FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 04
03≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫05

みどり

2010/04/28(Wed) 16:15
生活感のない部屋で過ごす時間、というのも旅の魅力のひとつ。そこにアートがあるともっと楽しい。

今回泊まった部屋の中庭にそびえていたのは、陶板の築山「みどり」。
部屋ごとに違う作品が展示してあるのだけれど、いくつかある作品のなかでもこれに出合えてうれしかった。
「焼き物も元は土。陶板の隙間に苔や草が侵入し、共生し、小鳥が舞い込んできてもいい」
という陶芸家の想いをひめて、静かに雨にうたれているのを窓から眺める。

この作品は2階からも俯瞰はできるけど、こうしてとくと眺められるのはこの部屋だけ。
たった一晩でもプライベートに向き合っているとさまざまに表情を変え、何かを語りかけてさえくるような?
美術品を手に入れてひとりじめしたくなる蒐集家の気持ちが、ちょっとだけわかったような気になった。

廊下にも外庭にもふんだんに現代作家のアートが。

貝殻を埋め込んだ塗り壁は

貝ひとつひとつに神秘的な美しさがある

水面に映り込む雲や

焼き物の水盤に映り込む木々

散り敷いた桜の花びらも

みんなあらかじめ企てられた演出なのかしら

秋の紅葉の季節、あの築山はどんなかおをしているのかな

リバーリトリート雅樂倶
関連記事
'10富山 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1139-706f4cb5
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード