FC2ブログ

なうひあdiary

2019 / 08
07≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫09

『文化人類学の思考法』

2019/08/13(Tue) 18:33
「あたりまえ」と思っていることは、ほんとうにあたりまえなのか?
学校教育やテレビ、新聞によって日々刷り込まれている常識は、
違う時代、違う土地では非常識だったりするのに、
違う考え方ややり方があるのかも、ということすら想像もできず
ただ流され、盲従し、生きにくいままに生きているのでは?
そんな「思い込み」に気づくための思考の道具、それが文化人類学である、という本。

sP8130169.jpg


1 自然と知識
2 技術と環境
3 呪術と科学
4 現実と異世界
5 モノと芸術
6 贈り物と負債
7 貨幣と信用
8 国家とグローバリゼーション
9 戦争と平和
10 子どもと大人
11 親族と名前
12 ケアと共同性
13 市民社会と政治

以下、本文より抜き書き

文化人類学では、フィールドワークを通して対象にできるだけ近づき、五感を働かせてものごとを理解しようとする
同時に「遠さ」のなかで思考する 地理や時間
調査対象の「近さ」と比較対象の「遠さ」
この距離が、固定観念を壊し、狭く凝り固まった視野を大きく広げる
世界の別の理解に到達するための可能性の源泉

「未開」とされてきた人々の呪術に関する理論は、現代の私たちの健康や美についての新年とそれほど違わない
なぜあるものが芸術になったり、芸術でなかったりするのか
その背後には、芸術品とは生活のなかの実用性からかけ離れた高尚な世界だといった思い込みがある
近代社会が前提としている「あたりまえの線引きを根底から問い直し、
芸術品とされるモノと、そうとは考えられていなかったモノとを比較することで初めて、芸術とは何か、美とは何かを考えることが可能になる

文化人類学は比較を通して、自分たちがいったいどんなことを「あたりまえ」として生きているのか、私たちが生きるこの世界のあり方をとらえ直す

生きる時代や土地によって異なる常識や価値観
「だってそう決まっているから」「それが常識でしょ」という凝り固まった考えに対して
「こんな方法や考え方がある」と、さまざまな側面から「あたりまえ」をゆるがすことができる
その思考の道具が文化人類学の理論

私たちにはたったひとつの現実世界しかありえないのではなく、あたりまえを問い直すことによって
まったく別の現実を生きることもできる、という可能性を示す

国家のない社会は遅れていて不完全なのか?
国家のないとある南米先住民社会は、むしろ国家の発生を積極的に妨げようとする「国家に抗する社会」ではないのか
そこでは集団は首長の権力を否定して、命令する/される関係ではないことを繰り返し思い出させようとする
"国家を拒否し、権力によるヒエラルキーと格差を排除し、「生き方」として平等性を選び取った社会"として見えてくる

世界中では多くの少数民族が、国家の統治を逃れて周辺部で「国家のない社会」を維持していた
国民国家という概念、「想像の共同体」は、新聞が流通して人々がニュースを共有するようになった結果として歴史的にあらわれてきたものであり、その確かさはゆらいでいる
人権、貧困、先住民の権利、災害援助、環境正義、ジェンダーの平等など、さまざまな問題に取り組む非政府組織が、国境を越えたネットワークを形作り、「草の根のグローバリーぜーション」を展開、国境なきデモクラシーを実現しようとしている

古代の税の背後には、最初の収穫物である初物を神仏に納めるものだという信仰があり、神への贈与としての「租」や「調」が10世紀後半ごろまでに「官物」といわれる地税に統合され、神への捧げ物という性格が失われた
本来神への捧げ物は、多産や豊穣といった生命活動の源である神聖な力に対して人々が示す「恭順」の意だったが、この宗教的な儀礼を司る王が神聖な力を横領し、政治権力とした

南部アフリカの狩猟採集民の子どもは、家事や生業活動に貢献するよう求められることはほとんどなく、遊びをつうじて狩猟採集に必要な技術や知識を身につける
いかなる仕事も強制されず、その必要もなく、遊びの原理に貫かれた社会像

仕事は主体的におこなったときは遊び、強制的にさせられたときは労働へと近づく
狩猟採集以外を生計の糧として選び、さらに産業化を進める過程で、遊びを余暇という狭窄なカテゴリーに追いやり、労働(詰め込み型の学校教育や生産性の論理で管理された仕事)に支配されるようになったのかもしれない


固定観念やあたりまえを疑えるように、アタマをしなやかにキープしておきたい
この本も、石垣図書館に買ってもらいました。いつもありがとうございます。







コメント:0 トラックバック:0

観音洞~秋山清泉岩

2019/08/12(Mon) 11:52
蝙蝠洞から遊歩道に戻ると右は車を停めてきた駐車場、左は「観音洞」という標識が
約2km、山道でも30分ちょっとなら、行ってみるしかないでしょう
sP5031301.jpg
筍採りの人が降りてきた
sP5031302.jpg
後にも先にも、この道で出会ったのはこの方たちだけ
sP5031304.jpg
観音洞というからには
sP5031306.jpg
きっとまた天然の岩穴があり
sP5031307.jpg
そこへ観音様が祀られているのでしょう
sP5031310.jpg
道は竹林のなかを進み
sP5031312.jpg

sP5031314.jpg
清らかな渓流に沿って
sP5031318.jpg
道にも小さな流れが
sP5031321.jpg
水音に励まされ
sP5031325.jpg
もう30分以上は歩いたはず…と思った頃
sP5031329.jpg
この小さな滝を過ぎると夜間には閉まる金網の扉があり、広場に出ると視界が開けて
sP5031331.jpg
ええーっ(゚д゚)
観音洞って、洞窟じゃないの?
ssP5031355.jpg
建物のなかへ入るとありました
sP5031336.jpg
岩穴の奥にわいている清水は甘露仙水といって
sP5031338.jpg
飲むことができます
sP5031337.jpg
皆さんお参りしています
sP5031343.jpg
水を汲みに来るようですね ルルドの泉と同じ
sP5031339.jpg
こんな大きなお寺だとは…(;゜0゜)
sP5031350.jpg
今回、お寺など宗教関係の場所に行く予定は入れていなかったのだけど
sP5031348.jpg
ここには自然と来てしまいました
sP5031351.jpg
じつは18日生まれで、「18日は観音様の縁日(『三十日秘仏』より)なので観音様に守られていますよ」と言われたことがあり、だから自然と来てしまったのかしら
でも台湾では18世紀以降、観音信仰が盛んになり、崖や洞窟に観音様を主神とした山洞寺院が多く作られたそう。きっとあちこちに観音信仰の山洞寺院があるのでしょう。

皆さんばんばん車で来ていて、山道を歩いて来たのは私たちだけw
また誰もいない道を歩いて帰ります

sP5031358.jpg
でもこの道がとても気持ちいい
sP5031360.jpg

sP5031378.jpg

sP5031368.jpg

sP5031379.jpg
ところどころに散っている白い花
sP5031376.jpg
たくさん散っているこの花はいったい何だろう
sP5031377.jpg
駐車場にいたご夫婦に尋ねると、ノートに「油桐花」と書いて、目の前の木を指さし教えてくれました
sP5031387.jpg
あーこれ!  あちこちで山を真っ白に染めているので、何だろうと気になっていた
どれも高木なので、咲いている花が間近に見えない
帰って調べてみると、シナアブラギリでした
山間部に住む客家人が油をとるために植樹したため、こんなに多いのだそう
はらはらと落ちた花も美しいため、台湾では「五月雪」といってお花見に来る人も多いのだとか

台湾七日目は大溪老茶廠以外、特に予定を決めていなかったのだけど、
案内地図で目にとまった蝙蝠洞と観音洞、そこへ行くまでの渓流沿いの山道がどこも素晴らしかった
桃園市内まで1時間もかからないところなのに、この自然の濃さ
ガイドブックには載っていない台湾の穴場、まだまだたくさんありそうですね









2019台湾 コメント:0 トラックバック:0

三民蝙蝠洞

2019/08/10(Sat) 16:21
大溪老茶廠前にあった付近の案内地図
sDSC_0838.jpg
いちばん右端にある蝙蝠洞 Bat Cave が目にとまり、すぐそこなので行ってみることに

sP5031230.jpg
駐車場の奥は遊歩道
sP5031234.jpg
石畳の道をしばらく行くと、ちょっとした展望台とあずまやがあり、さらに下っていく
sP5031242.jpg
川を渡ると
sP5031245.jpg
険しい岩肌が
sP5031253.jpg

sP5031254.jpg
意外と大きい
sP5031256.jpg
奥には滝が
sP5031259.jpg
岩穴は半円形で劇場のよう
sP5031265.jpg

sP5031287.jpg
滝音と頭上の岩からしたたる水の音… 空気にはマイナスイオンの粒子がいっぱい

でも蝙蝠の姿は見えません…
かつてこの岩穴にたくさん住んでいた蝙蝠は、1931年に発見されてからは次々と狩られ
燻製にして食料にされてしまったそう
観光客も増えるとともに、姿を消してしまったとか

sP5031297.jpg
それでも巨大な天然の岩穴と滝、したたる緑が素晴らしい
桃園市の郊外にこんな洞窟があるなんて、台湾の自然の奥深さをまたひとつ実感







2019台湾 コメント:0 トラックバック:0

大溪老茶廠 Daxi Old Tea Factory

2019/08/09(Fri) 11:21
烏来から車で1時間ちょっとのところにある、大溪老茶廠
sP5031059.jpg
1926年、台湾・日本・英国様式をブレンドしたスタイルで建てられた工場は火事により消失
その後、当時の面影そのままに再建された
sP5031062.jpg
台湾茶がヨーロッパとアメリカに輸出されていたピークの頃は「ブラックゴールド」と呼ばれ、24時間3シフトで稼働していたとか
今は新茶工場にその場を移したものの、自社農園で化学肥料や農薬を使わずに栽培
摘み取りから製茶まで一貫して管理している
sP5031154.jpg
もともとは19世紀の終わりから日本の三井合名会社がこの地に茶畑を開拓。1926年に建物ができた当初は「角板山製茶工場」と呼ばれ、烏龍茶と包種茶を生産していたが、ほどなく海外からの需要が多い紅茶の生産を始める。
これが日本でもおなじみの「日東紅茶」。1944年には台湾紅茶の全輸出量をまかなうまでになっていたのだけど…
1945年、日本による統治が終わり、三井合名会社は撤退。
官営から民営に移管して存続するも生産は減少して1995年に工場は閉鎖。
2010年、もとの建築の骨組みとシンプルでレトロなブルーの基調はそのままに、自然光を取り入れた設計で改修。
台湾茶の黄金時代を支えた往時の雰囲気と静けさのなか、お茶の香りただようスタイリッシュな空間
多くの人を惹きつけている。
sP5031073.jpg

sP5031086.jpg


sP5031104.jpg

sP5031100.jpg

sP5031092.jpg

sP5031108.jpg

奥には小さな新茶工場があり、製茶風景も見学できる

sP5031202up.jpg

sP5031205up.jpg

生産が盛んだった当時の写真
sP5031112.jpgsP5031114.jpgsP5031115.jpgsP5031118.jpg

2階は広大な空間に気持ちのいい風が吹き抜ける

sP5031178.jpg

窓辺の椅子に座って外を眺めたり
sP5031183.jpg

sP5031188.jpg
青いスチール椅子は、当時たくさんいた職人さんたちが使っていたものなのか
sP5031190.jpg

中庭もおしゃれ
sP5031166.jpg

初期、重油を燃料に使っていた頃の土かまど
sP5031172.jpg

壁、カーテン、椅子の配色もおしゃれー
sP5031155.jpg

プーアール茶の壁
sP5031097.jpg

sP5031100.jpg

sP5031072.jpg

sP5031107.jpg

お茶の試飲、この日はプーアール茶
sP5031080.jpg

sP5031223.jpg

おみやげ何にしようかな…ここではもう、今年の春茶が出ていた

大溪老茶廠 Daxi Old Tea Factory ウェブサイトはこちら
https://www.daxitea.com/tw/








2019台湾 コメント:0 トラックバック:0

烏来(ウーライ)

2019/08/04(Sun) 10:03
この日の宿は烏来温泉
烏来もタイヤル族の住む村で、「ウーライ」 とはタイヤル語で「温泉」という意味だとか
台北から日帰りできる人気の観光地

agodaで手頃な値段だった、山手のほうの淞呂溫泉會館にチェックインして
夕食は近くのタイヤル食堂へ

sP5020995.jpg
犬がいるのはお約束ー

ssP5021020.jpg


sP5021015.jpgsP5021013.jpg

鶏肉と山薬(山芋)のスープと、川エビの炒め物、竹筒飯、筍炒め、炒飯

どれもあっさりしていておいしかったけど、ここの竹筒飯がまた絶品

sP5021014.jpg

もち米ときびを竹筒に入れて蒸したご飯、竹の香りがまつわってイケるー

食べきれなかったので、竹筒ごと残りをお持ち帰り


メニューを選ぶとき説明しにきてくれたお父さん、檳榔子を噛んでいるらしく歯が真っ赤だった

お父さんのイノシシ狩りの写真

ssP5021004.jpg


青い果物を切って食べていたのはお姉ちゃん


sP5021016.jpg

カメラを向けるとこんなポーズ

sP5021019.jpg

何かと聞くと、味見させてくれましたw  マンゴーですね


坊やもりりしい!   犬の頭のつかみ方w

sP5021021.jpg


温泉は部屋にある大きめのお風呂でゆっくりと

sP5021023.jpg

その窓の向こうは烏来温泉の中心部sP5021025up_20190803223440767.jpg


翌朝。ホテルのシンボル、松の大きな鉢植え
sP5031039.jpg


ホテルの駐車場から見える村。 昨夜、夕食をとったタイヤル食堂は、白い車が停まっている広場の前にある

隣にはコンビニもある

sP5031045.jpg


一応、烏来瀑布だけは見に行ったけど、

sP5031055.jpg

ロープウェイで上がるのはパスして

sP5031056.jpg

次の目的地へ向かいましたー








2019台湾 コメント:0 トラックバック:0
 Home 

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード