なうひあdiary

2017 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

さくらさくら

2017/04/07(Fri) 15:51
東京は今週末見ごろのようで…




江戸の園芸種、ソメイヨシノ
石垣にはないので、記憶のなかの桜が咲きだす

ありありと映像がうかぶのは

毎年花見に行っていた、夜の砧公園
 その頃は今みたいに知られてなくて、誰もいなくてほんとうに幻想的だった
そういえば花見のときに撮った写真、オーブが写りまくっていたなぁ…
と思ってアルバムを探したけど、石垣には持ってきていなかった

よくバイクで通り抜けていた夜の青山墓地
桜のトンネルの下を走る

清水寺の夜間特別拝観ライトアップ
出張のついでだったけど、このときもなぜかほぼ誰もいなくて怖いほどだった
ご本尊の千手観音様や二十八部衆も迫力だったけど
いちばんやばかったのは、本堂の隅にあった小さな厨子
なかには小さな木彫りの景色があって、指先ほどの仏さまが自然なたたずまいでおられて
ひきこまれてしまいそうな不思議な気配だった



…と、夜ばかり
昼間も壮観だけど、夜の桜には厳かな神秘さが満ちている
















音楽 コメント:0 トラックバック:0

キワタ

2017/04/07(Fri) 11:01
車で通るたび、歩道に落ちた赤い花がずっと気になっていた
やっと止まって写真を撮ったのが3月の半ば過ぎ
花びらも肉厚で、なんだかおいしそう

sP3190081.jpg

見上げてもはるかに遠い、かなりの高木に咲いている花
上を向いて咲いているので、顔も見えない(ノ_<)

sP3190079up.jpg

ばたばたしていて忘れていたけど、やっと名前を調べることができた


キワタノキ 木綿木 インドワタノキ

パンヤ科の落葉高木で、インド、パキスタン、スリランカ、ミャンマー原産
20~30mにもなり、街路樹としてよく見られる
中国では広州市の花

種子を包む綿毛をクッションなどの詰め物に使うほか、材は家具ほか、パルプ原料、炭の原料に
根や皮は薬用、若木の葉や種子は食用
種子からは食用油をとり、その粕(かす)は葉や花とともに家畜の飼料となる




秋から冬に咲くトックリキワタの花はピンク色だけど、同じ仲間なのねー
実が落ちる頃、また注意して見てみようっと






植物 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード