FC2ブログ

なうひあdiary

2017 / 10
09≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫11

口裂けパン

2017/10/28(Sat) 15:44
ぱかっと口裂けしているきのこ 色といい、表面の手触りといい、パンそっくり
表面についた小さなふたつの黒い点が目のようで、口を開けた顔に見える

sP9160218.jpg

こちらはあごの下に縦の裂け目もある
sP9160213.jpg


しわしわになる前のノウタケかな

(2017/9/16)








きのこ コメント:0 トラックバック:0

アミガサホウライタケ?

2017/10/28(Sat) 15:26
朽木上にまとまって生えていた  直径2cmくらい
sP9160183.jpg

下のほうに見える白い菌糸体と関係あるのかな?
sP9160190.jpg

sP9160192.jpg


傘の表面にかすかなしわがあるので、アミガサホウライタケかな?


(2017/9/16)






きのこ コメント:0 トラックバック:0

ホソエノヌカホコリ?

2017/10/27(Fri) 13:21
10/2、バタフライピーの支柱にしている竹ざおに現れた、オレンジ色のひとたち

sPA020169up.jpg

成長途中なのか、縦長のものもある
sPA020189.jpg

隣同士、頭がくっついていたり
sPA020201.jpg

翌日  雨露か朝露を含んで一体化? 頭が半分透明に
sPA030004.jpg

目玉おやじがいっぱいいるみたい
sPA030005.jpg

竹ざおの直径が1cmくらい、目玉おやじたちは、身長1~2mm
sPA030016.jpg


変形菌ホソエノヌカホコリかなぁ…  乾燥する前の若い子実体

このあと乾燥してまた変形すると図鑑に載っているので10/2から毎日観察したけど、
なかなかこの状態から変わらず、2週間
ほわほわになる前にしぼんでしまった

10/27

風が強くてブレブレだけど…
sPA270004.jpg

図鑑の写真ではきれいに乾燥して、内部の網状の細毛体がふくらみ子のう壁が破れて開いてほわほわになっているのだけど…
残念













変形菌 コメント:0 トラックバック:0

和紙の糸で…

2017/10/25(Wed) 16:11
編みかけたものの、何ヶ月も放置していたモチーフ編みのバッグ完成
財布とケータイだけ入れて持ち歩けるよう小ぶりサイズ
sPA250034up.jpg

口を開けたところ
sPA250032up.jpg

袋にとじる前
sPA220030.jpg

使ったのは何年も前に富山で買った五箇山の和紙の糸+エコアンダリヤラフィー(茶色)
gokayamawashi.jpg


やっとかたちにできてひと安心…てか、そんなのまだいっぱいあるなぁ…( ノД`)








手作り コメント:0 トラックバック:0

夜中の怪音

2017/10/23(Mon) 15:22
ちょっと前のことだけど…  夜、部屋で机に座っていたらリビングの窓のほうでがたん、と音がした
まあまあ風があったので、ブラインドの操作ポールが窓枠に当たった音だと思った

それから灯りを消して寝ようとしたら、また窓のほうからがたんっ、と大きな音がした
おかしい
操作ポールだったらあんな鈍い音にならない

と思って灯りをつけて見に行くと、サッシの枠に貝殻が落ちていた
これは昼間、浜から拾ってきて、私の部屋の棚に置いておいたものだ

えーっ?
ということは主さんがいた?

ひっくり返してみると、いたいた  やどかりさんが…( ノД`)
拾うときに確認したけど、そのときは奥の奥にひっこんでいて見えなかったのだ

ずーっとじっとしていて、夜になってまず私の部屋の棚からころげ落ち
リビングへ移動して、ベランダへの掃き出し窓になっているサッシの枠に落ち、がたんっと音をたてたらしい

とりあえずベランダの植木鉢において寝て、翌朝見たら腐葉土みたいなのを食べていた
sPA090032.jpg

こうして見えるところにいてくれたら、拾ってこなかったものを
sPA090034.jpg

ひっくり返すと起き直る 
sPA090037.jpg

元気だな
sPA090039.jpg


それから数日後
海へ行ける日に返してやろうと思っていたのに、ある朝起きたら植木鉢にいなかった

ベランダにはいろいろ鉢や苗やらが足の踏み場もないほどに置いてあり
ちょっと探してみたが見当たらない

エアコン室外機の台になっているブロックの穴にでも入っているのかな
そこまでたどり着くにはいろいろ鉢を移動しなければならないので
まだ確認していない






surprising コメント:0 トラックバック:0

柄は網目

2017/10/20(Fri) 14:08
sP9060524.jpg

sP9060528.jpg

これもホオベニシロアシイグチかなぁ…
リュウキュウマツ地上

(2017/9/6)





きのこ コメント:0 トラックバック:0

ノウタケ?

2017/10/20(Fri) 13:56
sP9090006.jpg

丸い頭にしわしわ…で、脳の形のノウタケかな

(2017/9/6 林内地上)






きのこ コメント:0 トラックバック:0

朝も夕も

2017/10/17(Tue) 22:18
10/16 朝焼け  6:16   6時頃は真っ暗ななかに暗い暗い赤がたちのぼってきていて不思議だった
sPA160009.jpg

10分後  金色がさしてきた  雲の切れ間にのぞく青空と雲が、眼に見えてコワイ
sPA160089.jpg

うね雲が焼けるときれいー
sPA160048.jpg

夕焼けもビューティホー
sPA160737.jpg

雲は秋めいてきたけど、太陽が低くなったぶん西日が長く入ってきて暑い!
sPA160730.jpg







コメント:0 トラックバック:0

スコールの合間

2017/10/15(Sun) 10:25
久しぶりのまとまった雨で涼しくなった 小さな雨雲がどんどん通り過ぎていく
降っては晴れ、空の向こうが灰色になって、またザーッとやってくる
テリハノブドウの実についたしずく
sPA110142.jpg

このしずくに写っているのは小さなカマキリ
sPA110134.jpg

ぜんぜん気がつかなくて、この後私の手に乗ってきたからびっくりした(゚д゚)












植物 コメント:0 トラックバック:0

中型イグチ

2017/10/15(Sun) 09:52
リュウキュウマツの林床にかたまって現れたきのこ 直径8~10cmくらい

sP9050039_201710150924204e3.jpg

傘の表面は白~褐色~黒

sP9050050_20171015092618988.jpg

sP9050216.jpg

sP9050021_20171015092418fcd.jpg

裏はクリーム色っぽい管孔 柄は網目
sP9050016.jpg

sP9050019_20171015092416cae.jpg

古くなると傘が反り返る
sP9050044_201710150926167c0.jpg

四日後、焦げたように黒くなったものも
sP9090040.jpg

割ってみた  よく見ると白いウジムシみたいなのが食べている
sP9090041.jpg

sP9090014.jpg

sP9090019.jpg


リュウキュウマツの根元で何箇所かに群生  マツと菌根の関係なはず…ということは、オオミノクロアワタケ?

(2017/9/5、9/9)






きのこ コメント:0 トラックバック:0

葛花(かっか)

2017/10/13(Fri) 14:09
葛の花が咲き始めた
sPA070196.jpg

白~薄紫色で、真ん中がほのかに黄色
sPA010046.jpg

内地の葛の花はもっと赤紫色だったりするけど、このへんのは藤色に近い
sPA010052.jpg

葛は根を利用したくず粉や風邪薬の葛根湯が有名だけど、花やつるも生薬として利用されている
葛の花由来のイソフラボンはおなかの内臓脂肪や皮下脂肪を減らすという臨床結果が発表され、
中性脂肪を減らすのにも役立つと期待されてサプリメントが販売されている

sPA070213.jpg

砂糖と水を入れて密閉し、酵母を起こす 翌日にはしゅわしゅわ
sPA100065.jpg

きび砂糖を使ったので少し茶色っぽい
sPA090046.jpg

3日後 花からはほぼ色素が抜け、きれいな濃いめのピンク色になった 
sPA100059.jpg

微炭酸の葛花酵素ジュース出来上がり~  淡い香りもロゼワインに近いかな
sPA100082.jpg

甘酢漬けもきれい 塩でしんなりさせた大根とマリネに
sPA130006.jpg

そのまま干して葛花茶に
sPA100068.jpg


はるか高い樹冠に咲いていることが多いので、手の届くところに咲いていたらうれしいー(^∇^)ノ





漢方薬膳 コメント:9 トラックバック:0

大型イグチ

2017/10/13(Fri) 11:35
リュウキュウマツの根元に出現した大きなきのこ  直径15cmくらい
sP9050276.jpg

白地に褐色がかっていて
sP9050023.jpg

傘が縦になっている  裏はスポンジ状の管孔
sP9050012.jpg

柄は網目っぽい
sP9050014.jpg

発酵したパンのよう
sP9050026.jpg

四日後 黒っぽくなって、表面がところどころ食べられている
sP9090035.jpg


sP9090033.jpg

割ってみたところ 一本一本の管孔がおもしろい
sP9090038.jpg


ホオベニシロアシイグチかな?

(2017/9/5、9/9)






きのこ コメント:0 トラックバック:0

ツノホコリ

2017/10/12(Thu) 18:29
変形菌…以前も目にしていたかもしれないけれど、意識しないと気がつかないもので
はじめてみつけたのがこれ

sP9050101.jpg

枝分かれしていないので、エダナシツノホコリかな
sP9050105.jpg

広葉樹林の倒木上
sP9050178.jpg

さらに寄ると、表面がぽやぽやしている  これが胞子
sP9050208.jpg

担子体はおもにゼラチン質でできているらしい
sP9050210.jpg

sP9050212.jpg

真上から見ると真ん中が黒っぽい
sP9050112.jpg

sP9050204.jpg

sP9050211.jpg

透明なのはまだ未熟な菌?
sP9050181.jpg

sP9050193.jpg

sP9050176.jpg

sP9050191.jpg

こちらはもっと細くて絡まって見える  ナミウチツノホコリ?
sP9050314.jpg

sP9050317.jpg

sP9050327.jpg

変形菌は数億年前から地球上に存在しているらしい
祖先は海で誕生したと推測され、その後陸に上がり、変形体をつくり、子実体をつくるようになったと考えられている
                       (『変形菌』 川上新一著/技術評論社  より)







変形菌 コメント:0 トラックバック:0

几帳面

2017/10/12(Thu) 11:14
sPA120166.jpg

苦手な方は気色わるいかもしれないけど…  たぶんカメムシの卵
ビタミンEのカプセルみたいで美しい

で、なぜ6、5、4、3、とひとつずつ減らし、きれいに並べてピラミッド型に産み付けているのか
そうすることのメリットは何?

検索してみると、まとまって産み付けているものの、ここまで整然とした感じではなく
台形や長方形もどきといろいろだった
たまたま…なのかな?  いや、何か訳があるような気がして仕方ない

理由が知りたいーー










昆虫 コメント:0 トラックバック:0

総選挙後

2017/10/10(Tue) 23:22
sPA050057_20171010222111555.jpg


先週、今週の週末で、家の固定電話、私とジョーさんの携帯それぞれの計3回、選挙についてのアンケート調査電話が来た
私は電話に出られたので、2回とも回答した
ニュースで報道される各党の支持率とかを見ると、へえー、と思ってしまう
私の意見は本当に反映されているのだろうか
そして結果はどう出るのか、その民意は尊重されるのか、注視したい


気になったブログ記事…

誰が首相になっても、総選挙後に必ず起こる「2つの重大な出来事」



以下引用↓



安保条約や地位協定にもとづく戦後の日米間の法的な関係は、独立の直前(1950年6月)に起こった朝鮮戦争のなかで生まれた「米軍への絶対従属体制」、いわゆる「朝鮮戦争レジーム」であり、そのなかで日本政府は米軍からの要求に対して、基本的に拒否する権利をもたない。

今回どのような選挙結果が出たとしても、選挙後に姿を表すのは、巨大な「自民・公明・希望・維新」による保守連合体制であり、その最終的な目的は、軍事問題についての「野党の消滅」または「大政翼賛体制の成立」である。
その結果、訪れるのは、「朝鮮戦争レジーム」の最終形態である「100パーセントの軍事従属体制」に他ならない。

選挙後に誕生する巨大な保守連合の、新たな目標として設定されているのは、まちがいなく、

① 全自衛隊基地の米軍使用→すでに進行中の現実
② 核兵器の陸上配備

のふたつ。
今後、核兵器の地上への配備がおおやけに議論されるようになったとき、それがいくら公平な議論のように見えても、結論はすでに決まっている。

核を地上配備するのは、沖縄の嘉手納と辺野古の弾薬庫。

本土への復帰前は沖縄に、最大1300発もの核兵器が地上配備されていた。
嘉手納と辺野古には当時それぞれ数百発の核兵器が貯蔵されていた巨大な弾薬庫がいまもあり、
さらにはそれを「将来必要になったらいつでも使えるように維持しておく」という密約まで結ばれている(1969年の佐藤・ニクソンによる「核密約」)。

北朝鮮対策という名目で沖縄に核が配備されたとき、それは自動的に、
中国との間で核を撃ち合いかねない「恐怖の均衡」を成立させてしまう
いうまでもなく、中国のもつ核兵器は、日本列島全体を瞬時に壊滅させるだけの威力をもっている。

核兵器の配備について「沖縄ならいいか」と思った瞬間、
「核大国・中国との間での、永遠につづく軍事的対立」=「永遠の朝鮮戦争レジーム」という、
最悪の結果がそこには待ち受けている。

けれども逆に、核の地上配備を沖縄と連帯する形で、日本人全体で拒否することができれば、
北朝鮮とアメリカの間で「恐怖の均衡」が成立し、バノンが予言していたとおり、
やがて北朝鮮の核開発の凍結とひきかえに、米軍は朝鮮半島から撤退し、
日本の朝鮮戦争レジームも終わりを告げることになるだろう。



                                    (引用終わり)

鵜呑みにするわけじゃないけれど…

辺野古や先島諸島への自衛隊配備における日本政府の強権的なやり方の裏に、親分の米軍がいるのは明らか
表むきは対等な国同士の同盟としているが、現実は戦争に負けたときからずっと日本は米国の従属国だ

この異常な枠組みを変えるのに必要なのは、ひとりひとりの民意が結束してうねりを起こすことなんだけど…
根本的な事実はなかなか知らされない
政局の茶番劇を見せられるだけ( ノД`)


















時事 コメント:2 トラックバック:0

ベニタケの仲間?

2017/10/10(Tue) 10:29
広葉樹の地上で  白地にピンクのまだら模様  直径4cmくらい
sP8221015.jpg

ちょっと食べられたのか穴があいている
sP8221027.jpg

ボケボケだけど横から見たところ 虫がいる
sP8221019.jpg

ひだ
sP8221028.jpg

ニオイコベニタケかな…とも思うけど、特に匂いがした記憶なし

(2017/8/22 於茂登岳)






きのこ コメント:0 トラックバック:0

ミニミニ無花果

2017/10/10(Tue) 09:56
八月の終わりのことだけど…ガジュマルの実が手の届くところで熟れていた
sP8221290.jpg

雨上がりのせいか、あまりにもつやつやした赤紫だったので思わずパクリ
sP8221291.jpg

ブルーベリーと同じくらいの大きさだけど、残念ながら甘酸っぱさはない 
でもほのかな甘みが… 熟れていないいちじくのよう  一応クワ科の無花果だから、同じ系統ではある
sP8221302.jpg

生食ではあまりおいしくないので、赤ワイン煮に
sP8230937.jpg
シナモンとクローブを入れてみたけど、やっぱり今ひとつ味が物足りない
ほんの少し酸味があればなー これではヨーグルトに入れてもぱっとしないはず

なので、しばらく漬けて味を浸みこませておいてから、りんごのインビジブルケーキに入れてみた
sPA050034.jpg

焼き上がり
sPA050047.jpg

sPA050048.jpg

断面を見ると、ミニミニいちじくw
sPA050053.jpg
プツプツした食感がアクセントになった 


こちらも同じクワ科の、たぶんハマイヌビワ?   ホソバムクイヌビワとの区別が難しい
8~10対の側脈が目立ち、先のとがった葉
sPA070187.jpg

実はやばりブルーベリー大
sPA070208.jpg

無花果のミニミニいちじくw   味はガジュマルよりはイケる 
sPA070201.jpg

このほか、アコウやギランイヌビワ、オオバイヌビワも同じ仲間
イヌビワはイヌビワコバチと共生関係にあり、互いに依存して生きている
その仕組みといったら、調べるとめちゃめちゃ巧みで不思議なんだけど、長くなるのでこのへんで











野生植物 コメント:0 トラックバック:0

アシグロホウライタケ?

2017/10/05(Thu) 14:08
落ちた小枝から生えている小さい小さいきのこ 直径1cmに満たないくらい
sP8011058.jpg

柄が黒いので、アシグロホウライタケかな
sP8011059.jpg

真上から見たところ
sP8011062.jpg

これはまだ伸びかけなので柄が白いけど、根元のほうは黒い
sP8011055.jpg

これもちびちび
sP8011033.jpg

(2017/8/1 於茂登岳)



これらの小さい小さいきのこ、見ようと思わないとなかなか目に入らない
で、目をマクロモードにして小さいきのこを探していると、自然と動作がゆっくりになる
逆に早歩きしていると、小さいものは目に入らない
またマクロモードでいると、ほんの数分しか経っていないと思っても、気がつくと十数分経っている
時間と空間の認識は、深く深く関わっていると実感する






きのこ コメント:0 トラックバック:0

ナカグロカラカサタケ?

2017/10/04(Wed) 14:20
九月の初め、広葉樹の林で
sP9050146.jpg

白いひだ、褐色の鱗片があって、真ん中に密集
sP9050116.jpg

枯れかけた枝から生えている
sP9050119.jpg

つばが取れてしまって縁についている
sP9050482.jpg

上の子の裏側
sP9050487.jpg

ほんとにお花みたい ひだに厚みがあるのがかわいい
sP9050150.jpg

きれいなリング状のつば
sP9050300.jpg

ボケボケだけどー じつは直径1.5~2cmくらい  
sP9050312.jpg


つばは、未熟なひだを覆って保護していた膜(内皮膜)が、柄に残ったものらしい
自然の摂理なんだけど、アクセントになっておしゃれー










きのこ コメント:0 トラックバック:0

姫黄金鶴茸

2017/10/03(Tue) 23:32
8月末から松林の林床に現れ始めた  ヒメコガネツルタケ…で合ってるハズ
sP8270100.jpg

つぶつぶを乗せて、幼菌キュート♪
sP9050065.jpg

こんがり焼けた丸パンみたい
sP8270117.jpg

パンも酵母菌でふくらむのだから、似ていて当たり前かな  おいしそうだけど、毒きのこ
sP8270120.jpg

菌根菌  つばはなし 根元がぷっくりふくらんで、テングタケの仲間
sP8270082.jpg

傘が開ききると真ん中がへこんで、横から見るとカウボーイハットみたい
sP9090002.jpg

プリーツも開く
sP9090028.jpg

最後は縁からところどころ破けてきて、花びらみたいな形
sP9050091.jpg












きのこ コメント:0 トラックバック:0

ふるい

2017/10/03(Tue) 14:50
下から順に、ふるいにかけたような三層の雲 いちばん上はうろこ状
sPA030021.jpg

すき間のきわが、ほんのり虹色
sPA030022.jpg








コメント:1 トラックバック:0

秋はまだかな…

2017/10/03(Tue) 14:30
午前中の干潮 まだ暑いー
sDSC_0558.jpg

貝殻に山の模様 マルオミナエシガイ
sDSC_0561.jpg

丸くて厚みのある海外からやってきたモダマ
sDSC_0560.jpg

PPバンドのクラフト
sDSC_0552.jpg

レインボーな色合い
sDSC_0551.jpg

漁船の電球? 割れずに流れ着いたと思うと感無量
sDSC_0556.jpg

アダンの青い実 茶色いぶつぶつがかわいい
sDSC_0555.jpg

見上げればクロヨナが満開で
sDSC_0548.jpg

足元にはサンゴの骨格がそのままに
sDSC_0543.jpg

膨大な時間の流れ、生きた痕跡と移動の軌跡が、同時に存在する浜辺






浜歩き コメント:1 トラックバック:0

赤い実?

2017/10/02(Mon) 14:40
何だろう、鮮やかな赤い実が…
sP9300031.jpg

と思ったらカメムシだった   オオハマボウの実から汁を吸っている クロジュウジカメムシの幼虫かな
sP9300022.jpg

葉に落ちた種から吸っている
sP9300029up.jpg







昆虫 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード