FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

満潮のサヨリ

2007/09/16(Sun) 22:29

ということで朝の満潮にサヨリを狙うべく、6時前に起床。
「バラ色の朝焼け~♪」と感動していたら、常に早起きのジョーさんいわく「いつもだよ」


s-DSCF6074.jpg
7時過ぎには釣り場に着いて、ポットの熱い紅茶をすすりながらぼちぼちと。
満潮は9:44なのに、ちょっとはりきりすぎ?
さすがにまだ早すぎて、釣れるのはコーフばかり。
でも8時になると…。
s-DSCF6082_edited.jpg
やっとお目にかかれましたぁ。サヨリちゃん。
去年の秋冬はあまり投げ釣りに来なかったので、久しぶり~。
と、低いレベルでよろこんでいたら…

以前もここでお会いした達人が登場。
投げてはゲット、投げてはゲットの勢いで釣り始め、
あまりにも要領のわるい手際でなかなか釣れない私たちを見るにみかね、
いろいろと教えてくれました。

達人、まずは仕掛けが違う!
ムチのようにヒュン! としなる竿に、
微妙な動きもとらえる素晴しく感度のいい浮き。
なんと自作の浮きでした。
惜しげもなく作り方を教えてくれた上に、見本もくれちゃう気前のよさ。

満潮前後の2時間で40尾、なんと3分に1尾の驚異的な効率で釣っていた達人は
釣れる時間が過ぎるとさっさと手仕舞い。
はさみで手際よく獲物をさばいて、スマートにお帰りになりました。

「1年365日釣りをしてるよ」とおっしゃる達人は、
自作の浮きの微妙な動きを見逃さず竿を引くので、
ただえさをなめてるだけのサヨリもひっかけて釣り上げる。
私たちは、浮きがつーと横に引くまでわからないので、
ホントにぱくんと食いついたサヨリしか釣れないのでした。
というわけでサヨリはふたりでたったの10尾。
よーし、技を磨くぞぉ~42
minisayori070917.jpg
というのも岸辺のこんな岩の下に、サヨリのちびちゃんがたくさん泳いでいるのを発見。
5~10cmくらいかな。
数ヶ月後には食べ頃サイズに成長してるはず~。

ほかにはまあまあサイズのコーフ5尾、チビガーラ、コトヒキなど。
サヨリは晩のお刺身に、
コーフは和名をセダカクロサギといい、汽水域に棲む魚。
達人のお薦め通り、三枚におろして昆布締めにしてみました。
昆布の風味がしみてウマ~。





 

関連記事
釣り コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/124-04224195
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード