FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

復帰

2012/04/20(Fri) 20:07
Nさんのところに里子に出していた巣箱が戻ってきた
といっても、新女王に、働き蜂もほとんど更新しているだろうから
新しい一群を譲ってもらったようなもの

で、今回はオオヒキガエル対策として、ブロック3段積みの高床式に

2012_04200003.jpg

これなら届くまいー
今年はなんとか人工分蜂して2箱にしたい

Nさんも、手塩にかけた蜂がどんなところで飼われるのか心配だったのだろう
わざわざ畑まで来て、設置の様子を見てくれた
夜、真っ暗な畑で、蛍の光と懐中電灯の灯りだけがともるなか、
ながながと立ち話…
気がついたら2時間ちかくたっていた


Nさんは養蜂歴30年
昼間、おうちに内検させてもらいに行ったら、網もかぶらず手袋もしないでフツーに巣箱を開けていた
「蜂と相談してるからだいじょうぶ。手袋なんかしたらかえってあぶない」という

生まれは波照間島で、波照間でも40箱くらい飼っていたらしい
その40箱を石垣に持ってきて、知り合いのカボチャ畑に置いたら…
しらない間に畑の主さんが勝手に巣箱を移動させてしまい、ほとんど迷子になってしまったのだとか(>_<)

そのときかろうじて残った2~3箱をこつこつとふやして100箱までにしたが、
いわく「波照間の人間は商売がへた」なため、事業としては軌道に乗せることができず
親戚を通じて那覇で群れを売却したそうだ
そして今また、100箱めざして群れをふやしているところ

そんなNさんでも、この秋冬の長雨にはまいったらしい
「やせがまんして砂糖水あげなかったら、ずいぶん弱ってしまったよ」
花が少ない、雨が多いでは、養蜂はむずかしい
それでもプロポリスと蜂針治療の有り難さを考えたら、給餌をしてでも蜂を飼う価値は大ありだという
「蜂蜜なんかめじゃないよ」とNさんはいうのだ。

プロポリスはアルコール度数60度以上の泡盛に漬けてアルコール抽出する
怪我をしたら傷口に塗ると、とても治りが早いそうだ
包丁でざっくり切ったときも、プロポリスを塗って浸してぐるぐる巻きにしておいたら
10日ほどできれいに治っていたという
水で薄めたもので、歯磨きのあと口をゆすぐと虫歯や歯槽膿漏の予防になる
「養蜂家は、巣箱からむしりとったプロポリスをガムのように噛みながら仕事するもんだよ」

蜂針は、肩こりや膝の痛みなどにきくほか、
顔にできた大きなほくろに毎日刺していたら、いつのまにかなくなってしまったという
「前立腺肥大の予防と治療にもいいんだよ。歯茎の腫れも蜂針刺すと、きれいにひくよ」

そのほか蜂の話題だけでなく、自然や生き物、波照間の昔の暮らし、酒造りなど、いろいろと興味深い話が尽きなかった…
なかでもいちばん衝撃的だったのは、子どものときのおやつの話

お供えなどかたくなった餅にいろいろなカビがはえてきたら、水を加えてかきまぜる
ときどきかきまぜながら、さらに何日かおく
「そのどろどろになったものを、そのまま食べる。それがおやつだった」というのだ!

ヤマトの文化が入ってくるまでは、餅はつきたてか、そうやって食べるものだった
お餅を焼いて食べると聞いて、「えーっ、餅焼いて食うの?」とびっくりしたらしい

カビのはえた餅が栄養満点のおやつだったという驚愕の事実
でも、Nさんが子どもの頃は、波照間ではどの家も酒をつくっていて、もろみの段階まで家で世話していたという
だから、おうちの中はものすごく優秀な菌がたくさんすんでいた、最高の発酵環境だったはず
お餅にはえたカビも、泡盛をおこす麹カビと同じものだったに違いない

いいカビとわるいカビの違いもわからず
カビがはえたら切って捨てるのが当たり前という現代
いい菌もわるい菌も何もかも消毒してしまう
そのほうがよっぽど怖ろしいのに。




関連記事
bee コメント:7 トラックバック:0
コメント:
----

自立と共生を実践している生き方に共感しています。
とても勉強になります。
ありがとうございます。
by: yonaha * 2012/04/21 08:55 * URL [ 編集] | page top↑
----

こちらこそありがとうございます。
現代社会がねじまげてしまった、昔ながらの暮らしの智恵
それを実体験として記憶している方が
まだたくさんいらっしゃるんですよね
そんなお話がとてもおもしろくて貴重です



by: ナツ * 2012/04/21 11:33 * URL [ 編集] | page top↑
--ほぉぉ--

島根より、おかえりなさい(ちょっと遅いか)。そしてハチさん、おかえりなさい(メンバー違うか)。

カビ餅話、興味深い~。興味深いというか、日本語に当てはめると何になるかつかめないけど、perspectiveって感じだ。工業食品ってなると安定性第一になるから、こんなカビなんて許されないよね。

どうでもいいけど、コメント欄の認証用キーワードがハチサンだわ(笑)。
by: さくらンボー * 2012/04/21 12:33 * URL [ 編集] | page top↑
----

perspectiveかあ~
なんとなくわかるー
青カビチーズは今でもりっぱに市民権得ているのにね

島根は結局温泉巡りになりましたー

ハチサン、ナイスシンクロ♪
私もロクはち(笑)
by: ナツ * 2012/04/21 15:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

へぇ~、そのお餅の話は確かに衝撃的!
でも、なっちゃんが言うように、現代はなんでもかんでも無菌状態のように清潔一点張り。
これから食品業になろうという人間が言うのは問題ありかもしれないけど、ある程度の幅を持たせないとかえって人間本来のチカラが弱ってしまうのにね。
以前、賞味期限が過ぎてる食品を出そうとしたら、俺を殺す気かってダンナに文句言われたって言ってた友人がいたけど、「消費期限」と「賞味期限」すら混同されてるし、ああいうのって目安なのにね。
とにかく日本人は神経質になりすぎ…。
by: CoGG * 2012/04/26 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
----

ほんと賞味期限表示って意味ないとおもうー
匂いとかかいで、食べられるかどうか自分で判断すればいいだけの話なのにー
どちらかといえば、むかしのように製造年月日が知りたい
いったい何の魂胆で、賞味期限表示にしたんでしょうねー
by: ナツ * 2012/04/27 08:43 * URL [ 編集] | page top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2012/05/20 12:51 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1573-223707fc
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード