FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

馬赫坡古戦場歩道

2016/06/11(Sat) 08:48
源泉からの帰り道、地熱弁から山のほうへ向かう道があるけど…
看板の地図によると、一周して温泉街に戻ってこられるというのでGo

すると、地熱弁のところで遊んでいたわんこのうち一匹が(源泉アルバムの写真で振り向いているワンコ)
道案内をかって出てくれた

sIMGP3476.jpg
こうやってちょこちょこ振り向いては、ちゃんと来ているかどうか確認してくれる

sIMGP3468.jpg
馬赫坡(マヘボ)部落址で またセデック族の面石像 こちらは男紋

sIMGP3469.jpg
急斜面のところどころに段々畑

sIMGP3491.jpg
朝から畑仕事のお兄さん  何を植えているのか聞いたけど、言葉がわからなかった
ピーマンの苗みたい

sIMGP3494.jpg
馬海僕渓の橋を渡る

sIMGP3499.jpg
紫のシャツにオレンジのエプロン、ピンクの長靴と、カラフルな配色のお母さん
ほら、いい眺めでしょ? みたいな感じ

sIMGP3498.jpg
よくこんなところに畑を作っているなぁ…

sIMGP3503.jpg
温泉街まで下り坂  あちこち匂いチェックに忙しいわんこ、あわてて追いつく

sIMGP3506.jpg
ホテルの前に集合しているハイキング姿の団体さんが、これから歩く予定の地図を見せてくれた
今私たちが歩いてきたのと同じ道 
古戦場址に上がるところは犬が何匹もつながれていて吼えられ、
朝食の時間に間に合うかどうかも心配だったので私たちはスルーしたけど、
古戦場址もゆっくりまわると2時間コースらしい

sIMGP3510.jpg
車を停めているところが見えてきた…もう一息

sIMGP3516.jpg
坂をのぼったところにある吊橋も渡ってみる 

sIMGP3518.jpg
空中盆栽 www 置くときがこわそう…

sIMGP3519.jpg
道案内お疲れさまー 1時間半もつきあってくれてありがとう  暑くてヘロヘロのご様子
この子、右前足の先がないので歩くのは三本足だけど、元気いっぱい
私たちが朝食をとっている間も、玄関先に寝そべって待っていた
バイキングのマントウをひとつもらってあげると、ぜんぜんがっついていなくて
手でちぎるぶんずつお上品に食べた
おなかはすいてないし好物でもないけど、一応くれるものはいただきます、みたいな
男の子だけど、とろけるようにやさしい笑顔も見せてくれた

sIMGP3521.jpg
金柑の皮入り(?) 朝食のお粥が美味

この廬山温泉から古戦場の址をまわるハイキングコース、温泉とセットのツアーで
団体さんも多く、けっこう人気らしい

でも、台湾古道~台湾の原風景を求めて  によると、
「現在台湾で「古道」と呼ばれるそのほとんどが、日本時代の原住民族(「高砂族」)に対する警備道(「理蕃道」)だった。」とか

霧社事件(台湾では村のことを社というので、霧村事件、という感じ?) は
日本統治時代後期における最大規模の抗日暴動事件(ウィキペディア)、とあるけれど
そもそもは日本人による不当な先住民統治が根底にある
セデック族は民族の誇りをかけて戦い、それを印象的に描いたのが映画『セデック・バレ』
ツタヤのネットレンタルであるみたい  近いうちに観ようっと






ほかの写真も見る場合はこちら…   アルバム  馬赫坡古戦場歩道






関連記事
'16台湾 コメント:0 トラックバック:0
コメント:
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1866-5ad1a1c9
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード