FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

サンタ・クルス・デ・ラ・セロス

2010/08/12(Thu) 11:46
車に戻り、再び修道院の前の道を通ってサンタ・クルス・デ・ラ・セロス村へ。
途中、ピレネーの山並みがうっすらと見えました

11世紀創建と伝えられる聖カプラシオ教会。壁のアーチ型のへこみがおもしろい~

そしてサンタマリア教会へ
鐘楼の窓がかわいいのです

正面の扉を飾るのは

やはり素朴で力強い彫刻

二頭の獅子、そしてXPはキリストのシンボルとか

柱の動物たちもかわいらしくって

もっと上にも動物たちが。おさるに牛?

コブラに…鳥? なぜ二羽なんでしょ?

左はなんだろう? なんだかアルマジロのような?  右は猫?

さまざまな動物を守護神として、プリミティブなアニミズムの気配がしますね

内部も質素です。正面の窓はアラバスタ窓でしょうか、柔らかな光が美しいのでした
関連記事
'10ピレネー コメント:4 トラックバック:0
コメント:
--No title--

ピレネーの旅ずっと見せてもらっていますが、雄大な景色・街の雰囲気・そこに住む人々の振る舞い・歴史を感じる空気感にため息が出っぱなしです。南の島や海にしか興味がありませんでしたが、いいですねぇ。行ってみたいです。
by: こーらる * 2010/08/13 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

こーらるさん
ピレネーすてきでしょ~?
フランス側とスペイン側とまたたたずまいが変わるし、ロマネスクの街には中世という時代のミステリアスな雰囲気がそのまま残っていてとても惹かれます。
石造りの建物や道、その色や質感にはなんともいえない温かみがあって、彫刻というアートも加わり魅力的なんですよねぇ
by: fromishigaki * 2010/08/13 13:50 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

アラゴンの素晴らしさが満載!
このあたりのロマネスクの彫刻には
素朴でありながら底知れぬエネルギーというか
力を感じます。
車なしではこのあたりには行きにくいので
ナツさんのレポ、貴重です。
by: カヌ太郎 * 2010/08/14 12:04 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

このあたりの彫刻、おっしゃるとおりなんだか不思議なパワーを感じますね。
プレロマネスクというか、もう少し古いものの名残でしょうか?
修道院という隔離された場所で守られてきたもの…薬草学や秘術などにからむ暗号も残っていそうで、ぞくぞくしちゃいます~
by: fromishigaki * 2010/08/15 10:41 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1228-7a073179
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード