複数の音による複合音からなっている
・音色をつくっているのが「倍音」
・音に含まれる成分のうち、周波数のもっとも小さいものを「基音」その他のものを「倍音」と一般的に呼ぶ
・「倍音」のことを英語では「オーバートーンovertone」または「ハーモニックスharmonics」という

つまり、ひとつの音でさえも、ひとつの音楽と同等の複雑さを兼ね備えた「音楽」、ミクロコスモスになっている

・倍音には[整数次倍音]と<非整数次倍音>がある

 整数次倍音 非整数次倍音
 周波数 基音の整数倍 基音の非整数倍
 波形 規則正しい 不規則
 言語 母音 子音(母音の強調)
 聴感上の特徴 ギラギラ カサカサ
 効果 カリスマ性 重要性、親密性
 歌手の声 美空ひばり、浜崎あゆみ 森進一、宇多田ヒカル
 話し声 黒柳徹子、タモリ 堺正章、ビートたけし
 歌ブルガリアン・ボイス 義太夫節
 楽器チャルメラ ケーナ


・倍音によってさまざまな感情が呼び起こされる
・倍音があると、非常に多くの、しかも周波数の違う音が音源より発射され
 その反射の仕方や返って来る時間も変わり、どの周波数のものが返ってくるのか、ということも変化してくるため
 空間性、方向性をしっかり認識できる
・倍音には聴覚域を超えた高周波や低周波の音も含まれるため、
 人間は、音の背後にある大きなものを 耳、肌、身体で感じ、脳内はさまざまに変化する
・これらの作用により、人は倍音に魅かれ、心を動かされる





話は「倍音」の秘密から、日本人の脳、日本という環境、身体、言語、日本文化の構造へと進み
人間にとって音、音楽とは何か、というふうに広がっていく

そして内田樹氏の帯文
「音楽家の書く文章はそれ自体が音楽で、倍音についての文章からは倍音が立ち上がる」 の通り、
音、響き、言語、情報、同期、意識と無意識、コミュニケーション、時空と世界  …などが
重層的に語られる

たとえば宮沢賢治の『セロひきのゴーシュ』にも、重要な秘密が隠れていたのだけど
長くなるのでまた次回

















コメント:0 トラックバック:0

風邪っぴき

2017/02/24(Fri) 09:32
sP2210051.jpg

みんな港に集まっているのに、この子だけひとり、じっと動かず休んでいた
近づいてみると、鼻がガビガビ…
風邪ひいているみたい、しんどいね(ノ_<)






くじらとシロクマのハーフだってぇ?  フィリピンの海岸に打ち上げられた謎の巨大生物(゚д゚)
3D93B06800000578-4253402-image-a-77_1487867029063.jpg
What is this mysterious giant blob creature? Locals baffled after hairy-looking beast washes up in the Philippines



ヒラリーのメール問題、なぜあんなに問題視されていたのかと思っていたけど…
「影の政府」ですって(°_°)
New FBI release on Clinton email probe refers to 'Shadow Government'

 









コメント:0 トラックバック:0

ミントチョコ?

2017/02/22(Wed) 11:08
市民会館前のクバ(ビロウ)の実が圧巻

sP2210040.jpg

ミントでコーティングしたチョコレートみたい

sP2210042.jpg
 
つついたあとがあるけれど種子は硬くて、ヒヨドリも表皮しか食べないらしい
与那国ではこの実を味噌にするとあったけど… 
もう作られていないのかなぁ…








植物 コメント:0 トラックバック:0

しょうがクッキー

2017/02/21(Tue) 09:45
sP2130063.jpg

黒糖ジンジャーシロップを作ったあとのしょうがをなんとかしたくて
同量の全粒粉
アーモンドプードルを水で溶いたアーモンドミルク
べにばな油少々
を加えて焼いてみた

ぴりっとしょうがの辛さとほどよい甘さ…でもサクサク感に欠けるー
粉の分量はもっと多くしたほうがいいな










手作り コメント:0 トラックバック:0

FM KENTO

2017/02/14(Tue) 10:57
昨日はいつものRN2が、9時半から競馬中継になってしまった
ときどき聴いている湘南ビーチFMは渋いジャズ…午前中からそういう気分じゃないし
なにかいい曲かけてるラジオ局はないかとリスラジをチェックして
テキトーにNOW PLAYINGのなかから好みの曲をオンエアしている局にチューンすると、FM KENTO という謎の局

洋楽中心で、RN2のようにトークなし CMも時報代わりに一瞬だけ
いろんなジャンルと年代の曲がランダムにかかるRN2と違い
こちらはSOUL、BOSSA、R&B、VINTAGES 10'S などジャンルと年代を設定した時間帯もあり
これがとってもいい
特に私の好きなブラジル音楽、RN2ではめったにかからないけど
FM KENTOではたっぷり堪能できる

KENTO.jpg

いったいどこの局なんだろう…とウェブサイトを見てみると、新潟のFM局だった

“地域の情報を地域の人へ”というのが、地方コミュニティFMのコンセプト
ローカルなニュース、ローカルな番組、ローカル企業のお知らせがメインで放送エリアも狭い

そんな地方のコミュニティFMが、パソコンやスマホのアプリを使ってどこでも聴けるようになった
FMいしがきサンサンラジオも、電波だと島内でも北東部は入らないけど
IP配信なら北海道でも聴くことができる

そんな時代の流れに乗って、新潟の小さなFM局は、地元のお知らせ番組から洋楽中心の番組へと大きく舵を切った

…開局当時、当然認知度は低く、加えて放送エリアも狭く、営業面でも苦戦し、
制作面でもどうやって他との差別化を図り、存続していくか日々悩み、試行錯誤していました。
 そこで出た1つの答えとして、90年代後半から、私たちは自社制作番組を主に洋楽で構成すると共に、
20~30代の若者をリスナーのメインターゲットとし、
ファッションビルやCDショップとの連携を作る事にしました。…

…当社では私がサンフランシスコのラジオ局で目にした音楽の配信システムを導入し、
来るべき時代への準備を進めております。
また新しい音楽配信の時代に向け新潟だけでなく首都圏のIT企業とも連携を強めております。…

              (ウェブサイトの KENTO BRAND STORY より)



ラジオだけでなく、フリーペーパー、デザイン、大学などさまざまな分野で「人と人をつなぐ」展開を推し進めているFM KENTO
「お知らせ」と称する地元企業の宣伝をほとんど流さなくてもじゅうぶん経営が成り立ち、リスナーを惹き寄せる
この新しいビジネスモデルは、多角化によって実現しているのかしら
番組制作やキャスターなどの人件費はずいぶん抑えられているはず
そういえば、湘南ビーチFMで流れるニュースはコンピューターが読み上げる自動音声だし

とはいってもラジオから聞こえてくるトーク、全部が全部いやなわけではなくて
知りたい内容がほれぼれするような美声で語られたりするなら大歓迎

平日の夜9時から全国のコミュニティFMで放送している『大西貴文のTHE NITE』がまさにそんな番組

家ではほとんど聴かないけど、毎週水曜日の夜、外出先から車で帰ってくるときに
大沢さんのすてきな声で音楽情報や海外ニュース、こだわりでセレクトした洋楽ロックやR&Bなどが流れてくる
夜、車を走らせながらカーラジオで聴く、っていうのがまたいいのよね♪





















音楽 コメント:0 トラックバック:0

馬魚

2017/02/13(Mon) 09:55
今朝、源ビルのマークを目にして思った  「なぜ馬?」

DSC_0288.jpg

源は海人居酒屋で、魚がメイン…  って、これ上を向いた魚の頭ね

ああでも、こちらを向いた馬の顔に見えてしまった私には、もう馬にしか見えない

魚の全身がかたどられたこちらの看板を見ても

DSC_0290.jpg

馬と魚が合体した人魚ならぬ「馬魚」にしか見えない…( ノД`)








surprising コメント:0 トラックバック:0

足テビチの女

2017/02/12(Sun) 11:43
車で移動中、FMいしがきサンサンラジオでかかった曲「足テビチの女」が耳をついて離れない
一度聴いただけなのに、思わずくちずさんでしまったりするので調べてみると…



横浜市在住の唄者、田所ヨシアキさんが、2009年 第20回新唄大賞で審査委員特別賞を受賞した曲だった

口のまわりを脂で濡らし
骨までしゃぶります 豚の骨
何があったか知らないが
どうしてそんなに濡れている
足テビチ 足テビチ 足テビチの女



歌詞もなんともいえずじわじわくるけど
はじめて聴いたのに、この耳タコ具合は何だろう…
と昨日1日頭のどこかで考えていたらしく、夜になってひらめいた♪

昔なつかし、チンドン屋さんのテーマ曲にそっくりな気がするー

最近の人は見たことも聞いたこともないかもしれないけど、
私は子供の頃、松陰神社の商店街でよく見聞きしていた
みんな着物姿で、ちょんまげを結った(かつらの)男の人が先頭で、最後尾はクラリネット

そこでyou tube でチンドン屋さんメロディーを検索すると、
あのテーマ曲の元唄は『美しき天然』という曲で、
明治35年に佐世保の海軍軍楽長、田中穂積という人が作曲した曲なのだそうだ




へえー なるほどなるほどー
侘しい感じがたまらないわけね…

懐かしさの秘密が解けてスッキリ♪ な朝






音楽 コメント:0 トラックバック:0

2017/02/10(Fri) 09:15
コンクリートと歩道のすき間から咲いているリュウキュウコスミレ

DSC_0284 (1)
 
スミレって花は可憐だけど、植物としてはたくましい
ベランダのシロバナノジスミレも種を飛ばして、あちこちの鉢から芽を出し咲いている


















植物 コメント:0 トラックバック:0

森のひととき

2017/02/06(Mon) 10:32
ひなたぼっこしてごきげんそうなキノボリトカゲ
sP2050083.jpg

笑っているような顔に見えるのは、気のせいかなぁ?

なに? とこっちを向いたところ
sP2050085.jpg

ヤブツバキがひっそりと咲いている
sP2050133.jpg
葉脈レースに赤いトベラの実をのせてみた
sP2050114.jpg
蹄のようなハカマカズラの葉
sP2050091.jpg

山のほうからはカンムリワシの声
すぐそばの梢からはヒヨドリ、シジュウカラ、メジロのさえずり
風が吹いたときの葉ずれの音
落ち着くー






森歩き コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード