FC2ブログ

なうひあdiary

2019 / 11
10≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫12

お蚕さん その1

2010/05/15(Sat) 11:04
年に一回蚕を育て糸をひくTさんに、その様子を見せてもらいに行っている
最初に見せてくれたのは、小箱に入ったまだ数ミリのお蚕さん

クワの葉をわしわし食べて大きくなり、3週間ほどで繭になるという。
で、大きく育った幼虫の姿を見たかったのだけど、私が内地に行っている間に
どんどん繭になってしまい、残っていたのはこの1頭だけ

ほとんどはもう、マス目状の蚕座におさまって眠っていました…

ぽやぽやの毛羽(くちいと)を手で取り除いた繭

中のさなぎが生きたまま短時間蒸す

生のまま蒸した繭~生繭は糸の引きがよく、色も白く風合いもすばらしい
でも、繭になってから糸をひく猶予は2週間
それ以上たつと蛾になるために繭を溶かす物質を出すので糸が切れやすくなる

Tさん宅は昭和50年代まで、仕事として養蚕をされていた
カネボウシルクエレガンスからの受注を農協が一括で受けていたので
石垣にも何軒か養蚕農家があったのだという
「昔は畑に桑を植えて、7万頭養いましたよ」
そのうちに海外の安い糸に押されて引受先がなくなり、家業は養蚕からパインへと移るけれど、
Tさんは自分の布を織るために、毎年お蚕さんを育てている

手回しの座繰りをはじめ、当時の道具たちも健在だ
適度に保温したぬるま湯につけた繭30個くらいから、一本の糸を引く

木の歯車がかたかた廻る、その心地よい音にのって

光り輝く糸が、ぐんぐん巻き取られていく

関連記事
手作り コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1158-3cc87e23
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード