FC2ブログ

なうひあdiary

2020 / 01
12≪ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 ≫02

SSF  ~Salt,Sugar,Fat~

2016/06/17(Fri) 10:41
sfoodtrap.jpg

図書館にリクエストしたら購入してくれた♪   『フードトラップ』(マイケル・モス著)
 
工業製品化したさまざまな加工食品に、「至福ポイント」という罠が仕掛けられ、食べ始めたらとまらなくなる
健康に悪影響を及ぼすと予想されても、麻薬のように抗いがたい SSF (塩、砂糖、脂肪) の魅力

ニューヨークタイムズ記者が3年もの綿密な取材で明らかにした、あざとい業界の戦略には恐れ入る


~Sugar~
19世紀の脂っこい朝食による消化不良を治すため、サナトリウムで砂糖抜きのシリアルを出していたケロッグ兄
利益優先の弟ケロッグによって留守中に砂糖を添加され激怒するも、消費者は甘い朝食のほうになびいた

味覚だけでなく、嗅覚、触覚など、さまざまな感覚要素を刺激し、最高のバランスで飽きさせないコカ・コーラは
子供にとってもっとも幸せな時間に寄り添うようなマーケティングを行い、人々の特別な記憶の一部にさせる

知り合いの家で見た、70Lの資源用ゴミ袋いっぱいにつまったコカ・コーラの空き缶
飛行機の機内にもコカ・コーラの2Lボトルを持ち込み、常に手放さないアメリカ人
彼らにとっては毎日欠かせない、生活の一部なのだ

~Fat~

1912年、チェダーチーズの行商人だったクラフトは、廃棄分のチーズを攪拌しながら加熱し、
日持ちのするクリーミーなチーズを作った

それから一世紀、今や工場で作られるプロセスチーズは熟成期間をもたず、さまざまな添加物によってわずか数日で製造される
売れない牛乳と余った乳脂肪から作られる「チーズもどき」は、脂肪分たっぷり
ピザやスープ、スプレッド、○○のチーズ焼きなど、料理の一部となって消費量は倍増した

脂肪の魅力は、クリームのねっとりとした口当たりや、焼けた鶏皮などのぱりぱりした食感
瞬く間に三叉神経が感知し、脳に強い快感をもたらす
パイ生地、パン生地、スープ、ポテトチップ、クラッカー、ソーセージ、ハンバーグ用の肉など
あらゆるものに脂肪分が加えられ、口当たりという魅力がまつわる

~Salt~

海に生命の起源をもつ生き物にとって、塩は命のもと
コクや旨みなど、あらゆる食品の味の魅力を引き出すのが塩分

塩分の取りすぎは高血圧などの生活習慣病を引き起こすとして減塩も叫ばれるが、
食塩の摂取量を調べると、4分の3が加工食品に含まれる塩分だった

~SSFの権化~ ポテトチップスの秘密

袋を開けたが最後、最後の一枚まで食べずにいられないポテトチップス
まず表面の塩が舌を魅了し、噛んだ瞬間に脂肪が独特の口当たりを生み出し、同時にじゃがいものでんぷん(糖分)が
砂糖同様すみやかに吸収され、血糖値を上げる

血糖値が急上昇すると、もっと食べ物が欲しくなる


~安い、便利、という依存

巧妙な罠によって五感と脳に働きかけるこのような加工食品は、身体によくない食品添加物や保存料も概して多い
そして、おおむね生鮮食品よりも安い
街のいたるところにあるコンビニで、簡単に手に入る

新鮮で健康的な食品を食べるほうが、お金も手間もかかるのだ

子供を抱えて仕事に追われ、忙しいのに所得も低い
食べ物の質に関心を持つゆとりがない
そういう人たちにもっともしわ寄せが及び、そんな加工食品を作っているメーカーの重役たちは
一様に自ら手がけた食品を避け、健康的な食生活を送っている

加工食品への依存は薬物依存と変わらない
スーパーの棚は、目につく場所にこれらの商品をおいている
パッケージも広告も、あらゆる心理トリックとマーケティング手法を駆使して誘う

先進技術によって姿を変えた塩分、糖分、脂肪分は安価で、互いに補い合い、不自然な食品に魔法をかける

なぜ加工という手間のかかった食品が、生鮮食品より安いのか?

SSFによって潤っている食品メーカーは、消費者の健康よりも利益を上げることが最優先

SSFと添加物・保存料たっぷりで高カロリーの食品を販売する一方で
チューブで胃に流し込む流動食や、病院で出す栄養飲料を売る

企業倫理を非難されても、こういうだけだろう
「カロリー、成分は表示してある。選択権は消費者にあり、適正な摂取量を守るのは消費者自身だ」と

はい、その通り

冷凍ピザやスナック菓子を清涼飲料とともに過食し続け、肥満で生活習慣病を患い、
病院のベッドで流動食を補給して、企業利益に貢献したいならそうすればいいし

パッケージに躍る健康的な成分のキャッチコピーにだまされず
成分表示全体を正しく読んで理解し、意にそぐわないものは買わない、食べない 
ということもできる

加工食品という地雷だらけのコンビニやスーパーで、健康への道をとるかどうかは
自分しだいなのだから

















関連記事
コメント:2 トラックバック:0
コメント:
----

プロセスチーズってそういうプロセスでしたか...
至福の罠ってうまいこといいますね。
3.11以降、何かと自分で作るようにはなりましたが、素材でさえ偽りがありますし...

夕飯は生姜焼きをつくりましたが、生姜は水に漬けて冷蔵すると結構保存が
効きますが、チューブの生姜ってなんであんなに保つの?
なんて、そういうことにも気づいたり...

あ、梅酒と梅干しを仕込みました。梅酒は、黒糖やら氷砂糖沢山投入しますが
それは甘さより抽出のためだから意味が違うけど、最初は驚きました。
梅干しの塩も18%にしましたが、それでもこんなにあるんだなぁと。
by: こーらる * 2016/06/18 00:42 * URL [ 編集] | page top↑
----

そうなんですよね
自分で作るとわかりますよね
ケーキやアイスクリームも、自分で作ると砂糖の量がすごいことに気づきます
こーらるさん、いろいろお作りになっていてすばらしいです

市販の梅干はわけのわからないものがいろいろ添加されていて、
とても食べられません
私も数日前に茶梅、昨日は完熟梅が届いたので梅干を仕込みました~

by: ナツ * 2016/06/18 12:20 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:
トラックバック URL
→http://fromishigaki.blog94.fc2.com/tb.php/1868-c80615c7
Next Home  Prev

プロフィール

ナツ

Author:ナツ
2003年から石垣島で暮らすプライベートブログ。
こちら↓もよろしくお願いします。
石垣島薬草園なうひあ nauhiaherb.com
FB    Nauhiaherb
Instagram nauhiaherb
Twitter  nauhia_herb

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード