FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

都市を守る

2012/07/06(Fri) 10:43
日本一、度数の高いスピリッツ「どなん花酒60度
与那国島の国泉泡盛でつくられている
どなんとは「渡難」、渡り難い国境の島

2012_07050009.jpg

花酒とは蒸留のはなさき、いちばん最初に出てくるお酒のこと
香りも純度もいちばん高い
瓶のふたをあけただけで、ふわっと強い芳香があふれてくる

黒糖をつまみに一杯やりますか

2012_07050015.jpg

ってウソウソ。これは黒糖ではなくて、蜜蜂が巣の穴や隙間を埋めているモノ

2012_07050039.jpg

巣箱のふたの裏に、サッシのゴムパッキンのようなものを作って
外敵や雨風が進入するのを防いでいる
これがプロポリス

語源はギリシャ語で、pro は「前」、polis は「都市」
都市の前にあって都市全体を守る、という意味なのだそう

その強力な抗菌・抗炎症作用から、健康食品としても有名
私は買って飲んだことないけど、食用アルコールで抽出した液体や飲みやすく精製した顆粒、
原塊を粉末状にしたものなどがあるようで…どれもけっこうなお値段!

上の上の写真は、蜜蜂にあまり支障がないようなところのプロポリスをこそげとってきたもの
これを「どなん」に漬け込む

2012_07050026.jpg

いくらもしないうちに中の成分が溶け出してきて、きみどり色に

2012_07050032.jpg

緑茶のようだ

それもそのはず、プロポリスは蜜蜂が花や樹木の皮から集めてきたヤニや樹脂を噛み続けて作られるモノ

約20~30種類に及ぶ、非常に濃い形の植物性フラボノイドが含まれているとのこと
このほか、10種近くのミネラル、アミノ酸、数種類のビタミン、脂肪、有機酸などが確認されているらしい
(『プロポリスの薬効』ヘルス研究所 より)

フラボノイドには高い免疫作用があり、
これらが蜜蜂の唾液の酵素と混ぜ合わされて、さらに薬効を高くしている

蜜蜂の巣は、このプロポリスをくまなく塗りまくっているのでほぼ無菌の環境にあるのだとか

プロポリスは昔から行われてきたアルコール抽出で97~98%が抽出でき、
残りの2~3%を水抽出法や超臨界抽出法などを使って二段階で抽出するらしい

でも、食用の無添加のお酒で97~98%抽出できれば御の字
2週間~1ヶ月ほど、ときどき攪拌して寝かせる
お水に数滴垂らして飲んだり、うがいしたり、傷口や火傷の消毒薬としてつかったり

抽出、保存ともにできるだけ度数の高い、高純度のお酒が適している
世界には90度のウォッカや80度のラムなんかもあるけど
石垣産のプロポリスには八重山の泡盛が合うはずねー



関連記事
bee コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1619-30d612e3
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード