FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

ドルメンをさがして

2010/07/22(Thu) 18:21
Day8:再びスペインへ
今日の目的地はレスクンの真南にあるSelva de Oza。直線距離なら近いのですが
険しい山並みが立ちだかっているので、クルマでは大きく迂回しなければなりません。
GPSがチョイスしたのは、Alette-la Pierre-San-Martin のスキー場を通るコース。
フランスの峠には、自転車のためのこんな標識が必ずあります。サイクリストな国ですね~

雲海をバックにアザミ

ブタくんが日向で平和な昼寝をむさぼっています

おしりをぺちぺちやっても全然起きません(^^;) このおしり、誰かに似てるかも~

スペインに入ってAnsoの村

写真を撮っていたら、ジョーさんが子どもたちのサッカーに乱入してました

そしてHecho を通りすぎて、奥へと向かいます

オサの森を抜けてどんづまりの谷へ。Punta d'a Rallaが見えます

この谷のどこかにめざすドルメンがあるはず…。とりあえず車で行けるところまで

普通車で行かれる最後のところに、ドルメンの案内地図がありました

ドルメンはいくつかあるのですが、めざすはAchar Aquas Tueltas
現在位置は黄色の丸のところ。でも、距離がどのくらいなのか、この地図からは見当がつきません。
犬を連れた人に聞くと、「まー、30分くらいかな」というので、お昼を食べてから歩き出しました。
しかーし。30分くらい歩いてもなかなかそれらしきものは見あたらず。
やっぱりこっちの人の30分は、私たちの1時間なのかしら…
それに、なんとなくあの丘の向こうと指さしたような?
5万分の1の地図にはこのへんにドルメンあり、との印はあってもおおざっぱにひとつだけ。
地図を見ながら考えていると、1台の車がやってきて止まってくれました。
2つ足のドルメンの形を手で作って尋ねると、乗せていってくれるとのこと!やったー
確かに下から見た丘の向こう、そしてめざすドルメンはとても美しい谷にありました…

案内してくれたお父さん。ホントはジョーさんと肩を組んでのツーショット

車にはGOBIELNO DE ARAGON のロゴが入っていたので、お役所の人なのかな~
この後、谷の向こうまで行くのだとか。ものすごい速さで歩いて行っちゃいました。
ここまでとぼとぼ歩いてきたら1時間以上はかかったと思うし、ドルメンは山小屋の裏にまわりこんだところにあったので
私たちだけではみつけられなかったかも。だって、横から見たらただの岩と変わらないんですものー

ドルメンは先史時代のお墓。こんなふうにして作られたのではないかという図

それにしてもこの谷の美しいこと

「上に上がったらもっときれいだよ」と車の中でお父さんの言った通りです

眺めを堪能して帰ろうとしたら、道の向こうからお馬さんがぞろぞろ

谷に草を食べに来たんですね~

牛も追われてます

これも先史時代の遺跡、小石を積んだストーンサークル…みたい

これは大分新しい廃墟ですね…石造りの家の壁の厚みがわかります

ギザギザ山が見えますー

そしてカスティージョ デ アチェール

行きはドルメンのところに早く行きたくて見逃していました。教会関係の敷地から

お城の名前がついてますが、確かに城壁のようです

さあ、これから今日の宿、トルラ近くのフラヘンまで走らなきゃー
関連記事
'10ピレネー コメント:13 トラックバック:0
コメント:
--No title--

ぷぅたのお尻!!!
絶対ぷぅただ(笑)
by: ponta * 2010/07/23 14:38 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

昨夜ピレネーを走るツール・ド・フランスの様子をニュースで見ました。
やはり周辺地域ではサイクリングの環境が整っているのでしょうね。
またまた愉快なブタちゃんの写真。なんだかこの地域にいる動物って、アニメのキャラクターのように人間の言葉を話しそうな個性がありますね。

ドルメンのある谷、この空気の透明感、うっとりするほど素晴らしい情景です!
by: honeyfire * 2010/07/23 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

やっぱり一発でわかっちゃいましたね! pontaさん
寝姿もいっしょですよね~(^o^)

honeyfireさん
ツール・ドフランスには石垣島出身の新城選手が出ているので応援したいのですが、
こちらではテレビ中継がなくて残念です~(スカパー!とかなら見られるのかしら?)

ブタちゃん、ほんとに爆睡していて笑っちゃいました~

先史時代のひとたちもこの谷の美しさに魅せられて、ここにドルメンを作ったのかもしれませんね。
by: fromishigaki * 2010/07/23 21:43 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

今日も美風景を見せて頂きました。
ほんとに美しいですよね~
人間も馬も豚も、みんな生き生き♪
なんか嬉しくなりました。
by: カヌ太郎 * 2010/07/23 22:29 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

カヌさん
この谷を向こう側に越えて行くとレスクンまで歩いて行けるんですよね~
国境付近というのはどうしてこう、いい感じなのでしょうね?
(てゆーか、自然が険しいから国境になったのかしら?)
by: fromishigaki * 2010/07/23 22:51 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

ほんとに美しい~♪
ためいきです。
切り込み隊長はやめて、みんなの旅行記見てから旅したほうがいい気がしてきました。。。。
こんどピレネーに行く時には、車の運転上手になって、ここ行きたいです~。
by: フルリーナ * 2010/07/26 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

いえいえ、私たちが今回ピレネーに行けたのも
フルリーナさんの切り込みのおかげです♪
これからもどんどん切り込んで、素敵な場所を紹介してください~
by: fromishigaki * 2010/07/27 00:02 * URL [ 編集] | page top↑
--アチェール城--

おひさです。
ロケットの件で
なんだか騒がしそうですね。

来年夏、友人と共同で
アチェール城に登りにいくことに
なりました~。
赤い山の頂はビーチサンダルの
裏側みたいに
なっているそうです。
わざわざ草履の裏側を見るために
アラゴンの辺境にいくなんて
物好きの極みみたいです(笑)


by: カヌ太郎 * 2012/12/08 09:45 * URL [ 編集] | page top↑
----

カヌ太郎さん

こちらこそおひさしぶりです!
マスコミはミサイルっていってますが、カヌさんのおっしゃるとおり
弾頭を積んでいないのは「ロケット」が正しい言い方となにかで読みました。
あっ! 
ちょうど今、防災無線が「打ち上げた」って言ってます!
20分間窓開けるな、ということです…(>_<)

アチェール城! あのてっぺんに行くんですねー!
どうしてそういうオハナシに?
ビーサンの裏側って?? 波なみになっているんでしょうかねー
レポ楽しみにしています!

私は次回チロルに行きたいと思って調べ中です
カヌさんのチロル旅行記も参考にさせていただいてます
おすすめの
「チロルパノラマ展望」
津田さんの「チロル案内」
CICERONEの WALKING IN AUSTRIA
この3冊とウェブサイト回りでワクワクしてマス♪
また聞きたいことが出てきたら質問させてくださいねー

by: ナツ * 2012/12/12 09:55 * URL [ 編集] | page top↑
--マニア--

こんばんは。
みんどろの、りんだ姐さんが
とあるHPの写真を見つけ
山頂がフリルになっていて凄いことを発見。
どストライクゾーン。
ということで3度目のピレネー行きが
きまりました。

チロル良いですよ。母なる山々。
雪と岩、緑と花畑、安くて清潔な宿。
花いっぱいのバルコニーの民家。
懐かしさがこみ上げて来ます。
by: カヌ太郎 * 2012/12/12 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
----

りんだ隊と合同なんですね~
最高におもしろい旅になりそうですね!
by: ナツ * 2012/12/13 08:13 * URL [ 編集] | page top↑
--アチェールに行ってきました--

こんばんは。
ご無沙汰いしています。
先週、3度目のピレネーに行ってきました。
そして、アチェールに登ってきました!!
頂上までの急勾配、1230mの標高差を8時間かけて往復しました。かなりキツかったですがバスク人のガイドとともに5人で完登しました。
頂上がとにかくすごいことになっています。
アラゴン、また魅了されてしまいました。


by: カヌ太郎 * 2013/07/20 22:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

カヌ太郎さん

お帰りなさい!
返信遅くなってスミマセン。
アチェール踏破したんですね!
やりましたねー
旅行記楽しみです!
by: ナツ * 2013/07/23 08:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1202-dd6ac62a
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード