FC2ブログ

なうひあdiary

2019 / 07
06≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫08

国立伝統芸術センター 宜蘭伝藝園区

2019/07/20(Sat) 09:55
雨の多いことで有名な宜蘭、この日ももれなく雨の中、向かったのは
国立伝統芸術センター 宜蘭伝藝園区
運河もある広い敷地に、日本統治時代に建てられた西洋建築と
閩南(ビンナン/中国福建省南部)式の伝統的な家屋が入り混じった古い町並みが再現され、
陶芸、木工、染色、ガラス細工など伝統工芸のお店がずらりと並び、体験もできる
曲芸や演芸が観られるパフォーマンス空間やホテルもあって、伝統芸術の一大テーマパーク
sP5020987.jpg

sP5020954.jpg

sP5020957.jpg

sP5020950.jpg

sP5020958.jpg

sP5020974.jpg

sP5020985_20190713133109a94.jpg
飴細工のお兄さん


sP5020959.jpgsP5020960.jpgsP5020975.jpgsP5020939.jpgsP5020938.jpgsP5020940.jpgsP5020942.jpgsP5020944.jpg
sP5020962.jpgsP5020961.jpgsP5020963.jpgsP5020966.jpg
sP5020973.jpg

sP5020945.jpg


sP5020949.jpg

sP5020971.jpgsP5020969.jpgsP5020972.jpg
天気がよくて時間があったら、運河沿いを歩いたり体験もして、一日ゆっくり過ごしたい









2019台湾 コメント:0 トラックバック:0

泰雅(タイヤル)生活館

2019/07/13(Sat) 11:26
タイヤル民宿・洛卡斯で近くにタイヤル族の博物館があると聞き、訪ねてみた

sP5020930.jpg
台湾にもともと住んでいたのが台湾原住民の人たち
「先住民」という言葉はもう存在しない民族を指すため、「原住民」というのだとか
日本統治時代までは、ほとんどの居住者が台湾原住民だった
第二次世界大戦で日本が敗戦すると、蒋介石の中華民国軍が大量に移住してくるが、
中央の山岳地帯には今も多くの原住民の人たちが暮らしている
sP5020850.jpg
ルーツはハワイ、サモア、フィジー、メラネシアと考えられている
sP5020851.jpg
先日、台湾渡来の古代人がどうやって海を渡ってきたのか、という疑問を解明するために
台湾から与那国へ丸木舟で航海する実験が成功したけれど、
台湾へ渡ってきた人たちも丸木舟で来たのかしら
地図には描かれていないけど、台湾のすぐ東には八重山諸島がある
sP5020808.jpg
ロビーには木造・高床の家と農機具やかご
sP5020879.jpg
苧麻を紡いで染め、織った衣服
苧麻から繊維をとって糸にして織るのは、八重山と変わらない
sP5020892.jpg

sP5020881.jpg

sP5020877.jpg
竹がたくさんあるのでかごは竹を使ったものが多い
sP5020856.jpg

sP5020855.jpg
草を編んだ飾りは月桃かな
sP5020813.jpg

刺繍文化はベトナムやタイなど、東南アジアの香りがする
sP5020867.jpgsP5020868.jpgsP5020866.jpgsP5020864.jpgsP5020865.jpgsP5020869.jpgsP5020870.jpgsP5020830.jpgsP5020826.jpgsP5020829.jpgsP5020828.jpgsP5020827.jpgsP5020825.jpg

sP5020925.jpg
山の裾野にヤシが茂るタイヤル族の村
顔に刺青を入れたりするのも、昔の八重山と共通するものがある
そりゃあ、肉眼で島影が見えるほど近いんだもの
人の行き来があって当たり前
あそこに島があるから行ってみたい、と思わないわけがないはずだから














未分類 コメント:0 トラックバック:0

洛卡斯 Locasu B&B

2019/07/07(Sun) 11:27
温泉でまったりした後は、再び宜蘭方面へ

今夜の宿は蘭陽渓沿いのタイヤル民宿、洛卡斯 Locasu B&B 

P5010755.jpg

お庭は花がいっぱい

P5010756.jpg

緑の中の一軒宿で

P5010757.jpg


P5020799.jpg

こみちを上がると

P5020787.jpg

コテージタイプの客室が4棟

P5010767.jpg

お隣は台北からわんちゃん3匹連れのご夫婦

P5010762.jpg

わさおそっくりの秋田犬と、もう1匹の日本犬、「柴犬にしてはちょっと大きい」とおっしゃるのですが

P5010760up.jpg

どう見ても紀州犬ではありませんかね

「柴犬」と言われて譲ってもらったそうですw

お年を召したレトリーバーは部屋の中P5010759up.jpg

テラスからは蘭陽渓と対岸へ渡る橋が

P5010758.jpg

お母さんが育てているという畑の野菜と果物たっぷりの夕食 品数も量も多くて美味しかったー

P5010772.jpgP5010779.jpgP5010778.jpgP5010781.jpgP5010773.jpgP5010780.jpgP5010782.jpgP5020803.jpg


ここで生まれ育ったという、タイヤル族のお母さんと娘さん

P5010776.jpg

お母さんは少し日本語ができて、いろんな話をしてくれました

夕食後はふたりで歌を披露


宿の名前の Locasu は地元の言葉で you good  という意味みたい ニーハオと同じかな


P5020806.jpg


朝ご飯はおかゆ

P5020804.jpgPs5020805.jpg


sP5020802.jpg

庭の畑にはマンゴーの花が

P5020788.jpg


お料理もおいしくて、とっても居心地のいい宿でした♪



2019台湾 コメント:0 トラックバック:0

オリオンビアフェスト2019

2019/07/07(Sun) 08:50
P7061086.jpg
雨雲はやって来ず、くっきりと三日月

ssP7061091.jpg
休み時間
P7061093.jpg
みんなが笑顔で体を揺らす
そのエネルギーが気持ちいい



イベント コメント:0 トラックバック:0

鳩之澤温泉

2019/07/05(Fri) 23:57
さあ、散策もしたことだし、お目当ての温泉へ
ここ鳩之澤温泉は古くは「焼水」と呼ばれていて、日本統治時代に入浴施設ができたとか
sP5010723.jpg
露天風呂は水着着用
sP5010721.jpg
打たせ湯やジャグジーに、岩をくりぬいた岩風呂などがあり
sP5010720.jpg
美人の湯と名高いお湯は、すべすべの弱アルカリ性炭酸カルシウム温泉
sP5010716.jpg
温度も深さもいろいろに楽しめる
裸で入る男女別のお風呂もあり
sP5010745.jpg
日式浴場ともいう
sP5010746.jpg
露天風呂と男女別と、両方入ってすっかりのんびりしてしまいました
sP5010750.jpg
かつては林業が栄え、木材の伐り出しに蒸気機関車が走っていたことも
日本は、台湾からかなりの木を伐りだしていたんですよね…






未分類 コメント:0 トラックバック:0

トミぱん下

2019/07/01(Mon) 08:00
今シーズン初のスノーケリングはトミぱん下へ
sP6290866.jpg

sP6290867.jpg

リーフエッジの外に出たらカメさん
sP6290874.jpg
まだ小さめ。息を吸いに上がってこないかなーと待っていたけど、深みへ行ってしまいました

sP6290869.jpg

sP6290904.jpg

sP6290964up.jpg

sP6290975up.jpg

sP6290984.jpg

sP6290927.jpg
上げ潮なのに透明度がよくないのは台風の影響かなぁ?







スノーケリング コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード