FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 06
05≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 ≫07

がれき受け入れ反対メールをお願いします

2012/03/24(Sat) 23:54
石垣市市議の仲嶺議員が、石垣市もがれきを受け入れを表明してもいいのでは、という決議案を、
27日の市議会にて提出するそうです。
がれきを受け入れれば、石垣島にも放射能汚染が拡大される危険があります。

このブログをご覧の、石垣を愛するみなさま。がれき受け入れ反対メールをお願いします<(_ _)>
石垣市までがれき受け入れ反対のメールを送っていただけないでしょうか。
石垣市役所電子メール送信フォーム

阪神・淡路大震災でのがれきは2000万トン
東日本大震災での岩手・宮城・福島3県のがれきは2253万トン
阪神・淡路大震災でのがれきのリサイクル率は50%で、その90%が土地造成に用いられている

なのに、「膨大ながれきは全国で広域処理しないと復興が進まない」というのはなぜ?
ただでさえ足りない税金を湯水のように使ってがれきを遠方にまで運ぶのはなぜ?
放射能に汚染されているがれきを拡散して汚染を広げるのはなぜ?

国のがれき処理予算は3626億円

「がれきを受け入れた自治体には財政支援」
「受け入れ自治体焼却場の減価償却費も国が負担」
「将来的な拡充も国が支援」

という政治主導で、国民の税金3626億円というたなぼたを山分けするのは
燃やすゴミが欲しい市町村と、産廃特需に群がる業界だけ。

石垣島まで受入表明! がれき処理は利権ビジネス? -「がれき処理みんなの力で進めよう」の綺麗事の裏

新党日本「縮原発・脱原発 瓦礫利権の闇」

がれきを受け入れてはならない12の理由~「放射能を拡散させない市民の会」代表・秋田大学村上教授の公開質問状

「瓦礫」のトリック…その危険性とトリックを正しく知ろう~武田邦彦

でもどうしてそこまでして?
阪神・淡路大震災のがれきは被災地で処理して、
東日本大震災のがれきは莫大なお金をかけて全国で広域処理するのはなぜ?

それは 今回のがれきが放射能汚染されているから。
汚染されているからこそ、国が大々的に宣伝して、おカネをばらまいて、
地方自治体を飴とムチで脅してすかして、処理させているのでは?

静岡の島田市長が岩手県知事たちとの会談で
「がれきの受け入れが各地で進めば風評被害もなくなる」 といみじくも言ったように
汚染を拡散して全国に広めてしまえば、放射能による実害も広く拡散する。
そうすれば被災地での、放射能汚染としか特定できない体調の悪化が顕在化するのを防げる。
国は放射能の汚染を拡散して、放射能による健康被害をできるだけ目立たなくして、
賠償問題から逃げようとしているとしか思えない。

2012_03230094.jpg

せっかくデイゴがヒメコバチ被害から復活してきたところなのに…

石垣島在住の方は、3月27日(火)、午前9:40までに石垣市役所3階に集まり
がれき受け入れ反対の声をあげましょう!

くわしくは続きを読む で


※ともだちから回ってきたメールです。

> ☆拡散希望です!重複お許しを!
>
> 来る27日(火曜)に石垣市役所3階にて、瓦礫受け入れについての市議会が開かれます。
> 30席の傍聴席が用意されていますが、それを上回るほどの大勢の市民が詰めかけることにより、プレッシャーを与えるということと、反対市民が多数居るという新聞報道にもつながります。
> また、市議会が始まる20分前にはその辺でウロウロしている議員さんに直接話すことが可能らしいので、一市民として訴えかけることができます。
> 議員の中にも本当のことを知らない方が多数いるそうです。
> 瓦礫受け入れ反対に賛同していただける方々は、ぜひ27日の午前9:40までに市役所三階へ集まりましょう!
> 瓦礫受け入れが決定してしまうと、石垣島は放射能汚染地域と化してしまいます。
> 真っ先に子供達が健康被害を受けることになります。
> 食べ物も汚染されてしまいます。
> さらに、風評被害により観光客が減り、産業が成り立たなくなります。
> すでに、五月に来島予定の観光客からのキャンセルが発生しているようです。
>
> 沖縄の神人、比嘉良丸氏もこれから先の食品汚染による食料危機と子供達の健康被害についてかなり危機感を感じておられるそうです。
>
> なるべく大勢の方々に拡散をお願いします。
> そして参加の程、よろしくお願いします。




関連記事
daily1 コメント:9 トラックバック:0
コメント:
----

私は那覇在住のウチナーンチュです。まず、瓦礫受け入れ賛成か反対のいずれの立場でもない事ことわっておきます。瓦礫問題が出るたびに反対だの賛成だのと物議を醸し出しておりますが、受け入れに難色を示している方々は放射能汚染されていない瓦礫も受け入れ反対なのですか?なんで、放射能汚染の有無を模索する方法を論議せずに反対を唱えるのですか?東北の復興を願うのは、まず身の安全を確保されているのが前提なのですか?なんで、汚染の有無を鑑別する方法が論議なされないのですか?これは賛成派の方々にも声を大にして問うてみたい大きな疑問です?
by: うじゅる * 2012/03/25 12:31 * URL [ 編集] | page top↑
----

甘いですね。
私は埼玉県在住ですが、地域の家庭ゴミを燃やしているだけで
数千ベクレルの焼却灰が発生して焼却場の職員は、原発職員のような
防護服を着ながら作業しています。
焼却灰の持って行き場がなく、焼却場の通路や倉庫至る所にドラム缶に
入れて保管している有様です。

ちなみに私の住んでいるところは、ホットスポットでもなんで
もありません。そういう場所で数千ベクレルの焼却灰です。
原発から約200km離れています。同じような距離で、ホットスポットの
柏市では、7~8万ベクレルの焼却灰が発生しています。

瓦礫に線量計をあてて、空間線量測っているようでは瓦礫の汚染なんか分かりません。
瓦礫の汚染を測るのはμSv/hではなく、Bq/kgです。
おまけに、燃やすと濃縮されるので瓦礫測って云々でもありません。
燃やすと、大気にも拡散されます。
燃やしてみて、焼却灰を測って初めてどれだけ汚染されたものか分かる代物です。

稲わらや粉ミルクの汚染が見つかった原因は何でしたか?
そんなの知りませんか?覚えていませんか?

沖縄のピザ屋で使った薪、その灰からのかんすいで作った沖縄そばのこともう忘れましたか?
薪は線量を測って問題ないので、沖縄で使われました。
その後、琉大でBq/kgで測って汚染が判明したのは周知かと思います。薪は数百Bq/kgで、
灰は数万Bq/kgのセシウムでしたよね。これで、どういうことか分かりますよね。

最後に、原発事故で放出された放射性物質はセシウムだけでは
ありません!測っているのは、セシウムだけなのも問題なんですよ、本当は。
セシウムはγ線。肝心なα線β線は外部被曝には関係ないとして無視されていますが、
内部被曝には重大な影響を及ぼします。

だいたい、瓦礫は街なかにはありませんよ。片付いています。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2099811/Eleven-months-tsunami-earthquake-ravaged-Japan-new-pictures-incredible-progress-multi-billion-pound-clear-up.html

日本の報道しか見ていないといいようにダマされますよ。
by: こーらる * 2012/03/25 14:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

なるほど、瓦礫を焼却する際に発生する問題はよくわかりました。ありがとうございます。で、もう1つ疑問がわいてきたので教えてください。現在被災地にある瓦礫は、現地から移動しなかった場合、現地の住民は常に被曝の危機にさらされたままですが、このことについては解決策はあるのでしょうか?
by: うじゅる * 2012/03/25 19:11 * URL [ 編集] | page top↑
----

うじゅるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

報道から島田市の事例などを見ると、運ばれるがれきすべてが測定されるわけではなく、ごく一部のサンプル検査で汚染の有無を決定するようです。
空間線量の測定ですら、高圧洗浄で線量を下げたところを測定して公表しているとのことですから、がれきも推して知るべし、汚染の低いがれきとともに、測定されない高濃度汚染がれきが運ばれる可能性は大きいと考えられます。

そして、こーらるさんがコメントしてくださっているように
kgあたりのベクレルがどんなに低くても、それが何十万トンも運ばれ、しかも焼却で濃縮したら…

問題は、その場合の汚染ががれきが焼却されてからでしかわからないこと、
また一度大気中に放出され、大地に、植物に、海に飛散した場合、なかったことにするのは不可能だということです。
ストロンチウム、セシウムの半減期は約30年、半減の半減の半減の…と減っていっても、まったく汚染がなくなるまではどれだけの時間がかかることか。
またプルトニウムの半減期は2.4万年、ウランは45億年です。
これらは米国で測定が確認されていて、日本にも相当量が飛散しているのではないかといわれています。
「米国でプルトニウム・ウランが測定される:過去20年で最大値!」
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html
一度放射性物質が拡散したら浄化されるまで、人間の寿命ではとても手に負えない膨大な時間がかかるのです。原発はそんなものを安易に扱って電気をつくっているのです。

それに、がれきを広域処理しても汚染地域を広げるだけで、被災地の汚染がなくなるわけではありませんよね。
汚染地域は広げず、汚染されていない土地はできるだけそのまま守り、安全な食物の生産地や避難先として確保しておくことが、被災者の支援になると思うのですが…

>被災地にある瓦礫は現地から移動しなかった場合、現地の住民は常に被爆の危機にさらされたままですが、このことについて解決策はあるのでしょうか?

放射性物質を好んで捕食して浄化する光合成細菌その他、微生物の力で徐々に無害化できないかと希望をもっています。
去年の浜下りの日に書いた記事のように…
http://fromishigaki.blog94.fc2.com/blog-entry-1364.html

人間も発酵食品をたくさんとり、ストレスを減らして自己免疫力を高める。
でも、何より吸い込まないのがいちばんなのですから、高濃度汚染地域からは離れたほうがいいと思います。

こーらるさん
詳しいご説明をありがとうございます。
また何かありましたら教えてください。


by: ナツ * 2012/03/25 23:52 * URL [ 編集] | page top↑
----

うじゅるさん
 瓦礫に放射性物質を含んでいることと、瓦礫が放射化して
(放射性物質になる)しまうことと混同されていると思います。

瓦礫から被曝するということは、瓦礫自体から放射線が放出
されて、外部被曝するということです。そういった放射化した
ものは、高線量下に曝された瓦礫のみで、岩手や宮城の瓦礫で
はまず見当たらないと思います。

瓦礫自体の線量は、瓦礫がある地域の空間線量と大体同じよう
なものです。ですから、瓦礫で外部被曝というよりその地域自
体の外部被曝量と言えると思います。(それでも、東日本では原
発事故以来低線量被曝下にいます。私は埼玉在住ですが、事故
以前の線量0.04μSv/hから今は0.12~0.18μSv/hとなっていま
す。)

ですから、瓦礫の放射線量による外部被曝ではなくて、瓦礫に含
まれる放射性物質(セシウム・アメリシウム・プルトニウムetc...)
を体内に取り込む内部被曝が問題なのです。瓦礫からの飛散がな
いように保管し、最後はその地に埋めるしかないと思います。

汚染されていない土地に持ち込み焼却するのは、痛みを分かち合
うのではなく、残念ながら被害を広げるだけです。私は焼却にも反対で、
深く地中に埋めて処理するしかないと思っています。
(もちろん、漏れださないような対策をした上)

こういう提言もあります。
http://www.greenglobe.jp/miyawaki/proposal2011.pdf
http://www.youtube.com/watch?v=gDOEs2_ONGM

ナツさん
 教えるなんてとんでもないです。汚染された地で生活して
いるのですから(私は静岡までアウトと考えています)必死で
調べて対策しているのです。汚染のない土地にまで、汚染を
広げることは、絶対反対です。
by: こーらる * 2012/03/26 03:00 * URL [ 編集] | page top↑
----

こーらるさん、ナツさん、ご丁寧な回答ありがとうございます。かなり認識不足であったことを痛感いたしました。東北の復興とか絆とか綺麗ごとを並べている割には、いざ自分の所に被害が及ぶとなるとこんな冷たい対応をするのか、、、など反対派には懐疑的な思いを抱いた事もありましたが、すべて氷解いたしました。ありがとうございました。綺麗な郷土、日本そして世界を守るためともに頑張りましょう。
by: うじゅる * 2012/03/26 12:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

こーらるさん
厳しい現実に目を向けるのは苦しいことですが、対策するのとしないのとでは大きな違いが出ますよね。

うじゅるさん
沖縄本島では「沖縄ががれき受け入れを表明しないと、基地を全国に受け入れてほしいとはいえなくなる」という意見もツイッターで目にしました。それとこれとはまったく別問題なのに、感情論で議論するのはこわいですよね。

私もまだまだ不勉強ですが、客観的な情報をできるだけ集め、理性的に考えられるよう努力していきたいです。
これからもよろしくお願いいたします。
by: ナツ * 2012/03/26 14:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

うじゅるさん
分かっていただけて嬉しいです。政府も本当のことは言わない
し、報道機関も追随しているような状況です。これでは政府の
広報機関です。原発事故が起こって初めてその実態が分かった
気がします。チェルノブイリの前例があるので、言っているこ
とが本当かどうか、比較するといろいろ見えてくるのです...。

ナツさん
父親とは怒鳴り合った末、原発事故の深刻さをようやく分かって
もらえたくらい大変でした。ですから、本当は友人達にもきちん
と説明したいのですが、出来ません...。
身内でさえこうなのですから、とても説明する気にはなれません

これ↓を見せれば即分かるとも思うのですが...
http://ameblo.jp/kansaibotan/entry-11119542169.html
前記の表は文科省の発表値に基づいています。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/

自宅はこれhttp://radiation.yahoo.co.jp/airborne/
で見ると、セシウム134+137の値が10k~30kの区切りの
境目辺りの10k以下の土地です。
この10k Bq/㎡以下とする最低値も随分とまやかしで
酷いものです。要するに0~10,000Bq/㎡が一括りですから。

空間線量率なんて0.1~1.0μSv/hまで、色の違いなんてわざと
分かりにくくしてありますし、0.1μSv/h以下の範囲が広過ぎで
信用出来ません。γ線だけでもちょっと有り得ないです。

ご存知かと思いますが、3月15日と21日にこれだけ未曾有の放
射性物質と量が関東に押し寄せているんですよね。
http://www.cpdnp.jp/pdf/120323Takasaki_report_Mar20.pdf
3月15日に関東に居た人は、確実に被曝していると知ったら
こんなに呑気にしていられないと思うんですが...
私は、15日は屋内(木造家屋の自宅なので被曝は避けられてない)
にたまたま1日中いました。16日午後から、福岡へ飛びました。
(前日まで沖縄全便空席に余裕があったのに、空港着いたら全て満席で、
残りは福岡便と高知便だけでした。[JAL西日本方面]
福岡便は私が買ってから30分後には2便とも満席になりました。)


by: こーらる * 2012/03/26 21:40 * URL [ 編集] | page top↑
----

こーらるさん
私もあの日以来、原発事故関連の情報を追うのが日課になってしまいました。
ほんとうのことを隠す政府と、その欺瞞を宣伝するだけの報道には唖然とします。
もうあまりに腹が立つので、テレビのニュースは見ていません。
まわりにも「食べ物に気をつけて。発酵食品をたくさんとって」としかいえないでいます。
被曝の影響は個人の免疫力によっても変わるし、
汚染はまだらなので、仕事や持ち家その他をなげうっても避難して
身の安全を第一に考えるほどの汚染なのかどうか判断がつきかねること、
その人のクォリティ・オブ・ライフ~価値観の問題とも大きく関わることなので…
ほんとうにむずかしいです。

by: ナツ * 2012/03/27 00:25 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1555-c958d5ed
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード