FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

丸坊主

2010/06/06(Sun) 08:45
一週間ぶりに畑に来てみたら、ライムの苗木の葉が芯だけ残して丸坊主になっていた。

まるまる太ったクロアゲハの幼虫が、名残惜しそうに葉っぱの芯をしゃぶっている
5齢くらいのが2頭に

鳥のフンに擬態している2~3齢が6頭くらい

葉っぱが一枚もなくなっていることに呆然としたが、
同じくらいこの幼虫たちも呆然としていることに気づき、途方に暮れてしまった。
どうする、もう食べるものはないんだぞ。

何かしようという気力もなく放置して翌日行ってみると、
鳥のフンたちはみな姿を消していた。食草を求めて旅に出たらしい。
小さいのにしっかりしているなぁ…
5齢たちはじっとしている。もう葉を食べる必要はなく、蛹化を待っているのだろう。

もう、こんな小さい苗木に卵なんか産み付けるからさー
ライムちゃんよ、復活してね
関連記事
コメント:3 トラックバック:0
コメント:
--No title--

おかえりなさ~い♪
ライムきれいに食されましたね・・・。
うちもシークワーサー、食べられていたけれど
もう少しでさなぎになるだろうとそのままにしておきました…。
しかしその小さな体でそんなに!!ってくらい食べますよね^^
by: ponta * 2010/06/06 12:25 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

昔、うちの夏みかんの木にアゲハチョウの幼虫がうじゃうじゃ
いました(笑) 5齢の幼虫意外とかわいいので、全く駆除はせず。
10年くらいアゲハチョウ供給の木となっていましたが、ある時
期を境にほとんど姿を見ることがなくなりました。

スズメがこの幼虫に気付き、餌にしていたのでした。
生態系に組み込まれてしまって寂しかったなぁ(笑)

で、なんで最初は黒いのかと思ってたけど、糞に擬態してた
んですね。ようやく知りました。
卵から孵ったばかりと思われるまだ数ミリの時、なんの虫なの
かと思って割り箸でつまんで駆除してました...。
可哀想なことしました。

夏みかんの木、種から育てて30年以上経っても実をつけなかったのは、幼虫に好き放題に食べさせてたからなのかなぁ(笑)
by: こーらる * 2010/06/07 00:49 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

ほんとによく食べるよねぇ~>pontaさん
まいりました!

>こーらるさん
やっぱり5齢ちゃんはつまみだせなかったんですね
pontaさんもだし、私だけじゃなくてホッ
でも夏みかんを種から育てたなんてすごいですね!
夏みかんはどうかわからないけど、
果樹は接ぎ木でふやすのがよくって、
種から育てると品種改良前の野生種に戻ってしまうという話を聞いたことがあります。
どうなんでしょうね~?
by: fromishigaki * 2010/06/07 23:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1169-1840621f
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード